れいあ

闇の仕組みを理解する【保存版】

はい、れいあです。

先日、セッションの流れからトランスチャネリングをすることになりました。

なんと。。。

お客様のおうちのワンちゃんをチャネリングしたセッションとなったのです。

別名

「寝言は寝て言え」チャネリング

だよなあ。。。というくらい
わたしの意識はハーフトランス状態で行っていきました。

ここにもさんざん書いてきましたが
セッションをやっていると、特に今年に入ってから
今年の6月くらいまでをピークに
あからさまに「闇」を感じさせる事象に出くわすことが続いていて
ずっと、しばらくリサーチをしていました。

今日はそんなセッションをはじめとして
自分の感じていた闇を分析していった内容を
ここにご報告していきたいと思います。

ASIAN KUNG-FU GENERATION - リライト


この地球は学び場なので、闇のない人間は一人としていません。

闇は、誰にでもあるのです。

そう聞いたら怖いかもだけど、
誰もが風邪ひくように、心の闇は地球での学びです。

風邪ひいたかな?
くらいならよいんだけど、
わたしは、闇体験を深くしてしまった。

昨年からセッション中に闇の状態に幾度となく陥り
これまで築いてきたお客さんとの信頼関係、いわゆるラポールをどれだけ壊されてきたことか。
ここでなんとか先にすすめて次のステージに行けたケースだけでなく
残念ながら、闇にやられたわたしを目の前で見ていて
去っていった人が一定数いました。
それでもわたしはこの現実を受け入れていかなければなりません。

闇は誰でもあることに気づいてほしいです。
わたしは聖人ではない。
だから闇があります。

闇があり、光がある。
陰があり、陽がある。
中庸のバランスが、この地球では求められているからです。

本当は書きたくないのよ。
闇についてだなんて。

ヒーリングをやっていて出くわす闇は、
ヒーラーやセラピスト側が、しっかり理解して
お客さんに説明する義務があるのです。
だけどそれをするセラピストやヒーラーというのがいないのが現状。
彼らは闇を体験せずに行っているのでしょうか。
わたしはそれが疑問です。
知っていて言わないのか、それとも知らないでセラピーやヒーリングをし続けているのか。
闇を伝えると、商売あがったりになると考えて伝えないのか。
わたしは誠実に対応したいだけなんだ。
お客さんに嘘をついてまで光を指し示そうだなんて、わたしにはできないんだ。

だけど、光ばかりに目がいかせ、甘い言葉で精神性を優位に立たせ
その場で、一時的にヒーリングされたとしても
本質が変わらなければ
闇にお客さんを葬り去ってしまうことになるんだ。
そういうセッションをしたら、わたしはわたしを許せなくなってしまうでしょう。

自分の闇について気付いて、理解をしてほしい。

どうか、目覚めてください。
すべてはそこから始まるのです。

目覚めることは、世界の人々の幸せに貢献していくことができるのです。

そしていま、ここに、わたしの苦く辛い体験を咀嚼し、
ここにいま現在の分析した限りのことを綴らせてください。



人間の本質は光だといわれています。
それをわたしは神性とよびます。
しかし人間は本質の美しさを隠すのです。
何で隠すかといえば心の闇で隠していく。
本質に蓋をしているのです。
そして闇が増幅していく。
そのために、どのタイミングでどんなことを解放していけるのかも重要なのです。

では、純粋な人間であればよいのか?
純粋であればあるほど騙されやすいのです。
それは人間の闇に覆われた勢力の一部だったり、
闇そのものの存在であったり。

人間vs人間という形を闇の対立構造は生み出していきたいようです。
わたしには人間をAgitationしている闇の存在がいるので
対立構造に陥らないように気を付けていても人間の心理を知っていてわざとエゴを利用しようとしてきます。
特に指導的立場にいる人を宇宙の闇は狙います。
これは宗教的なものも含めて政治や経済など、トップに立つ人を狙う、もしくは
影響力のある人間に憑りつきます。
それはアセンションと関係するのです。


一口に闇といっても、それぞれの特質があります。

★トラウマやカルマ、エゴ、否定的感情、感覚など

1.人間界の闇

★人間に憑りつき人間を支配する意識体(生霊・動物霊・集合的無意識などのネガティブ)

2.低俗かつ凶暴な低次元の存在の闇
(ネガティブ感情に共鳴してとりつく。霊的な感受性が強い人ほどキャッチしやすい)

3.狡猾で強靭な闇の宇宙の勢力 および エンティティ
人をだますのが得意。詐欺師的。
完全犯罪型で低次元の闇を上手に使いこなします。
人間の生命エネルギーを吸い取ることで生き延びます(人間は疲れやすくなる)
人間に取り入ろうとする隙(心の闇など)を見つけて入り込み、居座る(居座るために人間の感情や感覚に擦り寄り、スピリットが居る理由を人間が必要としてると見せかけ、居座り、最終的につけこんでくる)
人間の生きる幸せをすべて奪うディセンションの星からやってくる

(補足)
地球はアセンションのために、地球人の光を求め、
地球を支配しようと考える地球外生命体達がたくさんやってきたのです。
これは2001年からはじまり、2016年まで続いてきたという情報がわたしにはおろされています。
地球がアセンションを終了してしまうと焦ったディセンションした星の存在はチャンスを狙ってやってきました。


大天使ウリエルもサターンに騙されたんだ。
例え話だとしても人間だけが闇勢力に騙されるわけではないんだ。

わたしにとりついている存在からは
人間というものを下に見て、よく説教をされました。

人間をナメるなよ?

とわたしはこいつら(闇)に思ってしまうんだけど。

昨年までは、

「自分か自分じゃないか」

の感覚をわかるようになっていった。
まずはここまでに、かなり時間を費やした。

たとえば、セッション中、体感として咳がとまらなくなることが最近ある。
わたしは喘息もちなので弱いところ(気管支と肺)をつつかれているのがわかる。
しかし自分の過去の体験では、喘息発作が起きるのはどのタイミングかをわかっていてこれまで事前に対処してきた。
(気温差が著しいときや秋から冬になったとき。今回は7月に大阪に行ったときから始まっている)

なぜ闇だと言い切れるかというと
違うやり口でわたしを操作してくるのがわかるからだ。

セッション中でいえば
すぐ隣には院長のお客さんが施術を受けに来ていて
院長が施術中に喘息発作が出てしまうと、すごく怒られ、
何度となく、ここを出て行け!といわれました。
そんな体験を誰も話せずにいたので余計にだけど
わたしは咳が止まらないと恐れがすごく出てしまう。
いつここを強制的に追い出されるかわからないという不安があるからだ。
院長のお客さんがいるときわざと発作を何度も出させて、
院長にわたしにここを出て行けといわせしめるよう、その後何度と容赦なく続けられた。

また、お客さんが、なにか大切なことを思い出したり、話そうとすると、闇が邪魔してくる。
話をすすませて、セッションを通じてよくなり、
お客さんが、よりよい人生を歩みたいとき、
お客さんの闇に共鳴し、わたしの闇がアクティブになったりする。

お客さんが幸せになることはわたしの喜びです。
セッションも楽しいんだ。
だけどセッションをわたしにできなくさせ、
わざと憑依ででてきたりすることで
お客さんと築いてきた信頼関係を一気に失わせられたことが
今年に入って相当続いたんだ。
そのやり口はもう、悪意以外感じられないんだよ。

わたしにとって信頼ってすごく重要なことであり、テーマです。
しかし闇の存在は、わたしの喜びという喜びをすべて奪っていく。
なぜそんなことをするのかって?
わたしが生きてることを闇は否定してかかっているから。
セッションを通じて、お客さんが一人でも幸せになってほしいと思ってるから。
ディセンションした星の存在は、アセンションする人たちを引きずりおろすんだ。

だからこそわたしのセッションでは、

お客さんが普通にしている中で闇を斬ること

しかも、お客さんは、

斬られたことに気づかない

そんなセッションをめざすようになった。

軽い話を、なにげなくしているときに、闇は斬りやすい。
深い話になると、闇が入り込みやすいのです。


しかし、それが「ハイヤーセルフを偽る闇の存在」であることも過去に何件かありました。
セッションをする側が、このようなことなど知らずして
つまりはノーガードでセッションをしていたわけです。
ひどいのになると、わたしのセッション中、わたしとつながることで
わたしの個人情報を抜き取るスピリットもいました。

ここをご覧になる方は、
すでにスピリチュアルの学びをされていたり、
ヒーリングをなにかしら受けたり、
これからセラピーをしたい方が多いです。

正直言って、こんな情報、わたしには損でしかない。
だけど、わたしは伝えていかなければならない。

スピリチュアル業界は闇が多く、
闇に埋もれたヒーラーが多いことをわたしは知っている。
どうかみんなが光であったことを思い出せますように。
そんな思いでわたしはセッションを今日も続けている。

お客様の上の存在だと名乗って、内容を伝えても、
ハイヤーやオーバーソウルを偽るスピリットもあることもあると知ったので
わたし自身、それが正しい情報かどうかの見極めができないといけなくなってきました。

セッションをしていると、こういうことがあるのだと
セッションをやっているすべての人に伝えたい。
そのためには、光のみならず、闇への気付きや理解をも必要であると伝えたい。

一人一人が自分の闇の性質に気付き、理解していくことで
よりよい人生が送れますよう。


また情報をまとめる機会に恵まれたら、
こちらに書いていきたいなと思っています。


最後までご覧いただきありがとうございました。


フジファブリック - 若者のすべて
れいあ
Posted byれいあ