花魔女★れいあ

花魔女★れいあ

-
はい、れいあです。

本日は、新たにセッションに導入するエッセンスである
チャリスウェルのヘブンオンアースシリーズのご紹介です。

たとえばこのヘブンオンアースのうちのパワーというエッセンスは
2012年12月21日というマヤ暦の壮大なるひとつのサイクルが終わるとされていた日でもありますが(諸説はありましたが)
この日に誕生したエッセンスでもあります。

いつもはジョフィエルが選んでくれるのですが
今回はラファエルのご希望で購入したエッセンスになります。

これまでチャリスウェルはアップルブロッサムというエッセンスのみ使ってきました。
今回ラインナップがほんのり増えます。

チャリスウェルのエッセンスは、癒しへの道のりを支えて力づけるエッセンスといわれています。
そして愛、バランス、強さ、勇気をもたらします。
これらのエッセンスには、人類の進化と気付きを展開させていくための意図が組み込まれているそうです。
これにより、(使う人の)人生の行く手で浄化と調整がおこり、
平和、喜び、完全さのバイブレーションが伝播していくというエッセンスになります。

どうか少しでも皆様のお役にたてますように。




チャリスウェル エッセンス ヘブンオンアース Heaven on Earth ラブ Love
井戸の一番底にある「愛の存在」の場所から、本来の姿を取り戻す手助けをします。
もし、自意識・無意識のどの部分であれ、「愛せない」「愛されていない」と感じるならば、そのような抑制する信念、考え、感情のパターンを手放すようアシストするので、より多くの愛を自分の内側に宿らせ、人生をみなぎらせてくれます。 この状態から、創造主と宇宙のハートとひとつになって、生まれながらに持っている自己の神聖さとの繋がりを取り戻します。
このエッセンスには、金星が太陽と地球の間を通過する期間と月食の時間が刻み込まれています。これは、8年のサイクルで金星の軌道が天空に描く5枚花弁のバラの神聖幾何模様が完結する時期です。
金星、月、バラは、神の女性的側面のシンボルであり、女性性の柔軟で養育的な性質を備えています。
愛の栄養を深く受け取りたいときに。
またその愛を他の人に降り注ぐときに。

チャリスウェル エッセンス ヘブンオンアース Heaven on Earth パワー Power
レンズが太陽光を強力な一本の光線にして物を溶かすように、現実に対する思い違いを克服し、私たちの真実と目的を明らかにし、そこにたどり着くための活力をもたらします。
自らを表現することに信頼をおきながら、創造の形成に伴った正しい行動がとれるよう、ダイナミックな力を与えます。
このエッセンスは、2012年12月21日に作られました。
この日は、マヤのひとつの時代の終焉であり、第6の太陽の時代の幕開け、5125年サイクルの始まり、また黄金期の始まりと予言されています。
26000年サイクルというマヤの長いカウントは、太陽が銀河系の中心から来るパワフルな一筋の光線を受け取ることにより記録されます。
この時が黄金期の始まりを示すだろうと言われてきました。
ハートの底からパワフルに行動したいと思うときに。


チャリスウェル エッセンス ヘブンオンアース Heaven on Earth ライト Light
「ラブ」と「パワー」のエッセンスが一体化し、相乗効果により「ライト」が誕生しました。
このエッセンスを摂ると、私たちは体系化されたエネルギー粒子の光を取り込みます。
この光-フォトンはをコード化してソース(根源)と共鳴させます。
私たちは完全な調和の中でキリストや聖母や聖父となり達の役目である神との真の共同制作者となります。
そしてすべての存在にとって、また人生のあらゆる場面て、全体性を考慮に入れた上で役に立つ事を提案します。
私たちは平和を創造し、その庭へと帰り、人類に奉仕する者となります。
私たちは、内なる神と、全てと共ワンネスという、真実の上に築かれた新しいパラダイムを共同で創造します。
この状態により私たちは輝きます。
自分の気高さや荘厳さを取り戻します。
自分を通じて夢が形となって誕ものによって輝かされるのです。
私たちは明瞭さと共に闇を可視化させて、混乱や無秩序に穴を開ける存本当の明瞭さを見出す必要のあるときに。
自分自身が何者かを思い出したいときに。
変化やチャレンジの光の中にグラウンディングするために。

Posted by