Soul Therapist Leiya れいあ

Soul Therapist Leiya れいあ

-
はい、れいあです。

本日からインディゴエッセンスのワークショップがはじまりました。
わたしは本日の1dayワークショップから、来週までのアドバンスコースまで5日間参加いたします。

インディゴエッセンスは昨年からちらほらエッセンスをセッションで使うようになりましたが、
選ばれる人が多いことを受けて、しっかり学ぼうと思い、
全日参加することに決めました。

最初は、わたしには縁がないと思っていたんですね。
というのは、わたしには子供がいないから。
でも、わたしはインディゴエッセンスを必要とする機会が増えてきたんで
セッションでもとりいれていったのですね。

わたしは、かなり敏感なタイプ。
神経質でもありますが、他人のエネルギーとかにすごく敏感なんですね。
その敏感な体質にはかなり苦労しています。
実際にわたしの元を訪れてくださるお客様は、敏感な方ばかり。
インディゴエッセンスもかなり選ばれます。

インディゴは夜明けの色。
これまでの古いパラダイムを壊す新しい世代の子供たちが産まれてきています。
古いパラダイムは、あらゆる怖れに満ちています。
健康についての怖れから、
人間関係への怖れ、
お金についての怖れ、
そして急激なスピリチュアルの目覚めによる怖れなど
現代に生きる私たちは、様々な怖れのチャレンジの中にあります。

今回は、そんな怖れの中、どんなエッセンスがよいのか、から、
インナーチャイルドのワーク、
最後には、スピリチュアルクライシスにあるときのためのエッセンスづくりをしていきました。

昨年わたしはアラスカンエッセンスのプラクティショナーコースにおいて
エッセンスづくりについて教わりました。
それは、ペレランドラのミシェルスモールライトさんからアラスカンのスティーブが教わり、
それを教えていただいたのですが、
インディゴエッセンスのアンも、ミシェルから教わったやり方で、
コーニングを開く方法からのエッセンスづくりを再び学びました。

そういえば、昨年ですが、アンジェリックエッセンスの講習を受けたとき
やはり天使によるエッセンスづくりについて話していたので
これからは、こういう方法のエッセンスが主流になってくるのかもしれませんね。

まあ、エッセンスづくりは、グラウンディングをして、高次元の存在とつながり、
どのようなテーマにするかを決め、
コーニングを開き、場をつくることで
エッセンスをつくるのですが、
場のエネルギーが重要なんですね。

理想としては、セッションにもコーニングを開いていくことをしたいのですが、
天使に相談しようかなあ。

今回わたしが作ったエッセンスは、
スピリチュアルクライシスにおけるセンタリングを保つエッセンス。
早速今夜から飲もうと思います。

さてさて、実は、ネイチャーワールドさんとこにきたら楽しみなのがランチなんですが(笑)
いつもの唐揚げやさんに行こうとしたら、ジョフィエルが思い切り素通りし、
「まさか連続して鳥の唐揚げ食べる気じゃないよね?
せっかく飯田橋まできたんだし、もっと色々探しなよ!」
といわれ、わたしが、唐揚げ食べたいコールをしていたけど、ジョフィエルは別の店の散策を。

そんな中、みつけたのが、このお店。

和彩 かくや


魚介類?なんかおいしそうだったし、普通のランチの値段なので食べました。





うなぎを注文しようとしたら、
「あなたはいま鮭いくら丼だと思うよ?」
と、鮭いくら丼を。



よくあるのは鮭フレークなんだけど、
ちゃんとした鮭をほぐした感じがよかった。

しかし、思わぬところで、
味噌汁がすごくおいしかったの。

わたしは自宅で作ると、親たちにわたしの味噌汁は薄いらしいの。
でも、わたしは親のつくる味噌汁が辛すぎて、いつも汁は半分以上残しちゃう。
外食は味付けが濃いところばかりだけど、
こちらの味噌汁は、出汁がすごくいいというか、
味があって全部飲み干しました。
外食でわたしは味噌汁を必ず残すので、飲み干すとは夢にも思いませんでした。

と、味噌汁ばかり褒めてますが、
鮭いくら丼もおいしかったよ。

多分毎日違う店を探すかんじだと思うし、
帰りがけに気になる海鮮居酒屋見つけたので
また明日のランチが楽しみです。

いつも飯田橋までは、南北線経由でしたが、
永田町から有楽町線で飯田橋までいきました。
永田町に駅ナカができてるなんて知りませんでした。
八天堂があったので、帰りにクリームパン買いましたw

最後になりましたが、
そんなこんなで、じつはいまほど、鳥取の地震を知りました。
ちょっと先週、伊勢にいたときの雲とか、連日気になっていたのですが、
被害が最小限になりますように。。。
Posted by