花魔女★れいあ

花魔女★れいあ

-
Fl0o2eLCVIZxnrl1499050940_1499050981.png

はい、れいあです。

あまりにも遅すぎました・・・

きっかけはですね、やはりホテルLUIGANSだったんですよ。
しかも5月に行ったときの。

わたしはカフェから外に出て動画撮影をしていました。
そのとき素敵な音楽が。。。
でもどっかきいたことのある音楽でした。

ルイガンズの好きなところは
すべてにおいてデザインされしつくされているところ。

建物、インテリアだけでなく、食べ物、音楽、宿泊プランなど
ハード面だけでなくソフト面の細かいところまでのデザインが洗練されていて
スタイリッシュな感じがすごくわたしの好みなんですね。

わたしは外観を動画撮影しようとしていましたが、
そのときにその曲が入り、ずっとこの曲が何なのかを考えていました。

わたしはクラブ音楽で育ってきたので、確かにそっちの音だなと思っていました。
わたしは音の傾向がそちら方面ではレーベルで音の傾向が把握できるので
レーベルを探っていたりしたのだけど思い出せない・・・

家に帰り、非公開にてYoutubeにUPしました。
すると瞬間的に著作権の関係でNGというふうに出てしまい
非公開なのにダメなのかーー!って(ハード圧迫のためやはりクラウドサービスにアップしたかった)
わたしは以前音楽関係にいたのだけど
近年のJ○SRACのやり方にはN○Kの受信料の取り立て的なやぶれかぶれ感があって
やみくもな取り立てに非常に立腹していました。
どーせ天下り団体なんだろ!的な怒りもあり、
利権が音楽を純粋に楽しみたい人間を抑圧してくるような。
だってわたしが知ってるのは90年代ですが、そのときはそこまで言ってきていなかったのね。
だけど当時音楽企業にいたときに、強くアメリカのほうから
「著作権について日本はなっていないとお叱りを受けている」
そんなふうにずっといわれていたのでこの時代から動き始めているのも知っていました。
わたしが問題としてるのは、
アーティストに著作権料がどれくらい支払われているのか
だったんですが、そこにJ●SRACの矛盾を感じているので怒っているのです。

わたしはずっと音楽業界にいたので、
アーティストがマイナーレーベルから移籍し、
メジャーにいったとき、音楽の方向性を変えられてしまう人たちもみてきた。
わかりやすくいえばお笑いの「一発屋」みたいなシステムというか
他のネタができるのにテレビ局の視聴率のために、ひとつのネタばかりさせられて
結果的に消えたような状態になった一発屋の芸人さん多いじゃないですか。
音楽業界も同じなんですよ。
だからそういうものを見てしまうと、世の中に対する見方が変わってきてしまった。
もっといえばわたしは音楽業界に入ったがために音楽に夢を見いだせなくなった。
わたしは音楽を純粋に楽しみたいだけなのだと今更ながら後になって気づかされたのです。
「ビジネス」としてわたしは音楽を扱うことができないし、扱う人たちと一緒にいることができない。
確かに音楽だけじゃなく食べていくにはお金がかかるけど
だけどわたしはヒーリングにしてもスピリチュアルにしてもだけど
「なぜそこまで高額なの?」
っていうヒーリングもすごくあってね。
それだけお金を払うということは、お金はエネルギーなので
それだけなんとかしたい決意ってあらわれると思うのだけどさ、
なんかおかしいよって思うことが多すぎて。
でもね「対価」てのはもちろんあるし、それはキャリアも実績も関係してくると思う。
だけどそれにしても、ビジネスになってしまうとわたしはどうもダメ。
お金が苦手という気持ちはないのだけど
そのお金に対するヒエラルキーを感じさせるシステムみたいなものがダメというか。

話がそれちゃった。
時代は変わりつつあります。
ソーシャルメディアの台頭により大幅にいろいろ変わらざるを得なくなってきました。
その一方でさらに締め付けを強くしているJ●SRAC。
実際以前2007年くらいにこちらに記事内に書いたあるアーティストの歌詞について
全部ではなく半分以下だったんですが
昨年いきなりJ●SRACが「侵害している」として記事を取り下げられたのもあったんですよ。
その記事も全部書いたわけじゃなく、それだけで?とびっくりしました・・・

と、このことについてはすごくわたしが熱くなってしまうところなので、ここらにしておいて(笑)
YoutubeにUPしたときにJ●SRACの申し立てのところに
どこからの侵害なのかがかいてありました。
つまり
レーベル名、アーティスト名、曲名が書いてあったのです。

J●SRAC対する異常な怒りが燃え上がった次の瞬間

J●SRACさんありがとう!曲名を教えてくれて!(嘲笑)

というかんじになりました。

それがこの曲です。

Lovebird - This Feelin'(OM RECORD)


OM RECORDは2007-8年を中心にかなりクラブ業界では流行したものです。
なので音の作り方やセンス的なものがちょっと昔っぽいかんじでもあるのだけど
なつかしさもあってわたしは惹かれたのです。

そして次にルイガンズに行ったときのこと。
前から気になっていたのです。ルイガンズのバスで流れているルイガンズPVの曲名が。
それを知るべくホテルの方にきいたのだけど、著作権の関係もあり教えてもらうことができませんでした。
これについては悩みました。
ジャズなのかボッサなのかハウスなのか、どこのジャンルに属するのか微妙なかんじなのです。

Papik feat Ely Bruna - Notes of the past (Radio edit)


Alessandro Magnanini - Something Fine (feat. Stefania Rava)


家に帰っても、あの音の感じがすべて自分には浸透しているので
なんだろう?って思っていました。
前回のこともうけて曲をちらっと動画でとっていたのです。
J●SRACが瞬時にどの曲と特定してきたということは、
音楽の認識はどこまでできるのだろうと考えて、検索をしたところ
なんだ結構前からできてたんじゃん!ってことがわかり、
それがアプリにあると知ったので試しにDLしたのがSHAZAMでした。
なんで早くこの着眼点に気づかなかったんだろう・・・
この間にいろんな曲が
「いいけどわからない」
ってのがあったと思うとすごい悔やまれる・・・

ちなみに上記のPapikはIRMAというイタリアのレーベルのアーティスト。
Alessandro Magnanini はSchema Recordsというところでイタリアのミラノにあるレーベルになります。
こちらはともどもラウンジ系のおしゃれなクラブ音楽を扱うレーベル。
ジャズあり、ボッサあり、ハウスあり、ラテンありというかんじで
日本でも2000年代ブームになった音楽なのですよ。
こんなふうにDJやってるとレーベルで買うことがとても多いので
レーベルによる音の特徴を感覚で違いをわかっていくんですよね。
非言語なので説明しにくいんですけど。。。
だからアーティストは忘れていてもプロデューサーやレーベルで覚えているかんじ。
わかりやすくいえば映画を俳優ではなく監督で覚えているかんじかな。

SHAZAMアプリはFacebookアカウントで入れます。
入ったら
この中心のマークのところをタップします。


するとSHAZAMが感知し始めます。長くて15。秒もないくらい。
すぐわかるものだとほんの1~2秒でわかります


曲名を教えてくれます。
わたしはiPhoneなのでアップルストアにて買えますが買えないものももちろんあります。
Youtubeにもリンクがあり、曲を確認できます。


Youtubeの再生ボタンをおせば、このようにそのままきけます


特に私はトラックものやジャズ、ヒップホップがほとんどなのですが
特にトラックものだと様々なMIXがあるので
中には誤認識も結構あって、だけどそれがまた新たな曲との出会いにわたしはなっています。
ないときはこうなります


調べた曲はMY SHAZAMにリストアップされて蓄積されていきます(削除も可)


このトラックリストでアップルミュージックの契約をしていたらSHAZAMリストになり
アップルミュージックとしてリストを楽しめることも可能です。

色々試したところわたしの聴くジャンルはトラックが中心なので
その曲調により曲の部分部分で異なる曲が示されたりすることも多い。
だけどメロデイのちゃんとある曲だったら一発でわかることが多いかな。

でわたしがセッションをする前に、院長が流しているYoutubeでいいなって音も結構あって
セッション前後に、ちょっと席が3メートル以上離れていても
他の誰かが話していても曲を教えてくれます。
わたしは商店街や外などではまだ使ったことがないけど
そういうところで気になる曲があったらわかるかもと思うとすごいうれしいです。

そうそう、アプリをDLし起動させたとき、
どのジャンルが好きで、そのジャンルのどんなアーティストが好きか
代表アーティストを上げてくるのでそれを1ジャンルにつき5つ以上チェックします。
それはアーティストの「フォロー」になり、好みの曲を発掘する助けになります。
アップルミュージックのクラウドサービスをわたしは使っていますが
アップルミュージックもアーティストがどれくらい好きかを選ばせてきてオススメをするので
そんな意味でも新たな発見としてSHAZAMでもオススメが毎日あります。
(アップルは週に1回とかだけど)
好きなアーティストのベストトラックリストを示して来たりします

このほかに

SHAZAMした(曲をSHAZAMにきかせて音を調べることをいう)ものは自動的にみなフォローになりますが
わたしは「これ違う」ってのもあったりするので削除したりして使います。


わたしは洋楽メインで邦楽はクラブ系統かJ-HipHopのみですが
日本のHipHopも検出されたのでいけるのかなと思います。

近い日程で行われるおすすめライブなども。


こちらは感知された曲のチャート


はじめて認識されたとき、すっごい感動しちゃいました。
音が好きな人で使っていない方、音との新しい出会いを求めている人には特におすすめですよ~

shazam
https://www.shazam.com/

Posted by