れいあ

永遠ニ 咲ク花ノ如シ カタルシス

はい、れいあです。

昭和から 平成となり やがてくる
新たな幕開け とこしへの春
(れいあのスピリット・東雲の歌)

これをれいあが詠むと・・・

永遠に 咲く花の如し カタルシス

というタイトルなわけでした。

そんなスピリットとの歌会を尻目に・・・
先日

「太陽の紋章」

というエネルギーをお客様と共につくりました。

大切な人が
闇にいるときに、
苦しみを分かち合い、
光に向けて生きていくため
立ち上がらなくてはいけないときがある

すべては愛のために。

・・・そんなエネルギーです。

太陽神である
天照大神(アマテラスオオミカミ)
岩戸に隠れたとき、
アマノウズメは裸で踊り、神々が笑う中
思わず岩戸から出てきてしまったのが天照大神。
太陽の女神とされています。
(でもやっぱりエピソードがエピソードなだけに天照大神は男性神のように思うw)

一方でセオリツヒメ(瀬織津姫)は、シリウスの光。

しかし、日本では、
瀬織津姫については、
あまり言及されてきませんでした。

瀬織津姫は、時代の象徴のようにも思えます。
瀬織津姫については、様々な文献によれば
アマテラスオオミカミの男性性が
日本をリードしていく形で、
瀬織津姫は、女性性として
日本をリードしていくとか。

現代の日本て、禊が必要なんですよ。

かつてわたしは、地震の研究をしていました。
それは、寝たきりの介護をしていた祖母を
少しでも助けやすいようにするためがきっかけでした。
そのために防災は常にしていました。

体感や観天望気の記録をしていたほかに、
イオンや、地電流ほか、ラドン濃度など様々なチェックをしていました。

一方で占星術の観点からも地震とトランジットの関係についても研究しました。
これには冥王星が絡んでいました。

冥王星はトランスサタニアン(外惑星)に属します。
そのイングレスは、かなりの集合意識になんらかの形を及ぼします。
そのほか海王星や天王星がトランスサタニアンです。

地震の研究をすすめると、どうしてもいきつくところが原発になっていきます。
地震の目安としてラドン濃度の関係もあるため
そのようなものをチェックするため
2008年に放射能計測器を借りたことがありました。
そのときの記事がこちら↓

放射能汚染?その前に。。 2008.06.01
http://funkysista.blog88.fc2.com/blog-entry-904.html

天王星の本格的なおうし座への移動ということもあって一応
天王星はウラノス、で、ウラン関連なので放射能関連は注意したほうがよいかも。

という話はさておき。。。

来たる3月6日。
広島に行きます。

7日に行われる、慶太さんの
魚座ステリアム海王星のリチュアルイベントへの参加です。
https://ameblo.jp/1kine/

これには、わたくしのお客様が、
東京から2名、岡山から1名、広島から1名参加されます。

わたしはセッションで、
ある程度、霊的成長をした人たちに
日本を守ることを
光と祈りでしてもらうことをしています。

セッションでは、そんなふうに、
個人の霊的成長が終わると次のフェーズに入っていきます。
それが集合意識の癒しです。

「光のネットワークを作りなさい」

と指令がきたのです。

そんな折り、慶太さんが、翌日にイベントを行うと発表がありました。
わたしはすぐに参加申し込みをしたかったのですが、闇の問題が浮上してきて、
イベントに参加できたのは、現地参加人数が、あと13人くらいになってから(70名中)

それ以降、闇との戦いが始まりました。
しかし闇の存在については、スピリチュアルでは、あまり語られません。

天王星が3月6日正式におうし座に入ります。

7日の儀式には、
スピリットにも意義深いものです。
うお座ステリアムのこのリチュアルイベントは
キネシオロジーを使って行っていきます。

タイトルにもあるカタルシスというのは
「浄化」
という意味あいです。

わたしはキネシオロジーを医療に根付かせていくことが
とても重要なことだと思っています。
医療レベルで行うことのできるキネシオロジストは
日本では慶太さんがトップだとわたしは思って師事しています。
彼のもとで修行をしています。

エビデンスに基づいたキネシオロジーは
日本ではなかなか根付きません。
その原因には
ヒーリング業界、スピリチュアル業界、キネシオロジー業界・・・
そして医療の保険制度に至るまで
それぞれに様々な闇があります。
特にヒーリングに関していえば
ヒーリングをわかっていないヒーラーが多すぎます。
耳障りのいい言葉を羅列するだけで結果が出ない
なんとなくきいたような気がする
っていうヒーリングってどうなんだろうねと思うんだよね。

日本におけるキネシオロジーの教育を慶太さんは担っています。
よいキネシオロジストを一人でも多く輩出させたい彼の思いをわたしは信じています。

わたしたちは天王星イングレスをきっかけに
見つめることがたくさん出てくるかと思います。

翌日のうお座ステリアムは
海王星を中心としてうお座16度で直列します。
いわゆる通常の「うお座祭り」とはちょっと違います。
海王星の影響をわたしはうけやすいので
よいものになっていけるように
広島で祈りたいと思います。

今年になり1月の誕生日の直前にアストロキネシのリチュアルが終了し、
その後慶太さんのセッションを受けて
それ以降いろいろなことが変わってきています。

この先のトランスフォーメーション。
私自身どう変わっていきたいのか
もっと自分を見つめていきたいと思います。

さて、明日20日から福岡ですよ(一泊だけど!)
久々の福岡は春一番が吹いたみたい。
わたしにも早く吹くといいな~
(ジョフィエルと望月が一刻もはやく始末されますように)


最後までご覧いただきありがとうございます。
れいあ
Posted byれいあ