Soul Therapist Leiya れいあ

Soul Therapist Leiya れいあ

-
はい、れいあです。

福岡2日目は、1日目とうって変わって、朝からぐんぐん気温があがり、暑い一日となりました。

遮光カーテンをしないままで寝たんですが
朝、ひとすじのまばゆい光で目を覚ましました。
寝ぼけながら、光のもとを辿ると大きな太陽が海からあがってきました。
それにしても朝陽に直撃されるかのように目覚め、二度寝もままならずにおりました。



朝食のルームサービスは8時30分に頼んでいたので
時間を早くしてほしいくらいに。。



前回はホテルからタクシーで駅までいきましたが
バスの時刻表を初日に見つけたので、写真を撮っておき、バスの時刻から計画をたてていました。

わたしは初めて大牟田にきたときは博多からJRででしたが
JR大牟田駅を降りると駅の隣に観光案内所があり、そこで自転車をレンタルしたんですね。
次からは、天神より西鉄で大牟田まで一本、天神大牟田線の特急で行っています。
西鉄大牟田駅を出る前に駅で自転車をレンタルしてるとあったので二回目以降は西鉄のお世話になってます。
今回初日は暴風雨のためタクシーでしたけどね。
駅から自転車で10分ちょいかかり、歩くと結構あるため
自転車がわたしのデフォルト。



駅の改札を出てコインロッカーに荷物を預けていざ出発!


大牟田は、三池炭坑がある、炭坑の町でもありました。
有明海に面しています。
写真の、延命公園とある場所が、大牟田市動物園も含まれます。
地元では延命動物園とかいわれたりもするみたい。


延命公園の入り口近くに、カルタックス大牟田というカルタ博物館があります。

今回大牟田に行く前に、福岡の地方番組をyoutubeで見ていたんですが
大牟田は、新大牟田駅という、九州新幹線も通るところに位置し、
新大牟田と大牟田は離れてるんですが
福岡の一番南の、隣は荒尾という熊本の駅になるのですが
久留米よりもっと南に位置しています。
そんな観光の番組の中で大牟田の紹介をしていて、
カルタックスがでてきたんですよね。
カルタックスは警察署の前にあって、動物園に行くとき自転車で必ず通るのですが
建物から市民ホールだと勘違いしていました。
改めて通って写真をとってしまいました。

さて、動物園、外のゲートになります。


ここから急な坂道が動物園のレッサーパンダ舎まで容赦なく続きます。
自転車はとてもじゃないけど無理なレベル。

わたしは動物園パスポートを持ってますが
通常はこちらで料金を支払います。
入り口になります。


入ろうとしたら

昨日は雨の中ありがとうございました

と係員さんに声をかけられ
やはり暴風雨の中、動物園に行く人はいないだろうなと思いました。
でも、昨日は無理してでも行ってよかった。

入るとすぐ隣にミニ遊園地があって、
観覧車があります。



そのとなりには、動物園だけど、ゴマフアザラシが。



リスやサルを横目で見つつ、すぐにツキノワグマが。
少し行くと、ヤギに餌やりができたりします。
キツネやラマなんかのコーナーを抜けるあたりから坂道が再びはじまります。
昨日お世話になった展示資料室をすぎると、、、

ここから急な坂道が。

猛獣類のコーナーを抜け、階段でユキヒョウ舎にいくか、
スロープをいき、レッサーパンダ舎へ向かうか。

この坂道を抜けると、ゴールは近い。

途中に案内のポスターがあり、
そこにはレン君の写真が。



さて、レッサーパンダ舎ですよ。


隣にはキリンさんが。


行ったら、そらちゃん(雌のレッサーパンダ)はいたんだけど、

レン君が見つからない。

レッサーパンダ舎は大きいほうと、小さなほうがあり、
日替わりで展示を変えてるんですね。
大きいほうからは屋内展示室につながっています。

屋内展示はこんなふうにレン君がポスターに。




今日の体重がのってました。
前はこういうのなかったんだよね。
屋内展示も色々工夫してつくりをかえている最中みたい。


レン君、思ってた以上に重くてビックリ。
レッサーパンダってもっと軽いものかと。

さてさて、レン君がいないんだけど。

あきらめていたら、あれ?あれがレン君?



しっぽだけ最初見えて、次に手、足が。
肝心の顔が見えない、、、

仕方ないので、近くの売店にてソフトクリームを購入。

レン君、日陰を求めて、しかもレッサーパンダは高い木の上で生活するので
高いところにいるんですよね。
寒いところ、ヒマラヤやネパールが原産なので
毛に覆われて、日本の夏はかなり暑いかと思います。

売店近くにある自販機にレン君が。



やっぱり彼はアイドルですね。
わたしはいわばアイドルの追っ掛けみたいなかんじで大牟田まで行くんですが、
アイドルとは違って握手会とかないものね、動物だから、、、気まぐれだし。

さて、、、


まだだめみたい。

しばらくたち、、、



今日は暑くて動かないみたい。。。
せっかくきたのに、レン君はすぐそこにいるのに、、

会いたいからきてるのに、レン君は日陰の上でおやすみ状態。

1時間待ったけど、結局レン君は、すぐそこにいても、ちゃんと顔が見えないままでした。

動物だから仕方ないのはわかってるけど、
淋しさというより、切ない気持ちになってしまい、レッサーパンダ舎をあとにしました。

昨日は少しだったし、暴風雨の中だったけど、
だからこそわたしが行ってレン君と目があってすごく嬉しかったし、報われた気持ちでした。
今日は人もわりといたし
難しいなあ、
わたし、レン君が本命で大牟田まで毎回来てるのに。

動物だからと思うけど、
やはり柵の外と中、見えない壁があるようで
レン君をもっと感じたかったけど、2日目はだめでした。

こんなとき思うんですよ、レン君とお話ししたい、とか、
レン君のそばにもっといれたらなあとか、
レン君はやはりわたしには永遠のアイドルなんだよね。


さて、そんな大牟田をあとにし、西鉄再び。


天神で今回は立ち寄らずに、空港まで行き、遅いランチを食べました。

ごま鯖はお刺身で。今回の食べおさめです。


空港の定食屋兼居酒屋でいつも食べるのだけど
大分とり天御膳を。
あまり東京じゃ見かけないからね。


今度は9月くらいに行きたいな(夏は航空運賃高いからね)

これまではスカイマークばかりでしたが、ホテルのプランの関係で、ANAに。
帰りの飛行機の3分の2がビジネス帰りの男性客ばかりでした。
みなさんお疲れ様~

わたしは翌日からセッションとフェイシャルだよー

こうして日常生活に戻りました。

やっぱり福岡は大好きなところです。
天神は、バスに乗ると韓国語がとびかうかんじですが(韓国や中国からの観光客が多いみたい)
大牟田は九州弁がもろにとびかっています。(動物園は近隣のお客さんが多いみたい)
地元の方も本当に気さくで素朴でいい方がたばかり。

そんなんせんでもよかろうもん
とか
○○しよっちゃけん
とか
レン君おらんばい
だなんて小さい子が喋ってるのきくと
かわいいな~とつい顔がほころんで微笑んでしまいます。
(大牟田弁は熊本に近い言葉らしいので、
動物園のお客さんの言葉からすると博多よりなのか、詳しい区別はわからないけど。
大牟田弁で頑張れ!は、がまだせ!だったり福岡弁とは違うらしい
芸人のヒロシは大牟田の隣の荒尾らしいので、大牟田弁に近いらしいとです)

またよろしくお願いしますー

ぎゃんよかー!(大牟田弁で、すごいいいねの意味)




Posted by