In Loving Light & Universe, Heal the World

ハート全開!慶太さんの音叉ヒーリングマスター講座

2018年08月08日
キネシオロジー
はい、れいあです。

ちょっとこのところ忙しくてなかなかブログを思うように更新していなかったのですが
ようやく休みになり更新できます^^

前回、木曜会の記事を書きました。

愛の救急車 齋藤慶太さんのアストロキネシオロジー  August02, 2018
http://funkysista.blog88.fc2.com/blog-entry-4077.html

その翌日に音叉ヒーリングのマスター講座が開催されました。

1キネの上級クラスと音叉入門講座を受けていることが条件のアドバンスクラスです。
つまりキネシオロジー初心者ではなく、
座位インディケーターや仰臥位でのマッスルテストがある程度できることが前提。
・・・ということもあり、講座がさくさくすすんで心地よかったです!

開催された場所は4月に引き続き今回も横浜の近代文学館で行われました。
元町中華街駅からはちょっと距離があったりコンビニや飲食店が近くにないけどロケーションはよいんですね。

アメリカ山公園





みなとの見える丘公園


これらを通り抜けて・・

近代文学館



慶太さんの音叉と修正道具



構成は
午前中に音叉のテクニックとプチセッション
午後はブレイン音叉の使い方とセッション

という形で進められました。

慶太さんもおっしゃっておられましたが
やはり1日で詰め込むには少し量が多かったかもしれません。
私的には
ブレイン音叉のみで1日使ってもよいかも・・・?
というイメージです。

わたしは普段セッションなどで音叉やクリスタルボウルなど
倍音モノはある程度使っていることもあるため
講座の進み方のペースはとても心地よかったです。
音叉になれない人にとっては、もう少し時間をとったほうがいいのかもしれません。

わたしがはじめ音叉を買ったとき
音叉講座をやっているところは見つければあるけどどこもピンとこなくてダウジングの反応もありません。
わたしはラファエルを中心とした目に見えないスピリットに音叉を教えられたのです。
わたしが音叉についてスピリットから学んだことは
YouTubeなどでの音叉講座を見ても同じ内容はなにひとつありません。
何ヘルツとかそういうことはスピリットたちは教えてこなかったのです。

一方慶太さんからの情報は、わたしが目に見えない存在に教えてもらったことが多く
そんな意味で心地よかったというのもあるのだと思います。
いつも目に見えない存在からの情報だったので、
目に見える人間である慶太さんの口から同じ感覚の内容が伝えられるということは、わたしにとっては実に意義深いこと。
慶太さんと話しているとスピリットと話しているような感覚になることも多いのです。

そしてこれは音叉にしてもわたしは思うのですが
クリスタルボウルは特に「その人自身」が出るのです。
だからクリスタルボウルを演奏するときは自身が解放が行われていることがベスト。
クリスタルボウルは基本的にはシリカを使っているものなので
骨伝導というか骨の細胞にまでしみこむというかんじです。

わたしは普段サトルレベルでの音叉を行っていますが
今回午後に行ったブレイン音叉は物理レベルのものです。
ウェイトをつけたりし、クライアントの体に、そして多くは骨のあるところの上で行います。
これにも骨伝導的な要素もあるのだろうな、とか
頭だったら脳せき髄液を通じて全身にいきわたるのかなと思ってやっていました。

わたしが最初に買った音叉はチャクラ音叉でした。
次に、五行音叉を購入しました。
カラフルな音叉もありますがわたしのダウジングでは反応せず。
きれいだけど臨床には効果が薄いイメージです。

慶太さんも、コーティングされている音叉については
「響きが落ちる」
とおっしゃっていました。
(これもわたしのスピリット達と同じ情報だなと思っていました)

とにかくセッションの手順についてもすべて細かく教えてくださり、そのあたりも助かります。

ブレイン音叉については
ウェイトのつけかた、外し方から丁寧に教えていただきました。
ウェイトがちゃんとついていなかったりすると響き方が違うので
そのあたりの音というか振動の違いとかも教えてくださいました。

これって大事なことだよね。
でもあまりそのほかの講座ではここまでは教えられないことだろうなと思ってきいていました。
ここらへんが臨床に即している部分のひとつというかね。。
フラワーエッセンスの講座にしてもそうですが、
内容がわりと抽象的だったり、雰囲気で自分が癒されて帰っていくというか(笑
臨床の場にいざ出てみると
「こういうときどうするのかな」
と思うことって実に多くて。
わたしは
「癒されてるつもり」
にお客さんがなってほしくありません。
だから臨床ベースにした人のところで学んでいきたい気持ちが強いんですよね。

慶太さんの講座はコツを体験的につかんでいくイメージ。
自転車の練習をしたときのあの感じというかな。
最初できないと思うのだけど、ある瞬間コツがつかめるというか、
(そのために再受講に通ってるのですけど)
上級クラスで学んだ座位インディケーターについて、音叉講座では
「ちゃんと(マッスルテストが)できてたよ」
と慶太さんにいわれてすごくうれしかったです。
もちろんまだまだ自分にOK出せるレベルではないんですが
着実に身につけていきたいと思いました。
(上級クラスは東京では2019年に開催されますよ)

そしてブレイン音叉を使ったペアセッションを行っていきました。

最初サトルボディの音叉ヒーリングのプチセッションでは
わたしが気になる体調のポイントを伝えていきました。
それは

・左手親指の痛み
・昨年12月の丹田の低温やけどが最近また痛み出した&あざが再びできたこと
・歯の痛み

これについてダウジングをそれぞれとると
「病院に行く必要はない」
ということだったのでダウジングで状態を見つつだったのですが
心細くて。。。(信頼していない)

そしてなんとかここでできることをきいていくと
丹田の低温やけど
に反応。

選ばれたのはプラネタリーチューナーで
・PLUTO
・MOON
でした。

PLUTOであるというのはヒーリング終了後に教えていただきました。
破壊と再生、ですが
わたしは、丹田の低温やけどで「壊死する」という言葉に敏感になっていて
自分が内部から腐っていくような感覚があったのです。
PLUTOは後でダウジングをとると「再生」に反応していました。

ヒーリング中きたメッセージは

「宇宙のポータルゲート」

「へその緒」

「子宮」

でした。

宇宙のポータルゲートはわたしがお客さんをヒーリング中にわりと見えることがありましたが
エネルギーフィールドの中に
”別の銀河への入り口”
のような小さい銀河の渦が見えるときがあるのです。
その渦がヒーリングの最中に見えていました。

「子宮」についてはわたしが2000年に臨死体験をしたとき
当時物質主義だったわたしが不思議な体験をし
このときからいろいろがヒーリングの世界に入っていったときでした。
そのとき自分を見ながら
「子宮は宇宙です」
の声をきいて自分の肉体に入っていったことを思い出しました。

そしてへその緒は、自分のバーストラウマそのもので
生まれたときへその緒が首にまきついて窒息死寸前で生まれてきたのですが
それらがこのときのヒーリングに一気に出てきた感じ。

ヒーリング前に音叉をたたく場所を筋反射できいてもらったところ腰から下に反応。
そしてたたいた瞬間に、腰から下が浄化されていくのをかんじました。

話がそれますが、わたしは自宅に帰ると、まず最初に行うことが
シークワサーを飲むこと
なんですね。

帰るとまずはじめに飲むのです。
理由は飲むと疲れがとれるのが一番。
いろいろなかんきつで試したらシークワーサーが一番わたしにあっていました。
さらに、どのシークワーサーがいいのか
これまで6~7種類は飲んで
最終的にいまは特定のメーカーのものを飲んでいます。
炭酸で割っていますが、炭酸も九州の阿蘇山のスパークリングを飲んでいて
いろいろ飲んだ結果今は阿蘇山のものを飲んでます。

わたしは家に戻りシークワーサーを飲むとその直後に
腰から下のエーテル体に近いエモーショナルボディに
さーーーっと滝が流れるかのような清涼感を覚えるのです。

下に気の流れがいく感覚です。
そしてシークワーサーを飲むと腰から下に白いenergyのスペースができるかんじです。
エネルギーフィールドがさっときれいになるかんじで浄化されている感覚がすごくあります。

医学的にいえばシークワーサーの中には
ヘスペリジンという成分が含まれていてビタミンPといわれているものらしいですが
へスぺリジンは血流を改善してくれたり血管を柔軟に保つ作用があるそうです。
シークワーサーで有名なのはフラボノイドでもあるノビレチンです。
血糖値や血圧の上昇を抑える作用があります。

先月、わたしがおいしそうにシークワーサーを飲んでいたら
父親がシークワーサーをほしがってきて、いまでは父親とわたしで飲んでいます。
実際父親はシークワーサーを飲んで血圧の値がすごい下がっているんですよね。
ちょっと高くなっても元に戻る感じなので
父親の健康には欠かせないものになりました。

こういった飲食物など、わたしは感覚ですべて決めています。
感覚でシークワーサーが飲みたくないときは、たいがい休みのとき。
飲んでいるのは完熟シークワーサーですが
青切りシークワーサーといって皮ごとしぼっているものもあります。
それを飲むと、わたしは内臓の部分かな、そのあたりが
上から下にすーっと。
内臓もリラックスするかんじになります。
キネシオロジーでは任脈チェックというものをするのですが
任脈のラインを下げるような感覚です。
体内をオフにするかんじというのかな。

すっかりシークワーサーの話になりましたが(笑
特に夏のわたしの生活にはかかせません。
(ちなみに冬は自宅の庭に生えているゆずになります^^;)

シークワーサーで浄化、
元気がないときはごまを食べて
スタミナないときはニンニク

というのが自分の中にある「氣」が通常になる感覚なんですよね。

そして、ブレイン音叉でのセッションでも同じ部位の痛みについて行っていきましたが
ランチのときに、さらに自分で掘り下げを行っていたので
それを踏まえて、セッションに臨みました。
セッションをしていただいた方にはちょっと刺激のある言葉が出てきてしまったかも。。
わたしも普段のモードでは出てこないスピリチュアルな言葉に反応しました。

・エササニ
・ホワイトブラザーフッド

エササニはバシャールのですが、正直わたしはよくわかっていません^^;
ホワイトブラザーフッドは、セラピスベイがどうとかっていうやつですよね。
でも通常モードのわたしは信じないって思ってる部分ですし、どんなものかよくわかりません。

だけどわたしの
スピリットチームにはホワイトブザーフッドのメンバーがいるらしい
(ダウジングの執事君<=東雲さん>がそうみたい。
東雲という呼び名はスピリットたちからそういうふうに呼ばれていたのでそう呼ぶようになりました)

東雲には何度となく

「神からのサポートを受け入れなさい」

といわれていました。

そして最近は

「もっと利他的に生きても大丈夫」

とも。
わたしは自分のもともとの性質的に利他的に生きると犠牲的になりやすく
だからこそあえて境界線を強化していたところがかなりあります。

この講習のあとで慶太さんご家族と受講生さんたちで食事をとりました。
そのときフラワーエッセンスの5レメディの使い方をどうすればよいのか
別の受講生さんに聞かれて話していたのですが
そのとき慶太さんがこういう逸話を話されていました。

「温泉にいったとき、温泉でおぼれてる人がいてね、その人にこれ使った。
人に使うため 俺は持ち歩いてる」

というから、わたしとしては目から鱗というか
突き刺すようにどきっと思えました。
なんか正義の味方みたいだよね。
戦隊モノとかそういう。。
気づかされたんですよね、その逸話から。

わたしは仕事でエッセンスを使っている。
これは確かに人のために選んだり使っている。
だけど、わたしは仕事でしか人のために使っていないんじゃないか?

__なぜ突き刺す感覚になったのか。

東雲の
「利他的に生きる」
という意味が、すごく深くしっくりしてしまって、
自分が恥ずかしくなってしまったんです。

ああ、わたしって自分のことしか考えてない・・・とか
保身に走ってるな、わたしww

というかんじで恥ずかしいというのでしょうか。

慶太さんにはまったく、お会いするたびに気づかされてばかりです。

このセッションでは目標設定を定めたのですが

「天からのサポートの受け取り方をしっていて、サポートを受け取っている」

になりました。
わたし、天からサポートしてもらっているというのが、深い部分ではわかっていなくて
それは「サポートの受け取り方がわからない」ということでした。
ちなみにこのときの問題となっていたのは
「バーストラウマ」に反応。
バーストラウマ問題、ずっと取り組んでいた期間が長いので
いい加減そろそろわたし次にいきたいです^^;

わたしのほうがセラピストをしたときにセッションをしていて
受講生さんの「うちくるぶし」ときたのですが
片方がノーウェイトでした。
ウェイトをはずしてるとき、間違ってねじを全部外して焦っていたら慶太さんがきて
やり方を口頭で教えていただいたのですね。
時間もなかったので焦っていました。

すると慶太さんは

「これが 俺の 教育だ!
俺は あえて なにもしない」

といって見ていました。
わたしには見守っていただいているという感覚だったんだけどね。

慶太さんは、口は悪いところもあるんだけど(笑)
そのあたりなんだよね、わたしが好きなのは^^

根底に

「見守られている」

という安心感があるという感覚がわたしはあるのね。
もちろん私だけとかじゃなく、受講生さんみんなにそうなのだけど
そこにいかに気づいていけるか、なんだろうなぁ。
それって魂の成長とともに気づいていく部分ね。
慶太さんのその「愛」に気づいたり、しっかり受け止めることができた人であれば
わたしを含めて、また慶太さんに会いたいと思うのかなって思う。
そういう部分が慶太さんの魅力なのです。

だから慶太さんのクラスは
たとえ失敗しても、そこから学ぼうという気もちに素直になれるのです。
何度躓いても、何度できなくても、学ぼうという気持ちにさせてくれるというか
そこに愛を感じるんです。
素直になれるというか、自分に嘘はつきたくないものね。
そんな気持ちにさせられるんだよね。

失敗もすべて経験。
プライドはずたずたになっても魂は喜んでいる。
その魂の感覚がわかるのが好きなんだよね。
それはきっと、慶太さん自身が魂に直結した生き方をしているからだと思うんだ。

1キネ上級のほうも何度も再受講していますが
やはり慶太さんに対して筋反射をとっていくこともあるので
すごい緊張します。
でも実際にそれがどうであれ、わたしはそういう経験が面白いのです。
最下位になろうと上のクラスになろうと
なんか本質はその順位にあるわけじゃなく
奥深いところにあるというか
慶太さんの、そこ(奥の部分)を見てると、すごくわくわくするんだよね。

で、講習が終わっていったのが前回も行ったけど中華街の愛群。

愛群 あいちゅん





豆苗をエビ味噌でいためたもの

終わってからごはんをたれにまぜて食べるのですがすごくおいしい!

その翌々日、家で豆苗の炒め物が出ました。
なぜか家レベルで、いろいろとリンクしています^^

次は11月にアストロキネシオロジーのセッションがとれたのです!うれしいなぁ!!
秋は西洋占星術講座に出ます。
終わったらさらに成長したわたしになると思うので
みなさん楽しみにして待っててくださいね!!

Heal Japan 20 横浜:ヒーリング音叉マスター講座 2018-08-04 07:07:02
https://ameblo.jp/1kine/entry-12395464361.html

最後までご覧いただきありがとうございました!
れいあ
Author: れいあ
Energy Work (35)
地震予測と防災 (334)
競馬 (133)
月の祈り、星の導き (148)
Information (60)
Flower Essence (79)
お出かけ・お散歩 (124)
未分類 (19)
1 (0)
Facial (12)
ホメオパシー (12)
遊・戯・戯・言 (478)
Session (125)
そらいろだより。 (10)
癒しとスピリチュアル (255)
ご感想 (42)
Session Report (68)
Aroma (46)
お取り寄せ (12)
News (13)
れいあ流生き方 (66)
無駄話 (32)
人気記事 (26)
LINK (2)
Music (86)
自然療法 (80)
dayz (10)
Healing (7)
earthquake (102)
自然療法 (29)
Fortune (6)
Love (3)
My Boom (10)
介護・医療 (52)
WEB (8)
Foods (13)
Link (2)
Music (88)
BeautyDiet (16)
Dance (56)
shopping (9)
Cooking (8)
Spiritual (90)
名称未設定_36 (0)
キャラモノ (10)
Book (29)
政治・社会・経済 (40)
オーラソーマ (26)
メディアリテラシー (6)
Essay (4)
オカルト・トンデモ・陰謀 (13)
気象 (1)
ニュースクリップ (1)
Art (9)
メンタルヘルス (17)
詩 (6)
スピリチュアル・エクササイズ (6)
タロット・オラクル (5)
Osho (11)
相続 (1)
エッセンス (57)
ワークショップ (34)
東洋医学 (9)
心理学 (3)
レッスン (16)
キネシオロジー (46)
バッチフラワー (3)
薬膳 (6)
ゲーム (5)
レイキ (2)
ヒーリングストーン (2)
ダイエット (1)
【花魔女通信】Rainbow Garden (3)
2ちゃんねる (3)
武蔵小山 (12)
大天使 (3)
天使のメッセージ (3)
レン君 (16)
ハーブティ (2)
福岡 大牟田 (18)
映画・DVD (5)
雑念エンタテインメント (0)
スマホ関係 (0)
エネルギーワーク (1)
動物福祉 (3)
一斉遠隔ヒーリング (2)
美術・芸術 (3)
加圧トレーニング (1)
電気グルーヴ (1)
慶太さん (8)
2019久米島合宿 (1)