Soul Therapist Leiya れいあ

Soul Therapist Leiya れいあ

-
はい、れいあです。

なんなんですか、この暑さッ!(怒!)
もうね、暑さというか、湿気すごすぎでしょ。

お昼を食べるのも、なるべく体力使わずにどれだけ近場でおなかを満足させられるだろうか、
お昼はどこにしようかな~、それとも買ってきてお店で食べるかなー
なんてことばかりいつも考えているわたくしでございますww

いらしたことのある方はご存知のように、武蔵小山にはたくさんの飲食店があります(飲み屋が中心だけど)
今日は、お昼何食べたいというのが珍しくなくて、
結局商店街すべて回って歩いたけど、なにも食べる気になりませんでした。
特に体調悪いわけでも、食べられないくらいの不安があるわけでもないのに何故か食べる気持ちがおこらない。
それって、食いしん坊のわたしにしてはめちゃくちゃ珍しいことw

お蕎麦ならはいるかなと思ったけど、近くのお蕎麦やさんは、なんか今は違うんだよなぁ。。というかんじでした。
歩きまわって唯一食べたいと思ったのはサバ寿司だけど1~2切入るかな、というかんじだから買うのをやめてしまった。
お寿司が目に入ったのは、さっぱりしたものが食べたかったのかもしれません。
朝はいつもスムージーだけだから、おなかはすいてたのだけど、今日はお昼抜きかもなあ、なんて思ってました。

食べることで食べ物からエネルギーって入るけど
食べることという行為そのものも、エネルギーが必要なことなんだなあ、、と考えてしまうレベル。
咀嚼がめんどくさいというか、食べるのって結構力使うんだよねぇとか思うだなんて、
わたしらしくないじゃなぁい?!
もしや、はやくも軽く夏バテか?(お菓子やつまみなら食べられるんだけどねえ)

午後のセッションを終えて帰るも、何か食べようと思わず、とにかく家でシャワーあびて休みたい気分でした。
で、すぐに電車に乗り込み、鷺沼駅に着いたわけです(れいあさんの最寄り駅です)

鷺沼は、さほど飲食店があるわけでもないんだよね。
隣のたまプラーザなら色々あるけど、たまプラで降りても、ぶらつくほどの気力が帰りにはいつもないかんじ。
電車で気力を奪われてしまうんだよね。

そんなときふと思い出したのがお蕎麦(再びw)
鷺沼のちょっとさびれた雰囲気の飲食店街があるのですが
昔からそこにあるお蕎麦屋さんがとてもおいしかったのを思い出しました。
そこのお蕎麦なら入るかな、食べたいなあ、久しぶりに!

駅からお蕎麦やさんまではわりと近いので、駅に降りるたび何度も寄りたいとは思うのですが
バスロータリーを超えて交差点を超えてお店があるため
バスがきていたり、バスの列のことを考えると、どうしてもすぐにバスに乗ってしまうのだよね。

よしみや
http://www.e-4438.com/


関連ランキング:そば(蕎麦) | 鷺沼駅宮前平駅





久々に立ち寄りました。
内装は普通のお蕎麦やさん(手打ち蕎麦)です。

ここのお蕎麦は一番粉を使っていて、そばつゆもわたし好み。
でも昔より、細切りになった印象があります。
喉越しはよいんだけど、もう少し、噛み応えもほしいから、
個人的にはもうすこし太くてもいいかな。

昔は、当時付き合ってた彼氏もわたしも、お蕎麦だいすきで、
神奈川を中心に関東近郊の色々なお蕎麦やさんを食べ歩きました。

当時は、いつもおごってもらっていたんですが、初めて自腹で行きましたw
おごってもらっていたときは、平気で
天せいろ!(1600円)
鴨せいろ!(1500円)
と、お蕎麦をよく頼んでましたが(でもまあ一般的な価格かもですが当時は学生だったんでw)
自腹になると1350円の海老天おろしそばが限度かなあw

本当は1000円の、桜海老のかきあげそばを考えてたんですが、
ラファエルに「1350円だけど、海老天おろしにしなよー」といわれ、そうしました。

海老が、ぷりぷりで、さっぱりしていておいしかったです。
活きあなごをしめて天ぷらにした
あなご天せいろが現在のお店のおすすめみたい。
このお店は、日本酒がおいしいのが揃っていたのを思い出しました。

お蕎麦やさんにいって、わたしがよく頼むのは、だし巻きたまご。
おいしいお蕎麦やさんは、だし巻きたまごも美味しいという自説があります(笑)

お蕎麦と天ぷら、だし巻きたまご、板わさ、と
はっきりいって、お酒がメインになりそうなお蕎麦やさんが、わたしはだいすきなんだよね。
お酒はいまは飲まないけど、お酒のアテは大すきですね。

ここらで、よしみや含めてわたしが昔よく通ったお蕎麦屋さんをご紹介。
わたしは西湘から御殿場、三島、沼津を中心に遊んでいたので、西湘エリアになるけど。

わたしの中の第一位は、クローズしてしまったようなのですが
本厚木の水引の交差点(R129)にある宮本庵さんでした。

本厚木 宮本庵(閉店)
http://tabelog.com/kanagawa/A1408/A140802/14002836/

ちなみに介護をしてた祖母も大の蕎麦好きでした。
わたしは祖母がまだかろうじて歩けていたとき、
あちこちのお蕎麦やさんやおいしいお店に2人でいきました。
いまは閉店した厚木水引の宮本庵さんにも、その美味しさを共感してもらいたくて、
クルマで品川まで行き、厚木へ行き、また品川へ祖母を送って、わたしは神奈川に帰る
なんてこともしてました。
懐かしいなあ。
あの時のことは忘れないよ。

一方、わたしの父親も蕎麦好きなんですが、父親が好きなのは、田舎蕎麦。
素朴な味わいで、お蕎麦の香りがちゃんとする十割蕎麦が好きみたいです。

両親とは軽井沢~草津に旅行することが多かったのですが
中軽井沢の水音というお蕎麦屋さんのお蕎麦がわたしは好きでした。
(ここも閉店してしまったみたいです)
軽井沢では、かぎもとやが有名ですね。
父親の好みは更科とかではなく、かぎもとやさんのお蕎麦のようなものが好きみたいです。

かぎもとや
http://www.kagimotoya.co.jp/



関連ランキング:そば(蕎麦) | 中軽井沢駅



しかし父親は食べるより打つほうが好きらしく(打つのは二八になりますが)
毎年10月か11月に新蕎麦の粉を入手して、年末の年越し蕎麦まで数回、うちでは手打ち蕎麦を作ります。
わたしも父親に手打ち蕎麦を教えてもらい、何度か打ってます。
菊練りといって、粉を水を入れてある程度まとめたら、
菊の花びらみたいに、片手で圧を加えながら練っていくのですが、
このとき中の空気を出して、圧をかけていくという、蕎麦打ちでは、かなり重要な工程があります。
蕎麦打ちは力を使うため、男性のほうが向いてるかな、なんて思ってしまいます。

娘のわたしがいうのもアレですが、父親のお蕎麦は、なかなかおいしいんだよね。
でも打ってあまってしまい、翌日になると、切れてしまいやすいので、やはり打ちたて、茹でたては基本です。
父親と、たまに、わたしも打って、ゆで、母親は傍らで天ぷらを揚げて、出来たての天せいろを食べるのだけど、
両親とは色々あったけど、こういうとき、こんな、素朴な小さなことが
実は家族の幸せなんだろうな
なんて思ったりすることも。
く、、クソっ!こんなのでッ!www

母親はうどん派だけど、父親のお蕎麦は食べるんだよね。

次に秦野~伊勢原の砂場。
http://www.hadanosunaba.com/
神奈川県秦野市新町2-30
0463-82-5715
営業時間:10:30~21:00 (オーダーストップ20:45頃)           
定 休 日 :火曜日


関連ランキング:そば(蕎麦) | 秦野駅



秦野は落花生やたばこが名産なんですが
ゆでた落花生とか最高ですw
わたしはビール飲めないけど、茹で落花生はビールのおつまみに最高なイメージです(笑)
でも地元くらいでしかなかなか味わえないですね。
ちなみに秦野のJAでは、ゆで落花生を冷凍にしたものなんかもあります。

大山や足柄まで行くと、またちょっと雰囲気がかわりますが、
伊勢原から秦野、渋沢あたりをクルマで走り、美味しいお蕎麦やさんがありそうな雰囲気が好きなんだよね(笑)

蕎麦好きならば、やっぱり、老舗の御三家である
砂場、更科、藪
に一度は行っておきたいけど
秦野にあるのは、砂場。
わりと大きいお店です。

関東では更科が有名ですが、わたしは大阪が本流である砂場のお蕎麦、おつゆが、ともに好き。

わたしはもともと一番粉を使った、透明感のある更科そばが大好きでした。
お蕎麦そのものは、更科はとても好きです。
麻布十番にある永坂更科(本店)にも何度か足を運んだけど、
永坂更科では、汁が甘いものと、辛いものがあって、
あわせて食べたりするんだけど
わたしとしては、全体的につゆが甘いように感じます。

更科は江戸を中心にしていて、砂場は大阪が中心。
藪蕎麦は神田にあるところも行ったけど、江戸庶民のイメージがあるな。

更科好きの人は多いけど、わたしは総合的に砂場のほうが好きみたい。
でも、一番粉のみのお蕎麦って、喉越しがすごく好き。

次は両親と一緒に立ち寄ったこともあるお蕎麦やさん。
茅ヶ崎、というか正確には辻堂にある紅がらというお店です。

ここは、変わり蕎麦があり、おいしいんですが、
わたしはスタンダードなお蕎麦をいただくことが多かったかな。
わたしが好きなお蕎麦やさんは、基本が天せいろ(と、卵焼き)を頼むと高くなりがちだけど
こちらは比較的庶民的なかんじで、いついっても満席だった印象があります。

蕎麦司 紅がら
http://www.benigara.com/
神奈川県茅ヶ崎市常盤町6-25
定休日:無休


関連ランキング:そば(蕎麦) | 辻堂駅



最後に、厚木の宮本庵さんがクローズしてたため
もう一軒ご紹介。
わたしはお蕎麦をいただくことが多かったけど
基本的には日本料理のお店。

本店は本郷台(大船)にありますが
わたしは大和店のみ、利用してました。
雰囲気がとにかく大好きな店で、とてもおちついてます。
あまりわたしの語彙にはないのだけど、
しっぽりしているかんじ、というのが、とてもあります。

高尾に、うかい鳥山という店があるけれど
(まだ一度しか行ったことないけど)人里離れ離れていて、凄くよいんだけど
お高いのよね~
というお店ですが、そこまで金額はいかないけど、お蕎麦とかの利用もできます(わたしはお蕎麦メインでした)
しかも、すぐそばが246号線とは思えないくらい落ち着いているのが魅力的な懐石料理店です。

国道246号と16号の旧道である八王子街道の交差点、目黒の交差点があるのですが、そこからほど近いお店です。
山中湖とか津久井、相模湖方面の帰りに立ち寄ることが多かったです。

九つ井(ここのついど)大和店
046-276-3060
神奈川県大和市下鶴間2249
http://www.kokonotuido.com/yamatoten/index.html


関連ランキング:そば(蕎麦) | 南町田駅つきみ野駅南林間駅



ちなみに玉川高島屋の東館の地下にも支店があるみたいです。

九つ井(ここのついど)玉川店
http://www.kokonotuido.com/tamagawaten/index.html

こんなふうに蕎麦談義してきましたがこれら紹介したお店、みんなクルマで行っていました。
ここしばらく車を運転していないので遠ざかっていましたが、メインで通っていたのは20代の話。。。

つくづく、昔から、落ち着いた雰囲気が好きなんだなと思いました。
山羊座ならではですね(太陽も金星も水星も山羊座)

ようやく年相応になってきたのかもしれませんねw

では、ここらへんで。

以上、神奈川西部~静岡東部を愛する神奈川県民れいあさんの食レポ(蕎麦編)でしたw




で、終わらせようとしたのですがおまけ。
静岡東部、というかね、うなぎの季節になりますので三島のウナギ屋さんを。
知ってる人は知っている桜家さん。そしてうなよし。
三島のうなぎは富士山の雪解け水、湧き水、お水がとてもきれいなのですね。
そこでウナギをおよがせておくので、おいしいのです。

うなぎ 桜家 (さくらや)
http://www.sakura-ya.net/



関連ランキング:うなぎ | 三島広小路駅三島田町駅三島駅



さくらやさんより少し庶民的なのがうなよしさん。

三島 うなよし
http://www.unayoshi.net/


関連ランキング:うなぎ | 沼津駅



もひとつおまけに沼津のおいしいウナギ屋さんに「ぼんどーる」という店があるのですが
個室もあっていい雰囲気ですよ。
懐石料理店でもあります。

沼津 ぼんどーる
http://bondool.com/home.html
〒410-0022 沼津市大岡2870-2
大岡(静岡県)駅出口から徒歩約13分
下土狩駅出口から徒歩約30分
三島広小路駅出口から徒歩約40分
電話番号 055-925-2511
営業時間 {月~金}祝祭日を除く
11:00~14:30L.O14:00
17:00~21:30L.O20:45
{土、日、祝祭日}
11:00~15:30L.O15:00
17:00~21:30L.O20:45

ちなみに父の日に浜名湖のうなぎを奮発してかば焼きと白焼きを贈りましたが
浜名湖以西の焼き方と関東の焼き方ってちょっと違ったりします。
関東は、背開きで竹串で蒸して焼きますが、
関西は、腹裂きで金串で焼きます(蒸さない)
その中間が愛知や浜名湖、、
わたしの知る限り、湖西市あたりから
関東が珍しくなる印象がありました。


白焼きにわさびじょうゆ、とってもうまかったですおっおっ!!(^ω^)

本当は静岡東部、富士宮くらいまでいろいろ食べ歩いてきたのですが
きりがないので今日はここまで~!
(^ω^)(^ω^)(^ω^)おっおっおっ

最後までご覧いただきありがとうございました☆彡


あでぃおーーす。
Posted by