花魔女★れいあ

花魔女★れいあ

-
get131.jpg


はい、れいあです。

先日、セラピスト仲間にセッションをいたしました。
その時のあがってきたテーマは実に

「セラピストの抱える問題」

もしくは

「セラピストになろうとするのに一歩足を踏み出せない状態」

という時に思いやすいことだったりしたんですね。

わたくしのセッションには、結構

「セラピスト志望」

の方が多く、これから勉強していきたいという方もあわせますと
40%以上、半分に近い方がそのような方だったりされます。

そんなわけで、いろいろと参考になるかと思いますので
記事にしたいことを伝え、こちらにセッション内容をUPさせていただくことになりました。

セッション内容UPのご了解をいただきどうもありがとうございます!
(今回のセッションではフラワーエッセンスは選ばれませんでした。)



とはいえ、セッションでは最初からこの話になったわけではありません。
というのも現在引っ越しのことでいろいろと忙しい時期なので
それで落ち着かないということがあったのです。

しかし

「引っ越しが多いということは下のほうのチャクラと関係してくるんですよね~」

などと話しておりました。
つまり、これは

「地球とのつながりが弱い」

ということでもあり、

「足裏のチャクラ(0チャクラ)が弱い」

ということと関係してきて、それにペンデュラムでは反応したのです。

以前彼女をセッションしたとき、人間関係のテーマがフォーカスされ、
人との距離感についてクローズアップされたような記憶がありました。

そのことと関係してくるのか、まわりでおきていることに対して

「自分自身がぐらついてしまう」

ということにも反応していました。

そのぐらついてしまう要因のひとつに「グラウンディングの弱さ」が関係してきます。
グラウンディングだけでなく
「センタリング」がしっかりできていないと
たとえば人に振り回されてしまったり、誰かの感情に飲み込まれてしまいやすかったり
ということが起きやすくなってきます。
センタリングをしっかりとし他人との距離や境界線を保つためには
しっかりとしたグラウンディングが必要なのです。

自分軸・センタリングをしっかりし、なにがあっても

「あるがままの自分でいられる」には
グラウンディングが大切になってきます。

このとき大地とのつながりだけでなく

「地球とのつながり」

もしっかりさせることが重要です。

彼女がセッションをやっていくことに対していまいち前に進めない理由として

「自分のセッションにより却ってクライアントを不安にさせてしまうのではないか」

という気持ちも持っていました。

この根底には潜在意識に

「自信のなさ」



「自己肯定感の弱さ」

があることがわかります。

でもこういうふうに思ってしまい、
セラピスト活動を始めるのに躊躇してしまっていたり、勇気がいるという方は案外多いのではないでしょうか。

そのためにできることは
しつこいようですがグラウンディング、につきるのです。

そしてセッションでは

「自己の解放」

という言葉にも反応しました。

セラピストになろうとする多くの人がそのセラピーに出会うきっかけというのは
心や体調の不調がきっかけだった人が多いのではないかと思います。
一方で自分が癒されきっていないままセラピーをしてらっしゃる方も一定数いるようです。

セラピストは自分が解放されていることが大切になってきます。
解放されるために自分を見つめたり、
解放されるためにどうしたらよいかを模索することもセラピストの役割だとわたしは思いますし
これらは今後の自分のオリジナリティを追及したいセラピストにとっては特に重要になるかと思われます。

彼女の場合お姉さんの解放が必要だとダウジングでは出たのですが、
「姉が解放されればわたしも解放される」
「姉のことは心配することではない」
という言葉にも反応したんですね。
これについてはお姉さんに対してだけでなくいろいろな人に対して

「言いたいことを飲み込んでいる」

という言葉に反応したのですが、これもまたグラウンディングと関係してきます。

まずはこの「言いたいこと」に対して自ら手放し、リリースを行っていくことが大切なのですが
ネガティブなエネルギーの滞りを大地を通じて地球に返していくこと、
そのためにもこれまたグラウンディングが必要というわけなんですね。

手放したら次に大地のエネルギーを地球からいただき、吸い上げていきます。
まるで樹木が大地に根を張り、土の栄養分や水分などを吸収するように。

セラピストにはこのような「エネルギーの自浄作用システム」が自分の中にあることが理想です。

そんなお話を以前お客さんに対してしたことがあったのですが

「地球にネガティブなものを解放していくということは、地球に対して申し訳ない」

とおっしゃる方もいらしたのですが
地球には自浄作用があります。
海や川に自浄作用があるように、地球にも自浄作用があるのです。

だから地球にしっかりつながり、大地の「生きる」エネルギーをいただき(それが食べ物とも関係するのですが)
自らのネガティブなもの、言えなかったエネルギーなどは大地を通じて地球に返していきます。
そのとき地球に対して「お願いします。ありがとう」というふうに心で意図するとよいかと思いますよ。

そんなふうにグラウンディングができていると
それはセンタリングにもつながっていき、
自信にもつながっていくこととも関係してきます。

グラウンディングにはレベルというのがあって
生存本能的なものからスピリチュアルなもの、心配事があって落ち着かないというライトなもの・・・と
様々なレベルがあるのですが
とくにセラピーをする人やヒーリングをしている人にとって
グラウンデイングとセンタリングってとても重要になってきます。

それは人とのバウンダリー(境界線)とも大きなかかわりがあり、
結果的にグラウンディングと一口に行っても
様々なレベルでのエネルギー的関わり合いがあるのです。

ですので「自分がぐらついてしまう」ということ(⇒センタリングと「境界線」の問題)も
「お姉さんのことが心配」ということも(⇒センタリングと「境界線」の問題)
「自浄」ということも
すべて「グラウンディング」に集約されてくるのです。

彼女は普段エッセンスなどはやらない方なのですが
エッセンス以外ではどんなグラウンディング方法があるでしょうか。

彼女にみあったグラウンディング方法をダウジングできいていきました。

~グラウンディングのためにできること~
1.自然に触れること
2.植物を育てる
3.ヨガ
4.食べ物

という順番で上位が植物や自然とのかかわりと出たのです。
おそらくこのグラウンディングでどれが一番必要かというのは
気になる方は今後セッションなどでセッション中にきいていただければダウジングによりお答えいたします。

そんなかんじでいろいろなお話をお伺いしていったところ
すべてがグラウンディング、
第一チャクラというよりも足裏のチャクラ、0チャクラでの地球とのつながりが大切であることが今回のセッションで出てきました。

今回このようなかんじのセッションとなりましたがいかがでしょうか。

グラウンディングが大切だということがよくわかったセッションでした。

最後までご覧いただきありがとうございます☆彡