In Loving Light & Universe, Heal the World

人生を競馬に例えるとこうなった

2018年12月12日
競馬
はい、れいあです。

本日のセッションで、
お客様と魂、ハイヤーセルフの状態を理解してもらうために
どんなふうに例えれば理解が深まるのか、を探っていたら
いきなりきたのが競馬でした(苦笑)
というわけで競馬のいろいろを通じて(セッション中ですが)伝えたのですが

「こういう表現するの、れいあさんしかいない!」
「競馬の話をするれいあさん、すごい目が輝いてる!(w」

などとほめていただき(笑;)

まあ、ね。
結構、スピリチュアル系の方々は競馬を嫌がる人も少なくないと思うんですよ。
動物虐待とかいろいろおっしゃる方はおられるかとは思いますが、
ご存じ、わたくし、動物は大好きですよ。
数か月に一度動物園に行くレベルで。
だけどわたしは競馬も好きなので
調子に乗って記事を書こうと思いましたw
色々ご意見はあるかもしれませんが、ひとつの例えとして、まあ、ご愛嬌ということで。。

さて、セッションでは

魂=競走馬

と例えたんですね。
そして人間(物質次元)を騎手に、
調教師がハイヤーセルフ
という具合に説明をしていきました。

まぁ、そこで競馬を知らない人にいろいろ説明していく、という記事になっていくわけですな。

ここでは地方競馬ではなく中央競馬(JRA)についての話を動画も交えながらしていきますが、
途中でセッションのときにしたスピリチュアルを交えております。
(競馬にはCMでやっている中央競馬(農林水産省)だけでなく地方競馬(自治体)と主催が違い
北海道の帯広には、さらに違ったばんえい競馬があり、
中央競馬にもダートと障害競走などのくくりがさらにあります)

調教師というのは
どのレースに出て勝つにはどんなトレーニングをしていくのか
という計画をたてるわけですが
ハイヤーセルフがそれに該当するとします。
過去の魂を知っているからこそ指導できる
まぁ魂の家庭教師みたいな存在とでもいいますか・・・

(ここまでOK?)

では(中央競馬の)競争馬のだいたいのGIの流れなど説明を。
ちなみにG1というのは、もちろん誰でも登録できるわけではないです。
一定の条件を勝ち抜いた子がチャレンジできるレースなんです。
条件というのはズバリ賞金になります。
やはりクラスによって賞金が違いますからね。

おうまさんが生まれて、レースに出走するのが2歳の夏くらいから始まる新馬戦。
メイクデビューっていう言い方をするんですけどここではわかりやすく新馬戦ということで。

新馬戦で勝てなかった子は未勝利戦に出て優勝するまでチャレンジし続けます。
ちなみに未勝利戦にチャレンジできるのは3歳11か月までです。

新馬戦で勝てた子は(賞金)500万以下、1000万円以下、1600万円以下とクラスがあがり
1600万円以上はオープンクラスとなります。
オープン特別⇒GIII⇒GII⇒GIというふうになっていきます。

競馬では

皐月賞(4月)は  最も速い馬 が勝つ
ダービー(5月)は 最も運の良い馬 が勝つ
菊花賞(10月)は  最も強い馬 が勝つ

と言われています。

この3つのレースはすべて3歳馬限定レース。

皐月賞では2000mを走り
ダービーでは2400m
菊花賞は3000m

となるのですね。

これら全部制することを「クラシック三冠」といったりします。

いわば3歳っていうのは日本の競馬界においてはまさにチャンス。
一方で馬には早熟馬というか中には2歳でピークの子もそれなりにいます。
(逆に晩成型もいるんですけどね)

このようなことはある程度血統で研究されている部分だったりします。
また馬場が芝でなくダートのほうが強い子もいます。

かの有名なディープインパクト。
もう13年前になるのですね。
2005年の皐月賞、そして東京優駿(いわゆるダービー)さらに菊花賞
これらすべてを勝ったという、すごい馬なのです。
最近の三冠馬といえば2011年のオルフェーブルですかね。
ディープインパクトの前は1994年のナリタブライアンとなります。

馬7人3

といって、

馬の力は7割で人(騎手)の力は3割

という競馬格言?があります。
まあそのあたりはいまの競馬界のエージェント制度の問題としていろいろ露出するところでもあります。
(地方競馬など一定の厩舎に属する騎手ではなくフリーの騎手などの乗り馬を調教師と調整する人をエージェントといいます。
元ジョッキーの岡部幸雄氏が先駆けで競馬専門紙の記者が多いです)

ちなみにダウジングでは、最初の話に戻ると

魂8割 マインド2割

だそうです^^;
つまり

なぜかわからない強い感情

っていうのは結構魂レベルからのこと(訴え)が多かったりするんです。


そんなわけで、馬が7割とか6割とかいわれるけれど
人間、騎手の乗り方が、いかに馬を理解しているかっていうのもあります。
馬と騎手の相性なんてもんもありますから。

でも、強い子は強いのです。
年間7000頭デビューするといわれている中
やはりありえないほど強い子っていうのもいるわけで。

先ほどのディープインパクトなんてその最たる例です。

これに天才といわせしめた武豊が鞍上するとすごいことになるわけですね。

ディープは2歳新馬戦の次に2005年1月の若駒ステークスに出走するのですが
このころからすでにすごい「追い込み」を発揮します。

武豊氏はこのディープの末脚を

ディープインパクトが飛んだ!

と表現するくらい。

ディープインパクトの特徴は
なんといってもその末脚。
追い込みがハンパない、まさに鬼脚!!

こんなかんじでそのあと弥生賞(G2)を勝ち抜き
見事GIの皐月賞でも優勝。
GIを制し、さらにGIを制覇した2005年の日本ダービー


調教師のお仕事は、調教だけではありません。
出走計画、ローテーションを立てます。
(まぁそのあたりがわたしがハイヤーセルフと表現したところなんですけどね)

つまり使いすぎても疲れてバテたり骨折しやすくなるし
どのレースに勝ち、どのレースに出走するのかという

まぁ、人間にたとえたらブループリント?

といったら乱暴でしょうかww
ハイヤーセルフがメッセージを送ってですね、
たとえば私の場合は(今思えば)

「あなた 魔術に興味もちなさい」(By ハイヤーセルフ)

魔術になんか興味があるなー なんか惹かれる

よっし儀式魔術でもやってみようっと

楽しい~!妖しいの大好き~~!

瞑想ってこんなかんじもありなの?と瞑想をはじめる

インセンスってハーブが効果的なの?ハーブにはどんなものがあるの?

色によってお願いが違うのってなんで?

オーラソーマに興味をもつ

そしてフラワーエッセンスに出会う

というふうにいきたいわけなんですよ、宇宙的にはw


すべて ハイヤーはお見通しさ!(キラーン!

ってわけですw

先ほども書いたようにハイヤーは
強い感情とか「なんかわからないけど好き、嫌い」
みたいにメッセージを送っているのです。
しかし麻痺しちゃってキャッチできないケースもある。

競馬でいうならば
調教師の指示をきかないジョッキー
騎手のいうことをきかない暴れ馬
というイメージ。
興奮してゲートで暴れるゴールドシップ、みたいなかんじでしょうか。。。
(こうなっちゃうとせっかくの1番人気も水の泡、馬券はただの紙切れ)

馬は脚質がそれぞれあって
逃げ馬、先行馬、差し馬、追い込み馬
ってあるのですが
さきほどのディープインパクトは追い込み馬ですね。
・・に対し、90年代後半に活躍したサイレンススズカなんかは大逃げで優勝。

あまり思い出したくない競馬ファンも多いけど
1998年の秋の天皇賞のこと。
11月1日の東京11レースでサイレンススズカは1枠1番でした。
1並びで1着だろう、という願いも空しく3コーナーを曲がりきれず左前脚が粉砕骨折し30分後には安楽死処分となったのです。
悲しい事故として語り継がれることに。
競馬は騎手なら落馬で、競走馬は骨折で、不幸な結末にもなりかねない。
まさに生と死が板挟みになっている極限ともいえます。

そんなサイレンススズカにこのとき乗っていたのは武豊騎手。
ディープインパクトに出会えたのは本当に悲しみを乗り越えられたからなのかもしれません(知らんけど)

そんなサイレンススズカの名レースとしていわれているのが1998年の金鯱賞(G2)。
鞍上は武豊騎手。
逃げっぷりを動画でどうぞ。


ディープインパクトもサイレンススズカも
逃げ馬と追い込みで脚質こそ違えど
父親はサンデーサイレンス。

競馬には上記書いたように賞金別というランクが基本的にあり
芝かダートかという適正に加え
それぞれレースの距離があります。
(ちなみに東京競馬場ダート1600mのコースはダートでありながら最初は芝を走るコースだったりします)

スプリント (~1400m)⇒スプリンター(短距離馬)
マイル(~1600m)
中距離(~2200m)
長距離(~3600m)⇒ステイヤー(長距離馬)

たとえば12月の有馬記念(そして大井競馬(地方競馬)の東京大賞典で一年が終わったなー!というねw)
これなんかは2500m中山競馬場なのです。
このあたり、予想のしどころです。

中山競馬場といえばその特徴は高低差。
心臓破りの坂を走るのです。
つまりスタミナが求められる。

ダービーやジャパンカップなどが行われる東京競馬場は最後の直線が500mという長い長い直線です。
しかも直線になってからはじめの1ハロン(201m)が坂道で、そのあと300mの直線。

・・・こんなかんじで競馬場ごとにもコースに特色があります。

いろんなことを加味して
いかに予想するか的な内容に気づいたらなってしまっていましたがw

お客さんにセッションでこれらを伝えたわけですよ(セッションだったのでここまで詳しくはいわなかったけど)

魂に対して暴走しちゃってるよ~
焦りの不安が強いからハイヤーとつながってね

というかんじで。

れいあ「で、○○さんは、脚質でいえば本来は先行馬。」

お客様「あーでもわたし昔はすごい逃げ馬でした」

れいあ「逃げ馬はね、レースのペースを作っていくのだけど、先行馬のやりかたはちょっと違う。
逃げ馬のちょっと下を走って、逃げ馬がバテはじめそうなところで追い上げていくの。
つまり後輩たちに先に行かせるようにして・・・
・・・あとは、わかるな?w
あなたは皐月賞に出る3歳馬なんだよ」

お客様はいろいろと学びをかなりセッションでされていただいて
本当に解放されたんですよ。
すんごく変わった。

で、状況を動かしたいなら

魂8 マインド2

というかんじでねw

自分を生かしていくこと



自分を使っていくこと


は違うんだよというお話をしていったわけでした。

このところ競馬をしていなかったので
久々にレース動画をいろいろ見ていて
感動してしまいましたw

競馬をしらない方にはちょっと退屈だったかもしれませんが・・・

ちなみにわたしの魂のタイプ(競馬でいう脚質)は

差し馬

だってさー(ダウジングによれば、ねw)


最後まで御覧いただきありがとうございます!
Energy Work (35)
地震予測と防災 (334)
競馬 (133)
月の祈り、星の導き (148)
Information (60)
Flower Essence (79)
お出かけ・お散歩 (124)
未分類 (19)
1 (0)
Facial (12)
ホメオパシー (12)
遊・戯・戯・言 (478)
Session (125)
そらいろだより。 (10)
癒しとスピリチュアル (254)
ご感想 (42)
Session Report (68)
Aroma (46)
お取り寄せ (12)
News (13)
れいあ流生き方 (66)
無駄話 (32)
人気記事 (26)
LINK (2)
Music (86)
自然療法 (80)
dayz (10)
Healing (7)
earthquake (102)
自然療法 (29)
Fortune (6)
Love (3)
My Boom (10)
介護・医療 (52)
WEB (8)
Foods (13)
Link (2)
Music (88)
BeautyDiet (16)
Dance (56)
shopping (9)
Cooking (8)
Spiritual (90)
名称未設定_36 (0)
キャラモノ (10)
Book (29)
政治・社会・経済 (40)
オーラソーマ (26)
メディアリテラシー (6)
Essay (4)
オカルト・トンデモ・陰謀 (13)
気象 (1)
ニュースクリップ (1)
Art (9)
メンタルヘルス (17)
詩 (6)
スピリチュアル・エクササイズ (6)
タロット・オラクル (5)
Osho (11)
相続 (1)
エッセンス (57)
ワークショップ (34)
東洋医学 (9)
心理学 (3)
レッスン (16)
キネシオロジー (46)
バッチフラワー (3)
薬膳 (6)
ゲーム (5)
レイキ (2)
ヒーリングストーン (2)
ダイエット (1)
【花魔女通信】Rainbow Garden (3)
2ちゃんねる (3)
武蔵小山 (12)
大天使 (3)
天使のメッセージ (3)
レン君 (16)
ハーブティ (2)
福岡 大牟田 (18)
映画・DVD (5)
雑念エンタテインメント (0)
スマホ関係 (0)
エネルギーワーク (1)
動物福祉 (3)
一斉遠隔ヒーリング (2)
美術・芸術 (3)
加圧トレーニング (1)
電気グルーヴ (1)
慶太さん (8)
2019久米島合宿 (1)