花魔女★れいあ

花魔女★れいあ

-
はい、れいあです。

本日はホルモンバランスとフラワーエッセンスについての学びでした。
内容についてはちょっとそのほかの思うことを結構織り交ぜております。。



わたしはフェイシャルでホルモンについて内分泌腺を学びましたが
そのときは内分泌腺とアロマについてを学んでいました。
今回はエッセンスでの学びです。

キネシオロジーを使ってホルモンバランスをチェックし
エッセンスで調整を行う方法を学びました。

これまでエッセンスやキネシオロジーを学び続けてきて、色々なことを感じて、ここに至ります。

わたしがはじめてキネシオロジーに出会ったのは2010年。
院長にタッチフォーセルフをしてもらったことがきっかけでした。
キネシオロジーに興味をもったわたしは
2011年4月オーストラリアブッシュのワークショップにて
キネシオロジーの1DAY講座があることを知り
是非受けたいと思い、受けました。
ちょうど震災の直後でした。

 わたしがはじめてキネシオロジーを学んだのはオーストラリアブッシュのイアン・ホワイトさんだったのです。
そのときはキネシオロジーを使いエッセンスで修正していくかんじでした。

アロマには香りがあります。
でもエッセンスのエネルギーは感情に関係するとはいえ
これをどうやって証明するのか?というときに
筋反射があることで、それを実感してもらいやすくなるんだなとすごくうれしくなりました。

(ちなみにこのときわたしはまだセッションなど行っておりませんでした)

その後、同じ年の9月にパシフィックエッセンスのベーシックにてキネシオロジーと五行を、
アドバンスクラスではキネシオロジーに加えて経絡について学んでいきました。

パシフィックのサビーナの経絡理論は、わたしにはとても使いやすく、わかりやすいものでした。
いまでも経絡についての理解の根本になってるなと感じます。
しかし、わたしはこれをきっかけにキネシオロジーについて、経絡について、さらに理解を深めたくなりました。

お客さんにエッセンスを選ぶとき、キネシオロジーの技術はもちろんのことですが
これに対する「なぜ?」ということに対する理解がベースにあると、うわべだけの知識ではないので
きちんとお客さんも理解し、受け入れやすいと感じました。

パシフィックのお話しを続けると
パシフィックエッセンスでは経絡のバランスの乱れをキネシオロジーで見ていく方法をパシフィックのセッションとして学んでいくからです。
それは「アラームポイント」といって墓穴を使っていく方法でした。
vYGz7BMrP4k8IWo1500877661_1500877678.png

わたしはアラームポイントというものがどういうものなのかをさらに知りたくなったのです。
そこでそこにいらしたネイチャーワールドの玉井社長にお聞きすると
タッチフォーヘルスからきているよと教えてくれました。
わたしは院長がタッチフォーヘルスをすでに習得したのできいてみたのですが
わたしはほかの先生からも学び、さらに経絡について、筋肉について、五行について
しっかり知ることが「エネルギー」という目に見えない世界を理解するために必要な気がしたのです。

結果わたしはタッチフォーヘルスのクラスをレベル2まで受けましたが
それでもなんか理解できませんでした。
というのは様々な講習がそういう傾向だとは思うのですが
タッチフォーヘルスは1日で学ぶことが実に多く
座学的な理解のみならず、技術の習得も含めたら
とてもじゃないけど落とし込めません。
再受講になっていくのだけど
どちらにしてもタッチフォーヘルスのレベル2でアラームポイントは学びますが
アラームポイントでのテストはしていかなかった記憶があります。
レベル2では日輪法なども含めて様々な学ぶことがあるのみならず
レベル1の14筋から、さらに覚える筋肉が増えるので頭がパンクしちゃいそう。。。

そんな中でサビーナがアラームポイントだけ抑えたのも
タッチフォーをやったことでなんとなくはわかるようになりましたが
これもわたしの勉強不足ゆえ、いまだに腑に落ちておりません・・・
とにかくタッチフォーヘルスは
そのシステムは素晴らしいのだけどあまりにも1日で覚えることが多すぎて、
筋反射を正確にとれてるのかすらあやしかった。
「なぜ?」という疑問にもならないまま終わってしまうので
わたしのように説明できるレベルに落とし込まなければ理解できないタイプには
ちょっと日数が少ないかなあという印象でした。
本格的にやろうと思うのだったら何度も再受講しなきゃってかんじ。
だからわたしは、いろいろ我に返ったのです。
わたしのセッションを行う方向性についても考えさせられました。
筋肉の場所も自分が感覚としてわからないのに人のテストはできないって思い、
いろいろな疑問を感じて迷宮入りしてしまったかんじになりました。

アラームポイントはアンダーエネルギーかオーバーエネルギーかを調べていくのですが
パシフィックではアンダーのみを取り扱いました。
そのあたりもわたしはなぜ?と思いつつ
サビーナは鍼灸師で長年やってきている人なので
いろいろ考えてのことなのでしょう。
だけどわたしはなぜそういうシステムにしたのか理解したうえでフラワーエッセンスを選びたかったのです。

結果わたしはキネシオロジーではなくダウジングでのセッションへとこのときすすむことへ決めたのです。
厳密にはタッチフォーヘルスは、といったらいいでしょうか。
わたしはセッションではサイキックなダウジングなので通常のダウジングとは異なります。
わたしはペンデュラムでその人の高次元の存在などにアクセスをし、ペンデュラムに答えとしておろすのです。
なのでキネシオロジーは、肉体の次元での確認が必要なとき、使いたいんですね。
クライアントさんが自分のテーマに納得していただくために使っていくなど
うまくとりいれていきたいなと思っています。

タッチフォーヘルスやスリーインワンなど最終的に42筋あるけれど
そのひとつの筋肉に対するテストがちゃんととれているのかがわたしは気になってしまいます。
本当にオフだったのか、微妙なときがあって判別がむつかしいことも多いからです。

押していく方向、力の加え方はあっているのか、他の筋肉を巻き込んでしまったら正確なテストはできないんじゃないか・・・
なんて思っていたら
筋肉や経絡にここまでこだわるよりわたしは1つの筋肉だけでも正確にとれるようにしていこう。
そしてカウンセリングについてより深めていこう!
ということでいまはカウンセリング、傾聴をメインにサイキックな次元での高速ダウジング(というかある意味チャネリング)になりました。
インスピレーションでわたしに入ってきたことや感覚に対して
これはこういうことでOKですか?
とダウジングにきいて、
これはいま伝えるタイミングですか?
というように、お客さんがイメージしたことのみならずお客さんのハイヤーにも反応するため
時々混乱してしまいますが
セッション中はそれくらい、というか頭がオーバーヒートしそうなレベルですごい集中します(リラックスしているように見えても高速でいろんなエネルギーが動きまくってますw)

もっといえば、わたしの行うフェイシャルでは経絡のゾーンセラピーなので
経絡についての関連性をエッセンスやアロマでも自分に落とし込みをしていきたかったのです。
そのために学んだタッチフォーヘルスでもありました。
でも結果論をいえばサビーナのクラスはすごく役に立ちました。

しかし現在は、五行はわたしの中で「モノサシ」なんだなという感じが一番強いかな。

たとえば、

咳が出る→肺経→悲しみや罪悪感はありますか?

というもの。

わたしにとってはその理論がすでに制限になるようにこの数年思えてしまい
五行というフィルターもみんなはずすことにしたのです。
というのも五行という枠組みで語ることは制限にしか思えないこともセッションで多くでてきたからです。

わたしの疑問だらけの頭はどこまでも追及をしていきました。
これからもいろいろわたしなりの追求というか探求をしていくと思います。


・・・と、ブッシュエッセンスと関係ないじゃないか!と思うかもですが
初日の講義録も書いたように
イアンのベースもまたタッチフォーヘルス、またはブレインジムもあるからです。

なぜサビーナのアラームポイントのセッション方法を冒頭に書いたかというと
イアンの内分泌についてのバランスチェックが
サビーナのアラームポイントのマトリックスが似ているようにも感じたので
お二人ともタッチフォーヘルスをされているので
そこにヒントを得ているのかなと思ったのです。

内分泌系のホルモンバランスについては、わたしはフェイシャルで学びました。

この機会にもっとこのあたりを深めて学ぼうと思ったら
ダウジングでは

「内分泌よりもっと学んでほしいことがある」

っていってくるのだけど、まだそれは何なのかつかんでません。。。

イアンの講習には結構要所要所にタッチフォーヘルスやブレインジムが出てきます。
講習の途中途中でクロスクロールを初日はしていきましたが
今回は、タッチフォーヘルスのセットアップで行うエネルギーの調整法でした。

丹田に手を当てて口の上下をこするもの、
鎖骨をさする、いわゆるブレインボタンをしながら目を左右にする、
最後に丹田をさわりながら尾てい骨をさすります。

・・・ってなことをタッチフォーヘルスでやったなーと思い出しました(遠い目)
もうすっかり忘れてしまいましたw

このほか以前イアンのキネシオロジー講座を受けたときやっていったのですが
サボタージプログラムや8の字エネルギーについてをやっていきました。

他にもエレメントごとの見分け方を数秘からみていったりも。
(ちょっとこれはわたしはよくわかりにくかったんだけど)

二日目はセミナールームに朝はいるとき
みんな口をきかずに入って瞑想にすぐ入りました。

ヒルデガルトを感じさせるような聖なる女性の歌声が響きわたる中、瞑想は始まりました。

これまでわたしが見てきたものは
昨年11月は不死鳥、4月は蒼い蝶でしたが
今回はモミの木と五芒星が見えました。
そして最後にひし形が。。。

瞑想がおわると、チャクラごとにお花の瞑想をしていたのですが
わたしは第五チャクラにアザミのような花が見えたけど
印象的だったのはサードアイに針葉樹林が見えたこと。
杉?でもなんかモミの木みたい。

その瞬間に、あ!ときたのは
シベリア杉
そう、アナスタシアです。


アナスタシア (響きわたるシベリア杉シリーズ) [ ウラジーミル・メグレ ]


響きわたるシベリア杉 (響きわたるシベリア杉シリーズ) [ ウラジーミル・メグレ ]

ダウジングの存在の執事君は、わたしには2冊目のほうを特に読んでほしいと伝えてきます。

この本を読めばあなたはこの世界のエネルギーの仕組みがわかると思う。
だから読んでほしい。
人も自然も同じ地球に存在していること。

エッセンスはエネルギーだけど自然の恵み。
アロマは香りだけどこれも自然の恵み。
あなたのそばにはいつも自然がある。

あなたがお客さんに寄り添うように、
自然界の一員として自然にももっと寄り添って生きていってほしい。



こんなかんじのメッセージでした。

いま加計学園で獣医師問題が今日もとりだたされているけど
わたしは政争のツールとして動物について、出していってほしくないと強く憤りを感じている。
獣医をこれ以上増やすなというのには、理由があるとは思うけど
理由というか都合というか
動物園の獣医は不足してると思うよ。
鳥インフルエンザとかの関連もあるし、
だけど犬猫でない、大型動物についてはまったく不足している。
これらも含めて見直すべきなんじゃない?
ましてや今治市の地域復興のためもあり
地方自治体としては作ってほしいわけなんだし。
いろんな可能性を、真っ向から否定するよね。
政治はそれぞれの派閥への都合や責任の押し付け合いばかりでうんざり。
そしてメディアは嬉々として「今日も支持率が落ちました」だとさ。
加計の怪文書の発端は朝日新聞。
共謀罪についてあたりからこの問題が急浮上してマスコミでやるようになった。
そもそも、加計に関連する岡山理科大に獣医学部を誘致していたのは民進党の高井議員なんだけど
そのあたりをまずテレビではみない。

右翼だ左翼だと政治思想を扱うときにいうけれど本来は右も左もないんだよ!
自分たちで分離させて差別社会作ってどっちが差別した、被害者だとかやって、どうするんだ!
そこには本当に被害者や、加害者は存在するのか?
人間的な成長がそこに見出せない。

いろんな意見はあっていい。
それはいろんな人間がいるからだ。
でも自分の意見を通そうと相手を引きずりおろすように今の政局は感じられて
少なくともわたしはそこに美しさを全く感じない。

よく「日本は平和ボケだからね」なんていうけどとんでもない。
みんな自分の感情を押し殺して、感覚を麻痺させて、まわりにあわせて日和見でいるだけにすぎない。
それは本当の自分を生きていないし、それは平和なんかじゃない。
平和の意味を取り違えているに過ぎないんだ。

自分を平和に保つこと、自分の中の調和や平和は
世界の調和や平和を作ると私は信じている。

こんなだから

人間はなんてバカばかりなんだ!!!

っていう憤りが最近すごくつよく噴出しているんだよね。
政府がーとか、政党がー、国家がー
じゃなくてさ、
愚かなのは自分の問題に蓋をし、麻痺させて、気づこうとしない人間だ。
政局を見て、そこに憤りや愚かさを感じたのならば、自分に向き合うチャンスだ。
人間は、もっと自分にしっかり向き合わなくちゃだめだ。

そしてわたしは人間に生まれてしまったことに対する罪悪感が強くある。

一人一人の成長が世の中の
「目覚めぬ人たち」を目覚めさせるきっかけとなっていくように、
エッセンスで感情が調和され、目覚める人が増えてほしいと心から思ってる。

さて、ちょっと感情的になっちゃったのでここらでお花でも見てくだされw

午後はアートワークでした。
ランチの時間をつかってスケッチブックに花を書いていく。
わたしは暑いので花の写真をとるために飯田橋を歩き回った。
そのときなんとなく東京大神宮に行きたくなった。
急に昼休み行こうと思ったので、ランチに誘われたけどお断りさせてもらった。
友達作りに来る人もいるかもしれないけど
わたしはちょっとそういうの苦手なので・・・

歩いていてこれはスケッチしたいと思ったお花。

学陽書房さんの入口



お花にわたしは詳しくないので
母親が詳しいのできいてみたら
アガパンサス
って花なんだって。

エッセンス的な見方をすればこの花の特徴として
地面からだいぶ茎が長くあり高い位置に花が大きく咲いていること
その途中には枝がないこと。
紫色であること。

この花のエネルギーをダウジングできいてみると

「霊性とのつながり」

と伝えてきました。
根が張られていて、高くのび、紫色で、まっすぐ天に大きく紫の花を咲かせているそれは
人間が霊性(第七チャクラ)というものを意識していくのをサポートしてくれそう。

こちらのほうの花はちょっと名前がわからなかったのだけど



チャクラをきいてみたら、しばらくして

「手のひら」

って伝えてきました。
手のひらのチャクラ対応だっていわれても・・・

色的にみてハートかと思ったのだけど
手のひらのチャクラはハートチャクラとつながりがあります。

そして

「脊髄」
「エネルギーの統合」

にも反応。

「脊髄を通したエネルギーの統合」

みたいなことを伝えてきました。
もうこのペンデュラムちゃん(わたしの執事さん)
まったく不思議ちゃんすぎて理解に苦しみます・・・
次元が違うので言語や感覚?が理解できにくくて。。

東京大神宮。恋愛によいというので行ったわけではありませんw(いまはレッサーパンダのレン君に夢中w)






麦茶があったので暑くて飲みたい!と思って「お気持ち」といわれたので
みなさん100円だったので100円入れると
麦茶とわらびもち?みたいなものをいただきました。


もうね、まわりは恋する女性でいっぱいでしたよ。
わたしは5年くらい前に東京大神宮で気を受けて帰ってきたこともあり
それ以来ちょっと苦手だったんです。
こういう恋愛に対する気持ちというか。
人間変えるからね。。
でもこういうエネルギーにすっかり同調しなくなったので(笑)
わたし的にはすごく楽になってることがわかりました。
また受けちゃうかなって思っていたんだけど・・・
わたしは花より団子になっておりましたです、ハイw


おいしくいただきました。
ランチ前だったので、ランチに食べるものの予定がこれで変わりましたw



打ち水ね、東京いたときは周りが結構やってたけど
神奈川に移ってから見かけなくなりましたね。


ここにも お花が。




はい、ここは何屋さんでしょうか??


ラーメン屋さんです。やってるのかな?


つじ田 奥の院


券売機が入口にあって買って入ります。普通のラーメン屋さんと同じね。

わたしが行ったときは14時前だったので一人で切り盛りされておりました。
わずか8席ですが雰囲気がしっとりしていてわたし好みでした。
有名なのは表通りの店なんだけど混んでたんだよね。
どちらにしてもそういうラーメン屋さんはわたしはちょっと入りづらいので行かないんだけど
ここなら女性一人でも入れる感じ。

メニューはラーメンとつけ麺でチャーシューの量で並か上かとなります。

つけ麺


麺はつるっとしていて、つけ麺は太麺で慣れていたのだけど
つけ麺にしては細め。
のどこしはとてもよくつるっとしていました。
煮干しべースの味で煮干しが前面に出てくる感じ。
あっさりしつつもコクがありました。

途中まで食べてから黒七味をかけました。
今回一番感動したのはこの黒七味との相性だったかも。。

写真にとったので早速買おうと思ったけど
安いので送料がなぁとかいろいろ考えてまだ買っていません(笑)


原了郭 黒七味 木筒6g

コクがあっておいしかったです。
ラーメンは、最後にスープ割りを頼んだのですが
これまたすごくおいしくて感動しました。

いつもは武蔵小山の三ツ矢堂製麺ばかりなんだけど
武蔵小山エリアの開拓を改めてしようかと思いつつ
わたしは「暑いのにラーメンかぁ。。。」ってタイプの人間なので、どうなるでしょうかw



関連ランキング:ラーメン | 飯田橋駅九段下駅水道橋駅



めん徳二代目 つじ田
http://www.nidaime-tsujita.co.jp/

すっかりブッシュの話から遠のいた話題だったような気もしますが
こんなところでw


最後までご覧いただきありがとうございます。