親子のセッションで家系を癒す

-
光の錬金術師れいあ
1fcf938566f5.jpg

はい、れいあです。

このところ親子で個別にセッションを受けられる方が、じわじわと増えてらっしゃいます。

多くの場合はじめは娘さんがお客さんとしていらしてきていて
やがて、話をきいたお母さまも個人的にいらっしゃるようになるケースが多いです。
こうやって親子のセッションを別々にしながらも
その家族のテーマをともに取り組み、
相乗効果でお互いプラスアルファで、より癒されていくことが増えているんです。

先日いらしたお客様は、娘さんがもともとセッションにいらしていたのですが
直感に従って行動をされてきた方で
この間のセッションではお話をきいていると
中間世の話というか
いわゆる胎内記憶的なものが出てきました。
そしてさぐっていくと娘さんとはポジティブなカルマ?で結ばれているようでした。

でもこのようなケースってあまりなくて
特に親子関係だと
何かしらのネガティブカルマがあったり、家系の問題があったりするのをよく扱います。

一方で、わたしの場合の過去のつながりは、
前々からいろんなスピリットにいわれるのですが
家族で過去関係のある人は亡くなった祖母とその妹だけで
両親とは過去一緒に過ごした経験がないのだそうです。
両親は、わたしの地球でのグランディングのために出会ったみたいです。
かなり二人とも現実的で、両親はフラワーエッセンスなどは信じてないタイプです。
だから、エッセンスやヒーリング、代替療法を受け入れたり理解をしてくれる家族がいるのは
うらやましいですが、
グランディングのため、こういう人が親だというのなら仕方ないかもな(笑)

思えば小さな頃、祖父がテープにとっていたのですが
わたしは月を見ながら

「わたしはあそこにいる(となりの両親の部屋をさしながら)ひとたちは
本当のパパとママじゃないの。
わたしはお星様からきたの」

といっているのを見せられたことがありました。
当時のわたしは、かぐや姫かなんかの物語をきかされたのかな、とか、
父親の暴力は当時からだったんだろうな
みたいに受け取りました。
昔のわたしは竹取物語に、やたら同調して惹かれていたこともあり
本当にわたしは空、星からやってきたと思っていたのを思い出しました。
それが胎内記憶かどうかはわからないけど。。

ネガティブなカルマなどはつらいことが多いと思うけど
過去につながりのある人が家族にほとんどいないというのも
いわゆる縁が誰もないというのも寂しいものなのだなと思いました。
だからわたしは、あんなにまで、居場所を探しつづけ、求めていたのか、と。
それは地球に生まれてきた理由がずっとわからなかったことともつながるのかもしれません。
だからこそカルマを解消して新しいつながりをつくっていくことは
魂の喜びなのではないのかなとも思ったりします。

親子でのセッションがじんわり増えてきたときに思うのは
やはり家族全体を癒そうと魂が願っているのだなということです。

そしてそれにより、さらに人生を豊かにしていきたい、
そういう願いをサポートしていければいいなと思っています。

そんな、とある親子で別にセッションを受けられているお客様からメッセージをいただいたのですが
了承を得ましたのでこちらに書いていきたいと思います。

母から興奮気味に電話が来ました(^^;)
セッションの内容は聞いていませんが、

「凄い人(れいあさんのことですよ♡)の所に行かれるようになって良かった。
あんたのお陰だわ、ありがとう!」

としきりと感謝しておりました。
本人なりに、これまでの人生で納得が行かなかったことが腑に落ち始めているようです。

私達の親世代だと、スピリチュアルとかヒーリングは拒否反応を示す方が多いので、
親子でセッションを受けたい、と思わせるれいあさんの癒しの力の賜物ですよ。

母がセッションの帰り、その足で旅行代理店に向かい、なんとその場で海外旅行の申し込みをしてきました(^^;)
申し込みをしたものの、父に言い出すのはかなり勇気が言ったようですが、
父もあっさり許可したようで、私は毎日話しを聞かされてますよ(苦笑)

これまで、何かと言うと

「お父さんがいるから…仕事があるから…」

と言い訳をして自己犠牲的な生き方をしてきた母なので、この思い切った行動に私が衝撃を受けています。

私が散々、自己犠牲的な生き方はやめろ。と言っても聞かなかったのですが、
一度のセッションで人ってこんなに変わるのね…と驚きました。
私の方がグズグズしているので、追い越されそうです。

親子ごとに、様々なテーマがあると思いますが、
私共の感想が、親子で癒されるきっかけになれば幸いです。



旅行の話は

「南のほうに旅行に行きなさい」

というメッセージがヒーリング中にきたことをうけてのことでした。

わたしには最初、朱雀が見えていました。
朱雀は五行でいう四神のひとつです。
ご存知だと思いますが

東の青龍
南の朱雀
西の白虎
北の玄武

朱雀は不死鳥(フェニックス)やインドの神鳥ガルーダと同一視される事もありますが
基本的に南の方位を守る存在といわれています。

朱雀が何を意味するのかきいてみると

「南のほうに旅をしなさい」

ということらしく、なぜ?ときくと

「陽のエネルギーをとりいれ、浄化する」

というのがきていました。
できれば日本以外がベスト、海があればなおよい、とのことでした。
日本からは東になるのでハワイなどは違ったようでした。

するとお客様は、セッションの帰りに旅行代理店で申し込みをしたそうです。
それは、これまでずっとセッションにいらしてる娘さんからにしては驚きだったそうで
自分を生きるためのはじめの一歩を踏み出したお母さまを見て
娘さん的にもさらにいろいろなよい変化が出てくるようにサポートしていきたいです。

親子はコミュニケーションの基本のようなものであり
自己表現の基本でもあるかと思うので
セッションを通してさらに自分を知り、
自分の本当に求めていることを具現化していく力を
もっとつけていけるためのきっかけになったらよいなと思いました。

最後までご覧いただきありがとうございました。


れいあ
光の錬金術師れいあ
Posted by光の錬金術師れいあ