れいあ

いま必要なつながり を見極める

38a6f6a7ac44cac9e7be4d3e65e81bb7.jpg

はい、れいあです。

今日仕事帰りにふと着信履歴があったのだけど
知らない番号だったのでまず番号を検索したんですね。
わたしは見知らぬ電話番号がきていたら
まずはじめにすることは検索かけることからはじまるの。

で、それがいわゆるワンぎりだったので、なんだよと憤慨しつつ
着歴を見ていたら・・・
気づかなかったのだけどDJ友達からの着歴だった。
友達はいつもふらーっと飲んで気分が良いと電話してくるタイプ。
でもなにか用かもしれない・・うわーごめんよ、気づかなくて。。。
って、メールしようかと思ったの。
でも一応ダウジングできいてみた。
そしたら
NO
って出たの。

ちょっと待って!
あのね、人間の生活では、、、
とかダウジングに出ていた存在に言おうとしたら

「でもあなたがそのとき出れなかったってことは・・・そういうことだよ」

みたいに言ってくる。
つまり、本当に彼といま縁があるのであれば
わたしはすぐに気づいたはずだといってきているのだ。

でも・・・

とダウジングで確認をとった、でもNOだった。
わたしのハートは音楽友達に連絡をとりたがっている。
こういうときってふつうはハートを重視するよね。
だけどダウジングでは
「いまの人間関係にもっとフォーカスするためでもある」
といってくる。
エネルギーをどれだけ費やすか、時間でも、お金でも。。。
それは自分がやりたいこと、など
一定のエネルギーに意識をフォーカスしていくことで具現化、現実をつくっているから。
そっか、いま必要なこと(エネルギーを費やすべきこと)を見極めろということで
それには音楽関係は入らないというわけね(ショボーン)

今わたしに必要なこと、ものなどすべてはエネルギーの世界なので
現実化のために自分になにが必要かがわかっている必要があるわけなのです。

しかしそのほかに連絡をとらなかった理由は
今日の午前と午後のセッションにヒントがあったからだ。

午前の方は、とあるグループとのつながりが切れたことが話題となり
それは次のステップにいくためにそうなった、というかんじだった。
そしていまの自分ではなく並行宇宙(パラレルワールド)の自分が抱える闇をいやすという内容で
それに対してチャネリングを習得する。
しかしチャネリングは結果的にお客さんについている龍に教えてもらう形で習うわけではないこととなった。

午後の方は、約束などをいれていたのにことごとくキャンセルなどになり
孤独感があったことが話になった。
人と会わない分、母親との関係が濃くなったそうなのですが、
最近お客さんは引っ越されたのですが
引っ越す前の土地は母親が生まれ育った土地であり、
他界したお客さんの父親(母親のパートナー)と過ごした場所でもあった。
しかしいまはエネルギー的にはすでに不要となったものもあるため
お客様が瞑想することによりお母さまを癒していくという流れとなった。
(瞑想時の意識の向け方などをセッションで探っていった)

午前午後を通して出てきたことは

「いま必要なつながり を見極める」

ということだった。
しかし午前と午後では意識していくエネルギーの方向性が違います。
最初に書いたわたしが音楽友達をいまは選ばないということとも違う話ね。

午前のお客さんの場合、
「人生の目的」
というものにフォーカスされていて
その中でも人間関係からの成長というところがポイントでした。

これに対し午後のお客さんはセラピストさんなのですが

「どんな人に自分は必要とされているのか を見極めていく」

ここポイントだったのでした。

つい先日精神科で心理療法をされてらっしゃるお客様がいらっしゃいました。
結構疲れてらっしゃるということで、職種を考えるべきかで悩んでおられました。
そんなとき、どんな患者さんだとエネルギーを使うかという問いに
フォーカスをしていくと傾向がいろいろ見えてきました。

いろいろ来られる患者さんの中で、自分はどのような人にニーズがあるのか、それにより

自分ができることとできないことをはっきりさせていく

ということがテーマになりました。
得意なことと苦手なことを自分でわかっているのか、ということですね。

得意なこと=好きなこと とは限らないのです。

後天的に努力をした結果、得意になり、好きになったことも多いと思います。

そんなわけで、いろいろ書いたけど
これにさらに波動法則なるものもかかわってくる。
いわゆる同じような波動を持つ人とつながる傾向があるというやつですね。

​だから

「どういうあり方でこの次元に生きるのか」

という意識の在り方が重要になってくるのです。

そのためにはまず自分は何者かを知る必要があります。

そのために自分と向き合って、自分を知ること、
客観的に自分というものを見つめていく目線が必要ですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。
れいあ
Posted byれいあ