れいあ

リチュアルと魔術 ~ リチュアル日誌 第一期(11/28-12/12 15日間)


はい、れいあです。

先月末に慶太さんのアストロキネシオロジーセッションを受けたことは、記事にさせていただきましたが

アストロキネシオロジーセッション ~ レクティファイとは何か? 2018-11-27
http://funkysista.blog88.fc2.com/blog-entry-4100.html



アストロキネシオロジーセッションというのは
通常の慶太さんの氣ネシオロジーセラピーとは違った内容になります。

運命を知るアストロロジーキネシオロジー
https://ameblo.jp/1kine/entry-12335447774.html

人生を再起動させるアストロロジーキネシオロジー
https://ameblo.jp/1kine/entry-12335963123.html



その特徴は、なんといっても

リチュアル

にあります。

リチュアルはその人のセッションにおける
ちゃんと惑星が使えていない場合など
もともと本来ある星の状態に戻すために行う儀式のこと。

ざっくりいえば毎日インセンスをたくのですが
インセンスの期間、レシピなど
キネシオロジーを用いて本当に必要なインセンス、日数などを出していくため
人により全く異なるのです。

もちろんインセンス慣れしてない方もいるかもしれませんが
わたしは過去、魔術、魔女術をしていたので
むしろその時代を思い出します。。。

魔女術の中でもバスマジックといってお風呂で魔女術をすることもありました。
その後、わたしはアロマの資格をとり、フラワーエッセンスに出会うのですが
フラワーエッセンスという「エネルギー」という視点で見るようになってくると
アロマに対する疑問がふつふつとわいてきました。

アロマは化粧品やメディカルにも使います。
だけどアロマそのもののエネルギーがあるように感じたことがあったので
フラワーエッセンスが花の波動なら
何故アロマはまるごと花を使うのに
なぜエネルギーという概念がないのだろうか?
なんていう疑問がずっとあったのですね。
そう思っていたらパトリシア・デーヴィスさんのサトルアロマセラピーに出会いました。

そうだよね、アロマにだってエネルギーの違い、あるよね?

わたしはいまセッションにアロマリーディングをいれていますが、
アロマの五行的な捉え方に西洋占星術の惑星の捉え方、
チャクラとしての捉え方などをミックスしたリーディングをセッション前にしています。

パトリシアの本を読んでいると、中に「リチュアルバス」という概念がでてきます。
つまり、アロマをリチュアルとして使うやり方で、
儀式(リチュアル)として香りを使っていくのです。
わたしは、そんなわけで、たまにリチュアルバスを行なっていました。

冒頭にも書きましたが、わたしの中では、リチュアルというと
儀式魔術をしていたときを思い出します。
それは、わたしにとってはヒーリングの原点が魔術だからです。

わたしは初め、魔女術(いわゆるウィッチクラフト)を行っていて、
イニシエーションを経てソロのウィッカンとなりました。
ちなみにわたしのウィッカンネームはIZABELLAでした(ほぼ忘れておりましたが)


いまアロマブームにのっとってなんでも「魔女」とかいったりするけどさー(美魔女とか含め)
魔女ってそんなもんじゃないのだよ~~~っ!(=魔女を軽く見るなよ!の意味ですw)

魔女には主に8つのサバトがあります。
もうすぐ冬至ですが、冬至は魔女のサバトでいう、というか、
ケルトではユールといわれています。
太陽の力が一番弱くなり、そして復活をする境目の日でもあります。
日本では陰極まって陽となるという境目ですよね。
そしてケルトのユールのお祝いがクリスマスに変わっていったんですね。
ハロウィンの場合も、もともとはケルトのソーウェンの日でした。
魔女としての生き方は、自然に忠実に生きることだと思っています。
魔女からはじまり、やがてわたしはシャーマニズムに傾倒するようになりました。

一方でイギリスの19世紀のスピリチュアリズムから、
ゴールデンドーン(黄金の夜明け団という魔術結社)による、
もっといえばアレイスタ・クロウリーに陶酔していきました。

ソロモン系の魔術はウッチクラフトと似ていますが、
ゴールデンドーンが体系化した近代魔術は、
ソロモンの大いなる鍵(惑星召喚)、そしてレメゲトン(ゲーティア)。
ソロモンの小さな鍵は、悪魔の72柱といって、悪魔召喚のこと。

でもね、悪魔といえども、元天使である存在が多かったりします。
いわゆる堕天使ですね。
72柱には、かわいい悪魔ちゃんたちがいっぱいいますよw

実は大天使ウリエルも、堕天使にされた経験があります。
745年のローマ教会会議で堕天使になったのです。
というのも聖書にでてくる大天使たちを正典か外伝かなどでウリエルさんははずされてしまったのね。

ミカエルは、いくつか聖書に出てきますが、やはりはずせないのが『ヨハネの黙示録』12章7
「さて、天では戦いが起った。ミカエルとその御使(みつかい)たちとが、龍と戦ったのである。」という一節に出てくる。

ガブリエルはおなじみ受胎告知。メッセンジャーですね。
ラファエルはトビト記で、癒しというか治療と旅人の守護を行なっているところが書かれています。

ウリエルは、サタンに騙されてしまうので、サタンを許さないというか容赦ないです。
ウリエルは神の炎といわれ智慧を与えてくれます。

魔術ではウリエルなら北の方角など
四大天使にはそれぞれを統括する方角があります。

ミカエルは南 エレメントはFire  Fireの記号は△で 精霊はサラマンダー
ガブリエルは西 エレメントはWater Waterの記号は▽ 精霊はウンディーネ
ラファエルは東 エレメントはAir Airの記号は横線の入った上向きの三角  精霊はシルフ
ウリエルは北  エレメントはEarth Earthの記号は横線の入った下向きの三角 精霊はノーム



ゴールデンドーンの前身は英国薔薇十字団という秘密結社です。
その教義はカバラを中心に、東洋哲学、錬金術、エジプト神話、タロット、占い、グリモワール(魔導書)などを習合させたもの。
そんなふうに儀式魔術との出会いが後に様々なセラピーやヒーリング、英国スピリチュアルに誘っていったのです。

と、前置きがめちゃくちゃ長くなりましたが、
慶太さんはかつてニューヨークの占星家であるウィリアム・スティックエバーズさんの
「占星術タリスマン」を行っていらした時期があったそうなのですね。
わたしはタリスマンは、魔術で決まっていたヘブライ文字のものをコピーしたり、
アクセサリーになったものに魔術オイルを塗って使っていましたが、
占星学タリスマンは、惑星エネルギーの最適な時間を選びタリスマンを作り、パワーを入れる儀式だそうです。

これはウィッチクラフトで行なっていましたが、
魔術にはプラネタリーアワー(惑星時間)があるんです。
というのもソロモンは惑星が日時を支配するとしたからです。
その日の惑星(日曜⇒太陽/月曜⇒月。。)と
時間帯(日曜日の出から1時間が太陽の時間、2-3時間目は金星など)
の惑星が一致するときが儀式のベストタイミング(惑星パワーが発動しやすい)です。

時間帯は魔術を行う場所の日の出・日の入り時刻でそれぞれ12分割し算出したり
昼の部?と夜の部にわけられた構成になっているため
とにかく適した時間を出していくにはいろいろ細かかったりします。
わたしは自分の願いごとと惑星の関係をみて、その時間帯に儀式を行いました。
みんなが寝ているような時間に惑星時間があたるならよいんですが・・・

決して誰にも見られてはいけない

のが魔術なのです。
そしてそのレシピは誰にも公開してはいけないのです。

見られていけないのは祭壇もです。
わたしは祭壇を押入れにつくって、みられないように苦労しました。

儀式魔術でたくインセンスは、基本的に風のエレメントに該当します。
効果はやはりハーブが一番!!
ハーブには魔術的な意味合いがたくさんあるのね。
それは徐々にアロマの意味合いの探求になりました。

魔術をはじめた頃はスティックインセンスを使っていましたが、
ハマっていくとチャコールでパウダーインセンスを焚くようになり、
最終的にドライハーブを鉢で擦って粉砕するようになりました。
どのハーブとどのハーブを、どんな配合にするか、
自分で魔術のレシピを作るようになっていったのです。
この感覚が、アロマだけでなく、フラワーエッセンスのミキシングボトルの調合する楽しさになっていきました。

儀式魔術では、うっとり香りを嗅いでリラックス、というリラクゼーション要素はなく、
ほぼ瞑想です。
目的別オイルをキャンドルに塗り、じっと炎を見ていると、徐々に変性意識状態に。。。
リラックスではなく「ぶっとんでる時間」のほうがメインw
実際魔術にはアストラルトラベル(投射)という幽体離脱の方法とかの研究もあったりします。

わたしはチャネリングは自己流で、習っていません。
魔術からはじまった長年の瞑想から。

今回のリチュアルでも、毎回ではないけど色々メッセージやらなにやらを受け取ったので、
そんな記録を書いていこうと思いました。

--------------------------------------------------------------------

~ リチュアル記録 1期目 ~
シャドウプラネット⇒MC(ダークシャドウ)

☆リチュアルで使用したインセンス(リチュアルレシピ)
天王星(トランスサタニアン)  1
月 チャンドラー 1
ヴィシュヌ   4



※ ヴィシュヌ は霊性の進化加速。カルマの浄化もあるがアプローチの次元が異なる。

◆リチュアルメモ◆
◎1日目(11/28)
最初見えてきたのは
「宙ぶらりん」ななにか。
それがタロットの吊るされた男だとわかった。
その直後うねりのあるSのようなエネルギーが見えた。
数秒後それが龍だとすぐわかった。
そしてランプの精みたいに煙から慶太さんがあらわれましたw

◎2日目(11/29)
今日は昨日のようなはっきりしたものは見えなかった。
とにかく色がたくさんまざっていた雲みたいなのが見えた。
赤とオレンジと黄色。考えたら1-3チャクラの色だ。
最初は赤みが強く、徐々にオレンジ色が強くなっていった。
アルナ(天王星)をもうひとつまみしたくなった。
アルナの香り、大好き。

リチュアルのレシピでは配分が決まっていたけど
アルナだけ焚いてみたいと思ってそうしたら
色が白と緑色、青になり、雲が上にあがっていった。
色が最初にアルナを焚いた時と違う。

暖色系のものを感じているとき
黒いムカデのような爬虫類のような影をその中に見ていました。
なんだこれ・・・ダウジングできいていくとヤモリだった。
ヤモリは家を守る意味があるけど、
今年はいろいろなことが家であった。
父親の手術とか母親の骨折とか。。
毎年ヤモリを見かけるんだけど
わたしは今年、考えたらヤモリを目にしなかった。

ヤモリというと10年前の逸話がある。
2008年当時わたしは品川で祖母の介護をしていたけど
祖母が大腿骨骨折手術のため入院していたときだった。
そんな矢先、朝、母から電話があった。
母が窓をあけたとき雨戸からヤモリが落ちてきたらしく、母はヤモリに驚いて転倒し手首を骨折したらしかった。
当時は弟が神奈川に母親と住んでいたが
母親はかなり動揺していたため
弟に救急車呼んでもらってくれというと弟は寝ているからわたしに電話をしてきたらしく、
さらに弟は「救急車の呼び方なんてわからない」と母親に言ったらしい。

しかし当時のわたしは、入院中の祖母、のみならず母方の祖父も入院していて、
母親も手術で入院となり
一日で三人の病院を渡り歩く日々だった。
人生これ以上ないくらいの超絶ハードスケジュールでした。
ヤモリをみると母はいまだに骨折を思い出すらしい。

今年も父の二回にわたる手術、そして母の骨折で
今回は仕事をしながらだった。
だけどわたしは一貫して仕事に集中することを選んだ。
仕事が大切というより、セッションが好きなんだ。

結果、母親は、東京に住む母方祖母が転倒し、母が大変だったのですが、
わたしは昔の呪縛である、家の犠牲になることを選ばなくなった。
まだ犠牲なところはあるけれど、
わたしは導きとわたしを信じて生きていきたい。

わたしは毎日神棚と仏壇に手をあわせて仕事に行きますが
家内安全をかなり祈りました。
わたしのことはわたしでなんとかするから
両親のことを守ってください、と。

◎3日目(11/30)
白い光になってたくさんのなにかがピラー状にあがっていく。
△が頭上に見えた。
女性性の意味か。
トリニティか、トリケトラか。

△のシンボルは、やがて五芒星となり
「スターオブベツレヘム」
「キリストの再来」
というメッセージがきた

この日の午後のお客様のセッション中にわたしにおりてきたメッセージがあった。

「あなたはあなたのお客さんだけでなく、
この整骨院に来るすべての人々の幸せを願いなさい」

◎4日目 (12/01)
エメラルドグリーンの雲が見えた。
輪郭がクリアになっていく。
やがて太陽みたいな光がみえた。
雲で見えないのがシャドウプラネットなのかなと感じた。
リチュアルが終わったらすぐに患者さんがみえた。

◎5日目 (12/02)
ジャックと豆の木のような木が見えた
thumb5.jpg

「お店でハーブを育てているスペースはエネルギーがよどんでいる
だから植物を育てることで浄化している」

というメッセージがきた。

いま実際に育てているものは
オリーブ
ローズマリー
ミントブッシュ
スペアミント

「今後はハーブでなくピンクの花にしなさい
花を2月に3鉢植えなさい」

というのをキャッチした。
「植物を育てるスペースをわたしにとっての院外のサンクチュアリにしていく」こと
「まずわたしが幸せになり、幸せを溢れさせ、
ここを訪れるすべての人たちへ愛と調和をとどける」

見えたシンボルは・・・
8Pointed Starのまわりに丸いのがついてた
ベツレヘムの星ってこれ??
8pointedstar.jpg

リチュアルをすべて終えたら
なにかエネルギーを生み出せるのかな。。。

◎6日目(12/03)
今日は白い雲の中にあって映像は特に見えなかった。
そんなとき
バッハのカンタータ第140番 Wachet auf, ruft uns die Stimme(目覚めよと呼ぶ声がきこえ)
が鳴り響いた(脳内で)
実際にスマホでパイプオルガンのカンタータ140番を流しながらリチュアルをつづけることにした。

わたしがこの曲に出会ったのは4歳のときだった。
ピアノが大好きで習いたいと毎日せがんでいた。
そしてピアノ曲集のレコードを買ってもらい毎日きいていた。

わたしが好きだったのはいくつかあるけれど
このBWV140と
いまでも大好きで聞くと涙がでてきてしまうのが
同じくバッハの
BWV147 Jesus bleibet meine Freude
(主よ人の望みの喜びよという名前で知られている)

小さいころからこの2つは、わたしの中でセットのようにきいていた。
BWV147をききたい衝動にかられるときは、いつも
「聖なるものにつながりたい」
「自分を純化したい」
という気持ちになるときだ。

チャコールに火をつけるとき、ふと感じた。
慶太さんの講座をはじめて受けたときに感じた気持ちをストレートにいうよ。

慶太さんのSoulを受け継いで、
それをだれかに灯していきたい

という気持ち。

慶太さんからわたしに。
それはまるで聖火リレーのように
聖なる炎を灯された感覚になったんだ。
そして次はわたしがだれかに聖火の炎をつける番だとも。
そしてまたその方が、だれかに聖なるともしびを。

セッションを通じてこれをしているんだなぁ・・と思う。

今回選ばれた 天王星 月 ヴィシュヌのインセンス。
天王星は本来ノーアスペクトなのに、
わたしには「制限を超えられないという感覚」がずっとあった。

その先の世界に行きたい。生きたい。

感覚的には
カルマが原因で天王星がシャドウになっている
ということがわかってきた。

このリチュアルから

「音楽を通じて、魂の喜びを思い出させハイヤーセルフを目覚めさせていく」

ということにも気づきました。

今日のリチュアルが終了した直後、
晴れているのに、いきなり雨が降り始めた。
数分でやんだけど、すごく印象的でした。

◎7日目(12/04)
今日は風が強く、あまり自分の内に入りにくいため
リチュアル中に感じなければ今日中になにかください
と頼んでいました。
するとインセンスをたきおわる頃にきたイメージがアンモナイトの貝殻。
わたしが感じたのは、フィボナッチ数列や黄金比で自然界に存在する規則みたいなものだった。

「あなたにとっての自然界の学びは終えました。
これからは宇宙の規則性についての学びをしていきなさい」

という内容を受け取りました。

フラワーエッセンスセッションから、
この一年でエネルギーワークやヒーリングに徐々に移行していきました。
エネルギーに対する理解を実践から少しずつ深めています。

宇宙の学びを、まずは法則や規則を学ぶわけです。
真理の探究です。

◎8日目(12/05)
最初大きな目がひとつ見えた。
そのあと赤い雲みたいなのが見えて ぐるぐるとまわりだした。
どことなくアチューンメントしているときの感覚に似ているけど
アチューンメントとは逆とダウジングではいわれた。
すると

「運命の浄化をします」

という感覚がきて、しばらくすると 少し離れた場所に ごみやさんがきた。
スピリチュアルな垢をこのタイミングでもっていって燃やしてくれた感覚です。
そのあとリチュアルがちょうど終了しました。

◎9日目(12/06)
車が午前に来たためそのあとでリチュアルを行った。
「運命の浄化をします」のメッセージの次の日に
まさか新車がくるとはねぇw
この次元での新しい自分 というメタファーぽいな。

◎10-11日目(12/07-08)
特筆事項なし

◎12日目(12/09)
ハイヤーがおろした情報を サメがたべてしまう という感覚だった。
第7チャクラに巣くう人食いザメ。

その世界はすべてがが横倒しになっている。
上(天)をむいてない世界。
人食いザメに横倒しにされた結果というかんじ。
ハイヤーとつながらないで別の存在につながらざるをえないのか。。。という感覚。
これが原因で天、神のサポートが受け取れないんだよね。

◎13日目 (12/10)
白いなかに黒くぼわっとした色がある。
これがずっといるエンティティみたいにかんじる。

そして自然に色が薄くなると
今度は上下から圧力がかかるイメージがあって
ゆがめられていく感覚。

そして、また白くなると
闇の勢力みたいなのがきはじめるパターン。
何年も続き苦しい このパターンをなんとかしなくては。

闇のエンティティは人間をモノとして扱うんだ。

◎14-15日目(12/11-12/12)
特筆事項なし

--------------------------------------------------------------------

で、一期目を無事終了しました。

実はこれ2期目初日に記事を書いてるんだけど
2期目初日、1日だけで長いの書いてますってくらいいろいろと。。。。すごい。

最後までご覧いただきありがとうございました
(こんなに長くてご覧いただいているのだろうかw)
れいあ
Posted byれいあ