Soul Therapist Leiya れいあ

Soul Therapist Leiya れいあ

-
mS2NZtowB9BB4MF1483784790_1483784848.jpg

はい、れいあです。

先ほど母親がとある用件があって部屋に入ってきたのですが、そのときに壁に掛けてあった
わたしの部屋のカレンダーに目をやり・・
「これ、どこで買ったの?」
ときいてきました。
それはドリーンバーチュのエンジェルウォールカレンダー2017
ライトワークスさんで購入したんですけどね。↓(輸入物なので祝日が日本のものとは異なります)

まさか母親が天使に興味を示すとは思いませんでした。
でもよく見たら、うちはリビングルームに絵画やポストカードなど絵がたくさん飾られているのですが
その中にいくつか守護天使の絵画があるんですよね。。申し訳なさそうにあるのですがw
それを思うとおかしくはないんですが・・・
わたしは部屋にあるのがユニコーンと妖精のフィギュアがいくつかあるんですけど
壁に飾られてるのは基本的にレン君です(きっぱりw
あとは競走馬(ゴールドシップとオルフェーブルとディープインパクトほか)
人間がいないのが特徴なんですけど(笑)
あ、及川光博の時代もあったなぁ(遠い目)

さてさて、今回は10月以来のセッションレポートからの記録です。
セッションの内容を記事にする了承をいただきましたので書かさせていただいております。
シェアしていただきありがとうございます。

今回のお客さんは以前よりいらしてくださっているのですが
新年初のセッションでは昨年の春くらいから出てきていたテーマの復習というか
総ざらいのような内容ともいえました。

今回お客さんの状況をはじめにお伺いすると、
仕事がヒマになっているのにもかかわらずやる気が出ないということでした。

お客様は以前より
「エネルギーの使い方」
がずっとテーマとなっていたのです。

エネルギーといっても、たとえばお金もエネルギーですが
お金の問題であればお金というふうに出るかとおもいます。
ちなみに昨年秋よりわたしもですが「時間」がテーマになっておられる方も複数名いらっしゃいます。
でもここでいうエネルギーとは、心の、というか精神的なエネルギーがテーマです。

お客さんは
「恋愛とかするとか」
とおっしゃったのですが
これは
「わくわくする」
という意味合いでおっしゃったようでした。

しかし「わくわく」したりすると、
「自分の制御ができなくなってしまう」
ということをおっしゃられたんですね。
これは
「自我を失う(ほどに夢中になったらどうしよう)」
ということから
「自分が変わってしまう」
つまりは
「自分が死んでしまうような墓場的イメージ」
があるそうなのです。

これについて話をすすめていくと

「自分で”ここまで”というのを設定しすぎるのかな」

という言葉が出てきました。

さらにこの言葉の潜在意識を探ると

「私はこれだけの人間なのでここまでで充分です」

という言葉ができました。

これはどういうことなのでしょう。

恋愛に限らずすべてのものにおいて、だそうです。

「1つのことしか好きになれない。」

とおっしゃられたんですね。
なぜならばそれは

「好きなものを裏切ってしまうから」

という理論がお客さんの中では信じ込みとして成立しているのです。

わたしは、これはほかのものも好きになるってことを許可してないんじゃない?
と聞くと

「これとこれは同じくらい好きというかんじで思ってもいいのかな」

とおっしゃったんですね。

これは今回目標設定のテーマの部分にもあたるのですが

「”裏切らないこと”が好きであることの証明」

という言葉が出てきたんです。

つまり他の何かを好きになってないよ、こっちらけだよという証明として
”裏切らない”ということがあげられているのですが
自分ではね、もうセッションもそれなりにこなしていることもあって
いろいろと気づいてるんですよ。
本当の自分はこうしたいっていうのもしっかりわかってるの。
でも「エゴ」というかマインド、思考の部分がそこらへん許していないので

「(そんな)自分がめんどくさい」

と思ってしまってもいるのです。

じゃぁなんで、何かひとつしか夢中になっちゃいけないの?ということをきいていくと

「人から後ろ指さされたくない」

という言葉が出てきました。

どんなかんじの人が後ろ指をさされる人なのかをきくと

「見ててつらくなる人」
ということで
「見ててつらくなる人になりたくない」

という思考があることがわかっていったんですね。

じゃぁ「見ててつらくなる人」ってどういう人?ってことなんですが
そのような人はいろいろやって生きることに必死になってしまっているイメージがあるんだそうな。

それをさらにきいていくと

「(自分が)ハマる型がわからなくなっている」

という言葉が出てきました。

そうなんです。
もうすでにこれまでの自分の型にあわないってことに気づいてるんです。
それはなぜ?
成長して、そうなったわけですからね。
受け皿も変わってきたのです。
受け皿が大きくなって形を変えたことについて
ハートでは、別の大きな器に移行したがってるのですが
マインドではそれを許可したくないんですよね。

これまでの自分のやってきた生き方や美学、哲学的な思想など
大切にしてきたものが変わってきているということです。
それを手放すのってなじみがあるのでつらい部分もあるのですよね。

そしてこんな言葉も出てきました。

「(ひとつに)集中するには他を排除しないといけない」

人には魂の青写真が誰にでもあります。
でもその青写真の中でならどんなにでも自由に生きていいというわけでもなく
実際はある程度のテンプレートがあって
そのテンプレートを使って成長し、脱皮し、大きなテンプレートを使って成長し・・
そんなかんじで徐々に魂の青写真そのものに近づいていく

ということを今回のセッションを通じて、ダウジングでわたし自身も学んだことです。

そしてお客様が

「その型は自分で作っていいですよね・・・?」
ときかれてもちろんOKとダウジングでは出たのですが

「でもなんか最近それに追いついていけないようなかんじがして」

とおっしゃっていたのですが

「試行錯誤でいいのかな?追いつけるかな?」

とおっしゃってダウジングでOKが出ました。

「追いつけない自分が必死に見えるのがつらい。はずかしい。見られたくない。」

という言葉が出てきたところで目標設定をたてることに。
これまでの自分の中にある「好き」なもの「愛」に対するパターンを刷新し、
新しいものにしていくタイミングであることがわかりました。

なにかひとつのことに夢中になっていて、何か別に興味も出たとき
確かにエネルギーとしては分散されることもあります。
わたしは基本的にエキスパートタイプではなくて
いろいろなことで好きだと思ったことをやって、さらに深めていきたいかどうかを見定めるタイプなのですが
お客さんの場合、ほかのこともやってしまうと、エネルギー的に浮気?したようなかんじになるのかもしれません。

ちょっとたとえが違うけど、
わたしは福岡に今月末も行くのですが
最初の目的はレン君でした。
レッサーパンダのレン君に会いに行きたい。
そのためならわたしはどこにでも行く。

だけどレン君が九州だとはじめて知ったときは
「一生に一度、会えたらいいな」
程度でした。

近場の千葉のルルちゃんというレン君の双子の姐弟がいるんですがその子にあってみて
「かわいい!レン君にも会いたい!」という気持ちで一気に九州へ。
でもそのときも
「次に九州来るとしても半年以上先かな」くらいだったのに
先日1月末に九州に再び行くと父親に話したら
「お前先月も九州いっただろ?また行くのか?」と聞かれ
「11月にいったよ。先月じゃないよ」
というかんじでね、それくらい頻繁に行くようになったことはこちらを読んでらっしゃる方でしたら知ってらっしゃると思います。

でもはじめて福岡にいったときはね、
「1日目は動物園行って2日目は観光」だったのよ。
「一日目の動物園のあとは天神をぶらぶらしよう」とか
二回目も中州に行こうかなとかプランたてたりね。
でも回を重ねて昨年からはわたしは
一泊二日両日とも動物園に必ず行くようになり、
「宿泊先はリゾートホテルでスパを受けてぜいたくしてリラックスしよう」
というふうに
完全に「楽しみ」のみになっていました。
レン君も好きだし、
リゾートでスパを受けてリラックスも好きだし、
ゴマサバも好きだ(笑)
でも、レン君が好きという気持ちが私の中では減ることはなくて
スパを受けている間はエッセンスはどうでもいいわけでもなくて
みんなみんな大切なもので、好きなもの、こと、行為であるのには変わらないんですよね。

わたしはブログ書くのも好きなほうなんで更新が頻繁なんですが(笑)
ブログ書いてレン君ネタ以外のことを書いていても
レン君が好きじゃなくなったわけでもなくて、

「好きなものは好き!」

というかんじ。

確かに恋愛なんかにおいて

○○さん好きだけど**さんも好きだし・・・

っていうのは、ぜいたくな悩みというか(笑;

そんなわけで「好き」とか「愛」を感じているもののパターンにおいて
すでにほぼわかっているのだけど思考と行動パターンが邪魔をしてしまって苦しくさせているわけであって
このあたり、セッションでかなり出していったけど、
エッセンスではグラガが出ました。
特徴的なのはグラガはミキシングに入れるのは1滴でOKとダウジングででたところ。
もうひとつのフィンドホーンのシスルは結構いれたんですけどね。
グラガは変容のサポートで、シスルは恐怖でいっぱいのときに勇気を与えるエッセンスなので
たくさんの勇気をエッセンスからもらって、グラガでその愛のパターンを変化させていってねというかんじかな。

お客さんにはそのあと音叉も行っていったのですが
高次のチャクラ周辺でならすと
「涙が込み上げてくる感じがあった」
ということでしたが
下位のチャクラでならすと
「怖いかんじがあった」
ということでしたが
いずれにせよ「まずはクリアリング」という指示があったので
クリスタルボウルでもって念入りに浄化をしていったあと音叉をしていきました。
「怖さ」については上記でも書いた「(変化したら)自分じゃなくなる感覚」に対して呼応していた模様でした。

お客さんのパターンが刷新され、好きなものにたくさん囲まれて楽しい毎日が送れますように!

グラガ(ヒマラヤンフラワーエンハンサーズ)

人生の脱皮(トランスフォーメーション)において、大変パワフルなエッセンスです。
私達がそれぞれ自分自身の人生の目的にしっかり合致した生き方ができる助けをしてくれます。
ある過去からの行動パターンが今は先へ進むのを妨げているだけとなり、あなたを際限のない繰り返しの中に落とし入れているのだということがわかってくるかもしれません。

シスル(フィンドホーンエッセンス)

勇気、自信、力、確信を取り戻したり、逆境の中にいても勇気と力を持ち続け、肯定的に反応するように、危機的状況や脅威の時、戦うか逃げるかという場面において、適切な行動をうながすようにサポートします。
恐れや危機、逆境に直面し、思うように行動出来ないときに



最後までご覧いただきありがとうございました。