in 癒しとスピリチュアル

身体からのメッセージのキャッチ方法とは

-- COMMENT
はい、れいあです。

先日、わたしが福岡に旅行中、母親が眼を負傷してました。
仏壇にある松が入っている花瓶を持ち上げたとき、松葉が眼を直撃したらしく、
病院にいったら、幸い角膜には影響なく、菌を消毒するために目薬をつければよいといわれたみたい。
母親の白目が血だらけなんで、ビックリしたけど、大事に至らないでよかった。

これはなにかのメッセージ?

そう天使にたずねると、どうやら母親に対してのメッセージだそう。

実は昨年12月に母方の祖母が手術しました。
手術は成功しましたが介護を必要としています。
しかし母方祖母の家族、おじさんとおばさんは、みんな仕事で忙しい。
そんな中、母親は仕事をしていません。
そこで白羽の矢が母親にたちました。
詳しくは、お母さんの上の存在にきいてくださいね、そう天使にいわれました。

確かに起きることすべてに意味があります。

でもあまりにも神経質になって、とらわれすぎてしまい
起きることすべてへの意味づけで終始してしまうようなときは要注意です。
もしネガティブな思考が在る場合、そこにとらわれてなんでも悪いほうへむすびつけがちになってしまったりもするので
そのあたりは慎重になったほうがいいかなとも思います。

直観医療といって身体の悪いところをリーディングし、感情レベルやスピリチュアルレベルでよみとく手法が、あります。
これは、スピリチュアルレベルか、感情レベルか、肉体にはどんな影響が、あるのかが関係してきます。
どの階層とつながってのメッセージかというところまで関係してきます。

こういうメッセージを感じるときというのは
どこの階層につながっているのかということは、実のところ大切だったりもする。
そのメッセージがどこからきているのかもちょっと考えてみるとよいかもしれない。

ひとついえることとして
第三の目を使ってキャッチしているか、
頭頂部のチャクラが開いてキャッチしているのかということはとても大きな違いがある。

第三の目のフィルターが濁っていれば、つまりマインドの世界のものが大きければ
直観のように感じても、実はその人の思想だったなんてこともあったりする。
オーラの層とチャクラの関係の話をすると話が長くなってしまうので割愛させていただくね。

冒頭で書いた母親のケガが実はメッセージでもあったということについては
詳しいことはわたしには教えてくれなかったけれど
このような場所のこのような症状にはこんな意味がある、
そういう本をわたしは何冊かもっているんだけど
そのすべてが同じように必ずしも書かれているとは限らないのだ。

どういうことかというと、それは、そのような心と身体の関係を読み解いていく際に
どんな存在がどのような内容を教えてくれたのか、
それはそれを受け取った人がどんな存在とつながっているのか、
その人の波動によりそれはその時々で変わってきたりもする。

だから全部が全部同様に当てはまるとは限らない。
参考程度にすべきものだと思ったほうがいい。
しかし中には自分の考えがすべてだと思わせるようなニュアンスで書いているサイトさんも見かける。
そういうサイトさんには一部の信者のような人がついてくるものなのだけど
書いている本人が排他的であったりしたら怪しいと思っといていいと思う。

心のことは誰にも見えない。
正解は自分の智慧から導き出され、宇宙からの叡智をキャッチできるように
いつもハートを開いていること、そしてグラウンデイングが大切。
心配になったときこそグラウンディングって必要。
これは五行でいうところの「土」のエレメントのバランスとも関係してきます。

結局今回なにがいいたいかというと
母親のケガのメッセージがある出来事みたいだよと上から教えてもらったけど
それ以上は母親の問題でもあり、境界線の問題でもあるので
わたしは必要以上は踏み込むことはしない。
でも、自分がこういうときどんな学びがそこにあるのか知りたいと思う人も多いと思う。

そんなときは自分の身体にきいていくことが一番いい。
その体にきくことが難しいと感じたときは
目を閉じて、ただ呼吸に意識を集中して向けて、深く呼吸を続ける。
ただそれだけでも瞑想のような効果があるのでオススメ。

自分の内側に集中してみてください。
深いところに心の目を向けてみてください。
自分の外側には答えはありません。

もう少し体のことについて伺っていきましょう。

体の器官へと耳や心の目を傾けていくのです。

まずは頭頂部を意識し、ゆっくりと身体を感じましょう。
緊張しているなと感じたら、数回深呼吸をします。
ゆっくり、はっきりと意識しつつ
体の前と後ろを、頭頂部からつま先までを感じていくことをしていきます。

からだはどのように感じていますか?
心はどのように感じていますか?

頭頂部が終わったら、こめかみ、頬、後頭部、首・・・腕から手のひら、
そして指の一本一本までを感じてみようとしてください。

どうですか?

胸、そしておなか、足。。。太もも、膝、ふくらはぎ、足先、足の指にかけて。

そんなふうに体のひとつひとつを集中して感じ取ろうとしてみてください。

きっとあなただけの答えがぱっと浮かんだり聞こえたり見えたり、感じたりするかもしれません。


体のメッセージを音声だけでききとろうとはしないでください。
感じた事すべてがメッセージなのです。

そのようにしていくと、他者の症状についての思想や理論と
同じこともあるかもしれませんが、
ひとりひとり違ってくるものなのです。

思考ではなくそんな感覚を大事にしてみてくださいね。

そして自分はひとつの生命体であること、
そのライフフォースを感じ取ってみてください。
それだけでもきっとリラックスできるはずですよ。
  • Share