花魔女★れいあ

花魔女★れいあ

-
nintai.jpg

はい、れいあです。

セッションにおけるトラウマについて
以前はずっと
頭でそれを想像してもらうことで
具体的にはわたしにいわなくてよいとしていました。

しかしセッションを重ねるにつれ、
そのやり方では本質に至って癒せないという見解にたどり着きました。

わたしも数々のトラウマやショックがありますので
これらを思い出す、それだけでもつらいことを
わたし自身が知っています。

少なくともセッションをやる以前のわたしは、
子供が親を選んで産まれてくるなんてウソだと思っていました。
それは親の立場からしたら
「お子さんはあなたを選んで生まれてきたんですよ」なんていわれたらすごく嬉しいかもしれないけど
父親から虐待を受けて育ってきたわたしに
「だけどあなたはそのお父さんを選んで産まれてきたんですよ」
なんていわれたら、やっぱり怒りがさく裂してしまうわなぁと思っていたんですよ。
(まぁ今でも若干思ってしまう節があるけどw)

なぜ「理不尽」なことでわたしが被害を被るのか
という因子(種)がわたしのなかに幼少時植え付けられていきました。
でも場合によっては過去世のときや家系のパターンとして因子が埋め込まれている場合もあるのです。

虐待を受けた子供側の立場としては、
「この親を自分で選ぶだなんてありえない!スピリチュアルなんて絶対ウソの世界だ!」
と否定していました。
そんなふうにスピリチュアルについて知るようになり、わたしの中では納得できないことや
眉唾モノ、胡散臭くて受け付けない世界でしかなかった。
スピリチュアルは少なくともわたしには現実逃避の場でしかないんではないか
そういう気持ちが強くあったんです。
しかし、実際わたしがサイキックな体験を繰り返したり、
お客さんのセッションを通じてみてきたものは
心や思考、肉体の行き着く先は、やっぱり「スピリチュアル」(目に見えない世界)だったんです。
カルマが本当に原因になっているケース、
バーストラウマが原因になっているケース、
インナーチャイルドが原因のケースなどありますが
中にはカルマだと思い込んでいたケースとか、
思い込みや認知のずれなんかもあったり、
無意識に現実逃避していることもあり
意識でなく自分の本当気持ちをごまかすケースもあります。
思い違いなどで自分の気持ちをゆがめていたケースなどは
その人の本当の自分をいかにみつめられるかのセッションをしていく必要があるのです。

大人になり社会を経験すると、様々なことがわかってきます。
いや、わかろうとすることにより、社会へ適応させようとしていきます。
それはそれでよいんですが、
本当はどう感じていたのかもごまかすことがあったりします。

たとえば本当はさみしかったにしても、
いや、あのときは状況が仕方なかった、
さみしいなんていったら迷惑になる、
だからその気持ちを出すのはやめよう。
そしていつしかさみしさを自分にもわからないように麻痺させたりしてしまいます。

わたしも祖母が亡くなったとき、すぐに涙は出ませんでした。
わたしの中では介護しきった感がすごくある半面、
やはり肉親を失った深い悲しみもあったのですが
生きていくためには悲しみを感じないように前に進まなければならないと思ったからです。
おばあちゃんにはスピリットの世界ではいつでも会えるんだという気持ちもあった。
だけどこれまでお話ししたり、存在としてはっきり感じる祖母はもういない。
そういう悲しみはどこかスピリットの世界をわかったつもりになっていただけであって
肉体にあるわたしの心を置き去りにしてしまってきたなと後から感じたりしていました。
それが深い悲しみとなっていたことに自分と向き合うことで気づかされていったことでした。
喪失体験も人間の学びのひとつとしてあるのは
肉体という制限の中で生きているからだと思います。
グリーフケアをしっかりとしていく必要がありますね。

特にセッションの場では、
わかっているつもり、だったり、
いいこなわたし、は
はっきり言っていらないんです。
というか、理性や倫理的、社会的な思考が
セッションの邪魔をしてくるんだよね。

わたし自身、いいコでいたタイプだったし、いまもきっとそうだから
ああ、この思考邪魔だなあとよく思います。

だからセッションのときは、
変に思われたらどうしようというのはありませんから
等身大のあなたでいるのがわたしとしては一番望ましいですヽ(・∀・)ノ

一方、トラウマの場合は、そういうものとちょっとケースが違います。

これは非常に繊細な問題ですから
慎重に扱わなければなりません。

一番よいのはトラウマとして潜在意識の奥に押し込める前にケアをすることですが
なかなかそうもいきません。

トラウマには段階があるように考えています。
なにかがおきたときにケア、処置をしておけば
後々扱いが楽です。
ケアをしなかったり、仕方がわからないまま時間がたつと
人間の心は、というか脳は、
いまを生きるために、なんとかして記憶の彼方に追いやってしまおうとします。
これは生きていくためにそういう心の防衛システムになっているので仕方がないのです。
シャドウと向き合う時期を待つのです。

わたしは小さい頃のトラウマからの解離性障害に悩んだ時期がありました。
小さい頃のトラウマを忘れていたというか、小さい頃にあったすべてを思い出せなくなった時期がありました。
やがてヒーリングを知り、行うと、徐々に小さい頃の記憶が片鱗として見せ始めました。
ヒーリングによりわたしは静かにトラウマを消すことはできましたが
インナーチャイルドに向き合うという概念はまだなかった時期のため
後からそれを癒していきました。
インナーチャイルドに向き合いつつのヒーリングがトラウマにはおすすめかな。

トラウマである傷が、まだ潜在意識に押しやって間もないようなとき
生々しい傷は、みないほうがよいとわたしは感じています。
傷にかさぶたができて、それをとってもよいくらいにならなければ
セッションで扱うのはやめています。

体もそうであるように、心にも受容体、レセプターがあるというイメージです。
日常を生きていて、なにかのサインがトリガーになって、レセプターが反応し、心が痛む。
そのアンカリングについて、紐解くように見つけていくのがカウンセリング部分で、
お客さんの気づきは受容体の痛みのスイッチをオフにするものです。
それを促進したり、早く痛みが消えるようにサポートしてくれるのがヒーリングだと理解しています。

トラウマについてイメージしたとき、それにダウジングが反応した場合、
そろそろそのテーマに取り組んでも平気だよ、と教えてくれています。
それまでは防衛することで心の安全装置が働いていました。
この安全装置がいわゆる、かさぶたです。
安全装置はなくても大丈夫だよ、とオーケーがでたときが
もう手放してもよいんだよ、のサインなのです。
そのサインが出たら、そのテーマに取り組んでもよい時期だとダウジングでは判断しているようです。
だから、その段階になったら、むしろ、きちんと伝えていただいたほうが
より解決しやすくなり、テーマを乗り越えて前に進む勇気に変えていけるというわけです。

そのあたり、わたしはセッションを通じてようやくわかってきました。

かさぶたを無理やりはがしても悪化するケースもあります。
心のかさぶたは心の安全装置ですからね。
だけどかさぶたのところがかゆくなると
もう大丈夫かな、傷が治るときかなというサインですよね。
これが苦痛を手放していける時期のサインなのです。

しかしトラウマはかさぶたと違う点があります。
かさぶたは、かゆくなりとれたら自然と新たな皮膚組織があらわれますが、これは自然治癒力がなせる技ですね。
トラウマの場合は、潜在意識においやってしまうと、
傷を見ないことにより、もう治ったものとしてみなしてしまうところがあるように思えます。
つまり、傷を抱えてはいても見ないふりをしながら生命体としては生きていけるのです。
すると、解決しなくてもよいか~、思い出すのは嫌だし、、となります。

潜在意識は生命を維持するための機能がたくさんあります。
最たる例は自律神経です。
意識しなくても脳から指令が出て、きちんと心臓は動きます、意識しなくても脈をうちます。
そんなふうに身体の組織や細胞は、顕在意識からのものではありません。
生命の不思議さ、偉大さは、潜在意識のすごさなのね。
脳や神経、細胞、すべてがエネルギーとして機能し、動いている。
そんなミクロの世界も、宇宙の世界もすべてがエネルギーなのです。

だけど、目に見えない心にフォーカスしていくと、どうでしょう?
トラウマは感情エネルギーです。
エネルギーは常に動いて変化をしています。

トラウマは、動いていないエネルギーなのです。
トラウマは「動けないエネルギー」なのです。
動けないエネルギーは淀みや歪みとなります。
すっきりするためには、解放して、浄化をし、
ちゃんと動かし前にすすませてあげる必要が出てくるんですね。
そのまま心の奥に追いやったままにしておくと、確かに生きてはいけますが、
同じような辛いパターンを引き寄せたり、色々な形をもたらし、
経験させて感情をもって気づかせ、解放させるように何度も解放するまで同じようなことがおきたりします。
それは魂が望むレベルのことです。

魂は経験により気づかせたいのです。
魂は経験をし、学びたいのです。
しかし、ハイヤーセルフは、心に幸せになってほしいと願っています。
さらに上の存在になると、すべての幸せを願っています。

こういうスピリチュアルな世界のシステムを以前は理解していなかったので
トラウマは言わないでもよい、
言ったら辛くなるのでは?と思っていたけど
言わないことで解放できずになんかすっきりしないということがおきやすいのだという理解になりました。

これが、いわゆる、時期がきたら、ということでもあるのかな。

ダウジングでは、トラウマを解消するタイミングを、お客さんのハイヤーや、その上の存在、心にきいていきます。

だからまだ扱えない段階であれば扱いません。
でも、扱える段階であれば反応しますし、
サインとして日常の何かに現れたりすることもあります。
日常の何かの心のゆらぎやストレスが
トラウマに繋がっていくこともあります。
そんなふうに、滞ったエネルギーは、日常にストレスの形をとり出ることもよくあることです。

自分にある問題や影の部分を見るのは時につらく苦しみを伴います。
でも、自分と向き合う勇気は、あなたの中の強さでもあります。
勇気がなければ、自分と向き合おうとはなかなか思えません。
自分を大切にしたいという、本当のあなたが、
もっと幸せになって、いいんだよ
と許しを求めているのかもしれませんね。
また、変わりたくても、変わるのが怖いとすら怯えてしまうことだってあります。
そんなときは、優しく変わっていくために自分のペースで変容を促すことをしていきます。

自分の真実に向き合い、本気で自分の人生を生きたいと思ったときには
是非セッションにいらして下さいね。

あなたに寄り添うセッションで、
あなたが今よりもっと幸せになるためのサポートを
全力でさせてください。

お待ちいたしております。


最後までご覧いただきありがとうございます。