れいあ

聖なる旅の羅針盤

d2fa017044e8b65bac69d244453b4b50.jpg

はい、れいあです。

セッションでは森羅万象がつながっていることをメタファーとしてとらえていくことをしています。

たとえばお話ししている最中にお客さんとしては
○○したいと思っている
と口では話されていても
そのタイミングでNOを示すような出来事があったりということがよくあります。
先日もお客さんがお話されている最中にマンションのエントランスのほうから小さい子が
「やだー!」
といったのですが、なにかわたしはその「やだー!」が関連ある!と思って
「この”やだー!”ということは(お客さんが)実はそうじゃないことを示していますか?」
ときくとYesになり
「そういうふうに口ではおっしゃっているけど、なんか心ではそう思っていないみたいだよ」
なんてことをいうこともあったりします。

あるときは待合室の整骨院の患者さんが話されているのが聞こえてきて
その内容がセッションとリンクするなんてことはよくあることです。

もちろんその言葉尻すべてが関連するというわけではなく
その一部だけなんだかインスピレーションでつながる感覚です。

これはなにもセッションをするセラピストの立場のみから言っているわけではなく
わたしはこれを普段の疑問の謎解きによく使っています。

なにかの現象があると

なぜあんなことがおきたのだろうか?

というふうにわたしは思います。

なぜこういうこと、その空間、その時間に出くわしたのか。

目に見えるその現象に対し、わたしたちは一方的に物事を見てしまいがちだけど
視点を変えれば様々な角度から見ることができるものだとわたしは思っている。
わたしはそんな

視点を養う

ということって結構大切だと感じていますし、セッションでそれが必要な人には伝えています。

わたしはフラワーエッセンスは大好きですが
わたしのところにいらしてくださるお客様には
最終的にはフラワーエッセンスに頼らなくなるようなセッションを目指しています。
魂の成長へと導き、心に力をつけていって、
視点を養うことで現実的な解決能力をつけていってほしいからです。
もちろん困ったときはフラワーエッセンスが必要ならとればいいし、
セッションでヒントをつかむことも必要であればよいと思っています。
だけどわたしはその先にあるものを見据えてセッションをしていきたいんですね。
それは

お客様が

「自分」であって安心した状態、ありのままの自分であってリラックスできるようになること

だからこそ

「自分」という与えられた能力・個性を発揮できるようになること、自分のミッションを理解すること

このあたりを現状では目指しているかんじです。

わたしはお客様の人生という旅路の聖なる羅針盤でありたいのです。

セッションを行っていくと
子どもに恵まれないでいた方に子供ができて出産した方もこの数年で増えてきて
今度はパートナーがいなかったけど、もしくはパートナーとなかなか結婚できずにいたけど
めでたく結婚しました!という方が昨年から増えてきているんですね。

そういう人生の節目節目を見届けるというのはなんともいえない無上の喜びを感じます。

よくセッションでは「上とつながる」ということにフォーカスをし、お客様の上の存在の声をおろしたりしますが
それはなにも特別なことじゃないのです。
チャネリングを習うとか、そういうことをしなくても
自分に必要なメッセージって注意をすれば入ってきます。

わたしはいつも執事君にきいていますが
執事君にきいて確信するにいたるとある内容について書いていきます。
わたしがいつも行っている方法であり、スピリットから聞いた方法でもあります。

普段と同じ風景、同じ道、街を歩いていても日や時期によって目に入ってくるものが変わってきたりします。
これは電車の中でもよくやるのですが
わかりやすい方法としては

電車の広告の中でどんな単語が気になって目に留まるのか

ということ、それだけ、です。

目に飛び込んだ文字列が、どんな意味をなしているのか

それは同じ広告であったにしても違ってくることもあります。

しかし広告というのはなにかのインパクトを残すために作られた
潜在意識に訴えかけるという性質を持ちます。

なので、たとえば、痩せなくちゃ・・・という気持ちで広告を見て
ああ、エステ行こうかなぁ~という意味あいとは
ここでは違うということだけはいっておきます。

ここでは、広告の内容にある意味合いを飛び越えて
自分の世界に関連する内容をあぶりだしていくというやり方なのです。


先日とあるアチューンメントを受けました。
そのとき見えたもの、たくさんあったけど、多くは夢のように消えてしまいます。
そんなとき街を歩いていたら
いつも歩いてみる風景の中で
エスティーム
という看板のことばだけが入ってきました。
そのときあ!あのアチューンメントの意味がこれだったんだ!
そんなふうにいろいろなことがリンクしてくる瞬間が出てくると
次から次に点と点が結ばれて線になる感覚があるのです。

これは脳のシステムでもある

「網様体賦活系」(RAS)

を使ったわたし流のエクササイズでもあります。

「いま なにを 意識していようとしているのか」

その中にネガティブな感覚や感情、もやもやを伴えば、
そこを探究していくのがわたしがいつも行っているやり方です。

i-Phoneで曲を見ていて、そのタイトルの名前だけをむすびつけていくやり方をとったり
いろいろな遊びのような感覚でわたしは行っています。

文字情報だけでなく色とかなにかの写真、絵、そういうすべては「情報」です。

ちなみにわたしはゲームについても
具現化できるように工夫をして
潜在意識が求めるレベルのことをしたりもしています。

いまどんな情報を求めているのか

を知ることは

わたしたちが本当はなにを考えてなにを求めているのか

というヒントになっています。

どんなメッセージをcatchしていくかというのは
なにげない日常の遊び心から見出していくことができるんです。


最後までご覧いただきありがとうございました。
れいあ
Posted byれいあ