れいあ

プライオリティ について考える



はい、れいあです。

「人は人を裁くことはできない」

という考えが以前のわたしの考えにはありました。

「自分を、人を、裁かない」

確かによくそういうけど、
もっと違う視点で見ていくと疑問がでてきたんです。

じゃあ、神は人を裁くのか?
神は人を裁かないぞって。

人だからこそ、人を裁くのではないだろうか?

って今では思うようになったのです。

人は人を裁く。
だからこそ、
わたしたちは霊性を上げていく必要があるのではないか、と。

「天罰だ」

なんてよく言うけど
天罰なんてほんとはないんだよね。
っていう意味。

でも
真理では、

自分がやったことは
自分に返ってくる

っていう法則めいたものがやはりあると思う。

「原因と結果の法則」

ともいうべきか。

それは

「人間には自由意志が与えられている」

ということの表れなのではないかと。

「お天道様は見てる」とかいうけれど
結局、

本当の自分は、どう生きたいか
どうしたいか

大切なのは、そこなんだよね。

人は、人だからこそ
そのルールに則って、人を裁くのだなと
最近思うようになりました。
文化などが違うと倫理観とか法律も違ってくるようにね。
裁くことについてはもっといろいろあるけれど
話がそれてしまうので今日はこの辺で。

さて、今回、プライオリティについてですが
そんなことを話したくなるような内容でした。

先日前回記事にも書いたけれども惡熊会に行ってきました。

わたしはだいたい21時くらいに終わるかなと想定して
電車は何時のに乗ろうって考えていたんだよね。
というのも祝日はうちのほうのバスは
22時ちょっとすぎで終バスになってしまうの。
わたしの家から最寄駅は徒歩で最短30分近くかかるのとタクシーもあまり出ていないので
バスのある時間に帰りたかったんです。
翌日も朝から仕事だったので・・・

で、時間が30分以上押していたため
もうちょっといたいなーって思っていたら
ジョフィエルが
「時間もう少し調べなおしてみな」
っていってくるの。
で、調べなおしたら、別の駅から出ているバスならば
もっと遅くまでいられる!ってわかったのです。
じゃ、21時30分まではいられるねってことになったの。
しかしイベントはまだやっていたけれど、わたしは終バスに乗るために
21時30分にロフトをイベント途中で出ました。

副都心線を通り渋谷から帰るルートだったのですが
わたしは乗りなれていないのと
自由が丘なら通勤で毎日通っているため
東横線経由で少し遠回りだけど帰ろうとしたんですね。
副都心線、座っていて、わたしは自分にヒーリングをしていました。
順調に電車に乗り継ぎ、田園都市線に乗ったのだけど
いきなり電車がとまってしまって・・・・
え!?ちょっとこんな時間にとまらないでよ!
駅につくのが22時51分で終バスは53分発でした。
わたしの計算どおりにならないと終バス乗れないんですけど!

でも大丈夫だよね
なんて思っていたの。
バスはきっと待ってくれているって。

電車は5分ほど車両故障だかなにかでとまり、ようやく動き始めた。
駅に着くとバスは待っていてくれた!?
わたしは駅を一番に飛び出し、
同時に後ろからカップルがきて同じバス停に急ぎました。
すると・・・
バスは無慈悲にも目の前で行ってしまいました。
わたしもそのカップルもあわせて
「えーーーーーーーっ!?」
ってかんじ。

タクシーは出ていました。
でもその駅からだとちょっと家まで距離がある(徒歩だと50分はかかる)のですよね。
そこでわたしはなんとか30分くらいで歩いていける駅まで電車で移動しようとしたんですが・・・
ジョフィエルは大激怒(いつも東急線は遅れたり止まったりするから)
ダウジングの執事君もジョフィエルもあわせて
「タクシー乗ればいいじゃ~ん」
ってかんじで。
わたしは
「許さない!絶対歩いて帰ってやる」
ジョフィエルは
「夜遅いんだしさ、タクシーで帰りなよ~」
っていうけど
「いや、絶対に許さない」
というとジョフィエルは
「わたしのこと責めてるの?」
ときいてくる。
つまりジョフィエルが遅くまでいられるか確認しなといってきたことに対して
わたしが怒ってるのかときいてきたのだ。
しかしわたしは
途中で帰ることを選択し、
渋谷でなく自由が丘経由で行くことを選択した。
ジョフィエルは喜びを選択しろといってきていたのにかかわらず、だ。

わたしは最寄り駅から一番近いその駅は
とにかく坂がすごくて、山を二つ越えないと帰れないレベル。
でもわたしは憤慨してたので歩いて帰りました。

わたしはこのような選択をしていた自分が許せなかったのだ。
だってさ、最初からタクシーで帰るとわかっていたら
終バスとか気にしないで最後までイベントを楽しんでいたし。。
終バスを意識しての行動だったからね。

わたしは喜びや楽しみよりも翌日の仕事に響かないようにっていうふうに
自分の本当に求めていた優先順位を履き間違っていた。
厳密にいえば
ハートでは楽しみを選択したいけど、仕事があるからと、理性を優先していた。
本当は楽しみたいけど我慢した。

結果的にそれがよくなかったのかなって思った。
わたしはすごく後悔して、自分を責めた。

最初からイベントの終わりまでいてタクシーで帰ろう!でよかったんだ!
なのに体力もたないかもとか小さいことでいろいろ心配して
数日前から何時に出ればいいかなとかずっと考えてたわたしがバカみたいじゃん!
って、すごく悔しかったんだよね。
自分のそういうところ(理性にとらわれすぎるところ)が許せなかった。
楽しみたいのにいつも我慢してきたんだ。
でも考えてみたらここ10年くらいずっとそうだ。
わたしは喜びを優先したかったのに理性がすべてわたしを台無しにした感覚になった。
わたしはこうありたい、というマインドを優先するあまり、わたしは自分の気持ちをあえて見ないようにしていたのだ。
わたしは基本的に理性で物事をとらえるタイプなので、よほどでなければ人に対しては怒りをあらわにしない。
だけど理性でとらえて、どうしても納得しないことに対しては、ものすごく腹をたてるタイプ。
あーちきしょー!ハートを優先しておけばよかった!という後悔。
というかハートを優先しろという学びだったのだ。
こんな形で、うぐぐ・・・

考えたら、わたしは、ずっとしばらく思いっきり楽しんではいなかったよなって思った。
体力が心配~とかいろいろ制限しちゃって
自分の本当にやりたいことを見ないようにし、セーブし続けてきた。
それは仕事を完璧にこなしたいって思いがあったから。
いろいろなことを完璧にこなしたい、自分で自分をコントロールしていたい、
そんな思いが、わたしのハートの気持ちをふさいでた。

と同時にわたしは

楽しみを選ぶとわたしはいやなことがおきる

自分が選択すると(スピリットの導きに従わないと)わたしには嫌なことが起きる

という思い込みが根底にあることもわかってきた。
スピリットの件は、わたしのスピリットや神なるものに対する信じる気持ちについてとか
​目に見えないスピリットや神に対する忠誠心のようなものが過去世レベルであって、
そんなこんなも出てきた。

わたしはいい加減、もうそういう観念を捨てたいって思っていた。

こんなふうにヒーリングが思わぬ形で出てしまった。
そしてまた数日後にヒーリングをした。

ちょっと前福岡旅行の記事を書いたけど
10月も福岡へ行くつもり。
でもそのときはルイガンズじゃないほうのホテルの宿泊プランで予定していました。

そこのホテルのSPAに行こうとフォームから予約をしたんだけど
以前、昨年行ったとき、フォームで予約依頼を出しても返事がなかったのだけど
予約送ったんだし大丈夫だよねーって、確認せずにほおっておいたんです。
でも、宿泊チェックインのときにきくとSPAの予約が入っていないといわれ
ようやっとぎりぎりでなんとかトリートメントを受けられたんですね。
でもその前、さらに前も
当日1時間遅れて時間をかえられたり結構予約の管理がずさんな印象があったんです。
でもわたしは能天気なところがあるから
大丈夫でしょーってなってたの。
結局遅くなったけど、うけられたしいいかなーってかんじで特に怒るのもめんどくさくて怒らなかった。
怒りにエネルギーを使うのって疲れるからさ、だからできるだけ怒りたくないんだよ。

でもね、正直SPAっていったら、わたしもフェイシャルやってるし、同業者じゃない?
やっぱり見ちゃうんですよ。そういうところ。
あまり予約管理とかできていないところなんだなーって。
で、「わたしはちゃんとしよう」って思ったり。
やっぱり返事こないと不安になるからね。

だけどこう毎度続くとやはり不安になるわけ。
だけどそこのSPAは宿泊者には料金設定が安いんだよね。
だからゆっくりできるーってかんじだったんだけど残念です。
で、今度もそうでした。
フォームから送っても連絡が来なかったので電話しました。

向こうの事情もわかるんですよ。
施術中は電話には出られないことも。
でも予約の管理は合間の時間にでもやってくれと思ったわけ。
わたしは一人ですべて予約管理をやってるけど
こちらのSPAは○○支店とかあるようなところだし。。
だけどいろんなタイミングで電話をかけたんだけど
すべてでなくて、メールも来なくて・・・
これまでのことも思い出して、今回は予約とれてるのかどうかを
ずっと案じないといけないのかと。
そんなこと考えてたら、わたし、ついにキレてしまってね。
接客をなんだと思ってるんだ!!
これって失礼だよな!
って怒りまくって、宿泊までまだ1か月以上あったので
思わずホテルの宿泊そのものをキャンセルしちゃった。
まぁキャンセルしてしまって申し訳ないことをホテルにはしてしまったけど・・・
(そういうの好きじゃないんだけどさ・・)

そしたら、フォーム予約だして5日たったら
「ご予約いただきありがとうございました」
ってSPAから連絡がきたんですね。
何をいまさら寝ぼけたことを!って逆上してしまいましたw
でも、まぁ直接そんなこと言いませんよw
どうするのか迷ってしまいましたw
やっぱせっかく返事くれたんだし、
キャンセルしちゃったけどそのホテル再び予約しなおそうかなって。。
でもわたしの選んでいたプランが先月で終了しちゃったみたいなの・・・

ダウジングではルイガンズあんたは好きなんだから泊まれっていう。
でもジョフィエルは、久々に行くホテル、そこも好きだったわけだしたまにはいいんじゃない?

こうやって複数の答えをスピリットからもらうこともよくあるので困るんだよね。。。

じゃぁわたしはどうしたいんだろう?

やっぱルイガンズ最高って思っているので、そっちに考えちゃってるけどどうなの?って。

数日置いて院長に筋反射できいてもらった。
やっぱこういうときは筋反射なのだw
最初にもうひとつのホテルをMTしたけど、まったく力が入らない。
つまりNOっていうこと。
反対にルイガンズはがっつりとオンの状態(心では行きたいとすごい思ってる)でした。

やっぱり心で求めているのはルイガンズなんだー
SPAの料金、もうひとつは安いからーとか、そういうのは違うみたいだ。
施術料金かかるけど、それでもわたしはルイガンズが好きみたいだ。
頭では「また今月も来たって思われちゃうかな。なんか行きすぎだよね?」
なんて思っていたのだけど
わたしはリラクゼーションで自分を解き放ちたいのね・・・

わたしの中の優先順位を問われることが連続であって
自分の中で大切なこととか価値観とか含めて

自分は本当は何を求めているんだろう?

わたしはどうしたいの?

頭でなくて、損得勘定でなくて、理性でなくて、
もっと自分の求めるものを感じたほうがいいなって思ったのでした。

今回こんな形でのプライオリティで
出来事としては日常すぎてアレだけど
でもさ、選択するとき、なにを基準にするか。
わたしたちはかなり多くの選択肢を毎日こなして決断してるわけ。
それを行うのは無意識の部分なんです。

この無意識の部分にフォーカスしていくと
思わぬ新しい発見があるかもしれませんよ。

潜在意識には自分の中にある真実があります。
現代にあるわたしたちは日々情報の渦の中に生きています。

なにがわたしにとって必要な情報か、そうでないのか。
情報をアウトプットしていくことも大切です。

そして自分はどうしたいのかをしっかり感じてあげることって、とっても大切!

そんなこんなを考えさせられました。

最後までご覧いただきありがとうございます。
れいあ
Posted byれいあ