れいあ

本質で生き、輝くためのセッション

06927a36ee9d04deeaf8865095315376.jpg

自分の真実を生きたいあなたに。
愛で真実を生きると真理に近づきます。
真理を探究する光の錬金術師れいあの日常。


Information
3月のご予約はまだわたくしの予定が決まっておりませんため
また解禁されたらご案内をさせていただきます。
最初は院にいらしたことのある方が優先予約です。
新規の方は2月下旬あたりを予定しております。
メルマガへご登録された方でメールフォームからのみとさせていただきます。
どうぞよろしくおねがいいたします。




はい、れいあです。

先月からお伝えしておりますが、
セッションの性質がこの1か月でいきなり変わり始めました。

「○○を習ったから実践してこれをセッションで扱うぞー」

といったものはわたしにはアロマリーディングぐらいなもので
そのアロマの無料リーディングもいまではエネルギーワークに代わっています。
アロマリーディングを昨年1年間以上かけて
セッション前に10分程度行っていました。
これはサービスというかリーディングすることで
セッション本題に入りやすくしていくための時間となっていきました。
いまでは
「エネルギーを作ってくれ!」
というハイヤーセルフの要望が最初にあったら
軽く5-10分程度、インタビューを行って
エネルギーを作るためのセッションになっていくこともあります。

フラワーエッセンスだと水に転写したものをアルコールで希釈し、販売されているものを購入。
それでなにがあうかをダウジングで見たりしていきましたが
エネルギーの場合、
出てきた内容でどんなエネルギーを必要としているのかをハイヤーにきいていきます。

セッションでは、気づきがポイントになります。
その気づきを促すのは、ハイヤーセルフの仕事です。
ですからいつのまにかわたしは

ハイヤーセルフを霊的に成長させていくセッションスタイル

に代わっていったのです。

わたしがクライアントさんとお会いして、一番見るのは「神性」の部分です。
その人本来のあり方であり、その人がいかに本質を生きられるのか。
でも自分自身を知らないと、理解していないと本質って生きにくい。
だから、まずはじめに自分につながり、自分というものを理解していくセッションを行っているのです。
もっとぶっちゃけていってしまえば

ハイヤーセルフの教育

をしていくわけです。

ハイヤーセルフは魂の管制塔というか
魂の欲求を満たそうとしています。
でもそれはカルマなどがあると癖のあるエネルギーになってしまいやすい。
そうなるとハイヤーセルフとしては
やる気がなくなってしまったりするのです。

そんなときどうしたらよいかというと

よかった過去のカルマの土地にいく

ということなどをしてもらいます。
たとえば昔イギリスに住んでいたらイギリスに行ってもらうなど・・・

えー?!

って思うでしょ?
でも結構効果があるのです。

魂はどの時代でも、同じ土地にいるとは限りません。
ですからよかった記憶をセッションで引き出していくのもわたしの仕事です。

セッションでは、ある程度自分に向き合うことになれてきて
プロセスを踏みながら、自分としての生き方に同化させていきます。
個人の本質にわりとたどりつけるくらいまでいくと
次はオーバーソウルの概念が顔を出してきます。

現実を生きるハート
現実を考えていきたいマインド
そんな次元からハイヤーセルフの次元を超えて

自分はもちろん、まわりも、みんなも幸せでいる

というのがオーバーソウルの望む形
です。

それは次元の違いであり、
ハイヤーセルフだと個人のブループリントを生きようとしますが
それができるとオーバーソウルは

「宇宙の企画書」

を携えてくるかんじです。

宇宙的に自分はどんな役割を果したらよいのか(=宇宙の企画書)

というのがオーバーソウルのミッションだからです。

そのために本質を生きることが必要なのですが
その前、人間は二元性の世界に住んでいます。
光と影の世界であり、
陰と陽の世界です。

最終的に、セッションで、この二元性の統一をしていきたいのですが
そのヒーリングアクセラレーターとしての役割をわたしがセッションでしていきます。
要するにヒーリングを加速させるということです。
(それは先月きたメッセージだったのですが)

しかしこの次元においていきなり統合というのはむつかしいことです。
そんな際に必要なことは、やはり

清濁併せ呑む

これにつきます。

って、これを書くと
「清濁併せ呑むことは アンドロメダ銀河と天の河銀河の波動が地球に影響しているのでいまが大変な時期」

ってメッセージがきたんだけどね。
実はアンドロメダ銀河と天の河銀河についてのことをここ1年以上、東雲君(ダウジングで出るスピリット執事君)にいわれています。
(次元が地球じゃないのでわたしは頭がおかしくなりそうです。。)

まぁそれはいつか機が熟したら書くとして、
それくらい本質の自分で生きていくことって宇宙レベルで大切なことなんですね。

「自分」

だと思っているものは何なのでしょうかね、ってこと。
トランスパーソナル心理学の考え方からいえば
エゴはしっかり確立させ、出しておくことが大切といいます。(※)
自分というものとエゴがからまっている状態を自分と思っているものなんです。

※補足
セッションで必要なときにお話していますが
ポストユングともされるトランスパーソナル心理学のマイケル・ウォシュバーンのモデルに
「ダイナミックグラウンド」というものがあります。
人の成長モデルというか心理的変容のプロセスについてです。
まずはじめに内包されているエゴがイヤイヤ期など形成されつつある自我を経過し、
反抗期などの内部の抑圧が外へ向かおうとします。
やがて自我の確立を経てエゴとして外に出します。
しかし中年の危機の時期くらいに霊的覚醒のための退行がおきはじめ
霊的覚醒が起こると、その後はもともとの性質に統合されていくというものです。



しかしセッションをすすませていくにつれ
「本質回帰」しようとする欲求が強くなっていくのを感じるのです。
そして魂が本来の生き方を選択できればよいのですけど
必ずしもハイヤーセルフは魂を導けないこともあって
それをわたしのスピリットチームがセッションのときに説得させていくかんじですね。

先日のセッションでは面白いエネルギーを作りました。
それは

アチューンメント不要
ヒーリング不要

というものでした。

つまり、ふつうに生きていれば、なにもしなくてもよいエネルギー。

「本質」の部分で生きていく準備ができるため必要なエッセンスを埋め込んでいくかんじです。

その人が本質で生きるほどに、輝くようになり、
それによりライトワーカーとして活動できる


というエネルギーを作りなさいという指令がおりたのです。

様々なエネルギーをつくったといっても
まだ10本ちょっとです。
そんな作っていないのに、いきなりです。びっくりでした。

昨日は、エネルギーフィールド内に張られたお札(目に見えないもの)をはがす作業をしたり
(これは闇系のお仕事ができないとやれないことなのですが)
エネルギーに張られているものを見つけていくという作業も
わたしのスピリットがやってくれています。

わたしにも「清濁併せ呑む」というのが少しずつわかってきたのかしら・・・

正直こういうことってよくヒーリングスクールで行われているのかもしれませんが
わたしはなにひとつ習っていないんです。
それが不思議でならない。。。
(でも、なんか、絶対できるという感覚に基づいて行っているのだけど)


本質で生きることは、自分を生きることです。

すべての存在に、感謝。

上記ブログ記事にさっそくお客様からご感想をいただきました。
了承を得ましたのでシェアさせていただきますね。

昨日のれいあさんのブログを、すごいことになってるな~ wwって、パワーアップしたれいあさんを感じながら、嬉しくてなぜか ふふって笑いが出てしまいながら(なぜ😓)、読ませていただきました。

あんなにも長い間、れいあさんは闇と共にあったのか、あんなにも長く闘ってきたのか😲! と、ストンときました。腹落ちした…というより、私の上が教えてくれた感じ。私の魂かな?他の存在の感じじゃない。

れいあさんが闘ってきたあの過程、人によって、そこで逸れていく人も多いんだろうと思います。
いままで会った方は、やはり、習わなくてもエネルギーワークができたり宇宙の理を受け取り、伝えたり…そんな方、それだけ強いパワーのある方が、えらく強い闇になってる(私が感じてるだけ?)ように。

…腹落ちの後の文、私であって、私じゃないです。笑

闇が持って行こうとする人の近くには、それを助長、サポートする人間がいることが多いように思います。

このメールを含めて、自分がそうならないように、気をつけます。

なぜか伝えたくなったので、メールさせていただきました。

土曜日、楽しみにしてます…って書いたら、宿題ができてない気持ちになりました。まだやってないことあるんだ、私。




最後までご覧いただきありがとうございました。


れいあより、愛をこめて。



久々に聞いた、相対性理論のミスパラレルワールド

あなたはちょっと あけた わたしの心のドアを
あなたはドアをあけた

まるで世界は パラレルワールド
れいあ
Posted byれいあ