れいあ

SONIC MANIA 2018 に行ってきました

pl02_sonicmania.jpg

はい、れいあです。

久しぶりのオールナイトイベント!
本当に久々に踊ってきました!!

サマーソニックは昼間のイベントですが、
夜はソニックマニアが、同じ幕張メッセで行われます。

友人には確か4月くらいに誘われたんだけど、
実は、すっごいドキドキして不安でならなかったんですね。

朝までなんて、身体がもつのかなーと。
いつものなれたはずの福岡旅行ですら毎回緊張するんです、今でも。
というのも福岡は毎度一泊のみなので分刻みの弾丸スケジュール。
せめて2泊したいんだけどスピリットから、1泊までといわれているんです。
そのかわり回数を多くするかんじで落ち着いてるんだよね。

わたしは時間に追われるのニガテ。
だから時間には余裕をいつも持ちたいんです。
セッションも毎回が時間制限の中ですけど、
セッションなら、なんか大丈夫と信じることができるんだよね。

本当は友人に、幕張行く前に
代官山にオープンするクラブのオープニングパーティーでDJするからと誘われてて、
ソニックマニアのラストである電気グルーヴがわたしの目的なため、
体力を温存したいからと断りました。



友達とは渋谷で待ち合わせ。
渋谷は降りないで、通過しかしないため渋谷で降りて迷子になりました、、、(苦笑)
副都心線が入ってから、本当に渋谷で降りなくなったし、わからなくなりました。
友達に埼京線で行こうといわれ、永田町からとナビにあったから、りんかい線ルートを忘れてました。

で、通りました。
新木場のひとつ手前。

しののめ駅



思わずダウジングでしののめを呼び出して、半ば興奮気味。

「おい!東雲!よかったな!友達のルートでこなければ、この駅通過しなかったぞ!」

東雲駅に反応し写真撮りまくってたら、友人に不思議がられました。
でも、友達には、まさか東雲くんというスピリットがいて・・・だなんて話せない。
別に胡散くさがられるとかはないんだけど、
プライベートな関係にはサイキカルな内容を持ち込みたくないというか。
いちいち説明するのも面倒というか・・・いわないほうがいろいろラクなので。。。

天王洲を通り、東京テレポートを通り、東雲を通り、新木場へ。

昔品川に住んでいたときは天王洲アイルまで自転車で朝からきていたんだ。
夜明けの埠頭がすきだった。
介護してて、まだ父親が出社前、埠頭まで行って気分転換していたんだけど
この10年で、だいぶタワマンが湾岸エリアにできてしまい、風景が変わってしまった。


新木場はむかーしSTUDIO COASTに行ったりしたな。
で、海浜幕張に着いて、友達と軽くお茶して、食べてからメッセに出かけた。



その友達とは2000年くらいに出会って、いわゆるレイブ仲間だった。
テント張って寝泊まりして、踊って、そんな久々を過ごしていた時代。

わたしは野外レイヴが大好きなので
自然の中で踊る、大地を通して鼓動を聞くのがたまらなく好きだった。
魂が揺さぶられる感覚が毎回あった。
その当時、魂の存在すら疑っていたような人間ではあったのだけど・・・

FUJI-ROCKも一回目(1997年)に参加したり、最初は苗場ではなかったんだよね。
本当に富士山だったんだよね。
(台風で大変だったけど)

自然の恐ろしさって今回洪水なんかでいわれているけど
わたしはそういう生身の体験を結構趣味の形で味わってきた。
わたしのクラブやレイブ、フェス通いの歴史は長くてね。
RAINBOW2000っていうイベントがあって、わたしはすごく好きだったんだよね。
昼間はゆったりしたダブとかが流れていて夕方から踊りだす。
その間はフリマを散歩したり、アウトドアなので自炊したりとかね。

今回一緒に行った友達は、男性なんだけど、当時から摂食障害で悩んでいた。
ほぼ流動食しか口にできなくて、それがコンプレックスだった。
やがて、わたしがサイキックな覚醒をしはじめたとき、その友達といるときに、情報が降りてきた。

心理学では、摂食障害は、愛着障害とも関係したり、母親との関係がいわれるけど
わたしに来る情報では、友達は母親のことは関係なかった。
精神科にもさんざん通っていた彼だけど、どこでも母源病だと決めつけられるといわれた。

「最近集中力なくて、ホントやばい」

といってきた。
ダウジングでは、

「話しきくのはいいけど、ダウジングは使わないでね。仕事にしないで」

といわれていた。

「俺、もしかしたら、この病気かも、、」

といってスマホで見せてきたけど一般的なことはいえるし、話きけるけど、カウンセリングになっちゃうよなーと。
スピリットたちも、わたしのプライベートだから、できるだけ仕事と切り離したいらしいから。
難しいよね。

友人は、職場の人に鍼をすすめられたらしい話をした途端、いきなりダウジングで反応しはじめ

「鍼は受けないで!」

ときた。
エーテル層のなにかの関係で、鍼を打つのがよくないと出るお客さんがいるのは事実。
友達は、いわゆるラーメンも食べられない。
肉類は食べられない。
すこしだけなにかをつまむ程度。
グラウンディングに関係するのかな?
友人はエーテルテンプレートに問題があるらしく身体の領域じゃなくSpiritに原因があるらしい。

友人とは、よく美術館やアートイベントに行っていた。
以前のわたしは数ヶ月先まで予約を入れていたのでお誘いがあっても、仕事があるからと断ってきた。
仕事の休みは平日なため、わたしの好きなイベントも、友人もあきらめていた。
最近では半月前くらいから予約をとるペースになり、休みを増やしたんだと伝えると、

「いいな、そんなに休めて・・」

といわれた。
友人は夜勤もあり、だんだんきつくなってきたらしい。
体調も悪くなり、辛いという流れでの話だった。

ダウジングでは、それは、

「やりたいことがやれてない」

というのが肉体的に表れているらしかった。
友人は、劇団にかつて入っていて、アートパフォーマンスをしていたらしいんだよね。
時期的に、摂食障害になったとき、やめている。
しかしどうやらスピリットは音に携わる仕事をさせたいらしくて、それを伝えた。

話が違う流れになってるけど、友達の時計、面白くて、、

フラワーオブライフの指輪もしてるし。
なんか宇宙なのよね。

さて、サマソニの会場が近づいてきた。




着いたら、ちょうど、中田ヤスタカが終わる直前でした。


会場にはドラゴンが。




フードも充実してたけど、ここでは食べませんでした。



わたしたちはジョージクリントンを見に行きました。

音楽の仕事したとき、ライブに行きました。
川崎のクラブチッタだったかな。
そのときより大きいハコなので音も違いました。
これはこれでよいかな。




そしてわたしの目的のひとつ、
Nine Inch Nailsのライブアクトを見に行きました。




Nine Inch Nails - God Break Down The Door


Nine Inch Nails - The Hand That Feeds


Marshmello(マシュメロ)

はじめてだってけど、すごく私好みだった。
覆面DJです。

Marshmello - Alone


そしてマイブラ(My Bloody Valentine)





My Bloody Valentine - Soon


ラストは電気グルーヴ




電気グルーヴ 「人間大統領」from『TROPICAL LOVE TOUR 2017』


わたし電気の卓球が大好きで。
もちろん瀧も好きだけど。
卓球も瀧も好きなことしかしないというか、
好きなことをとことん突き詰めてるというか
売れる曲とかそういうんじゃなくて好きな作品を作り続けるところが好きというのかな。
音が商業的になるケース、みてきてたから。
音楽商社時代に。。

ピエール瀧


石野卓球


ゲストに日出郎


実は日出郎についてはさほど知らなかったんだけど
90年代にドラッグクイーンで、いわゆる初期のおねえキャラとして売り出してた人。

なんかステージでは、格好良かったよ。怪しくてww
スクリーンを通してみると
なんだか陰陽師っぽい雰囲気があったり、
シャーマニズムを感じさせる雰囲気があってね。

ああ、わたし、やっぱ光じゃなくて

怪しいのが大好きだわーーー!!

って思った。

光の世界より闇が好き!!

それが素の私(笑)
だからスピリチュアルってちょっと違う感覚あるんだよね。
天使の羽より悪魔の羽のほうがわたしにはあってる(笑
そして、そんな「闇が好きな私」がきっと好き(笑)
闇ってなんか落ち着くんだよね。。。








ラストまでいたけどすごーーい混雑。そりゃそーだ。。
通路にはSONIC MANIAの歴史があった。


そとに出ると半袖だと少し寒い。
8月の、先日までうだる暑さだったのに、寒いっていったい・・・
みんな、明るくなってる!と外の朝の風景にいろいろな声が聞こえてきました。


帰り。




最後までご覧いただきありがとうございました!
れいあ
Posted byれいあ