花魔女★れいあ

花魔女★れいあ

-
55be08_8dfa962e856e42bd9349f105828281af-mv2.jpg

はい、れいあです。

ちょっと今回もマニアックな内容ですが、
久しぶりにX9クラスのフレアが発生、
CMEも発生しているので
記録として書いております。

20170906fig-03-.png

ちなみにCMEとは
コロナガスの大規模な噴出現象のこと。

地球方面へこの現象が起きると
オーロラや地磁気嵐などを引き起こすこともあり
宇宙天気的には、
通信などをはじめとした警戒が必要になります。

地球を人間にたとえると、
人間にその存在そのものを守るエネルギーフィールド、
いわゆるオーラがあるように
地球にも同じようにオーラがあり、
宇宙線などから地球に住む生命体を守ってくれています。
人間のエネルギーフィールドも、チャクラなどから形成される磁場のようなものがあり、
人間のエネルギーもトーラスのようになっています。
tolus-cosmology.jpg



フレアやCMEといったプラズマ爆発現象により太陽風が強く吹くと、
その突風で地球磁気圏が変形することもあります。
このようなとき、宇宙線の高エネルギー粒子 が地球の高層の大気に入ることがあります。
オーロラは美しく幻想的ですが、
実は高エネルギー粒子が大気圏に入って起きている現象で
宇宙の嵐のときに発生する宇宙の現象です。

地球に地震や火山噴火などがあり、地球も生きてるのを実感させられますが、
太陽も生きているので、
太陽活動も活発化する時期、サイクルがあります。
今回大規模フレアが発生し、それが数日後に地球に到達し、
地球への影響も出てきたりするのですが
Xフレアは年に1回くらいなので
NICTの臨時情報もあったため
記録として今回書こうと思いました。
これに付随するであろう今後の現象は追記していけたらと思っています。

個人的に参考にしたいサイト

柿岡の地磁気観測所
http://www.kakioka-jma.go.jp/

IRF
http://www.irf.se//Observatory/?link=Magnetometers

8日9時(UT)前後、日本時間8日18時前後にCMEによる擾乱が地球に到来することが予測されています。



以下過去記事より。
★フレアって何?
⇒太陽コロナ中で起きる爆発現象ですが太陽系内で起きる激しい活動現象といわれています。

★フレアは何で起きるの?
⇒太陽磁場のエネルギーが溜まると発生すると考えられています。

★Xフレアって何?
⇒Aクラス、Bクラス、Cクラスと警戒レベルはあがっていって
Mクラスくらいから臨時情報がきはじめます。
Xクラスのフレアが一番大きい単位になります。

★で、太陽の爆発と地球とどこが関係するの?
⇒臨時情報が出ているのは、
宇宙の通信障害、人工衛星の計器が壊れる、軌道が狂う、発電所のダメージなどなどが発生する可能性が高くなるからです。

★なんで太陽の爆発が地球に影響するの?
⇒フレアが起きると数日後、太陽風(磁気と電気を帯びたガスの流れ)という形で地球に影響しはじめます。

れいあの日常のXフレア関連記事

2013-05-14→このときはX3.2でした
http://funkysista.blog88.fc2.com/blog-entry-2797.html

2014-10-27→Xフレア連続 最高X3.1LDEフレア
http://funkysista.blog88.fc2.com/blog-entry-3146.html

2015-05-14→X2.7フレア
http://funkysista.blog88.fc2.com/blog-entry-3365.html

今回はX9.3で過去X9.0が発生した2006年以来11年ぶりのことです。


最新の情報はNICTをご覧ください。

国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT: National Institute of Information and Communications Technology)
https://www.nict.go.jp/






今回観測した現象

①現在、太陽面の中央西よりに位置する黒点群2673で、9月6日(水)(日本時間)にXクラスの大規模太陽フレア現象が発生しました。このうち20時53分(日本時間)に発生した現象はX9.3に達しています。このクラスの現象は、2006年12月5日に観測したX9.0以来11年ぶりです。
②この太陽フレア現象に伴って、地球方向へのコロナガスの放出(コロナ質量放出)及び高エネルギープロトン粒子の増加が観測されています。
③地球方向へ放出されたコロナガスは、日本時間の9月8日(金)15時から24時ごろに到来することが予想されます。


【臨時 NICT 宇宙天気に関する臨時情報(2017年09月07日 11時00分 (JST))】
宇宙天気に関する臨時情報です。
担当: 松柴
----------------------------------------------
SOHO衛星のLASCOカメラによると、6日12時(UT)頃にFull Halo CMEが発生しました。
この現象は、6日11時53分(UT)に発生したX9.3フレアに伴う現象と考えられます。
また、このフレアに引き続き、M2.5フレアが発生しました。
これらのフレアの光学重要度は3Nでした。

通常の1000倍の大型太陽フレアを観測
~11年ぶり、地球への影響は9月8日午後の見込み~

2017年9月7日
国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT、理事長: 徳田 英幸)は、日本時間2017年9月6日(水)に、太陽面中央に位置する黒点群2673における2回の大型の太陽フレア現象の発生を確認しました。
このうち、日本時間20時53分に発生した現象の最大X線強度は、通常の1000倍以上に及ぶ大型のものです。
この現象に伴い、高温のコロナガスが地球方向に噴出したこと及び高エネルギーのプロトン粒子の増加が確認されました。コロナガスは日本時間9月8日(金)15時から24時ごろにかけて、到来することが予測されています。
この影響で、地球周辺の宇宙環境や電離圏、地磁気が乱れる可能性があり、通信衛星、放送衛星などの人工衛星の障害やGPSを用いた高精度測位の誤差の増大、短波通信障害や急激な地磁気変動に伴う送電線への影響などが生じる恐れがあり、注意が必要です。




個人としては
大規模停電や通信がむつかしくなるのは短期的なリスクとみていて
自然災害のトリガーとして
半年くらいみておくとよいかな。
わたしは日蝕が起きてたゾーン(今年ならアメリカ)を中心に
自然災害に気をつけることが必要に思える。


(結果)→複数出てくると思いますが。。
発生時刻 9月8日 13時49分頃
震源地 中米(メキシコ、チアパス州沖)
位置 緯度 北緯14.9度
経度 西経94.0度
震源 マグニチュード M8.2


発生時刻 2017年9月8日 22時23分ごろ
震源地 秋田県内陸南部
最大震度 5強
緯度 北緯39.5度
経度 東経140.4度
深さ 10km
マグニチュード 5.3

※震度そのものは5強だけどマグニチュードだけでみると5.3と中規模。
メキシコで揺れた1時間後に熊本でも震度4が起きたけど、マグニチュードは4.1と大きくはない。
熊本も秋田もどちらも10kmの深さで起きている。
メキシコは深さ70-80km。
震源が浅いと、マグニチュードが小さめでも揺れや被害も大きく、
震源が逆に超深発だと、マグニチュードがあっても揺れにくいが、太平洋プレートの深い部分での揺れは異常震域となり、離れた場所で揺れたりする。

今回、熊本も秋田も震度はあっても、マグニチュードはそこまでいかなかった。
これは震源の浅いところで起きたことと、
地盤はかなり関係するので
昔の地形をチェックしておくことをおすすめする。(渋谷、なら谷がつく、みたいに地名からも推測できる)

発生時刻 2017年9月10日 17時44分ごろ
震源地 浦河沖
最大震度 4
緯度 北緯41.7度
経度 東経142.9度
深さ 50km
マグニチュード 5.7


大型太陽フレアの観測に関するその後の状況(2)
~9月11日(月)に再び太陽フレアを観測~
2017年9月11日
NICTは、日本時間2017年9月11日(月)00時35分に、太陽面の西縁に位置する黒点群2673における太陽フレア現象の発生を確認しました。
この現象に伴い、高エネルギーのプロトン粒子の増加及び高温・高速のコロナガスが太陽面から西方向に放出され、地球にはその一部が到来する可能性があります。到来する場合、その時刻は、日本時間9月12日(火)未明から午後早くと予想しています。
この影響で、地球周辺の宇宙環境や電離圏、地磁気が乱れる可能性があります。
それにより、通信衛星、放送衛星などの人工衛星の障害やGPSを用いた高精度測位の誤差の増大、短波通信障害などが生じる可能性があり、注意が必要です。
なお、今回の現象を発生させている黒点群は、今後、地球から見て太陽の反対側に移動していくことから、この黒点群が地球に影響を与える可能性は低くなっていくと考えられます。


https://www.nict.go.jp/info/topics/2017/09/170911-1.html