れいあ

【武蔵小山グルメ探訪】手打蕎麦 ちりん

はい、れいあです。

連続のグルメ投稿すみません。

本日は、念願の ちりん さんに行ってきました!

というのも、ちりんさんをはじめとして
わたしの行きたいお店はほぼ17時や18時スタートが多く
つまり飲むことがメインのお店が多いのです。
わたしはもともと飲んだりしないので
仕事が終わりになると帰宅というケースが多いのです。

そんな中、平日夕方しか営業していなかったお店の中でもランチ営業しはじめたりしています。
わたしはおそば大好きなのですが
おそばも「日本酒とおそば」という感じの店が大好きなので
このお店は行きたかったのです。
ここ、ちりんさんは金曜・土曜・日曜はランチ営業をやっているのですが
お店は駅から5分ほどですが
お店と正反対方向で駅から3分ほど歩くとこのお店はあります。
なのでちょっと時間に余裕がなければ、午後のセッションなどにいきなり戻ることになったり
お客様に失礼になってはいけないので
やはりいくらおそばといえども午後のセッション時間より60分は早くお店を出たいところ。

お店に行くには武蔵小山をパルム商店街のほうに歩いていきますが
ちりんさんは裏手のファミリーマートに沿って
尾山台高校の横の細い道を歩いていきます。
病院を抜けて3分ちょっと歩くとお店が見えてきます。
実は長年ムサコに勤めていながらも、この道を通ったのははじめてのこと。

ここだ!


お店には入れそう!


二階席もあるようですが、私が行ったときはカウンターのみな印象(実際はどうかわからない)


わたしは天せいろを食べました。980円。

通常お蕎麦屋さんの天せいろって、そばつゆでてんぷらもおそばも食べることが多いよね。
でもここのはちゃんとわかれてる。

わたしは前にも書いたけど20代のときおそばの食べ歩きをやっていました。
その結果、わたしの理想のおそば、天せいろって
たとえば鮫皮のおろしで本わさびがついてて、とか(長野では多いけど)
そば茶を出すとかあるんですが
てんぷらとおそばはつゆが別々であること
というのをおそばを食べるときのチェックポイント?にしていました。

そしていろいろ当時の彼と食べ歩いた結果
「ないならお店をつくろう」
とか
彼氏と結婚することを前提に考えていたので
定年後はお蕎麦屋さんを開こうとか
そういう夢を覚えていたんですね。

しかし数年後彼と破局(苦笑)
おそばを食べにいろいろ行くこともなく
だけどおりしも父親が手打ちそばを習いに行っていて
そんな父親からおそばの打ち方を教えてもらうようになりました。
でも父親の作りたいおそばとわたしのこだわっているおそばの味と好みが一致しなくて、、
まあ、そのあたりの話は別にいましなくてもいいですねw

永坂更科なんかでは、から汁とあま汁といって
おそばにあわせて汁を変えるのですが
それも面白いけど、やはりですね、てんぷらとおそばをわたしはあまり一緒に食べたくないのですよ。

あげたてのてんぷらを先に食べるか、
打ち立てゆでたてのおそばを先に食べるか
それだけで十分迷うところなのですがw
結果、あとは本能にまかせるだけですw

お品書きはこんなかんじ↓


つまみは夜の部ですね↓


お隣さんは武蔵小山の有名な地酒処の「穂のか」さん


日本酒も昔は飲んだのですが
わたしが好きなお酒がなかった!
新しくできてるのか、わたしがのまなすぎたのか。

この際昔好きだった日本酒は
20代のときは久保田が好きでしたが
30代になって
酔鯨 (すいげい)→高知のお酒
浦霞 (うらかすみ)→宮城のお酒
が好きになったのですが
40代となった今では飲まなくなりました。。。

カクテルとかはやっぱり今でも好きですね。
でも上の存在というかダウジングの存在、執事君にとめられておりますw



関連ランキング:そば(蕎麦) | 武蔵小山駅西小山駅不動前駅



おまけで・・・

米食米酒 穂のか
http://sakedininghonoka.favy.jp/


関連ランキング:居酒屋 | 武蔵小山駅西小山駅不動前駅



れいあ
Posted byれいあ