花魔女★れいあ

花魔女★れいあ

-
はい、れいあです。

去る3月18日にこういう記事を書いていたことを覚えてらっしゃいますでしょうか。

猛烈な太陽嵐発生~地磁気嵐中
http://funkysista.blog88.fc2.com/blog-entry-3301.html

この期間の日本近辺の最大マグニチュードは
2015/04/20 10:42:55.6 与那国島近海 23°57.3′N 122°25.6′E 22km M6.8
というものでした。

太陽風は実際地球に到達するのに3~4日かかるのですが
実際にそれが地震トリガーとなって揺れるのは
これまでわたしがみてきたのはだいたい1~2か月遅れて大き目が来るパターンでした。

そしてそれから1か月半くらいのタイミングで
ネパールを皮切りに、パプアでも地震があり、箱根も火山性地震が起きたりしはじめました。

わたしの中では太陽活動が何等かの影響があったとしても
それもフレアが発生してもどちら方面が地球を向いていたのかによっても変わってきますし、
諸要因があるので一概にいえないので単に

「必ずそうなるわけじゃないけど、可能性がちょっと高くなるのかな」

というかんじで思っていただければと思います。

13日の朝に岩手、宮城で発生した震度5の地震なのですが
実は記事にはしていなかったのですが
これと関係あるのかな?
という、見守っていた?Xフレアが発生していたのです。
(いちおうヒーリングとかセラピー関連のブログを中心にしてるのでそっちが優先になっておりました)

NICTからXフレアの臨時情報がきたのはゴールデンウィークの終わり、6日のこと。

5日22時5分(UT)に、太陽面においてX2.7フレア(22時11分(UT)に最大、22時15分(UT)に終了)が発生しました。
SDO衛星の極端紫外線画像(AIA094)によると、このフレアは太陽面北半球東端付近の領域で発生したと推測されます。
このフレアに伴い、5日22時15分(UT)に稚内(北海道)、国分寺(東京)、山川(鹿児島)でデリンジャー現象が発生しました。



それと今日きた臨時メールは地磁気嵐。
関東周辺は終了後数日注意です。

気象庁地磁気観測所(柿岡)によると、12日22時(UT)頃に発生した緩始型地磁気嵐は、14日1時(UT)頃に終了しました。
この地磁気嵐に伴う地磁気水平成分の最大変化量は約99nTでした。



わたしはMクラスフレアだとわりとスルーしちゃうのですが
今回Xクラスかぁ・・・記事にするかどうかな・・・
って思っていました。
だって、箱根のことで結構敏感になってる人もいるかもしれませんし。。。
神奈川県民のわたくしは、そんな日がきても不思議はないよな~というかんじで
結構神奈川の他の人もそんなかんじ(正直危機感がない(苦笑)ですが
喘息持ちのわたくしとしては、やはり火山灰のこととか心配したほうがよいのかなと思うのですが・・・

以下に話すことは、
「後付けだ」って思われてかまわないというか、むしろそう思ってください的なことなのですがw
3.11の地震があったとき、停電がずっと神奈川のわたしの住む区域では続きました。
当時介護してたので結構停電がきつかったのですが、
非常時ではあるけれど、不安の中ろうそくや懐中電灯の明かりだけで夜を過ごし、
電池残量を心配しつつスマホをしたりしておりました。

ニュースはTVがつかないのでラジオより、FM横浜とか
ローカルの川崎のものをきいたりしておりました。
(非常時はローカルラジオが一番役に立ちました)

東京圏に住むひとたちは、どうやったら帰れるかとか、
明日会社どうなるの?とか、放射能のニュースがまだ入らなかったとき、
そんな心配を多くがしてたのですが・・・
昼前くらいに窓をあけて雲を観察してたんですよ。
そのとき、いきなり喘息がとまらなくなってしまいました。
喘息は正直ストレスで出てしまうものではありますが(だから話半分以下できいてほしいのだけど)
ちょっとだけ放射能って言葉が頭をよぎりました。

ずっと前、地震予測をしてたときはよくラドン濃度の観察をしたりしていました。

ラドン観測と地震予知(岐阜大学教育学部)
http://www.ercll.gifu-u.ac.jp/~tasaka/html/earthquake.html

岐阜県地下水中ラドン濃度の調査観測
http://lll.physics.gifu-u.ac.jp/

そんなことがあって、放射能と放射線の違いすらわからなかったわたくしが
これを観測しようとしたのが2008年のこと。
そのときの機器が来たときの記事がこちら↓

放射能汚染?その前に。。 on June01, 2008
http://funkysista.blog88.fc2.com/blog-entry-904.html

・・・どうやらわたしは時代を先取りしてしまったようだな(不謹慎)

で、原発事故の報道がないとき、なぜかこれを思い出して、放射能のこと気になったら、
あんな大参事が・・・ということでした。
でも、そのときそれを親に話したら
「なにいってんだ。でも可能性はあるかもしれないな」
ということを話してたのが思い出されます。

火山灰もだけど、本当に風向きだよね。。。

それはおいときまして、
その5月5日からのXフレアが関係するかわかりませんが
その一週間後に発生したのはマグニチュード6.6の地震。

発生時刻 2015年5月13日 6時12分ごろ
震源地 宮城県沖
緯度 北緯38.9度
経度 東経142.1度
深さ 50km
マグニチュード 6.6


これはわたしの妄想なのですが
ネパールの地震の影響もあるのだと思うのよ。
四川で地震があった時ヒマラヤを中心に時計回りで大地が変動しているので
5月12日に中国でマグニチュード7.4の地震が発生していたこともあり、
北海道とか、もう少し南下した太平洋沿岸が揺れるのかなと思っていたのですが
想像よりも早く発生したなと思ってるので
少し防災も意識をしてみるといい時期かもしれません。

平成27年04月25日15時47分 25日15時11分頃 インド付近 M7.5
平成27年04月25日16時46分 25日15時11分頃 インド付近 M7.9
平成27年05月01日17時36分  1日17時06分頃 ニューギニア付近 M7.1
平成27年05月05日11時14分  5日10時44分頃 ニューギニア付近 M7.5
平成27年05月05日11時51分  5日10時44分頃 ニューギニア付近 M7.5


(この間に2.7のXフレア発生)

平成27年05月07日16時40分  7日16時10分頃 ニューギニア付近 M7.2
平成27年05月12日16時31分 12日16時05分頃 中国西部 M7.4

ということで、また~~?って思うのは仕方ないのですが
Xフレア発生しちゃったので1か月半くらいまでは
「世界的に」
地震とか噴火とかそういうのに気を付けたほうがよろしいかと思いました。

ネパールの地震も上記見ると分かるように午後3時11分に2回おきているため
3.11が人工地震だという説を唱える人々(わたしもこれに近い考えが結構あるw)
とともにイルミナティの・・・おっと、こんな時間に誰か来たようだw

わたしは確認していませんのでデマかもしれないけど
先日もHAARP稼働してたとかいうのを見かけたので
そのあとに起きてしまうと、
やはりやつらか!
と中二病魂が揺さぶられるれいあさんであった。