in ハーブティ

ショティマーティー~チャクラと5エレメントのハーブティ

-- COMMENT
はい、れいあです。

以前1月にハーブティのご紹介の記事を書きました。

ゾネントア 守護天使のお茶 月の満ち欠けのお茶
http://funkysista.blog88.fc2.com/blog-entry-3791.html

このときお店の紹介もしたのですが
この20日あまりの間でいらしたお客様のうち
4名のお客様が

「自由が丘に買いに行きましたよ!」

とのご報告をセッションの際に受けました。

すごい!

20日間にいらしたお客さんのうち4名もの方が!

ということで、
結構みなさんハーブティが好きな方が多いことがわかってきたので
紅茶はわたしが好きなので引き続き出すけれど
ハーブティをもっとセッションのときにお選びできるようにと思いました。

昨年末にお客さんからとあるハーブティを紹介され、おためしにいただきました。


そしてセッションにそのメーカーさんのを出すのもよいかも?と思い
今年に入ってすぐにネットで購入したんですが
来るのに1か月近く待たされました。。。

それはチャクラのお茶です。
以前チャクラのお茶はスタッシュ・チャナカラを飲んでいましたが
ちょっと香料がきつくかんじるようになって買わなくなったら
いつのまにかスタッシュでは取り扱わなくなっていたみたい。

チャクラのお茶はわたしが買ったところ(○快ドラッグ)では3週間以上待たされましたが
以下のリンク先は自然食品を扱うところなので大丈夫だと思います。
で、すでにお店にあるものは、これ。


Joyful Silence ~Ether~静寂を感じて
これは5エレメンツの「空」のお茶になります。
「静寂ーあらゆるものを包み込み、すべてはそこから生まれます。
特には静寂に耳を傾けて、静寂の豊かさを楽しみましょう。」

Emotional Detox Water 心を自由に

これは「水」のエレメントハーブティ。
「水のように湧き上がり、流れ行く感情。
大切なのは、時には流したり、流されたりすることで、感情のバランスをとること」

上記は5エレメントなのですが、チャクラと5エレメントのほかに
「サンディアル」シリーズがあります。
これは1日の(太陽の)リズムにより飲んでいくお茶です。

「アーユルヴェーダでは太陽の存在はとても重要視されていて、
まず日の出前、96分から日の出までの間に目覚めることが推奨されています。
機敏な性質のヴァータの時間帯(日の出前)に起きることで、静かでバランスのとれたエネルギーに満たされ、軽く動的なヴァータのエネルギーとともに一日を過ごすことができます。
そして太陽が沈むころカパの時間帯となり、身体は休息へ向かい、ゆったりとしていくのです。
毎日をバランスの良い状態で過ごすためにぴったりな、アーユルヴェーダブレンド・5種類のハーブ&スパイスティーが Sundial なのです。」

Rise 毎日生まれ変わる

(レモン、アップル&ジンジャー)さわやかな目覚めのお茶です。

Unwind 寛ぎのひととき

(バニラチャイ)深いねむりのために。



ショティマーティーをセッションのときにお客さんに紹介したら興味を持たれたお客様が
これもまた買ってくださったというふうにおききして、なんかうれしかったです。

では、お待たせいたしました。
チャクラのお茶を紹介しますね。

ショティマーティーは、もともと発祥がヨーギ(ヨガをする人)のためのものであり、健康にとって最適なレシピで設計されたものです。
ヨーガとは、実は人間の行動全体をも含むものであり、ヨーギにとって最適なレシピというのは、すべての人にとっても最適であると解釈することができます。
そして、このヨーギをする人たちが、とても大切にしていたのがチャクラの活性化です。

Shoti Maaはオランダ語で小さなお母さん(Little Mother)という意味。
ショティマーティーシリーズは“エネルギーの中心”である 7つのチャクラをもとに作られ、またそれぞれのチャクラを 刺激するお茶となっています。
そのため、“Little Mother”と名付けました。

自らと対話し、自らを解放することによって、すべてのものとつながる・・・ ヒンドゥーの神々の優しい微笑みが印象的なショティマーティー。
7種類あるショティマーティーは、それぞれがとても特徴的。
「一番おいしいと感じるものが、いまの自分が欲しているものなのかしら」なんて、味わいだけにとどまらないショティマーティーならではの楽しみ方も広がっています。


I Am ~アイ・アム~

[対応チャクラとキーワード]
第1チャクラ(ルートチャクラ):やる気、生きる意志、リーダーシップ
[パッケージに描かれているヒンドゥーの神さまの豆知識]
~Ganesha ガネーシャ~
シヴァ神の息子とされる神様です。
富を司る現世利益の神様として、インド料理やインド雑貨のお店の店先にお祀りされているのを見かけることも珍しくありません。
象の頭に太鼓腹、黄の肌と四本の腕を持ち、よくネズミとともに描かれます。
日本では書籍やテレビドラマなどでも有名になりました。
商売繁盛だけでなく、学問の神様としての一面もあります。
インドに残る「マハーバーラタ」という叙事詩は、ガネーシャ神が書き上げたともいわれます。
ガネーシャ神は日本に伝わっては、歓喜天、聖天と呼ばれる、男女合一を表す神様として表されます。

In the Mood ~ムードに包まれて~

[対応チャクラとキーワード]
第2チャクラ(セイクラルチャクラ):冒険心、粘り強さ、不屈の精神
[パッケージに描かれているヒンドゥーの神さまの豆知識]
~Vishnu ヴィシュヌ~
シヴァ神と並ぶ上位の神様とされ、世界の維持という役割を担っています。
蛇の上で眠る姿で描かれることが多く、それは「この世はヴィシュヌ神の目が覚めるまでの夢に過ぎない」という話に基づいています。
またこの蛇は蛇王アナンタ(ナーガ)であり、この蛇があくびをすると地震が起こるともいわれます。
とにかくスケールの大きな神様です。
ヴィシュヌ神は他の神様とは違って、10の化身を持っています。
化身というのは、ヴィシュヌ神が人間を救済するために、人間の世界に生まれ変わった姿のことで、ヴィシュヌ神はその様々な化身の姿で人間と関わりをもち、そこからさまざまな物語が生まれ信仰を集めていきます。

Sanctify ~浄化のために~

[対応チャクラとキーワード]
第3チャクラ(ソーラープレクサスチャクラ):自分自身の価値、豊かな情感、他人を癒す力
[パッケージに描かれているヒンドゥーの神さまの豆知識]
~Hanuman ハヌマーン~
風の神ヴァーユから生まれたハヌマーンは猿の神様で、神通力をそなえ、身体の大きさを自在に変えたり、空を飛んだりすることができます。
インドの聖典「ラーマーヤナ」では、その怪力と無私の忠誠心によって、ビシュヌの化身のラーマを助けて大活躍する猿の戦士として描かれています。
そのことから信愛と献身のシンボルとしてインド全土で広く崇められています。
ハヌマーンはラーマ神にすべてを捧げて帰依したことから、帰依者のあるべき姿として讃えられる強い人気を誇る神様です。

Loving ~愛すること~

[対応チャクラとキーワード]
第4チャクラ(ハートチャクラ):慈愛、無条件の愛と癒し、心と体の調和
[パッケージに描かれているヒンドゥーの神さまの豆知識]
~Sita シータ~
ヴィシュヌ神の化身のひとつであるラーマの妻。
シータの父であるジャナカ王が、神様のお告げ通りに土を耕すと、大地から後光が差し、鋤(すき)の先から生まれたといわれています。
その名は「田のあぜ」または「鋤の先から生まれた」という意味を持ちます。
月にたとえられるほどの美貌の持ち主で、ヴィシュヌ神の化身のひとつであるラーマの妻となります。
しかし魔王ラーヴァナによりさらわれ、ラーマがラーヴァナを倒しシータを取り戻しますが、その間の不貞を疑われたシータは、貞潔の証を立てるために大地に訴え、女神ラグニーとともに地上を去りました。
その高潔さを表すかのように、その姿は、宝石の類を身につけない質素な身なりで、目を瞑った様でよく描かれます。
苦難を取り去り、吉兆をもたらす存在です。

Talk to Me ~わたしとの対話~

[対応チャクラとキーワード]
第5チャクラ(スロートチャクラ):自己表現、信じる心の強さ、積極性、判断力
[パッケージに描かれているヒンドゥーの神さまの豆知識]
~Krishna クリシュナ~
ヴィシュヌ神の化身のひとつですが、その活躍により神様として祀られるようになりました。
青い肌にクジャクの羽のついた冠を被り、額にはヴィシュヌを表すUの字が刻まれています。
手に笛を持ち、よく白牛とともに描かれます。
クリシュナは遊牧民ヤータヴァ族の族長ヴァースデーヴァの息子であり、インド中部の王国の支配者であった悪王カンサ王が、「ヴァースデーヴァの8番目の息子に殺される」と予言され、王はヴァースデーヴァの息子をすべて殺すように命じたのですが、クリシュナと兄のバララーマだけは、女神達によって逃がされたのです。
クリシュナは非常な怪力の持ち主で、さらにヴィシュヌ神の生まれ変わりとしての能力を活かし、成長とともに各地で活躍を重ねてゆきます。
またクリシュナは優れた美貌の持ち主でもあり、女性と関わる物語も数多く語られています。

Delighted ~歓喜~

[対応チャクラとキーワード]
第6チャクラ(ブラウチャクラ):ひらめき、洞察力、アィデア、創造性
第7チャクラ(クラウンチャクラ):叡智、新しい自分、深い気づき
[パッケージに描かれているヒンドゥーの神さまの豆知識]
~buddha ブッダ~
仏陀(ブッダ、梵:buddha)とは、仏ともいい、究極の悟りを開いた人を指します。
紀元前6~5世紀にシャカ族の王子ゴータマ ・シッダールタとして生まれました。
ある時に宮殿の外の世界を見たシッダールタは、現実世界の苦しみを見る事になります。そして、
なに不自由ない生活を捨て悟りを求めて出家します。
後に仏教の創始者となります。
菩提樹の下で悟りを開き、説いた教えとは、中道・縁起・四聖締・ハ正道の四つの真理から成り立ちこれらの修行を積む事によって煩悩をなくし、結果として苦を克服することができるとしています。
生涯をかけて人々を救済するため布教をしました。

Harmony ~ハーモニー~

[対応チャクラとキーワード]
すべてのチャクラ:バランス、調和、統合
[パッケージに描かれているヒンドゥーの神さまの豆知識]
~Lakshmi ラクシュミー~
ヴィシュヌ神の妻であり、美と富をもたらす神様です。
その名も「幸運と繁栄(特に王家に恵をもたらす)」という意味を持ちます。
ラクシュミーは、神様や悪魔達が不死の薬アムリタを作り出すために世界創造した海の泡から生まれた絶世の美女です。
インド版ヴィーナスともいえます。日本に伝わっては吉祥天となりました。
赤い蓮の花の上に立ち、背後に二匹の象とともに描かれることが多いようです。
この二匹の象が左右から水をかけている図像は「ガジャーラクシュミー」といわれ、大変めでたい絵柄です。
水は生命に欠かせないものであり、インドでは特に神聖視されます。

それでも“ショティマーティー・チョイス”に迷ったら・・・(ショティマーティー診断クイズ)
http://item.rakuten.co.jp/uzumasa/c/0000001697/

【7種セット】ショティマーティー(カード付) 16包×7種


こちらはアソートなので12包のすべてが違うのですが、7チャクラ+5エレメントの合計12種類です。
(サンディアルシリーズは別になります)

MagicBox

最後までご覧いただきありがとうございました。

ヒーリング

  • Share