れいあ

ヒーリングセッションの記録 ~ 精霊の怒り 編

はい、れいあです。


今日、午前のお客様は、2年前からいらしてくださっているソリストさんなんですが
セッション中、
ハートの喜びと
たましいの喜び、
スピリットの歓び
の感覚の違いがテーマになりました。
感動して、魂に響く感覚というのは
無上の喜びの感覚であることなどの内容で
そのときわたしにきた言葉が

Gloria in excelsis Deo

でした。
これはラテン語なのですが

『天のいと高きところには神に栄光あれ』

という意味を持ちます。

父親が夏に手術となったとき、
スピリットから祈りをやめなさい、といわれました。
わたしは、スピリットによる制限で
なにもしてあげられない苦痛がありました。
手術当日の最後に、祈らずにはいられなくなり祈りを捧げると、きた言葉が
「父親がよくなることだけを祈るのはやめなさい。
あなたは病院で苦しむすべての人がよくなるように祈りなさい」
というメッセージがきた。

それから3か月。
今度は、セッション中にこんなメッセージがきたのだ。
「あなたは自分のお客さんだけ幸せになってほしいと思うのをやめなさい。
あなたはお店にいらっしゃるすべての人や患者さんにはやくよくなり、幸せになれるよう祈っていきなさい」
わたしは、わたしのお客さんが幸せになってほしい、
としか考えていなかった自分を恥じました。

感動をお客さんと共有し、
幸せや喜びという次元において
わたしはお客さんと関係性を保ちたいと望んでいました。
それをより広げるイメージなのでしょうか。

そんな話をお客さんとしていました。

わたしは学生時代にクワイア(聖歌隊)をやっていた身、
聖歌やクラシックになじみがあるので
セッション終了後に少しそのお話しをしていたら
ステキな音源のバッハのクリスマスオラトリオを紹介していただいたので
こちらにシェアさせていただきますね。

Bach - Christmas Oratorio, BWV 248

Parts
0:00 - Part I: For the First Day of Christmas
27:33 - Part II: For the Second Day of Christmas
55:54 - Part III: For the Third Day of Christmas
1:19:46 - Part IV: For New Year's Day (Feast of the Circumcision)
1:44:33 - Part V: For the First Sunday in the New Year
2:08:42 - Part VI: For the Feast of Epiphany

その後帰りにマタイ受難曲の39番、
「神よ憐れみたまえ。」
をふと思いだした。

J. S. バッハ 《マタイ受難曲》 「神よ憐れみたまえ」 マリアン・アンダーソン

おとといマタイを聞いていたので、それで思い出したのかな。

わたしがクラシック、特に聖歌を聴く理由は
自分の中の美しさ、清らかさを思い出せるような感覚になるから。


さて、本日午後は、そんなクラシック曲が浄化になる、というメッセージを受け取った、そんなヒーリングを行いました。
ファンタジックなヒーリング内容になってます^^;

セッションを終えた後、ヒーリングを30分行いました。
セッションで扱った内容は上司に対し自らをプロテクションするということでした。

このところエッセンスは選ばれませんでしたが
今回は浄化が主なテーマとなり、以下のエッセンスが選ばれました。

Fire/オーストラリアブッシュフラワーエッセンス-ホワイトライトシリーズ

火のエッセンスは人の心の垢や特にアストラル体の不純物を燃やし消してくれます。
火のエッセンスは地球に最初の知性が現れた原始時代と深くつながっています。
このレメディは個人も最も神聖なる部分を解き放つ役割を果たしてくれます。
人々の中にある最古の源を開き、個人の最も神聖なる部分を解き放つ役割を果たしてくれます。

プラチナ/フローラコロナエッセンス

『浄化』。
プラチナは、もっともバイブレーションの高い物質のひとつで、すぐれた伝導体でもあります。
人間のエネルギーシステムのすべてのレベルで不可欠な生命力を浄化して、よみがえらせます。
屈託のない無垢な浄化が起こります。



プラスしてエネルギーの強い部長の影響を受けてしまったとき
ある曲をきくとよいと出たので
ヒーリングの後で実際曲を聴いていただき
ダウジングで反応するのかをみていきました。
さてその曲とは・・・?



ヒーリングをしはじめて、まずはじめに見えてきたのはサジタリウスの矢。
そう、射手座の矢です。
どうやら
「いて座木星をうまく使う」
という意味のようでした。

ヒーリング後にお客様に質問してみると11月18日生まれだそうで、蠍座の終わりのほうなため
ホロスコープは見ていませんが射手座がなにか関係してくるようでした。

射手座には自由や楽観主義の意味合いがあります。
どこまでも遠くに行くようなイメージがあります。

「自由を感じ、喜びのうちに生きたいのにハイヤーが制限をかけていることへの苦痛」

という感覚がきました。
お客様ご本人はもっと自由に生きたいのに、ハイヤの制限がかかるというときは
その多くが魂レベルでの過去の記録から。

わたしたちが現実化、具現化するというとき
潜在意識が見える化させていると一般的にいわれていますが
個人的な経験なのですが
今生は経験していなくても
魂ですでにインプリントされていることについては
やはりそれを実現させようとします。
それについてハイヤーセルフの介入があるというイメージです。

この場合今生ではハートが自由を選択したがっているのですが
過去のなんらかの魂の経験から
ハイヤーセルフが自由になるのに「待った」をかけているイメージです。

次のヒーリングをし、さらに次のヒーリングをしたあとで
月下美人の花が見えました。
gekkabijin.jpg
月下で咲く白い花。
太陽ではなく月の下で咲く花ですね。
これが第3チャクラに見えました。

第3チャクラは太陽神経叢といわれるくらい
太陽、自分のアイデンティティなどをあらわすチャクラですけど
そこに月の下で咲かせる花が見えたのが印象的でした。

そこに突然星がみぞおちに落ちてきました。
隕石みたいなかんじで、☆のあとが見えました(すべて、エネルギー的にであって3次元ではありません)

「これはいつのできごとですか?」
ときくと中学・高校時代ぽいのです。
隕石以降は
「マカバが太陽の光を反射している」
ときました。
六芒星を立体化したものがマカバです。
ヒーリングではマカバがお客様のみぞおちから60センチくらい上をくるくるまわっていて
きらきら光を反射している、ミラーボールみたいでした。

するとある曲が流れてきました。
それはモーツアルトのアヴェヴェルムコルプス

Mozart Ave Verum Corpus por Leonard Bernstein

これををきくと第5チャクラの浄化になるといわれました。

セッション後に実際にかけてみてエネルギーの反応をみました。
はじめのうちは無反応でしたが中盤から反応しはじめ、
後半すこしたったくらいで「浄化が終わりました」とお知らせが。
部長のエネルギーをうけたと感じたときにこれをきくとよいと出ました。

すべての人にこれがいいといわけではないのですが
わたしやお客様のようにキリスト教系の経験をもつ魂を持っていたら
ハイヤーセルフが浄化されるみたいです。

わたしたちはたとえば落ち込むとき
ハートのレベルでの落ち込みと
スピリットのレベルでの落ち込みなどがあります。
スピリットのレベルで落ち込んでいるとき
過去生でよい経験をした場所に足を運んだり
過去生でいいつながりを持っていた人(今生において)にあったり
そうするとスピリットのレベルで回復していきます。

お客さんは昔からヒーリングを行うたびに
天空の城ラピュタのパズーだったりとか
わりと冒険好きな少年というかんじのイメージが毎回でてくるのです。
彼女のハートのレベルがどうやら好奇心旺盛で冒険好きみたいなんですね。

今回見えたのもピーターパンだったり、
木の精霊でした。

するとホワイトバッファローカーフウーマンがきてくれて
ヒーリングを手伝ってくださいました。
wbcw.jpg

ネイテイブアメリカンにとって、バッファローは特別な存在。
北米ネイティブアメリカンの伝承では、
白いバッファローが女性の姿となって人々にスピリットとのつながり方と平和のパイプをもたらした
という伝説が残っています。

そして一番最後に見えたのは、、、

「シャーマンに能力を封印された精霊」

という情報が降りてきました。

B.C.400年頃、お客さんは精霊だったという情報が来たのですが
そのときに

「シャーマンに精霊としての能力を封印されたため人間を憎んでいる」

というのがきていました。

セッション前に行っているアロマリーディングでは
ホーリーバジル
が選ばれたのですが
ホーリーバジルの意味のひとつには
自分の気持ちに正直になったり、赦しや感謝の気持ちを高めてくれるという意味合いがあります。

今回それで「何に対する赦しなんだろう」というかんじでセッションをはじめていったのですが
どうやら部長がかなり身勝手で、そのとき
「いかにも人間だな」と思うことがあるらしく
今回のヒーリングをざっくりいうと、

「シャーマンに対し呪術を行うことを人間が求め、人間のエゴイスティックなことに自然の精霊を使うことに対する精霊側の怒り」

ということで
わたしがシャーマン的なことをしていることもあって
今回これが浮上したみたいなのですよね。

そしてわたしは呪術の封印をとくことができるのかわからなかったのですが
先ほどのホワイトヴァッファローカーフウーマンに
わたしについているスピリットが相談するような形をとり
封印をとけることになりました。

わたしはやり方を誰に教わったわけではないのでわかりませんが
たとえば封印をとくことに対して
それが本当に必要で、
封印をとく準備ができていたら
あとはスピリットにお願いすれば封印解除をしてくれる
というふうにいわれているので
なにがどうなっているのかまではわかりませんが
封印を解除しました。

だけど扱えないものもあって、
たとえばアトランティスやレムリアといった
古代文明の封印解除についてはまだできないこと、
あと逆に封印をしていかなければいけないとき
わたしのいまの力量では封印はできないということがわかっています。

これが今回のヒーリング記録になります。

最後までご覧いただきありがとうございます!


※ READ MOREをクリックすると
ご予約されている方の確認
およびメールマガジンフォームがございます。

~ れいあのフリースタイルセッション ご予約枠のお知らせ ~
新規の方はメルマガ内のフォームよりお申し込みくださいませ
(メルマガのお申し込みはスケジュールの下にございます)


◆ご予約状況メルマガご登録◆
 現在新規の方のご予約は、以下のメールマガジンからのご案内のみになっております。
 新規受付OKになりましたらご予約状況のメルマガでお伝えしております。
 また、以下のメールマガジンでは、キャンセルが出たとき、枠を新たにお作りした際にもご連絡いたしております。


 こちらをご覧の皆様の中で、セッションにいらしたことがない方でご興味のあります方、どうぞよろしくお願い申し上げます。
※ なおご登録は必ず、セッションやフェイシャルを受けられたいご本人がご登録してください
癒しはそれを受けるご本人が気づいていただく性質を持ちます。
ご登録の段階で登録されるあなたの意図が含まれるものなのです。

ご予約はハイヤーセルフとの契約となりますことをご理解の上お申し込みください。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

◆ご予約状況メルマガ登録の手順◆

STEP 1:下記にメルアドを入れて「参加」を押します。

E-mail

STEP 2:入力したメルアドにきた指定のURLにアクセスしてください。
メールマガジン登録完了のメールがいきます。これで完了いたします。ありがとうございます。

<現在のご予約メルマガ発行のタイミング>
・新規受け付け枠ご案内(予約開始時期はリピーター様優先、落ち着いたらご新規様を受け付けております)
・キャンセルが出た時のみとなっております
★メールマガジンがいかないと思うときは迷惑メールに入っていることも。
特にyahooやgmailをお使いの方は、その確率が高いのでチェックしてみてね。
※また、他のお客様とのご予約の兼ね合いもございますため
一度ご予約をとられたあとのキャンセルは控えてくださいね。



【場所】
東京都品川区 武蔵小山駅(JR目黒駅より東急目黒線で2駅目)より徒歩5分になります

【対価】
☆セッション→60分8000円 以降30分延長毎+5000円となっております。
延長につきましてはセッション30分すぎた時点の流れで延長されるかお決めいただけます。
☆フェイシャルヒーリング→1回50分程度 8000円

【ご予約成立までの流れ】
1.お客様からのお申込みメール(お客様⇒わたし)

2.れいあから仮予約メールをお出しいたします(わたし→お客様)

3.お客様より日程など確認されたられいあ宛にメール【お客様→わたし】★

4.れいあからお客様に確定メールをお出ししてご予約完了となります

3のお客様からの確定メールは、こちらからメールが届いているかの確認を兼ねております。
こちらに確認メールがお客様より届かない場合、こちらより再度メールさせていただきますが、
それでも返信がない場合キャンセルとみなし、次に希望される他のお客様へその枠をお譲りすることにさせていただきます。
特にキャンセル枠ご希望の場合、確認メールはできるだけお早目にお願いいたしております。
 どうぞご理解のほどよろしくお願い申し上げます。
※ 23時より翌9時まではこちらから基本的にお返事をいたしておりませんのでご了承くださいませ

れいあ
れいあ
Posted byれいあ