花魔女★れいあ

花魔女★れいあ

-
はい、れいあです。

先日、ホリスティック医学協会さん主催で
バッチ博士とアントロポゾフィー医学についてワークショップが開催されましたので
参加してまいりました。

バッチ博士については林サオダ先生が講師でした。
サオダ先生は90年代初頭からバッチフラワーレメディについての書籍を翻訳されてらっしゃる方で
わたしは日本に持ち込んだ第一人者だと認識しております。

わたしは国際バッチホリスティック協会でレベル2まで学んできたのですが
サオダ先生のワークショップにも過去何度か参加したり、
バッチフラワーのフォーラムにも参加してきました。
ですので、とても久々なのでうれしかったです。

内容そのものはフラワーエッセンスについては
ほとんどの書籍を読んできたため、頭にすべて入っているわけじゃないんですが
だいたい知ってる内容だな~という中で
ヒーリングハーブスのジュリアンバーナード氏のお花に対する見方についてを交えつつ
魂の植物 [ メヒトヒルト・シェファー ]

を書かれたメヒトヒルト・シェファー氏の見解も交えつつ、
バッチ博士がどうしてその花を選んだのか
について、英国バッチセンターの見解をお話されたり
久々にベーシックなバッチフラワーに触れることができてうれしかったです。

というのもセッションにて、バッチフラワーが選ばれる確率って1%程度なんです。
それくらい過去にほとんど選ばれない(最近特に)

なのでなんというか正直バッチフラワーは1930年代くらいのものなので
時代がそれだけ変わってきてしまったんだろうなって思うのですよね。

過去のわたしはこれの考えに反対でした。
人間の感情は38種類であることについて
それは根源的なものなのではないか、
何故ほかのメーカーのエッセンスがあるのか?
わたしにはわかりませんでした。

でもスピリチュアルな学びや経験を続けるにつれ、
考え方ががらっとかわっていきました。
というかほとんどエッセンスで体験していくうちに
38種類のエッセンスだけではちょっと時代的に間に合わない
というかんじで認識するようになっていったのです。

なのでちょっと寂しかったのですが、
これも時代の流れというのでしょうか。
でも久々に再会した感覚がうれしかったです。

もうひとつ。
山本忍先生のアントロポゾフィー医学とバッチのお花について。

サオダ先生のときもそうだったのですが
バッチ博士とシュタイナーの接点こそ記録がないのだけれど
どれだけ発想が近かったのかは
バッチ博士とシュタイナーを学ぶほどに思います。

バッチ博士はホメオパスでもあったのですが(いろいろな事情でホメオパスではなくなったのだけど)
また細菌学者だったこともあって
シュタイナー医学(アントロポゾフィー医学)との共通点があったり
またホメオパシーを作ったハーネマンの医療に対する考え、
時代を遡り、
アロマを知っている人であればほぼみなさんご存じであろうパラケルスス、
そしてゲーテのメタモルフォーゼ論について
以前こちらのブログにも書いた内容が多いのですが
そういう時代考証などもサオダ先生は行っていきました。

山本先生の場合はゲーテのメタモルフォーゼ論とシュタイナー医学の視点から
たとえば臓器と惑星の関係であったり、
惑星周期と花の形の話を中心に行われていき
大変興味深かったです。

中でも面白かったのが胎児というのは各星座のエネルギーがかかってきているというシュタイナーの考え。
なるほどなーときいておりました。
あとエーテル体が植物と人間をつなぐものだとか
そういうサトルボディ論についての考えもありすごく面白かったです。

またこういう機会があれば是非参加したいです。




★花魔女れいあのご予約状況★

お客様で複数予約をお取りいただいていらっしゃる方などに
googleカレンダー(予約済の方専用)にて時間を公開いたしております。
ご自分のお時間のご確認などされたい方はよろしくお願いいたします。

なお、ご予約記載日時以外の枠は、講習他の予定がありますため
指定日、時間以外の予約は受付できませんので
ブログなどの日にち、お時間、もしくはキャンセル待ちメルマガのご購読などにより
最新の日程をご確認の上、ご予約いただけましたら幸いです。


どうぞよろしくお願いいたします。

セッション予定表(予約済の方専用)

※9月・10月のご予約分はすべて満席となっております。
※11月12月は新規の方の受付を停止させていただいております。

11月25日(水) 14時~ セッション+フェイシャルのセット


キャンセル待ちなどご希望の方はメルマガに書いていきますのでご登録くだされば枠があいたときの情報がいきます。
(個別のキャンセル待ち受付は廃止しました)

<発行のタイミング>
・キャンセルが出た時(⇒メルマガ読者様で埋まったらブログ記事では書きません)
・新規の方の申込み開始したとき(⇒メルマガ読者様で埋まったらブログ記事では書きません)
・新規の方もOKの予約枠を作った時(⇒メルマガ読者様で埋まったらブログ記事では書きません)
・新しい月での公式申込み受付開始のときブログに先駆けてお知らせいたします。

◆キャンセル待ちなどのメルマガ配信登録の手順◆
1)下記にメルアドを入れて「参加」を押します。
E-mail

2)本人以外の人物によるメールマガジンへの登録を防ぐため、入力したメルアドにきた指定のURLにアクセスしてください。
3)メールマガジン登録完了のメールがいきます。これで完了いたします。ありがとうございます。

クレジットカードは使えません。現金のみのお支払いとなりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

reservebannar