in レン君

レッサーパンダのレン君にお嫁さん候補あらわる!

-- COMMENT
はい、れいあです。

10月21日のインディゴエッセンスのセミナー開始を経て、
サトルアロマの受講初日、そしてラブズアルケミーのワークショップ、
そして再びサトルアロマ、仕事・・・
いま数えてみたら20日連続毎日外出していて1日も休めるような日がとれませんでした。
よくここまで身体が持つなと正直自分を褒めてあげたくなるかんじ・・・
こうなるとは思ってはいたけど、でも、その前は
「わたし途中でバテちゃうんじゃないの?」
なんていう不安がかなりあったのも事実でした。
実際、3月に連続で仕事をしていたとき、風邪ひいてしまうし、
でも今回寒くなりつつもなんとか維持してこれました。
というか毎日目の前にあることをひとつひとつクリアにしていく、
ただそれだけだったなと。今思えばですけど。

いつも九州に旅行に行く前、いくら1泊であっても、実はその前に
「わたしそこまで体力あるのだろうか」
っていう不安が必ず頭をよぎってしまうのです。
旅行に行きたい!楽しかった!といつも東京に帰るとすぐに次回の旅の計画をたててしまうのですが
実際に旅程が近づくと
「体力ないかも・・・わたし大丈夫?」
っていう不安が毎回あるのです。
さらにいえば飛行機に乗る不安も。
新幹線だと長い時間なのでわたしには向いていないのですが
時間が間に合わなければだめになってしまうという強迫観念みたいなのが出てきてしまう。
航空会社が違って初めての会社になると不安になる。
だからわたしは本当に不安ばかりを抱えていたんですよ。

「なんとかなるさ」

って思おうとしてもね、自分を信用できていない。
自分の自己治癒力があるのだとかそういうこともできていないんですよね。

だけど今回20日連続をクリアしたぞという自信につなげていければと思います。
本来のんびりするのが大好きなので余計になんですけどね。

またのんびりした生活を送りつつ仕事を楽しみたいと思っております♪

さて、今日ネットのニュースを見ていたら気になる見出しがありました。

<レッサーパンダ>風太の孫まい 福岡にお嫁入り

福岡に動物園があるのは3か所です。
北九州の小倉にある到津の森公園。
福岡市にある福岡市植物園。
そしてわたしが通う大牟田市という熊本に隣接している南部にある大牟田市動物園。
大牟田市の動物園に私のお気に入りであり九州旅行の目的でもあるレッサーパンダのレン君がいます。
いずれの動物園にもレッサーパンダはいます。

「福岡にお嫁入り」とあって3つのうちどこかになるわけなのですが
タイトルをきて、なんだかピンとくるものがあったので急いで内容をチェックしたところ、
レン君にお嫁さんがくるみたい!

 千葉市動物公園(千葉市若葉区)で飼育されている雌のレッサーパンダ「まい」(3歳)が今月、繁殖のため福岡県の大牟田市動物園に移ることになった。
 まいは、2本足で立つ姿で人気者となった「風太」の孫。
 千葉市動物公園は13日午前11時から、まいのお別れ会を開く。
 まいは2013年6月に父「クウタ」と母「メイメイ」の間に誕生。
「ひらひら舞うような女性らしさ」をイメージして名付けられた。
人なつこい性格で、双子の妹「みい」ら8頭の家族と共に来園者に愛されてきた。

 大牟田市動物園で待つ雄の「レン」は市川市動植物園(市川市大町)生まれ。
10年に繁殖のため大牟田に移ったが、雌の「そら」が高齢になり、新たにまいを迎えることになった。

 13日のお別れ会では、映像や写真を上映しながら誕生からの思い出を振り返るほか、食いしん坊のまいに大好物のリンゴをプレゼントする。
先着100人にメッセージを書いてもらい、同公園で掲示した後、大牟田市動物園に送る予定。

 千葉市動物公園でまいが見られるのは15日まで。
 担当者は「3年間大きな病気もなく元気に育ってきた。千葉でまいと会えるのはおそらくこれで最後」と別れを惜しみつつ、「たくさんの人にお別れ会に来てほしい」と来園を呼びかけている。


chiba-mai.png
(千葉市動物園のまいちゃん↑)

レン君には、今現在そらちゃんというお嫁さんがいたのですが
レン君が来た当初、大牟田動物園にはすでにレン君以外に2頭のレッサーパンダがいました。
その2頭はオスとメスで、オスのレッサーパンダのショウタ君は結構おじいちゃんでした。
そらちゃんもそこそこの年齢。
そこに若い、人間でいうなら18歳くらいの男の子が来た感じかな。
レン君にとってそらちゃんはお母さんになる年齢くらいなのですが
そらちゃんには子供がいませんでした。
そしてしょうたくんは一昨年前にお星さまになりました。

レン君もアプローチを試みていたみたいだけど
どうやらレン君がしつこかったようで
「かまってかまって」攻撃?みたいな甘えん坊な部分があっただけに
そらちゃんの体力的な負担も考えてレン君とそらちゃんは引き離されてしまいました。
fc2blog_201607202124038bc.jpg
(そらちゃん↑)

ren201506219rensora.png
(左はレン君。網越しの右側の子がそらちゃん)

網からレン君はそらちゃんを見ているかのような目線を送っていたり
そらちゃんもそこはかとなくレン君を気にしていたり、
時にはレン君はそらちゃんに会いたい一心で木から飛んでみたりとか
いろいろやらかしていた様子・・・

レッサーパンダも馬もそうなのですが
ある程度成人?すると、あとは1年で+4歳というかんじの数えになるようです。

レン君はいつのまにかわたしと同じくらいの年齢に・・・
かわいかった美少年のレン君は
かわいくてかっこいいおじさんレッサーパンダになりました(笑

そんな素敵なレン君ですから彼女とうまくいってほしいなと思います。

早くレン君に似た美少年、もしくは美少女レッサーパンダを産んでほしいな。
まだ大牟田に到着していないのに気が早いけど・・・
でもできたらレン君みたいな男の子がいいな。
せっかくあそこまで美しく整ったレッサーパンダなんだから。
色々レッサーパンダは写真で見て来たけど
「みんなかわいいのだけど、やっぱり美しくてかわいくてカッコイイのはレン君しかいない!」
とレン君に無視されながらも毎回動物園に通うたびに
ウットリしてしまうれいあさん。。。
ren20151020.png

実は今月も最終週に大牟田に行くのです。
そのころにはお嫁さんが見られるのかな。

そらちゃんもとてもニコニコしてて、だけど食いしん坊で(笑)
今回くる子も食いしん坊らしいのでわたしに似ているかとw

レン君はリンゴのことになると血相を変えるレベルでリンゴ好きなので
食べ物の恨みは動物界にはないと思うけど(笑
どうかレン君が、お相手のまいちゃんが、
お互いに惹かれあいますように。。。

大牟田に通うようになって1年ちょっとですが
ずっとわたしが思っていたことでした。
レン君の子供が見たい。
レン君に彼女を!!(でなければわたしがなる!という願望は叶わないのでww
動物界に対しても引き寄せをしてしまったれいあさんでしたw

大牟田動物園には過去何度も寄付をしてきました。
最初はレン君のために使われますようにという身勝手なお願いだったのですが
動物園にて様々な動物を見ているうちに
彼らが幸せになるようにという気持ちがどんどん強くなっていきました。

人間の幸せも大切だけど
動物とか植物とか自然界もね、
やっぱりわたしにとっては大切な仲間なんですよ。

だから、みんな幸せになってほしいんです。
人間だけではなく、動物も、植物も、すべてが調和がとれていて
平和な世の中になれるために
わたしたち一人ひとりの心が、ハートが愛で満たされてあったかくなって
意識をあげていくことでそれは可能になっていくのだって思います。

動物に対しても引き寄せって可能なのだなと思いました。
人間に対してのみこうなってほしい、状況に対してこうなってほしい、ではなくて
自分が心から望むことは
それは動物とか植物とか、すべてのスピリット、
結局わたしたちは「ひとつ」なんだなって、
こんなとき強く思います。

レン君に早く会いたいな。

11月末が楽しみです☆彡

最後までご覧いただきありがとうございました。

レン君レッサーパンダ

  • Share