花魔女★れいあ

花魔女★れいあ

-
はい、れいあです。

今年も夏が終わり、だいぶ涼しい日々が増えてきましたね。
秋分の日を迎え、時の速さには、思わずはっとさせられるばかりです。

セッション開始以降、秋分まででおよそ850回以上のセッションを行ってまいりました。
今年いっぱいくらいで、当面の目標でもあった

【1000回のセッションをとにかく行う】

という目標を達成できそうです。

ここまでやってこられたのは、まさにここをご覧になられてらっしゃる皆様のおかげです。
ありがとうございます!

セッションを繰り返し行ってきて、
こちらではご紹介しきれないくらい、たくさんの喜びの声を日々いただいております。
それはわたしのモチベーションにも繋がっています。

フラワーエッセンスは、エッセンスをとることにより、
気持ちを楽にしてくれたりする心強さを感じることでしょう。
また、フラワーエッセンスは、気持ちや感覚、思考を楽にするだけではなく、
気づきを与えてくれたりもします。
この気づきが重要なのですね。

60分のセッションでは30分程度のカウンセリングではありますが、
この短い時間でも、気づきを得たり、新しい視点を与えられるお客さんはかなりいらっしゃいます。

頭を悩ませていた問題や悩みが、意外なところと繋がっていたりということは、
わたしの経験では、すごく多いように思われます。
そこにいかに気づくかが大切なので、
繋がりがわたしにわかったとしても、
それを伝えずに考えてもらうように大天使たちから指示がよくあります。
悩みを誰かに聞いてもらい、アドバイスが必要なこともあるかもしれません。
だけど、本当にどうしたらよいのか、自分の本当のところは、全て自分がその答えを知っているのです。
そこにいかに気づいていくのかがセッションのポイントであり、
いかに自分を理解するかというのは、
自分の本質や宇宙の真理を知ることでもあります。

セッションでは、自分からふと出た言葉や感覚、感情、思考、イメージなどをたどり
何故そうなったのか(悩みなど)のプロセスをたどり、
自分の真実を知っていけるためのサポートをしていきます。
時間としてはかなり短いのですが、セッション中はわたしのみならず、
お客さんもすごく集中している時間です。

セッションの後半はエッセンス選びをジョフィエルにしてもらい、わたしが解説し、ボトルを作る時間。
ジョフィエルはお客さんのエネルギーをみながら、エッセンスを近づけた際にどんな変化があるかをみていきます。
わたしはそれらの解説をカタログを読み上げていきます。
このエッセンス解説の時間にも気づきが促される方はわりと多かったりします。

このとき、ジョフィエルは、たとえば許しがテーマだとしたら、
必ずしも許しのエッセンスは選びません。
わたしの頭では、こんなエッセンスが経験的に浮かぶと伝えても、
ジョフィエルがエネルギーをみて、違うと判断されるケースが殆ど。
だから、わたしの思考や経験では選びきれないのです。
許しが必要だとされても、それは、慈悲についてのエネルギーを必要とするかもしれませんし、
愛というものを新たに定義づけするようなエネルギーを必要なのかもしれません。
もしかすると許しのテーマに付随して罪悪感があったりもします。
セッションでエッセンスを選ぶときは、
単に許しというイメージに対して自分を当てはめるだけの選び方ではなく、
許しに対してどんなかんじで癒すことをすれば、
すんなり解放できるかにフォーカスしていくようなセッションならば
それなりのエッセンスとなりますし、
人により癒しの深さも違います。

セッションで気づきを得られたというお客さんや、
セッションで自分の新たな側面に気付かされることもありますが、
気づきこそが、魂を成長させていきます。

なので、気づきに対するご感想などいただくたびに、
気づかれて、よかった。
気づいてくれて、ありがとう。
そんな気持ちにさせられるのです。

魂が成長し、より豊かな人生を歩むために、
そして、今日セッションを受けられたお客さんの魂の輝きが、
明日の誰かの救いになっていくために、
わたしも日々気づいていけるようになるために、
セッションを通じ、わたし自身、
お客さんから大変学ばさせていただいていて、
気づきを与えていただいているのは
本当に感謝でしかなく、
こういう感謝はセラピスト冥利につきるなと思うのでした。

つい先日のセッションではセラピストをされてらっしゃる方だったのですが
(セラピストさんやヒーラーさん、占い師さんがお客さんには多くいらっしゃいます)
プライドについての掘り下げのとき、わたしがヒントを出していたところ、
「れいあさんも仕事に対してプライドがかなりあるんですね」
と仰られたのですが、
これまで仕事に対してプライドを持っているという意識がなかったために、
セッション中でのふとしたお客さんの一言で、気付かされました。
ああ、この感覚、、プライドなのかあ、
わたし、プライド持って仕事してるよなあ、、と、妙に納得させられました。
それと同時に仕事に対する意識って育っていくものなんだな、とも感じました。
最初のうちは、自信はなかったかもしれない。
だけど、様々なお客さんに接し、その人生に寄り添うということは、
わたしの貴重な体験にもなっているのです。
時に、お客さんの、その抱えてきたストーリーに勇気をいただくこともあります。

頑張ってきたんだね。
できるだけ力を抜いて、深呼吸して。
自分をハグしてあげてください。
あなたの素晴らしさ、感じてください。

わたしもあなたと共に、います。
同じ時代を、いま、あなたと生きています。
あなたは、ひとりではありません。


セッションするたびに、そんな気持ちにさせられるのです。


現在、リピーターのお客さんの11月のセッションやフェイシャルの枠が埋まりつつあります。
あと今年も数ヶ月。
年末にはセッション1000人越えするかな?!
という期待とともに、
わたしもさらなる高みに向けて
自らをステップアップしていけたらよいなと思わさせられました。


最後までご覧いただきありがとうございます。
Posted by