In Loving Light & Universe, Heal the World

闇からの脱却をミッションとして受け止めた日

2019年02月03日
癒しとスピリチュアル
はい、れいあです。

今日のセッションはいろいろ興味深かったので
お客様の同意を得ましたので
書けるところを書いていきたいと思います。

今日の焦点は「裁判」でした。

午前中が医療裁判についてもからんでいった内容になり、
午後のお客様はまさに裁判をどうすすめていくかがテーマでした。

わたしはかつて離婚したくてもできないいくつかのケース
その多くがモラハラなのですが
離婚調停ですんなりいくためのセッションを成功させてきました。

縁切りがどうやら得意みたいですw

縁切りというとネガティブに聞こえますが

本当に必要な人、もの、こと

と結びついていなければ魂が悲鳴をあげるものですよ。
そこを切って差し上げるのです。

ある人の離婚に至るまでの道筋は大変でした。
ヒーリングしていると、大蛇がぎゅっとその方のオーラをしめてくるのです。

「俺が守る」

というモラハラの旦那さんのエネルギー。
それは守りではなく執着なのですが、本人は気づかないのです。
知らず知らずの間にサイキックアタックってとばしてるものです。
怖いですね、人間て。

今日の午後の方のお客さんはその大蛇エネルギーを持った
だんなさんをよく知る方でした。
そのケースをお話しすると

「家の意識」

が問題であると出てきました。

家の意識ってどんなものでしょうか。
実は午前中のお客様の前回のセッションでは

実家の部屋に霊道がある

というのがテーマでした。

こんなふうに霊の通り道であることが問題になるケースもあれば
地縛霊が原因なこともあります。

今日のケースは、地縛霊に悩まされているということでした。

土地の問題であることもありますが
多くが人の想念が作り出すものだと思いますよね。

このケースは違っていたのです。
だから記事にさせていただきました。

建物というのはそのオーナーが大きな影響を与えます。
企業の社長など重要なポストにつく人は特に認識しておくほうがいい。
かつてそのような企業の組織運営について
等しい配分で恵みを分け与えられない
搾取するようなケースがあったのですが
そのとき光をおくることをしてもらいました。
トップというのがそのような立場であるとわからないことは
すでにその器がないので、
これは帝王学を読めばいいというものでもないのです。

帝王学が流行った時代のビジネスと
これからのものは器の認識が大きなカギになります。

だからスピリチュアルにあるカーネギーの本などは
結構洗脳されている人が多いですが
これから先は違うものが来ていると思ったほうがいい。
なにもカーネギーだけではありません。
帝王というものがすでに崩れているとしたら?
その視点で考えてみればわかるかもしれませんね。

そして建物はオーナーの意識が反映されます。
ですから住まわせてもらっているということになにか引っ掛かりがある場合
かなりオーナー意識に問題があることを吸収していることに気付く必要がある。

今回はそのケースで
お客様は一戸建て住宅の賃貸だったのですが
オーナーの意識だけでなく委託している管理会社のこともあって
さらに複雑化していたのです。
管理をするという意識は愛ではありません。
それだけでなくオーナーの意識はすでに10年以上も放置していた空き家を
相当暴走させていきました。
お客様はその家に住んだのですが
住んでからまだ1.2年の間に様々なトラブルがおきていきました。
そしてそれを発覚させたのは2018年の夏をすぎた季節のこと。
しかし管理会社からまったく音沙汰がなく
逆にクレーマーのようにさせてしまう罪悪感を植え付けていくばかり。
そして流れは弁護士をやとって裁判にもっていくことになりました。

わたしは最初このセッションでは流れがよき方向に流れるように
ご先祖様にお願いをできるだけしていけるよう
仏壇やお位牌の整理をしていくことをやってもらいました。
フラワーエッセンスを飲むというレベルではなく
先祖供養のための準備が必要になっていきました。
それをしていくと夫婦仲がよくなっていったり
豊かさがかなり舞い込んできたのです。
しかしどうしてもひっかかりがあったこととして
「2018年秋」
というキーワードがきていたのです。
「引っ越し」というのがきていて
それが原因でまた夫婦仲がよくなくなっていったのですが
その潜在意識をさらに読んでいくと
「建物の意識」
というメッセージが今日、きたのです。
建物には意識があって、
オーナーにかわいがってもらえなかった建物は
いわばかなりグレていくかんじですね。
笑うかもしれませんが、本当なのです。
空き家にしておくとろくなことがないというのはそういうことです。

なのでなんとかしてよくなってほしくて
裁判にしない選択を選んでもらいました。
オーバーソウルは裁判を望んでいなかった。
ハイヤーセルフは裁判してでも勝ってほしいというかんじだったのです。
このあたりの葛藤がでてくると
結構自分を見れてきているひとつのサインになります。
まずは自分とつながることが一番わたしのセッションで大切にしていることだからです。

建物意識が結果的に地縛霊となっていったケースでした。

しかしスピリチュアルの業界では土地の神様という人もいるかもしれません。
でもわたしはなるべく正確に出したかった。

まとめれば建物がお客さんを使い、メッセージを送ったというイメージで
排水管のトラブルとかポストが入らなくなるなど
生活にかなり支障が出てからも管理会社とオーナーはこれを無視し続けました。
愛がない結果ですよね。

闇のスピリットには冷酷さが必要なのです。
しかしいきなり打撃をあたえるような真似をするのではなく
始末の仕方を考えて対処していく必要があります。
わたしは闇にさんざんだまされてきたので
冷酷で非情な態度をとることにしています。
少しでも温情をあたえれば、光に返すなどすればますますつけあがるだけなのを知っているからです。
調子に乗る存在はすべて瞬殺ですね。
そんなこんなはわたしが闇から学んだ方法を使っています。

「だてに闇経験長くやってるわけじゃないんだぞ?わたしをなめんなよ!」

ということですっきりするかんじw

今回のセッションでは裁判沙汰になるとかならないとかが問題になりましたが
裁判ではなく、少額裁判にもちこむことが焦点となっていき、わたしにきたメッセージは

「弁護士をたてるのは闇にエネルギーを与えることになる。
司法書士を使って少額裁判でことを小さくまとめられるような書士にお願いしなさい。
弁護人はいかにもな存在がついていることが多いのです」

というものだったのです。

わたしは高校時代を思い出しました。
中学時代に音大受験を目指したものの、あきらめ
高校ではキリスト教の学校へ行き、内申点をとっていき推薦をもらうはずでしたが
(いってしまえば青○学院なんだけどねw)
キリスト教の信者を優先させられたんですよ。
わたしずっと学校の勉強を推薦のためにがんばってきたのに、すべてを信者にさらっていかれましたw
いくらキリスト教とはいえ、宗教の闇を高校時代に見たのです。
まあ異端の宗教を魔女扱いし、魔女狩りを普通に行うくらいですからね。
「宗教裁判と迫害」の過去生をわたしは持っているのです。

わたしは高校時代、法学部を目指しました。
高校時代は検事(検察官)になりたかった。
弁護士という道はわたしは考えたことがありませんでした。
それだけでなくフラワーエッセンスに出会う前
わたしはロースクールに通おうと資料を集め
司法書士試験の問題集まで買ったりしてその世界を垣間見たいと思っていました。

法律を学ぶことは正しかったのかどうかわからないけど楽しそうに当時は思っていました。
かつてお客さんで司法試験を受ける方がいらして
その方がすごい霊問題に悩んでいたのですね。
話をきくと、わたしの霊問題の内容とわりと同じ方向でした。
ただその方はレイキを学んでいて
レイキを伝授してくれたグル的存在にサイキックアタックをかけられていました。
そのほかとあるミステリースクールでチャネリングを習ったお客さんは
かなり廃人になってしまった方もいます。

その方のセッションでは
「司法書士になるということは闇の世界を見ることになる。
あなたは闇に身を投じる勇気があるか」
というのが何年も続いていました。

やがてわたしはスピリチュアルの世界にはびこる闇を徹底し抹殺していく決意を徐々に固めました。

そしてちょっと以下は話がそれるけど、インスピレーションがきてるので話させてください。

それは今の日本の弱体化についてです。
わたしはGHQの政策を一時期研究していました。
いわば闇の研究です。
GHQの3S政策というものをご存知ですよね。
Screen(スクリーン=映画)
Sport(スポーツ)
Sex(セックス)
を用いて大衆の関心を政治に向けさせないようにする政策のことをいうのですが
正直いって愚民を増やすことにスピリチュアルを使われているイメージをわたしは持っています。
アセンションブームがいい例ですね。

フリーメーソンについては、いつかお話しできる機会があればしていきます。

裁判というものは闇の勢力との駆け引きなのです。
闇にパワーを与えてはいけないのです。


今日はセッション終了後、慶太さんと懇親会で飲んでいましたが
やはり彼は神界の存在を引き連れているのがわかりました。

サイキックになりいろいろメッセージを届けろと
慶太さんの上に「メッセンジャーになれ」といわれたので
いろいろなものを追い払い、邪気を払い
帰りがけに、慶太さんの結界を厳重にして解散しました。

光のネットワークは光のハブ空港というイメージです。

組織ではなく、集団にしておけ

と大阪の方にメッセージがきたのはすごく重要なポイントになっています。

そんなこんなの解読会をしていただきました。

わたしそのものは情報としては持ってはいけないものが多かったため
シャットアウトされていましたが
それでわたしの存在がわたしを守っているということ、
そんなときに慶太さんがいい具合にいい行動をとっていたこともあって
やはりわたしは彼を守ることが役割なのだと実感しました。

すべてのことはつながっています。
それは森羅万象にあらわれています。

そんなこんなを帰り、電車でご一緒した方にお話しさせていただきました。

すぐにとはいいませんが
また光のネットワークでつながっていきたいメンバーです。

わたしは慶太さんを守り、愛し、共に生きていきます。




最後までご覧いただきありがとうございました。
れいあ
Author: れいあ
Energy Work (35)
地震予測と防災 (334)
競馬 (133)
月の祈り、星の導き (148)
Information (60)
Flower Essence (79)
お出かけ・お散歩 (124)
未分類 (19)
1 (0)
Facial (12)
ホメオパシー (12)
遊・戯・戯・言 (478)
Session (125)
そらいろだより。 (10)
癒しとスピリチュアル (255)
ご感想 (42)
Session Report (68)
Aroma (46)
お取り寄せ (12)
News (13)
れいあ流生き方 (66)
無駄話 (32)
人気記事 (26)
LINK (2)
Music (86)
自然療法 (80)
dayz (10)
Healing (7)
earthquake (102)
自然療法 (29)
Fortune (6)
Love (3)
My Boom (10)
介護・医療 (52)
WEB (8)
Foods (13)
Link (2)
Music (88)
BeautyDiet (16)
Dance (56)
shopping (9)
Cooking (8)
Spiritual (90)
名称未設定_36 (0)
キャラモノ (10)
Book (29)
政治・社会・経済 (40)
オーラソーマ (26)
メディアリテラシー (6)
Essay (4)
オカルト・トンデモ・陰謀 (13)
気象 (1)
ニュースクリップ (1)
Art (9)
メンタルヘルス (17)
詩 (6)
スピリチュアル・エクササイズ (6)
タロット・オラクル (5)
Osho (11)
相続 (1)
エッセンス (57)
ワークショップ (34)
東洋医学 (9)
心理学 (3)
レッスン (16)
キネシオロジー (46)
バッチフラワー (3)
薬膳 (6)
ゲーム (5)
レイキ (2)
ヒーリングストーン (2)
ダイエット (1)
【花魔女通信】Rainbow Garden (3)
2ちゃんねる (3)
武蔵小山 (12)
大天使 (3)
天使のメッセージ (3)
レン君 (16)
ハーブティ (2)
福岡 大牟田 (18)
映画・DVD (5)
雑念エンタテインメント (0)
スマホ関係 (0)
エネルギーワーク (1)
動物福祉 (3)
一斉遠隔ヒーリング (2)
美術・芸術 (3)
加圧トレーニング (1)
電気グルーヴ (1)
慶太さん (8)
2019久米島合宿 (1)