花魔女★れいあ

花魔女★れいあ

-
vfsYcpRtWDZ2Dlw1484051534_1484051586.jpg

はい、れいあです。

先日オーラ写真をとったときの続きです。
この日、神社・お寺に初もうでに行ったんだけど
それについては次の機会にでも書いていくね。
というのは、ワーク、講習を受けに行っている場所(アルカディアさん)
そして今回のワークがはじまる時間が10時30分で、
こちらではアロマからクリスタルボウルから精神世界のことから様々なことを教えていただいたのですが
こちらではじめて受けるようになる前にも
いろいろな思いのシンクロ(祖母に関して、ヒーリングに関して)が交差している場所でもあるんです。

今回の覚醒ワークは2回目で、通常11時スタートなのだそうですが、初回時いろいろとあって、30分早めた時間となっていたので
わたしの今回の一連の覚醒ワークは10時30分スタートに統一してもらった経緯がありました。
2回目にこのワークを受けることになったのも予定の調整を先生のほうでしてもらったところ、
たまたま1月10日がメインプログラムになったんですね。

というのも、にメインプログラムである2回目をわたしの誕生日の日に、
さらに10時30分という、わたしの出生時間ジャストに始まるという、このシンクロにも驚きがあり、
実はすごくこの日をわくわくして過ごすことができた理由のひとつでもあります。

まるでわたしがこれまでのわたしの生き方を確認してきて、
また進んでいくぞ!という羅針盤へのヒントを与えられるような。
そんな不思議な感覚もありました。



まず、はじめにオーラ写真。
こちらは先日の記事内容になります。

オーラ写真とってみた 2017-01-10
http://funkysista.blog88.fc2.com/blog-entry-3792.html

心理療法としては、プチ箱庭風療法を。
箱庭風というのは人形などのモチーフはなくてジェムで行っていったからです。

まず砂を手になじませて・・・ジェムを7つ選んで配置していきました。
たくさんのジェムの中から。。。
わたしはいろいろなストーリーをたててジェムを置いていったんだけど
わたしは半分以上を砂の中に埋めたんですね。

WEBで調べたりしていたら子供はわりと砂に埋めることをやるみたい。
とあるブログには
「こころに問題のある人は砂の中に埋めたがる」
ともありました(笑)
まぁ、だから向き合ってるんですけどw

「わたし」自身は水晶であらわしていきます。
わたしの頭のストーリーでは
「わたし」は泉の近くにいて、癒しの泉からいろいろな癒しをうけとっているというストーリーをみたてていました。
泉のところにあるのがラリマー、そしてブルームーンストーンなんかです。
そしてアメジストを少し離れたところで砂の中に埋めました。
なぜ埋めたのかというと
「宝物」ということでわたしは埋めたんですね。
わたしは宝物を探す旅にこれから出る?出ない?
そこの近くには青サンゴを埋めました。
右半分のところに置いたレモンクオーツがひとつ。
わたしはこれを「島」だと思っておきました。
わたしは冒険に出る。
冒険の旅をするので、その際に宝物を発掘して、島にいくというストーリーをたてて
石を埋めたり出したりおいていった。


それらを先生に話すと
わたしは「統合」を必要としているというふうに分析しました。
それは泉のところに半分砂に埋めた石達と関係してきて
それらは幻想をしめしていて
スピリチュアルと現実との統合みたいなかんじのことをいわれたのだけど
それって今のわたしのセッションの方向性の切り替えと同じであることも話しました。

いずれにせよ、セッションが、そして私自身も、スピリチュアルにちょっと寄ってしまっていたので
わたしはセッションで、統合したかったのかもしれない。
もしかしたら私自身を統合したいのかもしれない。

わたしはスピリチュアルより現実を大切にしていきたい。
だけどスピリチュアルのことで理解した「学び」は生きることにおいてに生かしていきたい。

だからセッションにおいても

「現実をいかによりよく生きるか」

にフォーカスしたセッションをするようにしたいと思って改編中。

それは私に対する命題でもあるし、
お客さんの魂や光の道への目的へとフォーカスをおきつつも

「いま 幸せになる」

という観点でセッションをしていきたい気持ちがすごくある。

確かに将来こうしていきたいというものは誰でも少なからずあるかと思う。
でもそれを見つけながら(何度も言うけど本質と向き合うことです)
いまどれだけ幸せを感じて生きていけるか
それってとても大切だってわたしは特に最近思うからなんです。

そんなこんなを箱庭療法で思いました。
こういうところにも思いがしっかりあらわれるんだなと思いました。

そのあと午前中の座学をし、それは自然に対する敬意や人間のあり方についての学びとか
健康についてNeedとWantsの違いについて考えるなど。
そしてこのNeedには「愛」も含まれること、、、
「現実的側面の必要性の部分をしっかり満たしてこその高次元とのつながり」
だということをしっかり理解することが大切。
それはある意味先ほども書いたように、それをセッションでやっていきたかったんだ~~ということだったわけです。
これまで高次元につながり魂の目的を知ることを中心にやってきたけど、
現実的側面もしっかりしなくちゃ、私自身も!
ということで
「わたしが変わらないと。
お客さんをサポートするにも、わたしが変わってわかって理解していたほうがサポートもしやすいので、
わたしがまず変わらなくちゃ!」
そう思ってこちらを申し込んだところもあったので
まさにわたしの思いにみあっていたのでよかったです。

座学が終わり、そのあとランチを先生と食べに行ったんだけど
今日はクロモンカフェに行きました。
クロモンカフェさんには以前3回ほどお邪魔しております。
お魚料理とか、アジアの料理とか。今日頼んだのは野菜たっぷりカレー。
玄米カレーです。


昼12:00~15:00
夜18:00~23:00
※日曜不定休/水・木は昼営業のみ
定休日:日曜(不定休)



先生は居合を習ってらっしゃるんですが、動画撮影したものなんかを見せていただいたりして
いろいろ話してたんですが
「今日のお稽古自主練だって~どうしよ~」
なんていってたので、いろいろきいていると。。。話が変わり・・・
結構楽しいのが好きという方が多いらしくて
お酒を飲む機会が増えたんだそうです。
先生はお酒は飲めない(飲めなくなった)のだけど
みなさん、とにかく全力で楽しいことをするのが好きな方ばかりなんですって。

その話をきいて、なにかすごく感じることがあったんです。

「全力で楽しむ。

全力で楽しむ。。

全力で楽しむ・・・・

ああ、これだ、わたしがやりたかったのは。。。

すごく納得がいきました。
まさかこんな雑談からwww

昨年夏からずっとわたしが向き合っていたテーマ。
「楽しむこと」
「情熱」
これだったんだけどね。
頭ではわかってるのよ。理解もしている。
でもなんだろう、しっくりこない。確かにテーマなんだけど、なんだろうって。。。
あきらかに思いと自分との間に不調和がある。
このスイッチは強引に押すこともできるかもしれないけれど・・・
この内部の不調和について知りたいとずっと感じている。

そういえば昔はすごく「全力」で楽しんでいた。
介護する前までは特にね。
介護していたときは働いていなかったし介護もしてたから
時間もお金もなかった。
だけど介護していたとき、わたしはダンスもやっていた。
これは親の入ってるフィットネスの会員にさせてもらっていたので自分のお金ではなかったんだよね。
だけど介護して時間がなかったけど、生活のメリハリをつけたくてストレス?発散でダンスしにいっていたんだよね。
でもいまは時間も自由にあるはず。お金もそれなりにあるはず。
わたしはすごいぜいたくは望んでいないし、ほしいものはいろいろあるけど、別にそこまでしていらないかなーってものも多い。
確かに時間にしても仕事はあるけれど、わたしが遊びをもっと優先すれば、仕事の数を減らすことだってできるし、
セッション数を減らすことに対する恐れはない。

なんでこんなにわたしは動けないの?疲れてしまってエネルギーないの?
だけど仕事が忙しくなり始めた当初は、本当に毎日ぐったりだった。
ある意味うれしい悲鳴ではあったけど、最初は毎日お客さんきたら体力がもたないよ~ってかんじでいたし。
昨年はとにかくアロマの講習に相当時間もお金も注いだ。
そのくらいわたしは休みの時も仕事に関連することをやっていた。
だから確かにヒーリング、大事だけど
正直オフのときはたまにはヒーリングから離れたくなったりもしていた。
その結果福岡に頻繁に行くようになった。
リセットが大切だとわたしのどこかで思っているから。

今年は・・・もっと楽しいことを見つけたいなと思ってる。
そして楽しいことを全力で楽しめるような、そんなふうな人間に戻りたい。

冒頭にも書いたようにわたしはスピリチュアルについて、
理解はしたいと思っているので講座を受けたりしている。
正直スピリチュアルもヒーリングも人生の、生活の一部であって、私の一部分であり、切り離すことはできない。

わたしは特に次元の高い何かをどうこうしたいという気持ちはなくて現実を楽しくいきたいだけなんだ。
でもそのためにスピリチュアルな側面、見えない世界には法則がいろいろある。
それはわたしたちが生きている世界に物理的な法則があるのと同じなんだと思う。
そういう目に見えない世界の仕組みや法則についてもある程度理解しておくことで
現実をより楽しく豊かに生きられるんじゃないかというふうに最近ではとらえるようになってきた。
それを頭だけでわかって伝えるとかセッションで話すなどではなく
私自身が現実にスピリチュアルを落とし込むことで
「わたしの在り方」としてそれを証明をしていきたいというか。
わたしがそのようなあり方であることを通して、共鳴していってほしいというか。
わたしがどうこう説明するじゃなしに、感じてほしいというか。

わたしはもともと特にすごく好きというわけじゃないんだよね、スピリチュアルの世界については。
だけど興味あるなしにかかわらず誰しもが「スピリット」であることを思い出すというのかな。
それを意識するかしないかというか。

いつも自分は本来スピリットであることを思い出さなくてもいいんだ。
だってわたしたちは肉体をもっているからこそ具現化していけるのだから。
でも時々思い出せるところに理解をしているスピリチュアルがそこにあると、それは頼もしくもある。
理解をし、そういう世界があって、こうなんだという部分を受け入れるということが
スピリチュアルの世界との付き合い方であるとわたしなりに気づいたというか。



そして午後は次元階層について
最後にエネルギーワーク(正式にはリチュアル(儀式))を受けて終了という流れ。

今回は次元についてですが、高次のチャクラについてを前回学びました。
通常チャクラというと第1チャクラから第7チャクラまでの肉体にあるものをさすのですが
ご存知の方も多いですが、体の外にもチャクラはあるのです。
そしてサブチャクラといって副次的なチャクラも含めるとすごい数のチャクラがあります。
たとえば有名な副次的チャクラといえば、手のひらのチャクラ、耳のチャクラといったかんじです。

前回は第8チャクラから上の高次のチャクラについての学びで、
今回は次元階層についての学びでした。

次元階層については相当前から受けたかったんですよ。
次元について理解したことは早速セッションにも出てきています。
昨日もセッションでわたしが座学で質問をしたことについてお話ししていったんだけど
とある疑問を先生に話したら興味深い説明をしてくれました。

ここ一年くらい多いのですが
電車の席の確保?で自分の心のバロメーターにしてたりするんです(笑)

わたしは3回乗り継ぎをし、なおかつ自宅から駅まではバスです(昨年行きだけ歩いてたけど風邪ひいてからバスにw)
一番メイン(乗車時間が長い)の電車に帰り座れるか
について(まぁ、くだらねーなwと思って聞いててくださいw)
特に疲れている仕事帰り・・・
「目の前の座ってる人、次の駅で降りろ!」
「降りろ!」
って念じたりしてない(はず)なんだけど
なんか自然とどこかしら目につく席が必ずあくわけなんですよ。

で、先生が面白いこといったんですね。

たとえば

「席あかないかな~座りたい!席どこかあいて!」とお願いする

席があいて座れる

というパターンは4次元のパターンなんだって。(念やら何やらがある世界なのでね。。)

一方・・・

座りたいなと思いつつなんとなく駅で電車を待つ

扉が開く

席が目の前にあいてたので座る

このパターンって、いわゆる「引き寄せ」になるわけで
5次元のパターンなんですって。
つまり、
「席があくことがすでにわかっているから、その扉から乗った」
ということらしいのです。

この4次元の視点と5次元の視点を持っていたらいろいろと楽しそうだなと思いました(笑)

ということをなぜ質問したかというと、
わたしはこの数年、ちょっとしたお願いがソッコーでかなうことがすごく多いのね。
そんなわけで「新月の願い」の記事を書かなくなったんです。
というのは「新月にお願いしなくても願えばかなうから別にいいや」って思うようになったから。
それは潜在意識についての学びを深めた結果でもあるかもしれない。
でも、もっといえばわたしは自分の本質をより深く知ることができてきたからかもしれない。
要するに「自分の取り扱い方」みたいなのがわかってきたってわけです。
それにより、新月はたしかに引き寄せはしやすい、願いがかないやすいというのはあったにせよ、
「(新月)じゃなくても 願えばかなう!」
っていうような信念みたいなのが自分の中で気づいたら構築されていたかんじなんだよね。

お願いをすることって、それがエゴからのお願いだと、かなってもそれは「念」でかなえた形になるのでしょうね。
でも、もっとすんなりかなえられるには、やはり自分の本質がわかっていることだって思うんです。
つまり本質にみあっているお願いならすぐにかなうんですよ。
だけど、本質ではなくエゴからのお願いであったら、かないにくかったり、念を使ってしまったり。

「本当に自分はそれをかなえたいと思っているのか」
ということは
「本質の自分」はそれを必要としているのかいないのかにいかに気づくかということなんですね。

だからこそ自分を見つめて、わたしはどんな人間で、何を必要としているのか、どうなりたいのか
いわゆる自己探求というやつですが、
自分の本質を知ることはよりよく生きていくためのカギなんですね。

エゴは人間だからあって当然です。
だからエゴをなくすことはできません。
だけど本質の自分についてきちんと知っていること、理解していること、受け入れていることは
エゴの自分からの声なのか、本当の自分が欲しているものなのかということを知る手立てになるのです。
一番大切なのは「感じること」です。
これはヴィジュアライゼーションの仕方とも関係してきますが
視覚化もやはり「感じること」が何よりも大切なんですね。

前にも話したけど、ちょっと話がそれるけど
「感謝」を「ありがとう」と口に出すのは確かによいと思うんです。
でも大切なのが、自分の感覚として感謝を感じてそれを発しているのかどうかです。
ただ何万回も唱えても、いくら波動の高い言葉とかいったって、高まりませんよ。
(聴き心地のよくない言葉よりはよいかもだけど)
大事なのは、しっかり感謝の感覚を味わって感じて「ありがとう」って発することなんです。
それはおそらく自分の本質の部分と共鳴するのだと思う。
その本質が共鳴して集合意識にも関係するのかなって思ったりするけどどうなんだろう。

チャクラと次元の相関性なども含め
いろいろと、もっとかみ砕いて自分にしっかり落とし込んでいきたいところです。

そのほか、スピリット、つまりヘルパーとしてきている目に見えない存在について
どんな役割があるのか、どんなかんじになっているのかなどについても学んでいきました。

最後のエクササイズでは、マカバ瞑想のようなこともやっていきました。

とってもとっても有意義な時間を送ることができました。

最後までご覧いただきありがとうございました★