れいあ

アクシデント連続!福岡紀行

はい、れいあです。

この記事をご覧に、いらしていただきましてありがとう。
なんとかあがる画像と、そうでないのがあるらしく
あがった画像のみで書いていきますね。
よろしくお願いします。



今回、一か月前になって、ようやく福岡行きの予約をとりました。

福岡は、肌があうかんじなんだよね、理由はわからないんだけど。
福岡に移住したいかというと、ちょっと違うんだけど。

このところ色々と飛行機に乗ったけど、
福岡だけ、やっぱり、離陸の時の感覚が、
離れたくないって気持ちがあるのか、
福岡から離れると思うと思わず涙でちゃう。

なにがそうさせてるのか。
やはりルイガンズは大きい。
海の中道、すごい好きだから。

宗方三女神さまに守られてる。

今回トラブルで、香椎まで行ったんだ。
ちょっとだけ宗方に近づいた?
きっと、宗方大社にいくときがきたら、お知らせ来ると思います。

そんなこんなの珍道中。
帰ってからも余波が、、、



早速ですが、写真はレッサーパンダからになります。

レッサーパンダ舎に行くと
木の上でおやすみするレンくんがいました。
(つまりあまりよく見えない)

うるわしのレン様、わたくしに気づいて!

というわけで純水りんごでチャージしました。
純水りんご飲むとレン君がそばにきてくれるジンクスがあるのです。
レンくんはりんごに目がないので
りんごジュースをわたしが飲んで
りんごの香りでレンくんをおびきよせる感覚でしのびよりやがりますw

いつレン様に抱かれてもいい!

というスイッチですw

次にわたしは屋内展示のまいちゃんとレイくん親子のところへ。

右がレイくん。
成長してレンくん似のイケパンさんになってきました。


ママのまいちゃんが左




下がレイくん。まいちゃんに制圧されてますね。。


雨が降り始めました。
するとレンくんがそばにきてくれました。




さらに雨が降ってきて傘が必要なタイミングで
レン君は屋内展示に変わり
わたしは雨に降られずにいました。

ボルダリングするレン君



レンくんところにくると、不思議なことがたくさんおきるのです。

レンくんありがとうー!
レンくん大好きだよー!

レンくんの寝顔を見てるとしあわせな気持ちになります。


時間になり鳥栖行きの電車に乗り込みます


博多駅筑紫口

雨が本格化し、博多でバスを待っていましたが
一向にシャトルバスがこない。
おかしいな、いつも、もっと人がいるのに。
そしてサイトを見たら、シャトルバスの発着口が変わってる!
時間は変わってないため、
次のバスまで90分待たないといけない。

ルイガンズに電話したら、香椎線を使う方が全然早いといわれた。

しかし鹿児島本線が遅れ、すべての電車が遅れてしまう。
香椎駅で降りて、海の中道へ向かう。
今回スパ予約が早くて、時間ギリギリか間に合わないのも気になるところだった。

香椎線を初経験だよ!電気で動く、でんちゃ、らしい。



ああ、シャトルバスじゃなく、こんなぶらり旅もたまにはいいねー
なんて
のんびり思ってるわたしがいる。
単線なんて久しぶりだよ。

16時35分。
ようやく海の中道に着いた。


シャトルバスから降りて、颯爽とエントランスに向かうのが好きだったのに。
だけど、今回、乗り継いで、遅れて、ようやくついた久々のルイガンズ、、、まで、もう一歩だ!
そんなとき、
身体中を電流が走り抜ける感覚があった。

「これは必要な体験です」

という感覚。
その瞬間、涙が溢れてきた。

必要な体験、かあ。。。

雨がまだ降っていた。
わたしは並木道を歩いた。


電流は、まだわたしの中を通り抜けていて、
その感覚に浸っていた。

すると信号の向こうから、見慣れた笑顔があった。
いつもわたしに大事に接してくれるルイガンズの田上さんだった。
彼が、傘と、雨で濡れてしまったわたしのために
タオルを持って手を振っていた。

普通、宿泊先のホテルの人がこんなふうなお出迎えもないから
ある意味センセーショナルでもある。
ホテルから数100メートル、雨の中、迎えにきてくれた、その彼の気持ちが、
大切にされてる感じで嬉しかった。

ルイガンズは、インテリアが大好きだけど
人間の暖かさにいつも触れていて。
大切にされてるんだよね、お客様を。
だからわたしもセッションで、お客様を大切に扱いたいとますます思う。

ホスピタリティ、というよりは、おもてなし。
だけど、そこにあるのは、表面でのものだけでなく、
相手を大事に思う、その気持ち。
人を受け入れる、っていうことをいつも学ばされる感じ。
形じゃなくて、こころ。
わたしはホテルで一番そこをみるんだ。


田上さんに会うと、一言、

おかえりなさい

といわれた。
それはレセプションにいるスタッフにも。
5か月ぶりだもんね。


新しくなったルイガンズ。




田上さんからのスイーツプレゼント。
常連てことですw


シャトルバスの人生もいいけど、
失敗して、混乱して、自分でたどり着いた道。
それは

わたしは、わたしとして、自分の人生を歩んでいる

ということ。



わたしの選択は間違いだ
という気持ちがあって、身動きとれなくなってるのも自覚してる。

バックグラウンドを言うならば、
スピリットからの脅しがかなりあり、
おまえの選択は間違いだ
といわれ続けた結果
ならばとスピリットを信頼しすぎて、
騙され続けた。

気づけばわたしは自分の足で自分の人生を送ることが怖くなっていった。
わたしは自分の気持ちを通させないスピリットに疑問を感じていた。

だけど。

本当あの電流はなんだったのか。
一言で表現するならば

感動

に近い。



久しぶりのルイガンズに、感動していた。
色々とこみあげた、というのではなく
電流、だった。

大好きなレン君に会い、
大好きな場所に宿泊する、

なによりも心地よいSPAを受け、
美味しいものを堪能し、
そんな時間、空間、
喜びの中に身を置けるという。
五感に贅沢をさせた。
それは、

わたしがわたしである時間。

博多駅で、フクハクのポテチがあったので購入しました。
おいしいので、いつか食べてみてください。


チェックインをしたのは17時少し前。
なんとかスパの予約に間に合った。

新しくなった
ブランニュー ルイガンズ
なわけなので
田上さんに部屋までエスコートしていただいた。
部屋で色々話してて、
役職変わったんですと新しい名刺をいただいた。

ジーンズだけ着替えて、早速スパのレセプションまで、
田上さんに再び案内していただいた。
これまでウェディングのフロアだったのがスパに変わっていた。

木の香りがリラックスさせている。



わたしはホテルでは、バスローブが必需品。
ルイガンズでは貸し出してくれます。
バスローブがないホテルに行くときは、自前のを持ち込みます。

スパフロアはバスローブつきだけど、
グランドフロアなため、レセプションで貸し出しをお願いしておいた。



スパを受ける前に大浴場に。
前は、スパを受ける人の貸切だったのです。
そんな贅沢感が好きでした。

大浴場


サウナも入りました。


トリートメントルーム


しかし、残念なことも言わなければならない。
レイアウトが変わってしまい、
やはり以前の高級感が失われてしまった。
改装して、全体的にカジュアルになってしまった。
華美な高級感は、わたしはあまり好みじゃなくて、
シックな高級感が好きなんだよね。

ルイガンズは影の使い方がすごくよかったんだ。
インテリアはレイアウトの影の使い方を生かした明るさだったからね。
赤と黄色を基調にしているけど、
なんかやはり違うなー。。

終わってからのアフターミールも変わらない。
わたしはヨンカのUVクリームとボディクリームを購入した。


おなじみスパフロア。この妖しいかんじが大好き。


一度部屋に戻ったのが20時。
着替えてからラウンジに向かった。

レストランです。





食事をとりました。
これももはやおなじみ。
フォアグラのソテー マルサラワインソース

ここのフォアグラは、良心的な価格で、なおかつ
臭みは全くない。
マルサラワインがすごく引き立てて最高においしいの。

マッサマンカレー

アジアンカレーという名前に変更になってました。
ルームサービスにはすでになかったから、
こちらでしか食べられません。

ここのマッサマンにハマってしまい、
しばらくは自宅でマッサマンペーストを買って作りました。
お気に入りのペーストが廃盤になり、いまは無印のマッサマンカレーをペーストとして作ります。
カシューナッツと玉ねぎ、ココナッツミルクをプラス。
チキンをソテーしてのせるのが美味しいのです。
通常はパクチーをのせますが、わたしはパクチー嫌いなので。。

こちらは初めて頼んだマチェドニア

入ってるのは、、
キウイフルーツ
オレンジ
パイナップル
マンゴー
アロエ
自分で作れそう。
カッサラータは、やはりルイガンズのがよかった。
自分ではだめでした。



正直いうと、
改装したそれは、わたしの好きなルイガンズではなかった。
というくらい、
これまでが大好きすぎた。
フィット感が、これまで150パーセントくらいだった。
それくらい大好きだった。

100パーセントにおさまったかんじ。
普通になった、というか、
無難になったというか。
無難な人生は選べないのか?というか。
不満はないけど、前のような心地よさはなくなった。

大好きな人がいたとして、
ずーっと一緒にいたい!
ってくらい大好きで、だけど、時間が過ぎ、なにかが変わっていって、
無難な人生を選べばよいとでもいうの?!
以前のあなたは、本当に素敵だったわ!

みたいな。

風と共に去りぬの主人公、スカーレットオハラの生き方をこの際真似しちゃうか?
みたいな。

アシュレイは、マリノアリゾートかな。
レットバトラーは、ルイガンズ。

二つの福岡にあるリゾートで揺れ動き、
海外のリゾートにでも行こうかしら?
なんて思わせぶりな態度をとっちゃう、
みたいな。

わたしの気持ち良さの追求を、日本では追い求めるのは限界があるのかも。
そのうち海外のリゾート行きたいな。
いまはミコノス島、エーゲ海に行きたい。





翌朝、わたしはいつもの始発のシャトルバスに乗るため7時すぎにチェックアウト。
しかし渋滞で30分以上オーバーした。

発着口が遠くなったのもあり、結果、
博多から天神経由で行くことになった。

発着口は筑紫口から博多口に移ったこともあり、
久しぶりに外から博多口を見る。

色んなことが思い出されていた。
はじめてレン君に会いに行った2015年。
山笠の時期で、準備されていた。
わたしは山笠を知らなくて、博多の文化を知っていく。
最初は薬院にあるビジネスホテルだった。

右も左もわからない、はじめての一人旅。
動物園に行こうと、大牟田でレンタサイクルを借りて、自転車ごと転んで、動物園が閉園する30分前に到着して。。

いま思えば、最初からアクシデント続きで、
そんな中の生レン君に感動し、、、
レン君の誕生日は夏至で、夏至に行ったので
いつまでも夜にならなくて
東京との違いに感動した。

色々が原点を見させられてる感じだった。

うまくいかない、スムーズに物事がすすまない。
だけど、
自動車で見る風景、感じること、
自転車で見る風景、感じること、
歩きながら見ると、発見があらたにあって
なんか原点だけど新鮮に感じてる。

朝7時のルイガンズ



レセプション





ルイガンズシャトルバス


博多駅バスステーション


博多駅博多口


天神駅でランチを買う。


大牟田市動物園 エントランス




レッサーパンダ舎


レン君をご堪能ください。ズームで画素数少ないけど。





屋内








帰りの時間になりました。
熊本の動物園好きの知り合いとも少しだけ会えて、
飼育員さんや園長さんとも、挨拶できて
色々と良かった。
また来月ね!



福岡空港といえば、、

V I T O


ピスタチオとカカオ


3番搭乗口。
30分遅れたけど。


福岡の街並み。
ありがとう、福岡!
わたしが大好きな街!


そして羽田空港に帰ってきた。マツジュンがお出迎え。


こんな旅になりました。

ようやくアップできました。


最後までご覧いただきありがとうございます!
れいあ
Posted byれいあ