In Loving Light & Universe, Heal the World

あなたにとっての「成功」ってなんですか?

2017年11月11日
癒しとスピリチュアル
Steps-to-Success-628x353.jpg
はい、れいあです。

以前ちょっと書いたかもしれないけど、
かつてデモセッションなどを受けたとき
ふと、わたしが思いもしないような内容が出てきたことがありました。

ご存知のようにわたしは普段フラワーエッセンスセッションを仕事にしていますが
セッションのイメージはろくろをまわして陶芸を完成させていくようなイメージもあります。

今回は仕事面、今回は恋愛面。。。というかんじで
わたしが決めているわけではなくお客様のハイヤーセルフが扱うテーマを決めているのですが
やはりそれぞれのステージというものがあります。

わたしも自分自身に対するセルフセッションをよくします。
だけどわたしが自分自身をセッションすると
どうしても偏った、もしくは掘り下げやすいステージを中心になっていきやすいです。
なのでいくら自分で掘り下げられるからと思ってはいても
自分で掘り下げやすい傾向っていうのがあるなぁと思います。
だからこその第三者のセッションだったりします。

わたしは結構仕事関係での掘り下げはしています。
でもやはりなぜか
「成功」
というテーマが最終的にあがってきてしまう。

わたしは正直成功といわれてもピンときません。
ある程度セッションで一定の稼ぎがあるくらいで充分かな~としか思っていなくて
もっとこうしていこう、もしくはいきたいというヴィジョンが見えてこないのです。
お金についても思い込みがかつてはあったけど、かなり外れました。
自己価値についてもだいぶ解放しました。
だけどなぜか最終的に「成功」のテーマにいきついてしまう。

「成功」ってなんだろう?
わたしにとって「成功」ってどんなイメージかなぁ・・・

世の中には自己啓発をはじめとして成功哲学がたくさんあります。
わたしが最初に思いつくのは、やはりナポレオンヒルやカーネギーです。


思考は現実化する(上巻) [ ナポレオン・ヒル ]


人を動かす [ デール・カーネギー ]


完訳7つの習慣 人格主義の回復 [ スティーヴン・R.コヴィー ]

かれこれ1年以上「成功」というテーマが出てきます。
だけどいっこうに成功といわれても、よくわからない。
でも、この一年で「自己価値」への感覚は確実に変わりました。

かつては
「もう・・・わたしダメだ」
ばかり思っていました。
かといってがっつりなにかしはじめたわけではないんですが
少なくとも自分はダメって否定しなくなっていきました。

一年前は大天使ジョフィエルがセッションのサポートをしてくれました。
当時のわたしはジョフィエルに対する依存心がありました。
わたしはジョフィエルがいなくなってしまったらセッションができないと思っていたんですね。
いま思えば、依存だと思っていたそれは、わたし自身に対する無価値観だったのです。
スピリットのサポートとともにセッションをしていたわたしは幸せでした。
だけど一方でサポートがないとセッションができないと思っていたため
サポートしてもらっているのにもかかわらず、わたしは常に不安と背中合わせだった。

わたしは受けているスピリットのサポートを外部のものと認識していました。
他のヒーラーさんなんかは、サポートを自分のようにされてる方もいらして
わたしとしてはそれが疑問でなりませんでした。
ジョフィエルは、わたしのサポートをしてくれていただけであり、わたしそのものではない。
だからサポートをわたしそのものにすることは、よくないことだと思っていました。
実際わたし自身ではないので外部のサポートともとれますが
天の恵みやサポートとして、いわゆるAbundanceとしてとらえるのが正しい認識だったのですね。

それがわからずにいたので、サポートを受けているにもかかわらず

なぜわたしはわたしの力が出せないんだろう

という気持ちがいつしか「無力感」となり、「無価値感」へとつながっていきました。

「わたしにはなにもない。わたしはサポートがなければなにもできない人間だ」

そんな気持ちがずっと根深くあることに気づいていきました。
そしていらしてくださるお客様に対して申し訳なさをも感じていきました。

「わたしにもっと実力があれば、お客様はもっと早く、もっと幸せになっていったかもしれない。
確かに魂の学びのスピードは人それぞれかもしれない。
でもね、そこはわたしがもっともっと頑張らなくてはいけない。
でも頑張れない。。。わたしには才能がないんだ。。」

かつてはそんな毎日でした。
でも今年になり、ようやく気づいていったのです。
この無価値観こそわたしのエゴであると。

潜在意識の次のレイヤーにあがろうとするとき、エゴは時に暴走したりします。
わたしの場合はまさにそれでした。
そして一年前果てしない絶望感に堕ちていっていたのです。

そんなとき、ダウジングをするとき現在セッションサポートをしてくれている執事君が昨年12月上旬に現れました。
救世主・・・といいたいところですが、彼はひょうひょうとした性質なうえに人間の扱い?になれていません。
メッセージに行き違いを多く感じることもありました。
だけどわたしはこの世界のルールを徐々に彼に教えていき、
さらにわたしはどういう人間かを伝えていき
徐々にわたしを知ってもらっていきました。
いまだに執事君は不思議ちゃんではあるんだけど。

わたしはその存在を「執事」と名付けました。
やはりいまでも変わっていて風変りです。
あなたってどんな存在なの?ときくと

「警備員みたいなもんかなー(ドヤッ」

みたいなかんじで、
わたしはどう受け止めてよいものかわからないこともしばしば
(それって冗談だよね?本気なの?みたいなかんじでw)

かつてはジョフィエルがいて彼女がセッションをしてくれていました。
彼女の伝えたいことがわからなければ
「自動書記」によりホワイトボードにお客さんへのメッセージを書いていくことも後半は結構ありました。
だけどジョフィエルがセッションのメインパートを受け持つようになってくるほどに
わたしは自分ならこうしないというものが出てきた。
だけどわたしは彼女にやってもらっている立場なのでわたしのリクエストを伝えることができなかった。

ジョフィエルは過去世についてなど、スピリチュアル的なセッションを行うことが多かった。
わたしはこれに対して不満まではいかないけど
現実を乗り越えていく力をお客さんに何よりつけてもらいたかったのです。
現実をいかに生きていくのか。
これにはやはり自分に向き合い、自分というものを知り、理解していける、
そんなセッションをしていきたかったのです。
確かに過去世も大切かもしれません。
でも、それは現実の適応能力をつけることのほうが先なのではないかと感じることもあるし
なによりも、いまを大切にしてほしかった。
だからこそ過去世メインのようなセッションが増えると
わたしはお客さんがそこに逃避してしまうかもしれないこと、そうなってほしくないと思っていたのです。

そして昨年12月にセッションの担当が執事君になった。
執事君とはジョフィエルのように意思疎通が思うようにできない存在です。
だけど執事君は、ある程度の制限はあるにしろ、わたしの希望通りのセッションをさせてくれる。
というか執事君にリクエストを伝えていったんです。
「わたしはこうしたいんだけどどう思う?」というように。
だからわたしの思うセッションが徐々にできるようになっていきました。

執事くんは就任当初から
「あなたにはエネルギーワークがあってるからやるよ」
と伝えてきました。
そんなこんなで今年になり再びエネルギーワークを少しずつしていくようになっていったのです。
これがわたしの得意なものなのかはまだわからないけど
そんなところを無理なく教えてもらっているかんじです。

時折
「れいあさんはいろいろ見えるんですか?」
ときかれることがありますが
わたしは見えることも聞こえることもできません。
会話のキャッチボールはジョフィエルとだけはできました。
それは彼女が人間慣れしていることが一番あったからです。

わたしが見えなかったのは「見えないものが見える」をかなり恐れていて拒絶していたから。
しかしセッション中に光が見えたりとかしはじめ
今年の夏前からは徐々に龍が見えたりなどするようになっていきました。

いろいろスピリットと話しているのにも関わらず
わたしにとっては見えないものが見えることは恐怖でしかなかったのです。
これまで怖かったのに、いまエネルギーワークを通じて見えたりすると
エネルギーの仕組みのようなものがなんとなくですが腑に落ちていくことも増えてきました。
非言語でおきてる意味がわかるというか
積極的にセッションに参加しているかんじがすごくうれしくなりました。

ジョフィエルがサポートをしていたときはわたしがセッションをしていた意識よりむしろメインはジョフィエルだと思っていました。
だからジョフィエルがいなくなってしまったらお客さんが来なくなってしまうんじゃないかという強い恐れがありました。
でも執事君になってから、わたしが指揮をとれるようになってきて、しっかり参加している感じがうれしいのです。
ああ、わたしセッション好きなんだなって以前よりさらに思えるというか。

これらは冒頭でも書いた「成功」のテーマが出てきてから
そのプロセスとして起きていったことでした。
わたしをわざわざメインにするしないの問題ではなく無価値観をなくすというか
本来持っているはずの自己価値を取り戻すというか
自分の尊厳を取り戻すことがわたしにとっての最大のテーマだったのです。

いまわたしは、アロマアルケミーというものを学んでいるのですが
アロマの精油でリーディングしていくものです。
いまセッションをする前にちょっとお客様に精油をひいてもらっています。

先日そのレッスンをしたときに成功のテーマがあったことをふと思い出したのでそれをテーマに扱ってもらいました。
このテーマを扱おうと思ったときにいろいろ考えたんです。

わたしにとって成功ってどんなイメージ?
あまり成功しているイメージってないんじゃない?

アロマを無作為でひいていくと

1本目:スイートマジョラム
2本目:ペパーミント
3本目:パチョリ
4本目:スプリュース

でした。

1本目のスイートマジョラムをひいたとき
すーっとしながらも芯が暖かくなる感覚を覚えました。
次のペパーミントでは、
すっきりしてて好きな香り。
なんか背中を押されるかのような感じもあったのですが
どちらかといえば、強く何かをしなさいというよりも
友達のような感覚で
そばで見てるからやってみたら?
みたいな感覚でした。
それが何なのかはわかりませんでした。
3本目にひいたパチョリ。
1本目でひいたマージョラムはすーっとしつつも芯が暖かくなったかんじでしたが
それをさらに温めるというか包まれるというか安心安全な世界のイメージがありました。
パチョリは私の中ではグラウンデイングのイメージなのですが
大地にしっかりグラウンディングするわけではなく
わたし自身を統合するというかわたしを守るというか受け入れるという感覚。
最後にひいたのはスプリュース。
これは上下にみょーんとのばされる感覚がしました。
天にも地にも伸びてる感じでした。

これらをひいてトータルで自分を見ていくと

「わたしはわたしであって安心して自分というものを出していいんだよ」

というかんじのイメージがわきました。
そのとき、きました。

いまのわたしにとっての成功とはお金を儲けたいとかではなく

成功=自分というものをしっかり理解しているからこそ、安心して自分というものを出せる

という感覚だったのです。
成功を目指して、いくら儲ければ成功なのか
というものにもわたしは疑問を持っていました。

成功するってどういうことだろう?

よく成功本とかあるけど、人生で成功するってどういう意味だろう?
いったいどこまで、なにをすれば成功っていえるのか。

たとえ1億稼いでも、満足しない限りきっとさらに成功を追い求めると思う。
だけどわたしはそういう「いくら稼いだら成功した証」というものがほしいわけではない。
お金がすごいほしいわけではない。
名誉がほしいわけでもない。
誰しもに認められたいわけでもない。

じゃぁなぜわたしに成功がテーマに出てくるのだろうか?
わたしはお金をもっとほしがらないといけないんだろうか?
もっと認められたい気持ちを持たないといけないんだろうか?
なんか違うんだよね、そういう生き方って。
お金って、わたしにとっては

「後から結果もお金もついてくる」

という感覚がある。

成功はそれを目的にするというよりも、結果的に成功したかどうかという結論なのではないかと思っている。

そもそも「お金=稼ぐ」という意識をわたしは感覚的にあまり持ちあわせてはいない。

わたしはお金は、儲けるとか稼ぐという観点ではあまりとらえたくないと考えるタイプで
それはわたしには欲に感じるからなのだけど
わたしにとって、稼ぐことや儲けという視点でお金を捉えるのは美しくないと思えるという感覚なんだよね。
自分の持つ目的意識、意思の結果、お金はあとからついてくるというか、引き寄せるものだと思っているから
お金に対する意識のあり方(内面)がそのまま物質的に見える化されてお金として具体的に映し出される(外面)ように思えるんだよね。

そしてその目的意識とはいわゆる宇宙と同調する意味であり、欲とは別物だともわたしは思っている。

だからもし引き寄せていないのだったら、
本当にその目的は宇宙と同調できていないものなのだろうと思う。
つまりそれは、本当の自分、エゴや欲が求めているものでなく、自己の本質に基づいたものではないのだと解釈している。
もしくはうまく引き寄せられていないのであれば、ブロックがあったり、
そのブロックとは自分以外や環境、風水的な、とにかく見えないエネルギー干渉をも含む。
カルマ的なものや家系的なものだってある。
とにかくそれが何なのかは、セッションでわたしが
これだと思うよ
と提示するものではなく、自分のハートや直感にどれだけ素直でいるかというのはあると思う。
どんな仕事をしてよいかわからないというようなときは
おそらくは自分の本質を理解していないということも結構あったりする。
つまり自分をいかに取り扱えるかどうかっていうのが生まれて来たらテーマになってくるんじゃないかなとすら思う。

わたしにおいて成功を考えたとき、そこを見つめていくと

自分が得意だと思うこと、学んだことをしっかり出して、統合させていき 自分のオリジナリティを出していきたい

つまり、わたしにとって成功している人とは

「自分の得意なことや学んだことをしっかり表現できて、なおかつそれが宇宙的に同調している人」

ということになる。

自分がどこで満足するのかはわからないけど
そういったものを自分の成長にあわせてできるようになりたいし
そこでわたしが満足してやってきたことが多くの人のためになっていくのであれば
わたしはそのような生き方をしていきたい。

精神的成長や精神的充足感は物質次元での豊かさをもたらし、
物質次元での成功は、精神的成長とも密接に関わってくるのです。
この物質次元においての成功とは、
精神的成長も必要というか、
精神的な成長があってさらに自分をステップアップしていけるのです。
その目に見える形が物質的な豊かさだったり成功ということなのだろうなとわたしは考えます。

成功するとはどんなものか。
それは一見物質的な豊かさのみのように思えるのであれば、実はそれが落とし穴だったりします。
精神的充足感や成長があるからこそ、利己的ではない他者とのエネルギー的交流(コミュニケーション)でもあり
自分が満たされない理由を解放していけば、自ずとそこが見えてくるはずなのです。
そこが満たされるとココロにスペースができて
自分の器を試されてしまうこともありますが
クリアしていくとギフトがあるというか
外的な豊かさが引き寄せられるイメージですね。
つまりなにがいいたいかというと

内側の豊かさが外側の豊かさを引き寄せている

ということです。
そこにいかに気づいていけるのかが大切なのだろうなとわたしは思っています。

最後までご覧いただきありがとうございました。
Energy Work (35)
地震予測と防災 (334)
競馬 (133)
月の祈り、星の導き (148)
Information (60)
Flower Essence (79)
お出かけ・お散歩 (124)
未分類 (19)
1 (0)
Facial (12)
ホメオパシー (12)
遊・戯・戯・言 (478)
Session (125)
そらいろだより。 (10)
癒しとスピリチュアル (254)
ご感想 (42)
Session Report (68)
Aroma (46)
お取り寄せ (12)
News (13)
れいあ流生き方 (66)
無駄話 (32)
人気記事 (26)
LINK (2)
Music (86)
自然療法 (80)
dayz (10)
Healing (7)
earthquake (102)
自然療法 (29)
Fortune (6)
Love (3)
My Boom (10)
介護・医療 (52)
WEB (8)
Foods (13)
Link (2)
Music (88)
BeautyDiet (16)
Dance (56)
shopping (9)
Cooking (8)
Spiritual (90)
名称未設定_36 (0)
キャラモノ (10)
Book (29)
政治・社会・経済 (40)
オーラソーマ (26)
メディアリテラシー (6)
Essay (4)
オカルト・トンデモ・陰謀 (13)
気象 (1)
ニュースクリップ (1)
Art (9)
メンタルヘルス (17)
詩 (6)
スピリチュアル・エクササイズ (6)
タロット・オラクル (5)
Osho (11)
相続 (1)
エッセンス (57)
ワークショップ (34)
東洋医学 (9)
心理学 (3)
レッスン (16)
キネシオロジー (46)
バッチフラワー (3)
薬膳 (6)
ゲーム (5)
レイキ (2)
ヒーリングストーン (2)
ダイエット (1)
【花魔女通信】Rainbow Garden (3)
2ちゃんねる (3)
武蔵小山 (12)
大天使 (3)
天使のメッセージ (3)
レン君 (16)
ハーブティ (2)
福岡 大牟田 (18)
映画・DVD (5)
雑念エンタテインメント (0)
スマホ関係 (0)
エネルギーワーク (1)
動物福祉 (3)
一斉遠隔ヒーリング (2)
美術・芸術 (3)
加圧トレーニング (1)
電気グルーヴ (1)
慶太さん (8)
2019久米島合宿 (1)