れいあ

個人の癒しから家系の癒しへ

bg4.jpg

はい、れいあです。

今年に入ってセッションの傾向が変わりつつあります。

これは、ヒマラヤンフラワーエンハンサーのタンマヤさんに
自己紹介のとき、質問として発言したのですが、
セッションをやっていくうちに、
個人の癒しが終了する、もしくは、ある程度の段階までくると
次に取り組むのが、家系、DNAレベルでのパターンや家系の癒しであることが多く、
それがおわると、さらなる集合意識を、仕事やライフワークなど
その方の個を超えた領域で行う
そんなパターンが多いと、常々感じるようになりました。

実は、フラワーエッセンスのセッションでありながら、
このところ、フラワーエッセンスをお客様にお作りすることが徐々に減りました。
エネルギーチェックをして必要であれば、お出ししております。

そんなわけで、こちらのブログには、
以前のようにフラワーエッセンスについての記事を書かなくなってきました。
それはお客様に気づかされたことです。
以前は昔の記事を見ていらした方が多かった。
「フラワーエッセンスで検索すると必ずれいあさんの記事にたどり着く」
といわれることが多かったんですね。
しかし最近では
「昔よくフラワーエッセンスの記事を書いていたときに・・・」
といわれるようになったのです。

以前は個人の癒しを、それはカルマのレベルを含めて癒していくサポートとして
フラワーエッセンスは必需品でした。

いまはアロマをサトルレベルでの解釈を通して
より深みを理解するセッションをしています。

わたしは何故生まれてきたのか

ということの答えを森羅万象にあるヒントをみながら
現象におきている真理をみつける手助けをしています。
「感情」がヒントです。
フラワーエッセンスは感じている感情に対しての癒しが多いのですが
さらに一歩踏み込んだ形になってきているといったらよいでしょうか。

そしてその感覚や感情は、本当に自分のものなのか。
日本人にはエンパスが多いから、そこも含めての認識が必要ですね。

癒しというものがトランスパーソナルの領域へと移っているイメージです。

身近なトランスパーソナルとしては
やはり家系や先祖の癒しです。

しかし、もとから家系や先祖の癒しが強く影響している場合は、
そちらを先に行う必要がある方もいらっしゃいます。
そちらを先に行わないと個人の癒しがすすみにくいケースです。

フラワーエッセンスのセッションをこれまでしてきて、
フラワーエッセンスのサポートするエネルギーを超えた領域でのヒーリングが必要になってきています。

個人の癒しをこえて、家系、集合意識となることが増えると、
やはり個としてのあり方がますます大切だと思うようになりました。

最後までご覧いただきありがとうございます。
れいあ
Posted byれいあ