れいあ

福岡紀行2017年10月(1日目)

はい、れいあです。

今回も、弾丸で福岡に行ってまいりました。
宿泊は、皆様から行ってみたいとよくいわれるルイガンズ。
もちろんスパに行ってきました。
似たような図になっちゃいますが、そんな旅路の記録です。
今回は、動物園で何故か子供にやたらとモテました(笑)

2017.10.25
自宅を5時すぎに出ました。
父親にたまプラーザ駅まで送ってもらいました。

5時40分発のリムジンに乗ります。
出張のビジネスマンで早朝から人がたくさん。


6:30
羽田空港第二ターミナル着



保安検査場は結構混雑していました。
保安検査後、搭乗口の待合室へ。
61番搭乗口でした。7:25フライトです。


飛行機内で国土交通省からのアンケートがありました。


福岡空港は工事をしていて、だいぶ完成されてきたけど
前回の旅行がそうだったけど、到着口がどこになるのかによって
この後の予定が変わることもあるのです。
JALのときは大牟田までの高速バスにうまく乗れたけど
大牟田行のバスが9:22発。
そうでない場合、9:31か9:37に乗れないと
大牟田につくのがお昼すぎになり、レン君のところに1時間もいれなくなってしまいます。
到着してからも飛行機からなかなか降りれないものなので
ちょっと行きに限っては毎回ハラハラです。

で、到着し9:31の空港線に乗ることができました。
神奈川では雨でしたが、福岡は快晴!

西鉄天神駅に9時50分に着いたので
10時大牟田線に乗れました。
IMG_0140.jpg

西鉄天神大牟田線天神駅わきから見下ろす景色


西鉄大牟田駅についたのは11時すぎ。

ここからタクシーに乗り、動物園を目指します。

動物園入り口


この日は羽田空港で東京土産を買って
動物園のスタッフさんたちに差し入れをしました。

レッサーパンダ舎は動物園入口から歩いて15分ほど。一番奥にあります。(MAPの右)


青空に観覧車の色がよく映えていました。


動物園ニュース


内田麟太郎さんという大牟田出身の絵本作家さんによる
大牟田市動物園とのコラボが途中にありました。
この試みは面白い。



ゴマフアザラシのおーちゃんか、むーちゃんか、わからんけど
ゴマフアザラシの奔放さにはいつも癒されます。
わたしもここまで奔放に生きたい!(寝たい)


絵本の世界が園内に繰り広げられていました。

IMG_0149.jpg



この口の向こうは長い階段、そしてユキヒョウ舎が、、トラウマになりそうだw


レッサーパンダ舎の横はキリン舎があり、
お弁当を食べるような広場になっています。
レッサーパンダ舎の裏には展望台があります。
いつもお昼に到着するんですが
毎回お昼には
おそらくは近所の幼稚園や小学生たちが走り回る光景が繰り広げられます。

小さい男の子(小学一年生くらい)が寄ってきて

「レッサーパンダいるよ!」

といって「ついてきて!」ってかんじでわたしを展示室に誘導しようとしてきます。
男の子についていくとほかの学校の子らしき子供たちもいてレッサーパンダを見ています。

「レッサーパンダかわいいね~」

といって話しかけてきます。

正直、東京のほうに住んでいるとこういう光景にはあまり遭遇しません。
わたしも都会っ子でしたが、人見知りで人が声かけて来たらむすっとしちゃってた子でした。
でも「こんにちは!」って女の子が声かけてきたりすんだよね。

熊本の子たち(大牟田は筑後南部でほとんど熊本なので)
すごく純粋で無邪気で絵にかいたような子ども。
さらに大牟田弁とか熊本弁とかでお話しするので
なごむんだよな、こういうとき方言て。

とにかくこれまでもレッサーパンダ舎ではたくさんの人たちにあってきた。
飼育員の方や園長だけではなくおじさんとか
同じくレッサーパンダ好きのツイッターで知り合った方とか。
だけど今回は両日とも子どもで、
わたしは子どもにやたら話しかけられていたのが
これまでのわたしじゃなさすぎて不思議でならなかった。

翌日も似た感じで朝から子供だらけだったんだけど、
翌日は4人の男の子(5-6歳くらい)に声をかけられてね。

写真撮っていたら
「なにとってるの?」ってきて
「レッサーパンダだよ」
と答えると
「あの子がレッサーパンダですか」
とかいってると別の子が集まってきて

「でもずっとだらーっとしてるねー。
だれぱんだ でいいんじゃないかと思うんですが、どう思いますか?」
と冗談を言ってるつもりなのかな、ここはうけてあげたほうがいいのかなw
それとも純粋にいってるのかなw
などと考えつつ対応していました。

たくさんの子どもたちに広場は二日間とも囲まれていました。
正直、2015年から来てるけど、これまで見なかった光景でもあります。
大牟田市動物園に寄付をし続けてきたりもしたけど
動物園の取り組みも福祉とか環境をはじめとして
動物がいかに住みやすくなるか、
そして来るお客さんがどれだけ動物に興味が出やすくなるか。
そんな結果多くの人たちが訪れるようになっているのが
なんだかわたしも大牟田市動物園サポーターとしてうれしいです。
大牟田・荒尾(熊本)以外の人たちもたくさん来ればもっとよいなぁ。

IMG_0152.jpg

レン君も、昨年11月にまいちゃんが来てから徐々に変わってきた。
前はそらちゃん高齢化のため彼女と離されたこともあり
レン君は一日毛づくろいをし、たまにお散歩する程度だった。
まいちゃんが刺激になってレン君はまいちゃんを追いかけたりし、
レン君はそらちゃんにもまいちゃんにも怒られてばかりいたんだけど
今回行くと、あのまいちゃんが?レン君をずっと追いかけたりしてる。
正直初めてみたわ・・・
発情期に入ったらまたピリピリするだろうけど
レン君が食事してるとまいちゃんが横から来てとられたりってよくあったんだけど・・
フィーダーが2つになり、二人で食べるように。
あと今回産箱がなくなっておりました。

レン君とまいちゃんのお食事(向かって右手がレン君、左がまいちゃん)
20171026-1.jpg
20171026-2.jpg

レッサーパンダたちの体重


レン君が食事してたとき、わたしは

「わたし13時にここをでるからね。また明日来るね」

って意図すると
レン君は食事が終わり、寝室へといきお昼寝のパターンが毎日なんだけど
レン君が寝室に入った時間は
わたしがレッサーパンダ舎を出る予定時間の13時ぴったりだった。

レン君を見てたら、時間を忘れてたんだけど
レン君が出る時間を教えてくれるかのような形になりました。



なんだかわたしはレン君とはこころの中で、不思議なことがたくさん起きます。

動物園入口付近の売店ではレン君のバッジが売られています。
renbadge.jpg

13時にレン君は寝室へと戻り、わたしは駅へと向かいました。
タクシーを呼んだのに、珍しくなかなか来なくて、また呼ばないといけないかなと思っていたところようやく来て
JRの駅へと急いだら・・・
どこかで人がまた線路内に立ち入ったらしく
いつもの電車が運休。。
次に来るのは各駅停車。

IMG_0163.jpg
ルイガンズのシャトルバスの時間は博多駅15時15分。
間に合わなかったら。。。博多でお茶でもするか・・と少々落ち込みながら時刻を調べたら
久留米で準快速がくるようだったので久留米で乗り換えました。
博多についたのは15時05分。
博多や天神だったら行動範囲では地理感あるので、すぐにバスのところに行けました。
IMG_0166.jpg

ルイガンズ到着15時50分。


エントランス。


エントランスわき。










ルイガンズエントランスにあるスパの宣伝


ラウンジ オン ザ ウォーター
IMG_0168.jpg




IMG_0170.jpg

今回頼んだのはヘーゼルナッツラテ(700yen)


リコッタチーズのふわふわパンケーキ(1200yen)


晴れていたので部屋に行く前にラウンジから外へ出ました。





今回は浜辺まで繰り出しました


ホテルの敷地内に砂浜というか海があります。


関東の海辺の砂の色はダークグレーなんだけど、
ここのはサンドベージュで、砂の質も違います。
リラックスするかんじの砂の色。


17時前。夕陽が傾いてきました。



11月末まで、グランピングできます。
IMG_0176.jpg
グランピングとは
グラマラス キャンピングの略語で
ラグジュアリーなキャンピング気分を味わえるもの。
いってみたら新しいアウトドアのスタイルで
世界的に流行りつつあります。
ルイガンズでは北欧のNORDISKとタイアップしています。

ルイガンズのサイトより、内装は4つあり、




わたし、こういうの、すごく好きで、わくわくしてきちゃう性質なんだよね。
昔アウトドア人間だったからさ。
しかも内装おしゃれだし。
もちろんこちらにはカフェから食べ物飲み物もってきてくれます。

わたしはよく海外のリゾートホテルの写真を見たり集めたりしてるんだけど
このところ確かにこういうスタイルがふえているんだよね。
日本でも、さっきみたらあるみたい。

こちらは栃木のキャンプビレッジ


ルイガンズでもかー!
やっぱりルイガンズ最高だわ!
わたしの好みがわかってるかのようなツボをぐいぐいついてきます。

だけどこういうところは、やはり一人じゃなく気兼ねしない誰かと行きたいなと思ってしまうわ(๑′ᴗ‵๑)

17時。部屋に入りました。
IMG_0180.jpg
IMG_0181.jpg

今回もいつものスパフロア。
IMG_0182.jpg

実は12月も宿泊予約していて、最上階の二番目にいい部屋、ルイガンズフロアのツインにしました。
予定ではこういうお部屋↓
img_slide_05_01.jpg

それはまたのお楽しみ!


IMG_0185.jpg

下にいたとき気付かなかったけどボルダリングができていました。

わたしの中ではもう「ボルダリング=レン君」になっちゃってるw

ルームサービスでバラガンバーガーを頼みました。
ルームサービスはすぐに来ます。

カフェにもバラガンバーガーはありますがいずれも17:30までのメニュー。
ちょっと食べ方が汚くなりそうだったのでお部屋で食べたかったんだw
部屋だから手が汚れてもすぐに手を洗えるし。
だけどさすがにパンケーキのあとだったから食べきれなかったよ。

バラガンバーガー1500yen

その間わたしはお風呂を入れて、お風呂でざっと洗い流してから
いつもスパのお風呂に行きます。
内風呂もわたしの身長(150cm)より長いのです。

で、いよいよスパへ。
19時で予約をとっていました。


こちらはまず通される、支払いのサインをしたりするところ。


ヨンカのコスメが売られてます。


コーディアルも売られてます。


さて!待望のスパです!
スパの希望時間を伝えます。
わたしは毎回30分はとります。

左奥はサウナ。手前はシャワールーム。

石のミストサウナ


シャワールームにはパンピューリのシャンプー類


この広さを貸切です!


19時45分くらいからトリートメント開始。

香りは覚醒系でもあるローズマリーと、鎮静系のラベンダー、
それをオレンジ、プチグレン、イモーテルがつなぎます。

わたしがいつも施術してもらうのは
90分19000yenのコース。
顔以外のすべてというかんじ。
確かに安くないけど、スパ施設やサービスを含めたら、
クオリティに見合っていて決して高いかんじはしないかな。
そもそもわたしは夕食に10000円かけるくらいなら、その分リラクゼーションに使いたいタイプ。
食べ物にはこだわるけどねw

安いところは、ホスピタリティもそれなりだったりもするから
わたしには、そういう学びの場でもある感じかな。
わたしも普段は施術する側なので、いいものは知っておきたいし、自分にとりいれていきたい。

PMSで腰に痛みがあったんですがほぐれました。
いつものセラピストさんに施術していただきました。
最後はローズマリーでお目覚めです。

終わったあとのリラクゼーションタイムです。
ライトミールとハーブティ。




部屋に帰ってきたよ。21時45分。


なんでこんなにルイガンズが大好きなんだろうって帰りの飛行機で考えたんだけど
五感を刺激されるからかもって思った。

海が近くにあり、繁華街からはすごい遠いわけではなく、でも周りに何もないのでリラックスできます。

視覚→美しい空間デザイン、インテリアと色合い
聴覚→そこに流れる心地いいおしゃれな音楽。外を出れば波の音。
触覚→タオルやバスローブなど上質なものを使っている。SPAのタッチング。
味覚→おいしい食べ物と飲み物。
嗅覚→SPA。アロマの香り

どれをとってもわたしが大満足するクオリティのものなんです。
非日常空間なので、一泊でも、とにかく解放感があります。
これに独特のデザインセンス、音楽のセンス、香りもセンスだからね。
これら卓越したセンスというか、わたしが求めてるもの、譲れないところ、
遊びごころもセンスあるし、
すべてにおいて集約されているホテルなんだよね。
ブラボー!
人間だったらこんなセンスの人に憧れる、というかなりたい!というかんじ。

ちなみにいただけるアメニティも豪華。
フランスのSothysとイタリアのオムニサンスというスパブランドのものです。


なんだかんだで25時に就寝。
初日は朝の4時30分起きだったので
移動が長いので電車では爆睡してました。


レン&SPA 弾丸ツアー2017.10.25のスケジュール
0500 自宅出発
0540 たまプラーザ発羽田空港行きリムジン
0630 羽田空港 着
0725 羽田発福岡行ANA
0915 福岡空港着
0931 福岡空港駅発 地下鉄空港線
0943 天神駅着
1000 西鉄 天神駅発 天神大牟田線
1104 西鉄大牟田駅着
1110 タクシーで動物園へ
1140 レッサーパンダ舎 着(滞在時間80分)
1300 レッサーパンダ舎発
1330 JR大牟田駅着
1351 鹿児島本線鳥栖行
1426 久留米着快速乗り換え
1505 JR博多駅着
1520 ルイガンズ シャトルバス着
1555 ルイガンズ着
1600 カフェでコーヒーとパンケーキ
1700 部屋に入る
1730 ルームサービスにて夕食頼む
1800 お風呂 シャワー
1900 SPA(計:2時間45分)
2145 部屋に戻る
2500 うたたねしつつ気づけば1時



で、二日目に続きます。


最後までご覧いただきありがとうございました。
れいあ
Posted byれいあ