花魔女★れいあ

花魔女★れいあ

-
uliveto.jpg

はい、れいあです。

わたしは実は植物を育てるのが大の苦手です。

フラワーエッセンスやアロマを普段使っていると
特にフラワーエッセンスの場合香りがないので余計に
それが「植物」であるということを時折忘れて
単なる「エネルギー体を転写させた液体」として扱ってしまいがちにもなりやすい。
だけどだけど、もともとは、お花をはじめとした
自然界の恩恵なのです。
(植物さんごめんね)

メディカルハーブ検定ができた年にわたしはメディカルハーブ検定を受けましたが
それ以前から魔術をハーブの影響で扱うこともあった。
魔術は、アニミズムとも関連し、月などの宇宙の天体、惑星のうごきから、
植物をはじめとした4大エレメントのパワーを利用していきます。
儀式魔術においてはインセンスハーブとして
チャコールの上にドライハーブを粉々にすったものをかけていたりしていた。
そんなふうにわたしは自然界の恩恵が魔術の儀式で四大元素として取り入れていることが
ヒーリング方面へのなによりもの興味だったので
植物を育てたいと思っていたけれど・・・・挫折したorz
ハート型サボテンなんかすら枯らしてしまう始末。
正確に言えば、大切にしすぎて水をあげすぎてしまったことがあって
次には寒さの中外に出していて、霜でダメにしてしまうなど
サボテンにすら格闘していたレベル。

しかし福岡のルイガンスのホテルに泊まり、ハーブ園からの様々な飲み物や食べ物をとっていると
わたしはいつのまにかせめてミントでいいから育てたいと思っていた。
しかし家の庭には両親が地植えで育てているミントやローズマリーなどわさわさ生えていて
母親に(わたしが新たに)ミントを育てたいというと
「あんたに植物なんて育てられるわけないでしょ!」
といわれ意気消沈・・・といつもはなるのだけど
次にわたしがとった行動は、ハーブの育て方のビギナーの本を買うことだった。
ハーブ別に育て方や特徴が書いてある。


はじめてのハーブ手入れと育て方 基礎の基礎からよくわかる/高浜真理子

わたしが育てたいといったミントだけじゃものたりないので
ほかにどんなハーブがよいのかダウジングできいてみた。
ホーリーバジル(トゥルシー)やフェンネル、セントジョーンズワードを育てなさいといわれ、
それらを今度買おうか考えていたところ。
わたしの希望はミントとレモンバーベナ(メリッサ)だった。
理由は生のハーブティが飲みたいから!
昔友達が横浜元町にある霧笛楼というフレンチレストランの経営に携わっていたのだけど
そこにランチなど招待されていったことがある。
そのとき最後に出された生のハーブティの味が忘れられず、
今度はわたしは両親を連れて霧笛楼に食事に行った。
余談だけど時間が早くついてしまったら、森三中の三人が撮影のためにきていて
森三中(スタッフ含む)+うちの家族という不思議な不思議な中での食事会になった。
もちろんそこでも生のハーブティを飲み物として選んだ。
すごくおいしかった。
いつもはドライハーブのお茶に慣れ切ってしまっているけど
生のハーブティって本当においしいの。

横濱元町 霧笛楼
http://www.mutekiro.com/

夏になりミントやレモン感あるものがほしいと思い
先日無農薬のレモンとわたしの家の庭からとってきたミントで
ミントレモンウォーターをお店で作り飲んでいた。
要望のあったお客さんにもこれを出し好評だった。

あああ。
ハーブを育てたい(そして食べたいw)

これのどこがアニメセッションにつながるのかというと、ここまでは前書き部分(長くてごめんw)
ここからがセッション内容なので~す。
が、まだアニメには至りませんww
3人のセッション内容になります。
不思議なつながりをどうぞ。



そんなふうにハーブの本も買い、意気揚々とハーブを育てたい気持ちにかられていた、その翌々日のことでした。

その日は広島からお客さんがいらっしゃいました。
今回で4回目になります。

お客様がいらした理由は「情熱がない」ということででした。

カウンセリングのサポートとして選ばれたエッセンスはオーストラリアンブッシュのボアブ。

オーストラリアンブッシュ ボアブ
ボアブはネガティブな感情的パターン、または何世代にも渡って受け継がれてきた精神的な家族のパターンを浄化してくれます。

セッションでは、今住んでいるところがどういうところなのかを
具体的に書いてもらうことになっていきました。
書き始めるとダウジングが早速ベランダに反応。

「ベランダね、、、植物だらけなんですよ^^;」

ダウジングでは、どんな植物があるのかききなさいときたので
それを伝えたら

「あ、わたしたまたま今朝ベランダの植物を写真にとってきたんだ!」

おお、なんていう偶然。ていうか必然?
そこでわたしは写真にダウジングしていき、
植物の位置を変えるようにとダウジングできていると伝えた。

そして実家にも話が言及していった。
家にあるラベンダーを実家に持っていきなさいとダウジングで伝えてくる。

ラベンダーの意味は様々です。
一番よくいわれているのは鎮静作用。
ラベンダーのアロマの香りが鎮静作用があって安眠に使われたり痛み止めや炎症を抑えるのに使われますが
「ラベンダーがお客さんを鎮静させすぎている」っていうふうにダウジングで伝えてくるの。
メディカルとかサトルアロマではなくハーバルマジックの意味合いとしてだと伝えてきました。
ラベンダーは西洋占星術からすると水星と親和性があり、おとめ座のハーブとしてしられています。
今回は魔術的な意味合いでとのことでしたが
特定の植物との占星術的な相性みたいなのもあるようなかんじがしています。

ラベンダーは鎮静効果があるからか、魔術でもヒーリングとしての効果がいわれていて、静けさの意味を持ちます。
セッションではラベンダーの魔術的な意味合いの「静けさ」のエネルギー的影響を受けている
ということで、お客さんの家でラベンダーを育てるのはやめなさいと出たのです。
そして、実家にもって行きなさいと。

ベランダには室外機がおいてあり、これも問題なようでした。
これを解決していくには

「ベランダにあるユーカリとローズマリーを室外機の上に置く」と出たんですね。

ユーカリもローズマリーも、どちらも「覚醒」のハーブです。
さきほどのラベンダーは正反対で「鎮静」のハーブ。

アロマのブレンドを作る場合も、鎮静系と覚醒系の精油のブレンドをするときは
ちょっと工夫が必要でもあります。

ちなみに。。

覚醒系精油
ペパーミント、バジル、ユーカリ、ティートゥリー、レモン、セージ、ローズマリー、フェンネルなど

鎮静系精油
オレンジ、クラリセージ、ベルガモット、ラベンダー、サンダルウッド、パチュリ、ローズ、カモミール、マージョラム、フランキンセンス、パイン、ベチバー、イランイラン、ジャスミンなど

中間型精油
ジュニパー、ゼラニウム、ネロリ、グレープフルーツ、サイプレス



「室外機は電源いれていなくてもダメなんですか?」

とお客さんの問いにダウジングでは「ダメです」と出たの。
わたしもなにをいってるんだ?でもそうなのか?と思いつつ、セッションの成り行きをみていたのですが
次に洗面所の前にサプリ類を置いておいた状態であることにもダウジングで反応。
これを別のダウジングで反応したところに置きなさいと出たのです。
ここには何を置いていますか?ときくと
「お札とか、、、エッセンスとか」
と話されていました。

そしてお客さんは
「こんなところにおいておくとよくないなっていう気持ちがよくなくさせているんですね」
とお話ししだすとダウジングですごく反応。
室外機も同じなんだとそこで気づかれたようです。
「室外機も、ここにあると体に良くない」
という気持ちがいつもどこかにあるらしく(なにかでそれを言っていた人がいたらしくそれが頭にあったのに反応しました)
しかし移動できないしなぁ・・・というわけで
ここにハーブを置くということが一番だとダウジングで示してきました。

ちなみに、現在は、ユーカリとローズマリーを室外機の上へと移動をしたところ、元気になったとメールをいただきました!
ありがとうございます!

そのセッション中に、ベランダにオリーブの木があるという話があったんですね。

ここでオリーブの木は希望の象徴でもある、とエッセンスで学んだと話しました。
オリーブというとバッチフラワーが有名ですね。
インデイゴエッセンスのオリーブは、2009年1月18日に、スペインのバルセロナのすぐ南に位置するオリーブ林でつくられたそうなのですが
オリーブの木は、長いあいだ、希望や平和、生き残ること、再生、強さ、そして癒しのシンボルとされてきたそうなのです。
インデイゴのオリーブのエッセンスを試した人々は、すぐに地球への深いつながりとその叡智を感じた、と言っているそうです。
この深くて強い、古来のつながりによって、自信をもって再び自分の足で歩き、新しい意識への移行を成し遂げられるようにというエッセンスになります。

インディゴエッセンス オリーブ

そのセッションから数日後のこと。
オリーブの木がセッションで再び出てきたのです。

今回のお客さんのセッションでは

「イタリアに旅行に行き、自分のオリーブの木をみつけてくる」

というメッセージ。

とにかくその前からお客さんのセッションで「自然」に反応していたんですね。

そしていろいろ話していると、わたしがふと、久しぶりに
「ぼくの地球を守って」
というOVAをみた話をしました。
これは80年代中期から90年代冒頭にかけてのものなので、絵のタッチなどが昔風なんだけどね。
曲は管野ようこさんが担当されています。

余談ではありますが、この主人公の木蓮はわたしが感じているジョフィエルの感覚そのものなんだよね。イメージというか。
ジョフィエルはこんな雰囲気の女神みたいな天使風の美しい存在だった。
こちらが木蓮さん↓
bokuchiki0.png

bokuchiki1.png
この主人公の木蓮は自然の声が聴け、歌を歌うと植物が早く成長するらしい。

この物語は、月で過去世を送った記憶を持つ人たちが
夢で同じ内容を見てるとわかり
登場人物やストーリーも共通していると知るんです。
月の基地から地球を見守る役割をしている種族みたいなかんじです。
彼らの種族の一部はサイキックな能力を持っていて、
テレポーテーションが可能だったりします。
アニメの後半にサイキックな目に見えない戦いがあるんだけど、
わたしのサイキックな状態ってそれに近いんだよね。
わたしを貶めようとする存在が、いま現在もいて
サイキックな目に見えない存在がわたしに釘のようなものを打ち付けてきたり、
ぐるぐる目をまわさせようとしてきたり、すごく攻撃を加えてくる。
これは人間の想念的なものではないことは感覚的にわかるのだけど
ネガティブなスピリットがやっているという感覚がある。

現在は日常生活ができるレベルではあるけれど、
過去のサイキックな存在たちは、仕事も日常生活も送れないレベルにまでわたしを陥れたし
そういう世界があると親にいっても
頭が狂ってるといわれるし、
だけどわたしとしての意識はあって。
だから人にいっても理解してくれないし、
わたしの味方をしてくれる存在はいないし、
神などいないとわたしは自分の運命を呪っていた。
信じることも、自分の存在意義も、すべてわからなくなったのが
昨年11月のことだったんだ。
だけどわたしは、病気でもないし、痛みはスピリチュアルな部分だけ。
どうしてよいか本当にわからなくなった。
戦争とか、目に見えるレベルでの争いは悲しみや憎しみを生み出すけど
目に見えないレベルの争いって4次元のレベルではたくさんあるんだ。
わたしはそれを知ってしまったし、体験しているからこそ
お客さんには低い波動には同調せずに、意識を高めることで高い波動に移行できるためのサポートをしたい意味もあるんだ。
ネガティブな何かがあったら、それは何なのか自分をみつめていくことで解放し、浄化され、保護し、
本来の自分の波動を取り戻してもらいたいし、そのようになっていく人が増えていってほしいと願っています。

だから、今日書いている記事は、五次元以上のレベルの感覚を伝えたい意味もある。
とかく五次元とかいうと、グラウンディングしてない、ふわふわでキラキラな浮ついた印象だけどさ、
実際は、こんなかんじなんだ、だから、自分の問題に向き合って、解放し、浄化していくと
今を楽しみつつ流れに乗る楽な生きかたができるよ
よくいわれている本当のところを知ってほしい。


話しをセッションに戻すと、この「ぼくの地球を守って」(略称:ぼくちき)の話しをしていると、お客さんからこんな話が出た。

「もしかしたら”自然”の声がきけるかもしれない」

「管野ようこさんはわたしもすき」

そしてダウジングで

「ぼく地球のサントラをきいて感じたことにヒントがある」

といってくるのです。
話は菅野よう子さんからアニメの曲の話になりました。
そのお客さんは前から歌を人前で歌いたい話をされていたんです。
最近になり「ライブハウス使っていいよ」という話がきたり、
いろいろと「ライブ」をしていく流れに自然になっていっているのです。

ポイントは、自分が意志を持って、ではなく、意図を明確にすること。
強い意志を持つ!というわけではないところにあります。
意図をすることと意志を強く持つのとはエネルギーの使い方が違うのね。
意志はその人そのものの意識のチカラを使ったり、場合によっては念を使う人もいると思うのです。
特に念を使うことは自分のエネルギーをすり減らしていくことになるのです。
だけど意図することは、本質につながり、何をどうしたいのかを伝えることで、それを宇宙にお願いするようにしていくこと。
意図することは祈りにも近いのです。
「お願い」と「祈り」はちょっとニュアンスが違う面もあります。
それには「リラックスの仕方」がポイントになってくるんです。
だから「祈り」というのは極めて高次元的であるのはここにあります。
「奇跡」はここからおきてくるのです。
それは自分とのつながり方を知るということでもあります。
わたしのセッションはそのあたりへと自然に移行していくためのレッスンという意味あいがかなりあります。

お客さんは前から、リラックスをしていくことがテーマになっていました。
リラックスというのは、流れに身をまかせること。
川があるとして、ただ漂うのは意図ではないんです。
ゴールを目指して心地よく泳ぐかんじなんだ。
水泳だとわかりやすいけど、カナヅチだと、変に力が入りすぎて泳げないでしょ?
でも力を抜いて、どこにエネルギーを使うか把握していたら
ゴールまでたどり着ける。
このエネルギーの使い方なんだよね。

お客さんは前回のセッションのときに、とある講習に出ることがメッセージであったのですが
正直頭で考えると「そんな講習があるなんてありえないよ」ってかんじで私も思ってしまったんだけど・・・
今回のセッションのときに
「その講習が見つかったんです!とっても楽しかった」
ということが出てきました。
なんというかダウジングできたメッセージにしてもそうですが
いかに自分の内面に耳をとぎすまし情報に目をやると
なにかしらキャッチできるのね!
って思うと、
お客さん、よくここまできたなあ、、頑張ったね、とわたしが感動してしまいました。
だって頭では「ありえない」っていうことが、普通に起きる次元なんだもの。

そういうふうにミラクルが起きる人がセッションを続けていると多く出てきてる。
とにかくミラクルは不思議というか、感動っていうか、感激というか。
うれしいというだけの感覚じゃないんだよね。
お客さんたちの様々なミラクル体験を見ていると
感極まってしまうというか、感動しちゃうというか、
ああ、すごい頑張ってきてよかったね!とうれしいを越えてるというか、
魂が震える感覚になるんだよね。
そういう人を一人でも多く増やしていきたいんです。
うーん、この感覚、伝えられなくて残念です^^
そんなわけでいまは新規の方の募集が基本的にキャンセルが出たときだけになってます、ごめんなさい。

お客さんはこのライブ活動について「誰も来てくれる人はいない。無料にしたほうがよいのでは」っていうのだけど
見に来られた方からちゃんとお金をいただきなさいというふうにいってきていて
それはお客さんから対価を受け取るための練習でもあるらしく
「すきな歌を歌ってお金を稼ぐ」
という流れをつくっているかんじもしました。

頭ではいろいろ考えちゃうと、無理だって決めつけちゃうんだよね。
だけど実際、流れにのっていくと
まわりが協力してくれているようになったり、
自分が意志を使って頑張ってやらなくても
楽しくやっていけばすべてうまくいくんだなって思ったの。

っていうセッションがあって感動しちゃって~って話を
次のセッションがはじまる前にお客さんにしてたのね。

で、思ったことがあると次のセッションのお客さんは話し出したんです。
それはわたしは見ていなかったのだけど
先日行われた錦織圭選手の話しだった。

錦織圭選手とジョン・ヒョン選手の試合において
錦織選手はラケットを投げつけて破損させることをしたそうだ。

これだけ聞けば、たしかに彼はイメージダウンのことをしたのかもしれない。
お客さんは話を続けた。

「そのあと雨が降って試合が中断されたんです。
錦織圭選手はもしかしたら最初からある程度のところまで勝ち、それがまわりの何かの学びになるということなのかもしれない」

そう続けました。
確かにすごいブーイングでいまネットで調べてみても
同じ日本人の声は「ラケットをたたきつけるなんてあえりえない」「スポーツマンシップとしてマナー悪い」といったものがほとんど。
「モノを大切にしろ」とか「メンタルが弱い」とかね。
でもそこじゃなかったんですね、お客様の視点は。
スピリチュアルな部分から試合を見ていた。
それは

「運が味方してくれる」

ってこういうことなのかもしれない、という視点だった。

そしてお客さん自身のセッションですが、途中をはしょりますが

「本当に自分は守られているのか不安」

というところにいきついたんですね。
そしてセッション前に話していた錦織選手のこともあいまってか

「自分が気づいたり体験したりする必要があることは、みんな天が用意してくれている」

という言葉が出てきました。
お客様にはクリスタルボウルとエネルギーワークが必要と出たので寝ていただき、ヒーリングを開始。

そこでわたしは

「巨大な白い光のカブトムシ」

がお客さんの身体に沿って徐々に足のほうへと進んでいるのが見えました。

なんだったんだろう?と思いつつ、ヒーリングも最後のほうになっていったその時、
お店はマンションのエントランスの隣にあるのですが
転んで泣き出す子供の声が響き渡りました。
これはなにか意味があるのかな・・・
と思っていたら・・・
さぁ、ここから再び懐かしいアニメの登場です。

それは1999年ころにテレビ東京系でやっていたんだけど
わたしはエクセルサーガっていうアニメが大好きだったんですね。

久しぶりに見ようと思ったのは
これまたジョフィエルがすごいはりきるときにこの主人公のエクセルにそっくりなノリになるわけですが(ダウジングの存在には似てないといわれたけどw)
主人公のエクセル↓(やたら元気モードのときのジョフィエルのイメージにそっくり)


これは六道神士さんという方が書かれた漫画なのですが
このアニメの監督はワタナベシンイチさん。
で、アニメの作中に六道神士さんおよびナベシンさんが出てくるのです。
ナベシンさんはルパンのようないでたちで来るんだけど。

ナベシン


何故エクセルサーガの話をしてるかというと
クリスタルボウルを鳴らしている最中に
いきなりナベシン監督のアニメのビジョンがでてきて
なんじゃこりゃー!
と思っていたんです。

子供はもう泣いてなかったけど、その直後にナベシン監督が。。
で、このときナベシンさんから「監督」というキーワードだけが頭の中になぜか残り、

「ああ、お客さんを見守りに、お客さんの上の存在の”監督”がいらしてくれたの?」

とダウジングできくとYesと反応。

しかしアニメキャラじゃなきゃ、上の偉い存在がきてますよーとわたしに伝えにくかったのかしら?ww
しかも宮崎駿監督ならわかったのに、
何故にギャグアニメでわたしの前に現れるの~!?

お客さんに、

「もっと、面白おかしく生きるのもアリだぜ!」

って意味なんだろうな。
しかし、ヒーリング、、やってるはずなんだけど・・・ビジョンがギャグアニメになっちゃってるのマズイかしら?w



ヒーリング終了後、ふとおもいついたのです。あのカブトムシの正体。
(アニメの)タイムボカンだ!・・・ですか?とダウジングできくとすごいYesになる始末w
光のタイムボカンのメカブトンがお客さんのところにいるんだよというお知らせをしにきたようなのです。
メカブトン↓


タイムボカンもギャグアニメだよなあ。。
ちなみにエクセルサーガでは「宇宙執事」とか「大宇宙の大いなる意思」が登場し・・・
大宇宙の大いなる意思さん↓

都合の悪い事態が起こると、時間を巻き戻し全てを無かったことにするのが「大宇宙の大いなる意思」さんのアニメでの設定。

つまりなにかあればやり直しができると物語ではなっている。
また、タイムボカンは壊れやすいってことなんかも話していくと

「(お客さんは)繊細なので傷つきやすい」
ことを表しているようで

「でも大丈夫。
泣いていたり、なにかあれば監督(ナベシン監督)が、きてくれる」

これがヒーリング中隣で泣いてた少年ということに重なってくるわけでした。

なんていうかはちゃめちゃなかんじではありますが(笑;

わたしの中では、さっきいった、サイキックなきつい現象があったときも
頭の思考をギャグアニメ的なオチを探して解釈しようとしていたり
面白おかしい部分を探して脳内ギャグにしてしまうところがあって
そんなこんなが今回のセッションに至ったんでしょうな。。

ヒーリングといえば、

「天使がいつでもあなたを守ってくれていますよ^^」

みたいなメッセージのほうがよほど癒された感覚になりそうなのですが(苦笑)
わたしはそういう気の利いたセリフ?もあまり言えない人なんで
ヒーラーって自覚をもってはいないんだけど
ヒーラーってより、ネガティヴ部分をピーラーで剥いていく作業をしているような

ヒーラーでなくてわたしはピーラーですww

って、わー!ここはギャグとかいうシーンじゃなかった!!w
玉ねぎの皮むきがヒーリングならわかるけど、
ピーラーだと、じゃがいもくらいしかイメージできなくてすまないw

まあ、そこはわたしの個性っていうことなんだなと、
わたしも自分の中にある
「ヒーリング」というものはこうでなくちゃ、
わたしはそんなんじゃないからヒーラーにはなれない、なりたくないっていう思い込みについてあるので

「こんなわたしのやり方でもいいんじゃね?
え?ヒーリングっぽくない?w
でもこれがわたしなんだわw」

みたいなかんじの気づきにもなりました。


「大丈夫!タイムボカンにあなたは乗っているし、なにかあれば監督がやってくる。大いなる宇宙の意思もある」

なんてかんじのヒーリングになったのでした。

ざーっと三人のセッションについてここに書いてきたけれど
タイムボカンヒーリングのお客様よりご感想が。

れいあ 様

おはようございます!
昨日は 涙あり笑いありのセッションを本当にありがとうございました!

実は‥昨日のセッションの終わり頃から わたしの心は「楽しい♪楽しい♪」と、叫んでいました♪
そんなことは初めてだったので驚きましたが幸せです♪

アニメーションからのイメージは‥これまた最高でした(笑)!!!
タイムボカン?! クワガッタン?! 大いなる意思さん?! ナベシン監督?! とても分かりやすく、
イメージし易く、何より温かみを体験しました~!!
れいあサンがアニメが好きで良かったです(笑)!!

その場だけでなく、今も安心していられます!!
すべてに感謝!!
保護されながら目的地にちゃんと向かっている私、転んで泣いてたら人生舞台の監督が助けに来てくれる‥
ひとりで頑張らなくても大丈夫なんだ!
目の前には笑顔のれいあサンがいる!
れいあサンしか出来ないセッションは‥ユーモアと温かみに溢れていて、寄り添ってくれる大地の女神のようです!!
リラックス出来ることで、ハートの声も聴きやすくなるだろうと感じています。

来月のセッションまで楽しみにリラックスして日々を過ごしてゆきます!!
すべてに感謝!!



お客様は次回7月にご予約をとられておりますが
おそらくメカブトンに乗って来られることでしょうw



これらの記事を書く前、今朝のこと。
二度寝しようとしたら悪夢を見て、金縛りにあいました。
わたしは小さな頃から金縛りによくあうのだけど
わたしをサポートする存在さんたちはわたしがどんな夢を見てるかわからないらしいの。

夢でもわたしはジョフィエルにサポートしてもらっていましたw
かつてジョフィエルは大天使だったんだけど
夢ではマントを羽織っていて正義の味方でした。

ジョフィエルは天使の羽だと思っていたそれはマントだったのかw

っていうふうに感じましたw
で、夢でも

「ジョフィエルたすけてー!」

といっては、ジョフィエルがきてくれて(夢の中なので本物ではない)わたしをたすけてくれてたのね。
考えてみたらわたし、よくジョフィエルに助けを求めすぎていて
天使と助けを求めるわたしというよりも
ドラえもんとのび太くんの関係みたいだよなw
なんか、変な夢だったわw

だってわたし夢の中で夢を見ていて、夢の中の夢ではシータヒーリングしてるんだよ(わたしできないんだけどさ)
泡の中を通って、液体みたいなのがあって、突き抜けたら白い世界があって。
いろんな層を突き抜けながら

「ジョフィエルー!これでわたし天とつながれたかな?」

とか、ジョフィエルに宇宙につながる手助けをしてもらってた(夢オチですがw)
で、夢の中の現実にかえると、おはじきみたいなのが一個宇宙からやってきて。
ベッドから起き上がると、小さな仏壇がいきなりあって、中はからっぽで
怖くて扉を開けて出ていき、帰ると仏壇が二倍の高さになってたw
さらに位牌もひとつあって2名ほど文字があって、怖いよーとやってたら目が覚めた。(現実)

ジョフィエルを呼んで、わたしの夢見てた?ときいたら
「知らない」といわれ、
ダウジングでも「わかんねw」といわれ伝えたら、
「スピリチュアル的、サイキックな変化がある」
といわれました。

なんだったんだろー。。。


最後までご覧いただきありがとうございました!
&シェアさせていただきました皆様ありがとうございました!
Posted by