花魔女★れいあ

花魔女★れいあ

-


はい、れいあです。
今回の旅は、いつものルイガンズに行ったのですが、
3月に行った時と違い様々な気づきが帰ってからありました。
写真がかなり多くありますので、お時間の余裕があるときにでもご覧いただければ嬉しいです。

わたしはルイガンズの建築デザインやインテリア、色使いから流れている音、
そしてなんといってもスパなど、すべてがすばらしくデザインされているところが大好きなんです。

ルイガンズはルイス・バラガンというメキシコの近代建築家がいるのですが、バラガンへのオマージュとして設計されたそう。
そしてそのデザイン、色使いなど、私の好みそのものなのです。
ルイス・バラガンは

「庭はそれ自体に宇宙を持つ」

というふうに主張していたのだそうな。

鮮やかでいてほっとする暖かさのある色彩だったり、
そこで奏でている音楽、
おいしい食べ物や飲み物、
SPAの美しい香り、
そして素晴らしいトリートメント。
わたしにとって国内で五感をリセットし、刺激する場所は
福岡のレン君とルイガンスなんだなって改めて思いました。

今回気づいたのは、
わたしはクラブ音楽などがすごく好きなのですが、音楽のリゾート地でもあるスペインのイビザ島のイメージが
ルイガンズでたまたま流れていた音楽により思い出されたんです。
サンセットラウンジ・カフェ・デル・マーの雰囲気とは違うのですが
わたしにとってのチルアウト空間。
イビザにずっと行きたかった気持ちが思い出されました。

毎回何かしらインスパイアされて帰ってきています。

そんな今回の旅の記録になります。



2017.05.23 630AM 羽田空港。
保安検査を終えて、軽くお蕎麦を食べたら
725AMの福岡行きに乗ります。


うっすら福岡が見えてきた!


予定より15分早く福岡へ。
早めについたのでバスで大牟田へ。922AM

いざ大牟田の地へ(高速バスの中より)


観光プラザでは夏の大蛇山まつりのポスターが貼ってありました。


1115AM 大牟田市動物園着。園内掲示板、動物人気投票があり、レッサーパンダは5位。
昨年の3位より少し落ちたらしい。


レッサーパンダの写真はレン君が使われ、
な、な、なんと!わたしのコメントがポスターに。
「レンは日本一のイケメンレッサーパンダ王子様です」
って、これ、わたしのが掲載されたよー!


多分レン?なんかの写真の自販機のとなりはアンパンマン自販機が。


さて!お待たせしました。レッサーパンダのレン君です。


いまはカメラでの動画がメインになったので、ブログ投稿用のレン君があまりなくて。。この日はこの2枚以外みんな動画です。


飼育員さんがいらしたので、レン君情報たくさんいただきました。

わたし、そうやって知らない人に話しかけるの苦手でした。
ありがとうとかはいえるけど、
なにかを聞くなんて、道に迷うとか困ったときだけ。
さりげなくレン君についてそこにいる飼育員さんに聞きたくても、話せないでいました。
でも、なんか自然に聞いてるわたしがいて、なんか驚き。

まいちゃんは来月から産箱に入るというから、
レン君ベイビーが産まれるとよいんだけど。
交尾は確認しているので、なんとか命中?(笑)してくれていたらいいなあ。

二人ともすごく離れてるというか、
レン君は女のコの扱いが苦手というか、
コミュ障ぎみなイメージなんだけど、
前のソラちゃんのとき、年上すぎて
かなりやられてたと飼育員さんは話してました。
いまはまいちゃんにやられてるという感じ、、、
まいちゃんが「わたし今日はいいわよ♪」ってときに積極的にきてるらしいけど、
レン君の気分?とのタイミングがあわないかんじ。
もっとオトコらしくしっかりして、レン君!
早く美少年レン君の子供がみたいのよ、みんな!
覚めた夫婦生活を送るレン君とまいちゃんでした。

大牟田ラーメン発祥の地、東洋軒さん。


はじめて大牟田を訪れた2015年6月。
動物園前に東洋軒さんに行こうと道を間違え、おまけに自転車で転び、
東洋軒さんに行けないどころか、動物園にようやっと這って行ったのでした。。
あれから2年近く、大牟田をはじめとして福岡にはかなり詳しくなりました。


メニューとしては、、こんな感じ


ラーメンへのこだわりが書かれてました


わたしは、もやしラーメンに煮卵追加しました。

ぎょうざは、多分豚骨スープが入ってるかなというかんじで濃厚な餡です。
おいしかった。
ラーメンの麺は博多ラーメンに比べたら太いかな。
わたしは博多ラーメンは、においがだめなときが多いのね。
だけど大牟田ラーメンは臭みがなくて、だけど濃厚でおいしかった。
久留米ラーメンみたいなかんじかな。
熊本に近いから、熊本のラーメンに近いのかも。

JR大牟田駅


141PM 門司港行きの列車で博多へと向かいます


途中のせたかの駅を電車より。
卑弥呼の里と書いてあったので、つい食いついて見てしまった


250PM 博多に着いた!
ルイガンズのシャトルバスは筑紫口。
筑紫口は新幹線の乗り場に近いところ。


明日雨が午前中降るとスマホで調べて見たので
ヨドバシカメラ4階にCan Doが入ってるみたいなのでヨドバシへ。

315PM 博多発ルイガンズ行きシャトルバスでルイガンズへ。



チェックインをしたら、今回予約特典が選べて、
スパの割引券2枚と、ウェルカムドリンクをいただきました。


ウェルカムドリンクは特製カクテルです(はあと)


部屋に荷物を置く前にデザート食べました。
レモンタルトです。
かわいくチョコレートで
Welcome to the Luigans


前に行ったのは3月2日でした。
このLounge on the waterっていうカフェラウンジでわたしは毎回お茶したり夕食食べるのですが、
前回行ったとき
「まだお酒の時間じゃないから、お酒飲めないですよねえ、、」
と尋ねた店員さんが、これまたかなりかわいい男の子で、一瞬にして緊張してうまく伝えられなくなってしまったんだけど、
ニッコリ笑って
「カクテルメニューお持ちいたしますね」
ってかんじで、お酒飲んだのね。
たくさん店員さんがいる中、その男の子が今回も担当で、わたしは、
「あっ!」
と思って緊張して、目をあわせないようにしたんだけど、
「わりと最近こちらにこられましたよね!」
といわれ、ガーン、、、覚えられてた、やっぱり、、、
早い時間でカクテルタイムじゃないけど、
ウェルカムドリンクにカクテルをオーダーしてしまったから記憶が蘇ってしまいました。
カクテルの人とかいう、ニックネームがついていたら恥ずかしい、、、
でもこれがよかったんですね、多分。

荷物を置いてしばらくしたら、夕食食べに来ますと伝えました。

Lounge on the water エレベーター前から


ルイガンズのエレベーターの中はこんなです。



スパフロアに到着。



お部屋は、、


洗顔などこの奥はバスルーム。


わたしが毎回宿泊するのはSPAフロア。
このフロアからspaまでバスローブ一枚で移動してすぐに帰れば眠れます。
SPAフロアの客室はアメニティがすごい。

フランスの有名SPA化粧品であるSothysがおいてある。
これは「ソティス」というのですが、美の女神であるヴィーナス。
そのヴィーナスに嫉妬されたソティスが夜空から消されてしまったそうです。
そんな美の象徴でもあるソティスを復活を願い名前をSothysにしたのだそうだ。
そんなソティスと
omnisens(オムニサンス)のソープ、バスソルトがおいてあります。
手荒れケア用の手袋もハンドクリームつきであります。
なんというか本当いたれりつくせりです。

待合室のソファからレセプションを望む。


Lounge on the waterを横から。


今回はじめて外のウッドデッキに出ました。






こちらはルイガンズのエントランス


Lounge on the water再び。


夕食は、もう、旅行前から
マッサマンカレーを食べると決めていました。
以前1月に訪れたとき、朝食バイキングにマッサマンカレーがあり、食べたら
めちゃくちゃうまい!
夕食にゆっくり食べたいと思い、オーダーしました。
ルイガンズのマッサマンカレー最高!
ほかでも食べたけど、このクオリティのものはなかなか食べられません。

しかし、なかなかでてこなかったので、そんなとき、先程の男の子の店員さんがきて、
遅くなるから、フランスパンと、ブイヤベースのスープを少しいかがですかと
持ってきていただいた。

フランスパンとオリーブオイル


魚介類のスープというか、だしでとったものみたい。めっちゃうまい!


トニックウォーターを飲みました。


満を持してマッサマンカレー登場。

玉ねぎもおいしいし、カリカリに焼いたチキン。
カシューナッツ、、、
絶妙な味のバランスなんです。


そしてスパの予約の時間が近くなり、部屋に支払いをつけてもらい、部屋に戻りました。

7PM スパサロン入り口。


スパではまずカウンセリングのあと、お風呂とサウナに入ります。

カウンセリングのときにハーブコーディアルが出されますが
お花はすべて生花。


ホテルに専門のお花屋さんがあり、
レストランでのお花などはこちらのものらしい。

こちらはロッカーにあるお水。
レモンとミントはホテルにあるガーデンから。


スパは貸し切り状態で、そこそこ大きなお風呂に入れます。


シャワールーム。

こちらのシャンプー(ヘアクレンジング)とコンディショナー、ボディウォッシュは
タイのSPAで有名なPanpuriを使用。
Panpuriは結構イランイランやジャスミンなど強めの香りが多いので好みが分かれますが
今回1階のショップでヘアクレンザーとコンディショナーを買って帰りました。
それがこちら


ミストサウナ


今年の4月からメニューが変わりフランスのYONKAというブランドのものになりました。
香りはとても好きです。
3月までのトリートメントとストロークが全く異なり、背骨をほぐすようなかんじです。
90分22500円で、これまでよりぐっと高くなり、今後どうするか今回で決めるつもりでしたが
わたしにはアロマとの相性もよく、ストロークが好みでした。
確かにこれにホテル代、飛行機運賃など含めたらトリートメントを受けるのをやめることもできます。
確かに贅沢ではありますが、フェイシャルの学びにも、わたしのリラクゼーションにもなっているので
また行きたいです。
贅沢なトリートメントを受ける価値のある人間なんだっていう気持ちにもなりますからね。
自己価値を育てていく一貫にもなっているかんじよ。

トリートメント後のお楽しみのデザートです。

ハーブコーディアルのゼリーと豆乳クッキー
ハーブティ。






雰囲気あるシェルフ。




0940PM 部屋に戻りました。部屋からの夜景。


0640AM 起床。部屋からの風景



0730AM シャトルバスで博多へ。
0830AM 西鉄福岡 天神駅。



再び大牟田へ。
動物園では夏にかけて色々なイベントが開催されます。


こちらは毎月行われているレッサーパンダのワンポイントガイド。
ポスターはもちろん?レン君です。


レッサーパンダ舎前には大きな木があります。


やはりメインは動画なんだけど
レン君オートフィーダーでお食事中の写真。



こちらは動画より切り取ったもの。画質悪いですが・・
0nm6r5NtGs6G0tN1495723245_1495723294.png
np_3pFTfAEBp2hz1495723186_1495723223.png
SLuHnkaRuXGCHuG1495723332_1495723375.png

そしてレン君は寝室に戻ったり、東屋の上で寝ていたり、
あまり会えなかった。。。

動物だから仕方ないけど、これまでは、
「レン君、もうすぐ帰るね!」
と思うと
レン君が出てきたり、こちらをむいたりしていたけど
今回魔法が使えなかったよ、悲しい。。
「また来月来るね!」
といって動物園を後にしました。

高速バスの待ち時間、観光プラザへ。




大牟田よ、さようなら!また来月ね!


まだ行ったことがない、大牟田名物の高専ダゴ。


新幹線の通る、新大牟田駅も通ります。


0305PM 福岡空港。


わたしは因幡うどんで食べました。


福岡のソウルフードはゴボ天うどん。
だけどゴボ天の気分でなかったため
鶏うどんにしました。

食べてみたら、チャーシュー煮卵みたいで、濃厚スープ。
ラーメンでなくてうどんなんだけどね、とてもおいしかったよ。

保安検査を受け、搭乗口へ。
工事がようやく終わり、新しくなっていく福岡空港。

そんな中、ジェラート屋さんを発見!



わたしは大好物のピスタチオのジェラートを食べました。
あとティラミスのジェラート。


VITO
http://vitojapan.jp/shop/
福岡空港店は保安検査後、50番搭乗ゲートの横にあります。

見てみたらうちの近く(横浜市都筑区)にもあったのね。。

寄り道しつつ、搭乗口につきました。


0450PM 福岡空港発羽田行き。また来るね、福岡に。


0635PM 羽田空港着


0710PM たまプラーザ行きバスで帰りました。


レン君がこの春、大牟田市動物園の缶バッジとして登場しました!

やっぱレン君は、めちゃくちゃかわええなあ(*´ω`*)

馬もだけど、動物って本当に魂全開で生きてますよね。
瞳がきれいなんだよ、動物って。

動物園は、子供だけの場所じゃないよ。
種の保存とか、動物園としての役割がある。
そんなわけで、来月、また久々に大牟田市動物園に寄付しに行くつもりだよ。

たくさんの動物が幸せになりますように。

わたしはいつも、人間の幸せに携わる仕事をしてるけど、
動物も、植物も、
地球そのものも!
みんなバランスを保って、よりよい未来がきてほしい。

すべての存在が、常に愛に包まれて生きられますように。


最後までご覧いただきありがとうございました!
Posted by