Soul Therapist Leiya れいあ

Soul Therapist Leiya れいあ

-
rel-300x300.jpg

はい、れいあです。

わたしは、まだ4人ほどではありますが、

「背中が痛い」

とおっしゃられる方へ
オーラやチャクラのトリートメントをすると
背中の痛みが消えた
という方が多かったので
記録としてちょっとこれを書いていきたいと思います。

こちらは最近の背中の痛みを抱えたお客様の感想です。

れいあ様

本日はセッション頂きまた詳細なレポートを頂きありがとうございます。

れいあ様のブログとセッションに導かれた事が
非常に今の自分にとって重要であった事が分かりこの運とご縁に心から感謝致します。

背中が痛くなっては近くのクイックマッサージに駆け込んでいたのが嘘の様です

浄化された感が非常にありお水を沢山飲みたくなりました。

いただいたエッセンスと共に浄化のスピードを上げ真実により近付き
他は天に任せ元気に笑っていられる私でいたいと思います。

フェイシャルが気持ち良すぎたのてまた空きがあれば是非お願いしたいと思います。

では本日は本当にありがとうございました。



お客様はセッションとフェイシャルのセットのコースだったのですが
腰の痛みと背中の痛みを抱えてらっしゃいました。

基本的にセッションにいらっしゃる方は感情的なお悩みを抱えてらっしゃる方で
身体の症状を得意とするのはキネシオロジーセッションなのですが
現在の状況についてダウジングできいてまいりました。

ひととおりセッションを終え、腰痛の心理的原因はどこからきているのかダウジングで調べていったのですが
背中については特にセッション中、直接的にはとりあげられませんでした。

セッションをクローズする最後のほうでお客様にはいつも

「何か質問はございませんか?」

ときいて特にないようでしたらセッションを終えるのですが

「背中の痛みはどこからきているのか知りたい」

というふうにおっしゃられておりましたので
過去のわたしのお客様の症例を紹介していきました。

背中の痛みはこれまでのお客様に対してどこが痛いのかをきいていくと、
ある共通点があったんですね。
それは、みなさん背骨の、僧帽筋下部のあたりが痛いということだったのですが
お客様によってはそこに手を触れると涙が出てきて、涙が出たら背中の痛みがなくなられたり
チャクラやオーラのトリートメントをセッションの中で行っていくと
どうやらとれやすいようなのですね。

そのあと多くの方がフェイシャルを受けられていたかんじだったのですが
わたしが気になるのは
背中や腰の痛みがあるのにフェイシャルでベッドに寝ることができるのだろうかということでした。
でも心配はいりませんでした。

しかしほとんどのお客様は腰が痛いとおっしゃっていても
フェイシャルとフェイシャル最後のオーラトリートメントを行うと
痛みを感じないことがほとんどのようです(現時点では)

フェイシャルでの仕上げに行うオーラトリートメントは数分なのですが
任脈と督脈の流れをよくしていくことがメインで、
そのほかにトーラスのトリートメントをしたり
オーラ上にあるグリッドポイントの調整をしたり
エネルギー抜きをしたりして整えるということを
大天使ラファエル、大天使チャミュエル、大天使ジョフィエルにサポートを受けながら行っております。

チャクラの調整なのですが
背中上部は、ちょうどハートチャクラの後ろの中心部分なのですね。

チャクラというのは前の方向にぐるぐると渦が出ているだけでなく
実は後ろ方向にもぐるぐると渦を巻いて出ているのです。

ちなみにこれは第2チャクラから第6チャクラまでの話であって
第1チャクラは大地の方向に、第7チャクラは宇宙の方向に、それぞれ渦を巻いています。

そんなハートチャクラは胸の部分なのですが胸より前の方向に渦が出ているだけでなく
背中側からも渦が通常は出ているのですが
背中の上部が痛いという方でチャクラとオーラの調整でそれが治る方の場合、
悲しみの感情を出せなかったり、
感情を飲みこむ癖があったり、
悲しまずに我慢してしまったり
インナーチャイルドが癒され切っていない場合、
そんなケースのとき
背中側からの渦がほとんど出ていなかったり
よわかったりしていたのですね。
前(胸)のハートはすごくオープンで開いている方でも
背中側のほうの渦がちゃんと出ていないときは
背中が痛くなってしまうケースが多いようで
これは要するにエネルギーがつまってしまってる状態といえます。

今回の場合、セッションにて背中の痛みのご質問を受けていたこともあって
セッションをクローズし、フェイシャルに移らさせていただいたのですが
フェイシャルの肺経のゾーンを中心にかなりディポジット(しこり)がありましたので
そのあたりを念入りにトリートメントしつつ
最後エネルギーフィールドを肉体のレベルから整えていき終了したら・・・

「腰は楽でした」

「背中が・・・いたくない!」

なんと!ずっと続いていらしたという背中の痛みがなくなったそうなのです。

悲しみをふさいでしまっていたものをフェイシャルとエネルギーフィールドの調整をしたら
ボディのほうの痛みがなくなっていたようでした。

過去は背中側のチャクラポイントをさすってあげたりするとそれで治ったりしていたんですが
それはタッチフォーヘルスを私なりの方法で部分的にとりいれたものでした。
タッチフォーヘルスは基本的に経絡の流れなのでチャクラではありませんが
わたしなりにチャクラに応用して解釈した結果、だったんですね。


背中の上部が痛むときには

「悲しかったとき、ちゃんと泣いているかな?」
「悲しみをしっかり表に出せているかな」

ということに
ちょっと意識してみてくださいね☆

また、お客様の場合、必要以上に背負いすぎていました。
自分のことだけでなく、他の人のことを。
こんなときもまた背中や肩のバランスや痛みと関係します。

自分の人生。
この世の中に生まれてきた理由は
魂の目的を果たすためですから
魂の目的を果たしていないとき、
いろんなサインとして心や体にあらわれてくるのです。
ちゃんと、流れに乗ってね、
そのままのあなたでいいんだよ、
もっと信頼していいんだよ、
そんなことを、伝えたいのかもしれませんね。

ちなみに怒りは第2チャクラらへんでため込みやすいです。
よく怒りは腰痛と関係するといいますが、
特に女性の場合は子宮卵巣の症状と密接的なかかわりがあります。
怒りをださないと怒りをためこむんですね、子宮なんかに。

そんなときは

「最近怒りをため込みすぎていないかな」

「自分で意識していないけど怒りはないかな」

というふうに意識を向けてみるとよいかもしれません。

そんなわけで、今回背中の痛みがこのままきれいになくなるには
悲しみや罪悪感の感情をすっきりさせる必要があったわけなのですが
ちょっとご報告したくなったのでこちらに書いてみました。

最後までご覧いただきありがとうございました!

Posted by