In Loving Light & Universe, Heal the World

折り目正しく生きる。令和に向けて。

2019年05月01日
Session
令和元年 おめでとうございます☆彡

れいあでございます。

連休も中盤に差し掛かりましたが、皆さまいかがお過ごしですか?
わたしは2日はオフですが、3日から6日までは連日仕事が入っています。

令和となりても
求めてくださるお客様がいらっしゃる限り、
わたくしれいあはセッションを使命として粛々と受けとめていきたい。


なんだか新年以上に新年なかんじですね。
昭和から平成に移るとき1989年ですが
わたしはドイツ語を3年学んでたんだけど
この年はベルリンの壁が崩壊したっていうことが
ドイツ的には大騒ぎだったのです、ドイツ語学習のメインテキストがドイツの新聞だったので・・・
東西ドイツ統一のインパクトのほうがこの年は強かったかな。。
昭和天皇の崩御ということもあって、
昭和から平成のときは、すんごく世間が自粛モードだったのを覚えています。
だから、バブル崩壊とか、いろいろあったけど
世間の雰囲気そのものはしんみりしてないのでよいのかしら?と思ってみたり。


平成の最後の最後。
4月30日23時をまわったときのことです。
どことなく鳴り響くメロディがありました。

それは、バッハの無伴奏チェロ組曲第1番プレリュード。

(上記の演奏はヨーヨーマさんによるもの)
いつもわたしが聴く曲は決まっていて、
バッハのこれではないんだけど、いきなり曲が鳴り響きはじめたんだ。
わたしがきくバッハは、カンタータかマタイ受難曲、ゴルトベルクばかりだし。

そっか。。プレリュード。
それは令和へ向けての前奏曲だったのね。

そして、令和に向けた曲は、メンデルスゾーンでした。
わたしはメンデルスゾーンのピアノの曲が好きなんですが、
このときは、なんか交響曲があってるかんじでした。

Mendelssohn Sinfonía No.3 メンデルスゾーン:交響曲第3番「スコットランド」 OJSG, Roberto González, concertino-director

メンデルスゾーンは、甘い音から、飛び跳ねるような妖精系の音が多い。
この交響曲は違うけど、
メンデルスゾーンは、結婚行進曲が有名。
真夏の夜の夢の中の曲です。
真夏の夜の夢は、メンデルスゾーンが10代で書き上げた曲なんですよ。

メンデルスゾーンの音はドイツロマン派なだけあって、

とろけるほどにロマンティック

なものが多い。
ウットリ。。。実に甘美なのです。。。
(この曲は交響曲だから違うけど)

わたくし自称ロマンチストなもので、、
メンデルスゾーンやリストの音が大好きなんだよね。
ピアノを習っていたのでLieder ohne Worte(無言歌集)なんか親しみがあります。
特にOP19とOP38.
OP38は、好みの演奏が見つからなかったので(たぶんよさが伝わらないと思ったので)ここには載せないけど
javier perianesさんの演奏が素敵です。

朝仕事に行くときに
「ルービンシュタイン」(ピアニスト)
ってきてたのですがルービンシュタインはショパンの音源しか持っていないので
見つかったらまたUPしますね。

Mendelssohn - Songs without Words Op. 19 No. 1 (Gortler)


さて、そんな平成の世は、わたしが思うに、一言でいえば

ハイブリッド

な感覚がありました。
昭和の時代にインターネットもスマホも、
通信においてのみならず
様々な時代の変化があらわれました。

そして平成から令和へと時代が明け渡され、
わたしの中に色々なインフォメーションが届きはじめた。
インスピレーションの形で。

そのうちの一つの言葉が

「折り目正しく生きる」

だったんですね。

映像というか画像できたのは、ミュシャのスラブ叙事詩でした。

スラブ叙事詩は、わたしが好きな作品の一つであり、
セッションスペースにもひっそり飾られている作品なんです。


わたしが何故スラブ叙事詩をセッションスペースに飾っているのかというと、
ミュシャがスラブ叙事詩を描いた時代風景があった。

ミュシャは、アール・ヌーヴォーがパリでヒットしたんだけど、
自分がスラブ民族であること。
そんなスラブ民族の誇りを描いた作品がスラブ叙事詩なんだよね。
原点回帰みたいな感覚に近いかもしれない。

つまり令和の世の中は、ある意味

原点回帰

にも近いものがあるのかもしれない。
1700年代くらいの、いわば江戸の中~後期くらいに戻ることが必要かもね。
いまの日本人は日本としての心を忘れてしまった人々が多すぎると思うんだ。


スラヴ叙事詩は17年かけて作られた大作ですが
スラヴ民族の神話と歴史を描いた20点からなる作品群です。
チェコスロヴァキア共和国の独立10周年を記念し公開された後、プラハ市に寄贈されました。
この作品を描くにあたり、ミュシャの故郷に対する「本気」が伝わってきます。
というのもチェコが独立するまでの歴史を知ると、より深く理解できます。
自分たちの民族の歴史と向き合うための作品を作ろうとしたのです。

わたしがセッションスペースにスラヴ叙事詩(原故郷のスラヴ民族)を置く理由は、

魂の故郷である宇宙に還り、
神の身許に還りし時、
どんな成長を地球においてしてきたのか。
我々の原点であり、故郷である光の世界に還れる場として、
その生き方を見つめ、
自分の過去を見つめること

も含めスラブ叙事詩を飾っている。

ちなみにチェコ以外では、2017年国立新美術館で公開されました。
その当時の記事はこちら。

草間彌生 我が永遠の魂/ミュシャ展 スラブ叙事詩
http://funkysista.blog88.fc2.com/blog-entry-3859.html


さて、今日、わたしは朝からお店をあけ、令和の初仕事でした。

今日のお客様は、午前の方は、

「なんか、5月1日に行きなさいって感覚がきたんです!」

というかんじでいらしてくださったのですが、
そんなふうなかんじで予約をとられる人が増えていったらいいなって思う。
というかセッションを受けられた方の1/3くらいの方が
「なんとなく、この日」
とか、そんなかんじではありますが。。。
もちろん忙しい中での貴重なお時間を割いていただくので
その中からのものであっても、ね。

今回令和最初のスタートを飾るセッションは
今年、2月4日の立春にエネルギーを一緒に作った方で看護師さんをしています。

新しいヒーリングエネルギーが誕生しました
http://funkysista.blog88.fc2.com/blog-entry-4136.html
立春や、こういう節目に必ずセッションとなるみたい。

そのセッション内容は、お客様に対するメッセージのみならず
このブログで扱うことになりました。

セッションで最初に反応した言葉は

天敬愛人

でした。
これは愛子様の名前になった言葉だそうで、

天を敬い、人を愛する

という意味を持ちます。
お客様の上の存在として皇室関係のスピリットがおられるらしく
「天敬愛人」をテーマとして令和にしていきたいとスピリットはおっしゃってました。

また、わたしにずっときている言葉で何度かかきましたが

全人的医療

の意味が
お客様が看護師さんなこともあり
これがセッションになっていきました。
それは

医療に占星術を使う

という内容でした。

”医療の世界を変えるにはホリスティックな見方を平成では促した”

というスピリットからのメッセージがあり、

令和の世では、さらに、加えて

医療に時間軸と空間軸をつくることがテーマ

だとしてきました。

時間軸は占星術
空間軸は風水と易学


という意味で

これらをあわせた医療にしてください

というメッセージがあったので伝えました。

全人的医療というと
わたしには医療占星術のニコラスカルペパーがうかびます。
ニコラス・カルペパーはアロマと占星術を結びつけて考え治療をした錬金術師です。
カルペパーはハーバリストであり、占星術師であり、医者だったのです。
中世の当時は占星術と医学は同じジャンルで取り扱われていたのです。

このあたりのことはこちらに過去記事にしてあります

花魔女れいあのアロマレッスン ★Lesson2★ 若返りの錬金術 2014.09.22
http://funkysista.blog88.fc2.com/blog-entry-3114.html

こんなふうに魂の特性上、わたしは西洋的発想なのだけど、
お客様は占星術をされていることにあわせて
陰陽五行もあわせて学ばれることが運気をあげていくコツだというかんじできたんですね。

オラクルカードというか、まぁ草場さんの観音力カードをひいていただき、
エネルギーを感じてもらい、
それを陰陽五行にあてはめた流れを読んでいきました。

「薬を与えて、手術、リハビリ、入院という形の医療は平成の儲け方です。
令和からは入院をなくし、パラダイムシフトに備えた医療をめざしてください」

そのようなことも含め、知性をいかし、
シンクタンクになっていく生き方を令和以降の生き方として
お客様に提示されてきました。

医療業界では常識

ということを、思った以上に、一般の人間は知らなさすぎることにも言及し、
間違ったことを常識としてとらえてしまう人も多いことから

正しい情報とは何か。その情報の在り方で真実を伝えていく

ということについてもテーマとなっていきました。


そんなこんなで令和初日のセッションが終わったら
お客様が占星術に詳しい方なので
ネイタルを読んでいただきました^^
お客様にはプロやセミプロの占星術師として活躍されてる方が多く、
いろいろな方の視点でわたしのチャートを読んでいただいていますが
視点が本当に皆さんいろいろで面白いです。

最後になりましたが

令和の世も、どうぞよろしくおねがいいたします。


れいあ

5月になると、ききたくなる曲。

sweetest day of may
れいあ
Author: れいあ
Energy Work (35)
地震予測と防災 (334)
競馬 (133)
月の祈り、星の導き (148)
Information (60)
Flower Essence (79)
お出かけ・お散歩 (124)
未分類 (19)
1 (0)
Facial (12)
ホメオパシー (12)
遊・戯・戯・言 (478)
Session (125)
そらいろだより。 (10)
癒しとスピリチュアル (254)
ご感想 (42)
Session Report (68)
Aroma (46)
お取り寄せ (12)
News (13)
れいあ流生き方 (66)
無駄話 (32)
人気記事 (26)
LINK (2)
Music (86)
自然療法 (80)
dayz (10)
Healing (7)
earthquake (102)
自然療法 (29)
Fortune (6)
Love (3)
My Boom (10)
介護・医療 (52)
WEB (8)
Foods (13)
Link (2)
Music (88)
BeautyDiet (16)
Dance (56)
shopping (9)
Cooking (8)
Spiritual (90)
名称未設定_36 (0)
キャラモノ (10)
Book (29)
政治・社会・経済 (40)
オーラソーマ (26)
メディアリテラシー (6)
Essay (4)
オカルト・トンデモ・陰謀 (13)
気象 (1)
ニュースクリップ (1)
Art (9)
メンタルヘルス (17)
詩 (6)
スピリチュアル・エクササイズ (6)
タロット・オラクル (5)
Osho (11)
相続 (1)
エッセンス (57)
ワークショップ (34)
東洋医学 (9)
心理学 (3)
レッスン (16)
キネシオロジー (46)
バッチフラワー (3)
薬膳 (6)
ゲーム (5)
レイキ (2)
ヒーリングストーン (2)
ダイエット (1)
【花魔女通信】Rainbow Garden (3)
2ちゃんねる (3)
武蔵小山 (12)
大天使 (3)
天使のメッセージ (3)
レン君 (16)
ハーブティ (2)
福岡 大牟田 (18)
映画・DVD (5)
雑念エンタテインメント (0)
スマホ関係 (0)
エネルギーワーク (1)
動物福祉 (3)
一斉遠隔ヒーリング (2)
美術・芸術 (3)
加圧トレーニング (1)
電気グルーヴ (1)
慶太さん (8)
2019久米島合宿 (1)