in 競馬

第77回 桜花賞(G1) 予想

-- COMMENT
はい、れいあです。

先週はヒマラヤのワークショップの感想もあったので
せっかく大阪杯がG1格上げになったのにもかかわらず競馬予想ができずにおりました。

で、今回桜花賞は、前々日ではありますが
土日はやはり講習に参加するため、土曜日の前日予想は無理だと判断し、
本日ざっくり予想をしてみようかと思います。

実は以前ダウジングで競馬予想をしていたこともありました。
それはいまのようにペンデュラムがうまくまわせなかった時期、
競馬場へ赴いてはパドックでダウジングをして
どの子が来るのかを予想していました。

その後、ブログで予想記事を書くようになったのですが
ダウジングがうまく使えるようになって以来

ダウジングを使って賭け事の予想と地震予想はしちゃダメということをいわれました。
どうやらわたしのハイヤーセルフはすごくそういうのを嫌うみたいなんです。
ハイヤーにつながれるようになってみてはじめて「ダメ」っていわれたわけですけどね。。
で、前回オーリングを使って予想したら、かすりもしないくらいにダメダメでした(苦笑)

もともとオーリングは苦手ってのもありますが
なんといってもやっぱりこういうのに使うなってことなんでしょうかw

結局一番近かったのは左脳的な判断でした。
データを見つめて判断しまくった結果のほうがよかったのかしら・・・

いま東京では桜が満開ですね。
お店の前の桜の樹も、きれいでしたが風が強かったので週末で見納めかな。

わたしは次にお店に行くのは水曜日なので
次に行く頃には散ってきてるでしょうなぁ。。

さて、そんな桜舞い散る時期ですが
今回のG1レースの名前にふさわしい時期でもあります。
桜花賞。
来週のG1レースは皐月賞で、皐月って5月感がハンパないので
この時期にぴったりだなってかんじの名前でもあります。

競走馬は2歳の6月くらいから新馬戦で走り始めます。
そこで勝ち、負けた子は未勝利戦にて再度チャレンジをしていくのですね。
レースは基本的に賞金別になっていて
新馬戦で勝つと、次は「500万以下」それに勝つと次はオープン戦に出るようになります。
そして2歳限定重賞レースに出走し、
その子のデビューがいつかにもよりますが、
12月の終わりに牝馬は阪神ジュベナイルフィリーズ(JF)という2歳牝馬のG1レースに出走します。

秋競馬はいったん有馬記念で終了するのですが、
2歳、明け3歳になり、最初の3歳牝馬のG1レースに該当するのがこの桜花賞。
来週の皐月賞は3歳牡馬のレースになります。

競馬のレースは、やはり馬はアスリートなので、
「どれくらいの間隔でどのレースに出走するのか」
というプランはすごく重要になってくるのです。
それはその馬の能力の見極めもあるし、どれくらい稼ぐかによって
ある意味その馬の将来も決まってしまうことになるわけなので
回避するかどうかは馬の成長具合なんかをみたりして決めていくのです。

つまり12月のジュベナイルに出たあと、次のG1としてどのレースを選ぶのか。
馬が早熟なタイプもあるし、普通、晩成・・・とありますから
そのあたりもレースでどの子がくるのかを見るポイントです。

とにかくずっといろいろ走っている子はデータが多い一方
データが少ない子もいるのが3歳の春のG1でもあります。

わたしは今回データはさっくり見つつ、お馬さんの写真をはっていきますね。
でも直近の写真とは限らないので念のため。

18頭立てですが1頭出走取消となっている子(3番のサロニカちゃん)がいますので17頭写真をはっていきます。

桜花賞(阪神競馬場 1600m(芝・外) (牝) 3歳オープン)
1番 ミスエルテ(川田騎手)
1miselte.jpg
前走は12月の朝日杯(朝日フューチュリティ)です。
先ほど書いたジュベナイルは牝馬限定ですが朝日杯は2歳という枠で牡馬も走ります。
朝日杯では18頭立てで16頭が牡馬。
そんな中で4着になっています。
不安材料はそれ以来今年初めてのレースであることですね。
桜花賞は阪神競馬場ですが阪神での出走経験が2回あります。
現在2番人気です。

2番 ライジングリーズン(丸田騎手)
2risingreason.jpg
阪神は初めて。
G3までの出走経験はあります。
今年に入って2回オープン戦、G3では勝ています。
9番人気。

4番 ジューヌエコール(北村騎手)
4juneechole.jpg
昨年2走は勝っていたのですがここ2戦最高4着まで。
ひとつはG1で前走がG2で4着。
気になるのは毎回乗り替わりがあるところ。
前走ともに北村騎手なので、主戦騎手がそろそろ決まってくるといいですね。
ちなみに父親はクロフネになります。

5番 ベルカプリ(藤岡佑介騎手)
5bellcapri.jpg
結構走ってはいますが、成績がちょっとおぼつかないかな・・
主戦騎手は池添騎手?
藤岡佑介騎手の弟の藤岡康太騎手が一度乗っていますが
お兄ちゃんのほうは初めてですね。
どこまでいけるでしょうか。。

6番 リスグラシュー(武豊騎手)
6risgrashue.jpg
この子の写真を見て「うぉ~かわぇぇ子やなぁ~!」ってなったのですが
データを見ていくと・・・
はじめ乗っていたのは中谷雄太騎手。
重賞になってから武豊騎手が2回、戸崎騎手が1回乗っています。
ハーツクライ産駒。
先日武幸四郎騎手が引退し、調教師を目指しましたが
先週の大阪杯ではキタサンブラックで武豊騎手が勝ってるんだよね。
ということは、連続してG1は勝たないだろうということを考えると
今回は来ないのかしら・・・という理由で◎ではなくなるかんじ。

7番 ショーウェイ(松若騎手)
7showay.jpg
わたしがここで書くのは松若騎手。
1995年生まれなのでまだまだ経験が浅い。
平地初騎乗日が2014年03月01日なのでまだ3年目。
勝ち鞍を見ていくと
重賞は昨年のG3のきさらぎ賞。
G1の出走経験は昨年の秋華賞から5走目なので、
これからが楽しみですね。
音無厩舎所属。

8番 カラクレナイ(田辺騎手)
8karakurenai.jpg
新馬戦は4着だったものの、それ以来勝ち続けています。
不安材料は2つ。
これまでデムーロが乗っていたこと。川田騎手が1回あるけど。
あと1600mが初めての距離であること。
現在3番人気ですがどうでるでしょうか。

9番 ゴールドケープ(丸山騎手)
9goldcape.jpg
阪神の経験は前走フィリーズレビューがあり、1600の経験もある。
騎手もここ3戦丸山元気騎手なんだけど、ちょっと決め手に欠けるんだよね。。

10番 レーヌミノル(池添騎手)
10raneminoru.jpg
新馬戦からずっと人気の子。
ちなみに「~ミノル」という冠名は日高のフジワラファームさんとこなんですけどね。
スエルテミノル
アラートミノル
スピリッツミノル
エクセレントミノル
サンデーミノル
カマラードミノル
・・・・
とたくさんいる中のミノルさん。
ちなみにわたしはスピリッツミノル(5歳)を応援していますw
で、これまで浜中君が乗っていたのですが、池添騎手になってしまい
レーヌミノルを応援したかったのだけどどうしよう・・・(やめとくかな)

11番 アロンザモナ(幸騎手)
11alonesamona.jpg
1回だけ小牧騎手が鞍上してますがほぼ幸騎手ですね。
武豊TV(という競馬番組)なんかでは幸騎手がアマチュアでゴルフの選手権で優勝していることをよくネタにされておりますw
幸騎手はレース前日から調整ルームというところに缶詰になって外部との情報をシャットダウンされるのですが
調整のためにゴルフをしてからくるそうです。
関係ないんですが「モナ」といえば昔「山本モナ」さんがいらっしゃいましたよね。
2008年の有馬記念のことなんですが
1着 ダイワスカーレット(安藤 元騎手)
2着 アドマイヤモナーク(川田騎手)
という馬券を昔あてたことがありましてね、
当時はその時の馬券を「山本モナ馬券」と呼んだものでした。
で、えーっと。がんばってね^^

12番 アエロリット(横山騎手)
12aerorit.jpg
芦毛の馬体のアエロリットちゃん。
ずっと横山典弘騎手が乗っております。
でも、、新馬戦以来2着が続いております。
これまでG3までの挑戦なので、ちょっと格が上の子たちと走るのでどうなるか微妙ではあります。。
5着以内に入ってくれればいいなぁ。

13番 ヴゼットジョリー(福永騎手)
13visetjolly.jpg
阪神JFでは5着の子。
牝馬を知り尽くした福永君?が、どこまで引き出してくれるでしょうか。
ちょっと気になっております。

14番 ソウルスターリング(ルメール騎手)
14soulstarring.jpg
はい、きました~!
きましたよ~!本日のメインの子が。
一番人気です。
まぁ、名前聞いて「ソウルスター」(チャクラ)
とかいったら
もうこの子だろッ!って思っていたんですが
一番人気で~す(どやさぁ~!)
ってなってると、それもまたつまらんなとw

ちなみにソウルスターチャクラは第7チャクラ(クラウンチャクラ、頭頂部)の上にあるチャクラで
人生の青写真的な、企画書についてのチャクラです。
受胎をし、おなかで育ちますが、赤ちゃんのときはまだ第1チャクラしかありません。
チャクラは成長に応じて育っていきます。
、、みたいな話はまたいつかねw

このコは阪神JF(G1)で勝ってるの。
そりゃぁ注目度ナンバーワンですわ。
ルメールだし、勝っちゃう?買っちゃう?(買わないけどw)
この子、これまで無敗なんですよ(どやさぁ~!)
藤沢厩舎。
どこまでいけるか。
女の子ばっかりなので、馬券買う立場なら軸にしてるだろうなという逸材なのは確かなのよね。
やっぱり◎にしちゃいますか。

15番 アドマイヤミヤビ(デムーロ騎手)
15admiremiyabi.jpg
さきほどちょろっとアドマイヤモナークのお話しを挟みましたが
この「アドマイヤ」という冠名は近藤利一 さんの所有馬。
古くはアドマイヤグルーヴやアドマイヤマックス。
中にはアドマイヤノブナガなんて名前の子もおりました。
先ほどのアドマイヤモナークの話しが急に浮かんできたということは
もしかしたら上位に来るかも~
現在4番人気。ありえるかも~
てなわけで○あたりつけときますか?

16番 ミスパンテール(四位騎手)
16misbantele.jpg
ダイワメジャー産駒。
新馬戦で昨年7月にデビュー。
その後3月のチューリップ賞という2走。
ちょっとなー経験が足りないかなぁ、G1のメンバーではむつかしいのでは。。。

17番 ディアドラ(岩田騎手)
17diadra.jpg
はい、われらが岩田君です。
ていうか我らといってもほかにいないんですけどね・・・
でも「わたしの岩田君」っていっちゃうと、ちょっとアレなんでやめておこうかなと(遠慮)
そんな岩田君、前回高松宮記念ではレッツゴードンキで2着。
でもこのしばらく、上位の成績をなかなかG1で残せていないのよね。
残念。
フリーでやっているので、やはり成績残さないことには騎乗依頼がこないのです。
いい馬に乗るにはとにかく大舞台で勝ってアピールをしないといけないわけなんですよね。
彼の騎乗方法は多くの物議を呼びました。
ファンレターも岩田君には送りましたよ、ええw
がんばってほしいな、岩田君。
いい馬に巡り合えるといいね。
ディアドラちゃんにも頑張って走ってほしい。。。。

18番 カワキタエンカ(和田騎手)
18kawakitaenka.jpg
ディープインパクト産駒。
これまでG3までは挑戦してるんだけど最高で賞金500万以下のレースでの勝利なんだよね。
それも思うと大外枠ってこともあって、ちょっとなぁというかんじかな。

さて、まとめていきますね。

◎ ヴゼットジョリー
○ アドマイヤミヤビ
▲ ソウルスターリング
△ リスグラシュー
☆ レーヌミノル
☆ カラクレナイ

こんなかんじにしてみました。
どーでしょう??


ちなみに、気になる馬をあみだくじしてみたらこの着順でしたw

1 ミスエルテ
14 ソウルスターリング
13 ヴゼットジョリー
15 アドマイヤミヤビ
10 レーヌミノル


☆結果☆

1着 レーヌミノル
2着 リスグラシュー
3着 ソウルスターリング
4着 カラクレナイ
5着 アエロリット

  • Share