れいあ

いま、禊が必要なそこのあなたへ

1nortordum.jpg
(フランスのノートルダム大聖堂の写真です)

はい、れいあです。

結構キリスト教の過去の魂を持ってしまったがために
いろいろな原罪的な罪悪感を持ってしまっているわたくしなのですが
そこで救ってくれるのが宗教音楽と宗教画でした。

わからないけど吸い寄せられる音楽と美術。
芸術方面にはまったくといっていいほど知識はありません。
ただ、ただ。惹かれる。それだけなんです。

音楽も編集はしてありますが
今回は、中でも気になっている宗教画を。

わたしはフェルメールとレンブラントが大好きですが
その前まではバウハウス(ドイツ)/ロトチェンコ(ロシア)/
ゴーギャン~我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか(2009)
http://funkysista.blog88.fc2.com/blog-entry-1492.html
あとはシャガールあたりが好きで
わたしは建築が好きなので建築デザインに関連するものが多かったけど
レンブラントの光と影の使い方に出会ってから
徐々にレンブラントやフェルメールの世界に入っていくようになりました。

そしてカラバッジョとルーベンスの作品にたどり着きました。
ルーベンスは1月まで西洋美術館で開催されていたようですね。

そんなわけでバロック絵画を中心にしばらくはハマりそうです、わたしの魂さんが、、、

2francesco.jpg
3christ_on_the_cross.jpg
4photo2jpg.jpg
src_16122742.jpg
5ru-bens-houetsunomagdara.jpg

やっぱり思うのは
いくら宗教はいろいろな縛りがきついからわたしは苦手ではありますが
それは社会の倫理を保つためであり、統制せざるをえないような社会だったのは事実だと思うのです。
でもね、音楽も美術作品も彫刻含めて
神とつながって、生み出された作品なのだと思うのです。
だからこそ浄化してくれる音楽や美術作品て多いと思います。

魂の浄化をするとき
わたしは音楽や宗教絵画を使ってフィットするものをよく聴いたり、鑑賞します。
そのときわたしが感じる非言語の何かに注目しています。
涙が流れるものは浄化だと思ってよいかと思います。
泣かなくてもなにか感じること、そこに答えはあります。

禊が必要な人に音楽と美術作品はすごくおすすめです。

ただ、感じろ!

それだけです。

あなたの魂は、洗われます。


最後までご覧いただきありがとうございました。
れいあ
Posted byれいあ