れいあ

”奇跡発動ワークショップ”横浜編

はい、れいあです。

今日は、齋藤慶太さんの

奇跡発動ワークショップ

を受けに関内まで行ってきました。

(慶太さんの記事)
【あなたの本質は輝くか!?】明日は横浜で奇跡発動ワークショップ 2018-11-18 20:29:05
https://ameblo.jp/1kine/entry-12419954505.html

(横浜エージェント里美さんの記事)
あの”奇跡発動ワークショップ”が横浜に帰ってくる‼
https://ameblo.jp/agoratangent/entry-12411020816.html

そのダイジェスト動画です


わたくし2013年の12月にも受けておりまして
それが慶太さんとの初めての出会いでした。
実はそのときの記事が残っています。

闇に感謝して生きる  Dec.08, 2013
http://funkysista.blog88.fc2.com/blog-entry-2933.html

このときのテーマは「自己防衛」

・自分はどんな言い訳をしているのか
・自分はどんなふうな自己防衛をしているのか

ということがワークのテーマでした。

今回は横浜での開催は実に4年半ぶり!
テーマは

「あなたを蘇らせる」

です。



そして、22日からは、いよいよ満を持しての占星術クラスです。

2013年に奇跡発動ワークショップに出会い、わたしはいろいろと衝撃をうけました。
なによりこれまでのキネシオロジーに対する概念が崩壊しました。
そして、なにかわからないけど、キネシオロジーの講座を

とにかく受けなきゃ!

という気持ちが募るのですが
慶太さんは沖縄に移住。
ファイナルKという横浜最後のクラスを受けたかったのですが
当時のわたしはあまり仕事もなく、つまり講座を受けたくても限られた予算でしかお金がありませんでした。

でも、なぜだか、

きっと、また、慶太さんに会える

とどこかで思ってました。
「慶太さんとの再会を信じていた」
といったほうがよいかもしれませんね。

とにかく慶太さんの講座やセラピーを受けると

「プロ」ってどういうことなんだろう???

と考えさせられるのね、わたしは。

開業し、セラピーを提供し、対価が発生する。

確かに広義ではプロなんだけど、

「どんな意識を持って行うか」

これが大切なんだと、いつもはっとさせられることがおきてくるのです。

耳障りのよい言葉をきいて心地よい がヒーリングなのでしょうか。
なんかそれって違うと思いませんか?

わたしのお客さんの中には長くいらしてくださる方も多く、
長いこと自分に向き合ったり、もしくは変化や変容が続いてくると
「ヒーリングがつらい」
というふうにおっしゃるお客さんもいらっしゃいます。
ヒーリングが表面的な心地よさではない
ということをわかっている方が多いのが
わたしのお客さんの特徴ともいえるかもしれません^^;
ヒーリングするのって自分と向き合うことだから
時にはつらい作業になるものなのよね。
そんなときは

どうすれば再びエネルギーを補てんしていけるのか

というセッションになったりすることもあるんです。

たしかに、セラピストの中でも役割ってのはあるかもしれません。
と同時に、わたしにはわたしの役割があって、
わたしのうつわがもっと広く、深くなったら、
セッションを通しての役割もさらに変わるのだろうなと思う。

おなかすいている人に、
食べ物をあげるのではなく(→これがいわゆる耳障りのよい言葉)
釣り方を教える。

わたしはいま、セッションを通して「釣り方」を教えている。
なぜならば「お客さんが成長していくプロセスに寄り添うセッション」という形態がいまのわたしにあっているから。
しかし慶太さんは、ご自身でもおっしゃってたけど、

「うちは釣り竿をつくるところからやるから!」

そこなんだよね、慶太さんのすごさや魅力は。
そこからやろうという発想に、まずなる人っていないんじゃないのかな。。。

慶太さんとの本日の懇親会。

「れいあ、昔と比べたらだいぶ変わったよね」

これを数回おっしゃってくださったので、すごく照れくさかったけど、嬉しかった。

慶太さんには、この先も、成長を、ずっと見続けてもらえたらうれしいなって思う。

慶太さんから学ぶキネシオロジーは、実に奥が深い。
さらにいえば人間というものの奥深さも含め体験しているかんじです。



さて前置きがめちゃくちゃ長くなりましたが(ここまでが前置きでしたw)
今回はさらに西洋占星術が含まれてくるわけです。

よくわたしたちは「何座?」って普通に、
いわゆる太陽星座を多くが知っている。

生まれた瞬間、天空で、どの惑星が何座にあるということなんだけど
月星座とか木星が何座にあるとか
外惑星(トランスサタニアン)は周期が長いので世代的なものが結構あるけれど
テレビや雑誌で占いが当たり前のようにあり
血液型を知るような感覚で太陽星座を認知しているというのも不思議っちゃ不思議かもしれません。

そんな多くの人が知る太陽星座で今回はみていきました。
それも

「人生目標」

をたてるのが今回のテーマ。

流れとしては

人生目標を各自書いていく

慶太さんが一人ひとり筋肉反射テストをしていき
そのメッセージを経て目標設定をたてていく

人生をのびていくのをとめる原因を書き出す

慶太さんによる筋肉反射テスト

目標設定を見直し修正のインセンスを筋肉反射テストで選んでいただく

で、わたしは最初にみていただいたら

”社会的立場は確立できる。できなければ自分に原因がある”

ということでした。

・いろいろとまわりに振り回されすぎている
・今の荷が重すぎる

ということでした。

すると慶太さんにいわれたのは

「俺、れいあが、まじめにセッションしているのをみてるから、
ちゃんとやってるから大丈夫だから」

と言ってくださいました。

これに対して目標をたてて、人生で前にすすめない原因を探るのですが
何度やってもすべて無反応というか、方向性が
「まだ頭で考えすぎてる!」

実はこれ、昨年2017年4月の講座でも名指しで
「れいあ、頭で考えすぎてる!」
っていわれたのよ。
まだ同じことを言われているのか・・・いい加減卒業したいよ、頭で考えることを。。。

わたしが人生を伸ばすことをとめる原因として思っていたものは。。。

・恐れ・敏感さ・神に対する畏怖・闇の勢力・脅されること・強迫観念・あきらめ・絶望・宇宙霊障・エンティティ・
不信感・手放して流れに乗ることへの不信感・宇宙に対する信頼のなさ・表現することの恐れ・自己否定・
被害者意識・満たされなさ・責任感が強すぎること・ゆだねることができない・サポートを受け取れない・まじめすぎる・
神との契約に制限を感じている・自分はダメだと思いすぎる・理不尽さを超えるだけの力がない・
人に対する信頼の欠如・世の中は安全でないという恐れ・スピリットを使うことへの不信感・
きたメッセージを信じられない・すぐパニックになる・物事を深刻にとらえすぎる・人生を積極的に生きられない

ざっとこれだけのことはわかっていたというか書き出せたのですよ、すべて。
でも

違う!

といわれたので、どうすりゃいいのさ。。。と(笑)
すると慶太さん、紙にペンをつけていれば自動書記は勝手にはじまるものだから
という。
2回目のチェックでも「違う!方向が違う!」といわれて、
最後の最後で、わたしはこういいました。

「自動書記・・・紙にペンをつけるんですけど。。。
つけると涙が出てきてしまい言語化できません」

慶太さんは

「それだよ、そこだよ」

と一言。
つまりその言語化できない何かしらの感じる部分に、その原因があるというわけです。

「非言語、文章だけでなく、ダンスとかいろいろな表現があるからね」

といわれました。

非言語の領域かぁ。。。

っていうか、文章として出てきてる部分については
わたしはもう十分むきあってきていたことでもあったのよね。
私の場合、そこではなかったんだよね。
もちろん文章で出てくるのと
一致する人もいるのだけど、わたしは違ったということです。

考えすぎてしまうっていうのは本当に疲れるのでやめたいんだけど、

「もっと直観で生きろ!」

って慶太さんにいわれました。
(ホントそうだよねー・・・・)

筋肉反射でみていただいたときも

「なにか隠してる!」

って言われたんだよね。
顕在意識では慶太さんに、暴いてもらいたいって思ってるの。
なにもかも暴いて、暴かれて、意識ではすっきりしたいのよ。
でも確か今年の春に1キネ上級を受けたときにも

「むむ、俺に知られたくないんだな!」

って言われたんだけど
顕在意識では、暴いてくれーーーー!って思ってるの。

さてさて、西洋占星術講座を経て
今度はアストロキネシオロジーセッションが来週に控えております。

改めて自分を様々な角度から知りたいなと思うようになりました。


最後までご覧いただきありがとうございます!
れいあ
Posted byれいあ