Soul Therapist Leiya れいあ

Soul Therapist Leiya れいあ

-
はい、れいあです。

本日、今年5人目となるセッション卒業生さんが誕生いたしました。

れいあさん
(略)
セッション中にも既に気づきと統合が始まっていたと思います。
満足&納得するまで掘り下げて良かったです!
自分にとっては、これからが本当のスタートみたいです。
伴走していただき、ありがとうございました。

寒いのでどうかお体大切になさってください。



お客様は夏からほぼ毎月いらしていただいていたのですが
ヒーリングにおいて開業をすることで悩んでいました。

わたしのセッションにいらっしゃるお客様は
ヒーリングや占いなどの職業にすでについていらしたり、
もしくはこれからそのような仕事をしていきたいという方が結構いらっしゃいます。

ライトワーカーとして活動していくことが
その人の在り方として、人生の目的としてある方も少なくありません。

わたくしのセッションでは、ライトワーカーを育て、輩出していくことが
わたくしの役割なのではないかと思っています。
いうなれば、
ライトワーカー養成コース
を目指しております。

今回卒業されるお客様も頭ではわかっていたのです。
ご自分の「役割」であるということを。

しかし必要以上に「役割」ということを意識しすぎていることで
なかなかその一歩を踏み出せずにもいるようでした。

本日にいたるまで様々なことが掘り下げられてきました。
前回のセッションは3時間にもわたるディープなセッションとなりました。

そしてセッション中にこんなことが出てきました。

「伝える。コミュニケーション」

ということばと

「愛」

と。

わたしにきたメッセージは
お客様が、その人となりの生きざまから、
まわりはただ、お客様がいる、
ただ生きている、
それだけでも、十分愛の存在なのであって
それが「役割」なのだということ。

そしてもうひとつ、経済的自立がテーマになっていたのですが
経済的な自立は「グラウンディング」とも関係してくるため
自分が好きなことをして、経済的に自立をすることが
運命の目的のグラウンデイングにもなっていく、ということがでてきました。

生きている。
ただそれだけで人は
愛を伝えているのです。

たとえ悩むことがあっても、
だからこそ、
いま、そこに生きている、
それだけでいいのです。

それだけで、まわりは愛を感じ、
それこそが運命の目的でもあったのです。

今回、お客様がヒーラーとして生きていくことは
愛を伝えるため。

ヒーラーとして生きることが愛を伝えるための生き方

ということがセッションのメインテーマとなりました。

こんなふうにして一連のセッションは終わったのですが
実に感慨深いものがありました。

またフェイシャルにでも遊びに来る感覚でいらしてくださいね!
Posted by