花魔女★れいあ

花魔女★れいあ

-


はい、れいあです。

最近はいらっしゃらないけど、以前はしばしば、お金についてがテーマとなったこともありました。
先日いらしたお客様は、お支払いの時、お金に対して
「いってらっしゃ~~いっ♪」
といってお支払いされる方で、とても微笑ましく感じました。

「お金もそうやって喜んで出していったほうがいいって思うから」

とお客様がおっしゃられ、そのことについてお話しをしてました。

実はその日のセッションの数時間前のこと。
バスや電車に乗りながらぼーっとしてたときメッセージがきてたんですね。
それはまさしくお金についてだったんです。
「お金の問題があなたにはある」
と以前より何度かいわれていました。
「お金に対する意識のあり方」をいいたかったようなのですが
「お金の問題がある」と言われた段階でわたしはそれを恐怖にとらえてしまっていました。
(妙にシリアスなかんじで伝えてくるので・・・)
だからわたしは
「しゃべりかけないでください!」
といって聞く耳を持つのをやめていたんです。

この日、朝、お店に行く前に、いくつかの支払いを済ませてから向かおうと思っていました。
わたしは基本的にお金をあまり持ち歩きません。
だからそのお金を用意するかどうかで前日から悩んでいたのです(数千円ではあるんですがw)

私がお金を持ち歩かない理由は、あ、カードも持ち歩かないんですがw
小さいころから忘れ物や落とし物がすごく多い、いわゆるADHDなんです。
これにはすごく苦労させられましたし、今でも正直めんどくさいってよく思います。
お財布や携帯は何度となく落としたり忘れたりして警察に年中お世話になっていました。
だからICカードも必要以上にチャージしないしカードなんて持ち歩かない。
しかも銀行のキャッシュカードも持ち歩くことは用があるときだけです。
落としてばかりいるので5000円も持ち歩かないことがほとんど。
・・・というのがすっかり定着してきてからようやく落ち着きました。
つまりそれくらいすることで
ほしいものがあっても
「ないからあきらめよう」
っていうふうになることもあって
いまだにお金は必要最低限しか持ち歩かないのです。

だけどそれは介護してたとき、無職時代の私の中の決め事でした。
職に就いていなかった時代は時間にもお金の管理にもルーズでした。
お財布も、落としてもほとんどが何らかの形で戻ってくることが多く(戻らないこともあったけど・・)
「まあ、いっか」
でなんでも終わらせてたんですね、いつも。
「どうしよう」からの「ま、いっか」のあきらめが良すぎたというか。。。
時間については友達と待ち合わせ時間をきめても必ず30分は待たせて当たり前みたいな人だったし
会社員時代も遅刻ばかりだった。

わたしはお金にも時間にもルーズすぎた。
あらゆる面でルーズだったんですよね。
だけどわたしがしっかりしなきゃって思うようになったのは
お客さんを持つようになってからでした。
まぁ、本当にここ数年のことです(苦笑)
「お客さんがわざわざいらしてくださるんだから失礼があってはいけない」
っていう意識を持つようになってから、わたしはいろいろな面で気持ちが切り替わっていった。
時間についてのいろいろな観念は逆に「焦り」「時間がない」という形で管理しすぎようとしてきているかもな。

よく「お金が汚いという概念がある」ときは、ネガティブな概念をはずそうみたいなことを
ネットとかでも見かけるけど
これまでずっとセッションをしてきて、まだ一人も「お金が汚い」という発想を持つ人には出会っていません。
だけど
「お金が減るのが怖い」
というテーマは何度か扱ったことがあります。
そして、わたしもそのテーマをかつて無職時代にもっていて、

お金が減るのが怖いから使わない→持ち歩かない

というかんじで前述のようにあまりお財布にお金を入れないことの原因がすり替わってきていました。
こんなふうに、
「いつのまにか原因をすり替えてしまう」
ということもセッションにおいてはよくありがちなことなので
心の無意識のトリックって恐ろしいんですが
「わたしはADHDでよくお財布を落とすからお金を落とした時のためになるべく最小限のお金しか持ち歩かない」
というきっかけがいつのまにか
「あるとお金を使ってしまうから持たない」
「お金を持っていると使ってしまう、お金が減ることは怖いことだ」
ということを無職だったので余計にいろいろな不安もあいまって怖くしていました。
その気持ちがまだどこかに残っていて
お金は使うんだけど、
ネットで買い物しても、
買い物かごに入れる前に「ブックマーク・お気に入り登録」をする

どうしてもやっぱりほしいってときは買い物かごに入れる

本当にそれは必要なのかさらに考える

できる限り銀行振り込みなど現金扱いが可能な方法で行う
(本とかはカードが多いけど)

というかんじでいるんだけど、
それこそ無職時代のほうがカードを使う率が高くて
手元にお金がなかったのでカードの引き落としで毎月計算をしていたんですね。
でもあるとき、カードは手元にないお金なので
「現金支払い」をしたほうがお金のエネルギーのリターン率が高いということに気づき(笑)
それ以来できるだけ現金支払いにシフトさせるようになりました。

冒頭で書いたわたしにきたメッセージなんですがその続きとして
「あなたは昨日福岡旅行の予約をまたとったのね」
といわれ
「あとは何を買ったっけ?」
ときかれ
「本」と答えました。
本はカウンセリング関連の本ばかりで、それでも悩みに悩んで買った本ばかりだった。
基本的に図書館にあれば借りるし、中古で状態が良ければそれを購入してる。
でも新品になることもそれなりにある。

そんなふうにわたしは結構仕事関係でお金を使うことが多い。
つまりプライベートなほうに意識をもって使うか、
仕事として意識して使うかというグレーゾーンが非常に多い。
これはお金も時間もあらゆる面において今後の線引きのテーマになりそう。

「あなたは「使ってしまった」という意識が強いけど、そこまで使っていないはず」
といわれ、そうだよなって思ってたんだけど
「だけど、あなたはそれなりに収入も働くようになって出てきてるのに、それなのになぜ?」
というふうにきかれた。

つまりわたしはお金を支払うとき
「恐れ」の意識で支払っていることが非常に問題だというメッセージをうけたのだ。

さらに
「お金を支払うときは、商品を買うときは、うれしい気持ちで買えないのがあなたの一番の問題点よ!」
といわれたんですね。

あ。。。そういえばそうかも・・・

「喜びをもってお金を使うことが大切」

というメッセージだった。

そしてお客さんを通じてそのメッセージを再び受け取ったというわけだ。

さらにこんなことまでも・・・

「もう少しはね。。。女子力UPにつながるようなものをなぜ買わないの???」

つまりわたしに女子力UPしろとwww

wwwなんて笑っておりますが
メッセージをくれる存在のほうはかなりしつこく言ってくるので真剣なテーマなんだと思う。

今年に入っていくつか新しくブレスレッドを買いたいなって思っていた。
ちょっといつもより高いやつを、と。
でも結局やめて、みんな本にまわしてしまったんだよね。
結果、ブレスレッドは必要ない、無駄遣いだと判断した。
つまり女子力UPに関する支出はわたしにはムダ遣いでしかないという思いがあるってわけ。

まぁこれについてはいろいろ取り組める時期になればやっていくんだけど
もうわたし、取り組むテーマがいっぱいすぎて大変よッ!!w

そんなわけでですね、
お金については

「喜びをもって使っていきましょう!」

というメッセージを受け取りました。

わたしは恐れからきているのは前々から気づいてはいたんだけど

「喜びをもって使う」

というふうにメッセージを受けた後
お客さんも、わたしに存在を通して伝えてくるかのように同じことをおっしゃったので
もっと意識づけを変えていきたいなと思ったのでした。

最後までご覧いただきありがとうございました。
Posted by