花魔女★れいあ

花魔女★れいあ

-
はい、れいあです。

フラワーエッセンスについての疑問が寄せられましたので、
わたしなりにお答えしていきます~

まずは
Q1.
コンビで販売されているエッセンスの中に他社のエッセンスを2~4滴入れても大丈夫でしょうか?
(例:FESのYESの中にバッチやブッシュのフリンジヴァイオレット等、シングルエッセンスを直に入れる)

というご質問。

たとえばバッチフラワーのレスキューレメディは
インパチエンス、スターオブベツレヘム、チェリープラム、ロックローズ、クレマチス
の5種類が入った緊急時用エッセンスです。

バッチフラワーが「クラシックエッセンス」となった今では
たとえばコルテPHIエッセンスのRQ7は
これにセルフヒールとロータスのエッセンスを加えたもので
やはり緊急時用エッセンスとして有名です。

わたしもフラワーエッセンスをとり始めたころ、
トリートメントボトルを作るとき、
レスキューはどう扱えばよいのかと思ったのですが
バッチのレスキューについては1本として数えてもいいことを知った時
それをそのまま「そうなんだ~」と思って受け入れました。
しかし

「5種類入っているのになぜ1本としてカウントするのか?」

という仕組みがわたしにはよくわかりませんでした。

エッセンスについて深めていくうち
5種類のエッセンスは
「ひとつのテーマ」
として捉えるという意味がわかってきました。

バッチのレスキューだったら「緊急時」というふうに意図し作ったものですよね。
「これはこれで1本のボトル」としてとらえるものということがわかったのは
エネルギーワークを通じたり、ボトルを作る実践を重ねるうちに
体験的に「ああそうか」と理解できるようになってきました。
しかしそこまで理解を深める前のこと。
バッチフラワー以外のエッセンスもチャレンジしようと思ってとりはじめた中で
パシフィックエッセンスのハートスピリットがあったのですが
これにはちょっとした衝撃をうけました。

パシフィック エッセンス ハートスピリット

昔ハートスピリットについての記事を書いたとき(2007年くらい)

「ハートスピリット 彼氏 できる」

という検索ワードがすごく多かったことがありました^^

今は他にもいろいろ恋愛用のエッセンスなどがありますが
彼氏ができるかどうかは「結果論」にすぎないんですけどね。。。

ハートスピリットの場合「ハートを開く」ということにテーマがおかれたエッセンスなので
その結果、彼ができたというようなケースだと思うんですけれど

「ハートスピリットを飲めば彼ができる」

っていう動機でフラワーエッセンスを体験し、仮にもしできなかったら
(と思う時点で潜在意識的にはNGなんですが)

「フラワーエッセンスなんて効果ないじゃんw」

って思われるのが当時のわたくしは嫌だったので
このブログで散々

「ハートスピリットは彼氏を作るためのエッセンスじゃないです!」

ってふうに書いたのはいい思い出w

なんでハートスピリットに衝撃を受けたかというと
ハートスピリットには20種類のエッセンスが入っているからでした。
レスキューは5種類までだったけど
ハートスピリットってこんなにたくさんエッセンスが入ってるけどいいの?
と混乱がかなりありました。

これまで

「エッセンスを希釈するときは4~5種類まで」

ということになっているため

「そんなに入れちゃっていいの?」と率直に思ったんですよね。

そののちわたしはFESの講座を受講し
エッセンスを作ってみて、講座内で感想をシェアしたのですが
わたしは他の人より2本程度ですが多かったのです。
先生に怒られるかも・・・
ってちょっぴり思ったんですが(笑)
それが思った以上に効果あったことを伝えると

「エネルギーのバランスがとれていれば多少多くなっても大丈夫」

とおっしゃられたので
規定では4~5種類が一番BESTとされていますが
テーマをきめてエネルギーのバランスがとれていたらそれでよいのだな
ということがわかりました。
ミキシングボトルを作るときは、
どんなテーマで作るのかがとっても重要になってきます。
フラワーエッセンスはエネルギーなので
やはり「意図」とか「テーマ」が大切になってくるというわけですね。

長くなりましたがこの質問については

「トリートメントボトルを作るのであればコンビネーションも1種類としてカウントしてOK」

ということです。
(しかし・・・コンビネーションボトルに直接ボトっと別のエッセンスを入れるのはちょっといただけないかなと・・・)

結果からいいますと、

「コンビネーションのエッセンスは基本的にメーカー準拠」

というかんじでみていくとよいかと思います。
あとはペンデュラムやキネシオロジーなどでエネルギーチェックをするとよいかと思います。


Q2.
イルカ等、浄化作用のあるエッセンスで揺り起こしが少ない物はどれになりますか?

これはなんというか、わたしの考え(&ダウジングできいて)という結果をお伝えしますね。
これらのご質問を寄せられた方は先月にエッセンスを知ったそうなのですが

「直感でチョイスした初めてのブッシュコンビで死に向かいそうな程の揺り起こしを経験し、
もし癒やし=浄化であるなら、
癒やしが必要な人だけども、
まだ忘れたままの状態が必要な人の場合、
耐える強さがまだ無いなら揺り起こしがキツくない物を選ぶ必要があるんじゃないかと気になりました」

ということだったのですが
エッセンスをとられて好転反応などでパニックになったり衝撃を受けてしまうようなことも時にあるかもしれません。

わたしはそのようなことはオーラソーマで体験することが多いのですが
そのようなときはわたしはオーラソーマを中止します(そんなわけで今中止してるものがあります^^;)

こういう場合は無理にエッセンスをとることをわたしはすすめません。
セラピストによっては

「浄化が起きてるのでそのままとってください。なにかあればお越しください」

という方も多いかもしれませんが
基本的に、辛くなったときはお休みする
というスタンスをわたしはとります。
わたしもオーラソーマを一時中止したのは、ちょっと怖いって思ってしまったのですが、それは

「変化に対しての恐怖や無意識の変化に対する抵抗」

ということも中にはあるかと思うのです。
そんなときは急激な変化に対して緩和するようなエッセンスを先にとるのもひとつの手です。
これについてもいろいろなとらえ方(テーマに関して)があるため一概にこれとはいえませんが
たとえば


アラスカンエッセンス タイダルフォース

というエッセンスをとる方法もあります。
このエッセンスは「変化に抵抗がある場合」に適しています。

「人生の流れに適応させていくことを助けてくれるエッセンスで
変化のリズムとバランスを保ち不必要なものを洗い流す助けに」

というエッセンスです。

特に変容に関するものに関しては
テキストにあるような内容だけでなく
そのときのその人のエネルギー状態というのも結構ありますし
エッセンスとの相性もあったりするので
このようなときはこれをとれば大丈夫!というふうに
ひとくくりにできないとわたしは考えています。

というのもその人その人で持つ過去世を含めたバックグラウンドも違いますし
感情の在り方、取り組むテーマは人それぞれだからです。

そしてまたこれも大切だと思うので長くなりますが書くと

癒し=浄化

ではないということも付け加えておきます。

また

「なぜ浄化が必要だと感じたのか」

ということについて、もう少し深く見つめてみてもよいかと思います。
場合によってはそれに必要なエッセンスは「浄化」ではないかもしれません。

そんなことをいっていると
「では癒しってなんだ」
という途方もなく大きなことになってくるので
ざっくりいえばエッセンスは「気づき」を与えるためのアイテムであること。

何故気づきが必要なのかというと
「よりよく生きたいから」
とか
「成長したい」とかいろいろあるかと思いますが
きっと多くが、、
「今の自分ではいけない」と思っていたり、一番多いであろうことが
「もっと人生を幸せにしたい、そのために変わりたい」
という結果、気づき、ネガティブなものが出てきたり、浮かび上がってきたら
それらを「浄化」し、解放し、クリアにすることで変容がおき、成長していけるのだと思います。

また、

浄化についてこれを一応伝えておくと、

肉体に近いもしくは肉体レベル(での浄化)
感情レベル(での浄化)
思考レベル(での浄化)
魂レベル(での浄化)

というように、浄化に限らずですが
肉体、感情、思考、スピリット
というかんじでエッセンスのききかたの方向性みたいなのがあります。
フラワーエッセンス全般は主に感情に作用するのに対し
ジェムエッセンスは肉体に近いレベルをメインに作用します。
すべてのレベルにおいてきいてきますが、同じようなエッセンスがある中、
その方向性や特徴が様々なので
いかに目的やテーマに沿ったエッセンスを選ぶかがポイントになります。
でこぼこした道があったとしたらその凹凸を補修するイメージともいえますかね。

そのためには、トリートメントボトルを作る際に、
取り組むテーマ、ゴール、目標設定はどこか
本当にそれを求めているのかを自分の中であぶり出していくことが必要になってきます。

なので浄化と一口にいっても
自分がどのレベルでの作用が一番必要なのか、ということはあまり意識しづらいと思うのですが
例えば怒りに対するエッセンスが必要と感じたとき、どんな怒りなのかを見つめていきます。
怒りも昨日今日だけでなく、ずっと続いてきた怒りがあったり、
怒りだけでなく感情全般をおさえてばかりで解放が必要かもしれません。
怒りの感情に対しては怒りのエッセンス
だけと決めつけず、もっと多角的にとらえてみてもよいと思います。

もしかしたら怒りにフォーカスするのではなく、その人には「赦し」をテーマにしたほうがよいのかもしれません。
赦しについても、自分自身を責めたり傷つけてしまうことかもしれませんし、罪悪感の問題が伴うかもしれません。
そんなふうに様々なネガティヴなものが浮かびあがったのであれば
取り組んでいく優先順位もあります。
エッセンスは基本的に玉ねぎの皮むきなので、
準備がOKなところまでの皮むきをし、それに対して癒していくかんじですからね。
また好転反応が辛いこともあるかもしれません。
そんなときは少し回数を減らすなどがオススメです。

わたしはセッションにおいてはそのようなことをカウンセリングからエッセンスを導き出していますが
その人のハイヤーセルフやその人を守る存在とダウジングでアクセスしつつやっているため
やはりこのケースはこれが一番ということも一概に決めにくいなと
エッセンスを深く知るうちに思ってくるようになりました。
(一般論的にはこういうケースにはコレというのはもちろんありますが)

ちょっと長くなりましたが
浄化作用が穏やかだと感じるエッセンスをひとつだけ選ぶとしたら
スピリットインネイチャーエッセンス ブラックベリー


これは浄化のエッセンスではあるものの
わたしは怒りとかのネガティビティがあるときにこれを飲んだりするとスッキリします。
ベリー種にはどれも清めの性質があるそうですが
ラズベリーとストロベリーは他の性質がまさっている(byヨガナンダ)ということで
浄化のエッセンスとしてこれを選んだとスピリットインネイチャーのリラ・デイビー女史の本に書いてあります。

「ブラックベリーのエネルギーはきれいで率直で頼りになり、とりわけ明晰です」

とあります。
意識を強めて問題を直視するという傾向のエッセンスのようです。
ありのままに見る力を経験するという側面を持ちます。



浄化変容に限らずエッセンスによってガツンとくるものもあります。

わたしだったら、ですが(セラピストによって違うと思いますので)

1.エッセンスをとる回数を減らしてみる
2.スプレーなどの形に変えてみる


というかんじで様子をみながら使っていくことをおすすめしています。

今回こんなかんじでご質問に答えてみましたが
とにかくエッセンスはテキストよりも体験していくことで学ぶことがとても多いですね。


yoyakubutton.gif
☆前日および前々日の急なご予約は受付できませんのでよろしくお願いいたします☆

魂から本物のあなたを輝かせていきます
★花魔女れいあのセッション★
セッション終了後
「未来への希望ができました!」とか
「元気が出ます!」といわれることが多く、
また、その時その時で、ケースによりセッション内容がまったく変わってくるため
「楽しいセッションでした!」
といわれることも多いのが特徴になっております。

あなたも潜在意識からのサポートのエネルギーを受けてみませんか?
 リーディングによって選ばれたフラワーエッセンスのボトルは

「その人に今必要な非言語のメッセージ」

 お悩みの感情に向き合い、癒し、
その方が本来生まれて来た人生の目的を果たすため、
本当にやりたいことをやれるための道を光で照らし、
魂の目標に沿ってより輝いた毎日を過ごすためのサポートをいたします。

 いま、お悩みが複数あって、または、どれが今のテーマなのか、
まず何を解決し、次にどれを解決したほうがいいですよ~ということを
キネシオロジーやダウジングを用いてきいていきます。

 感情が表情としてお顔に蓄積されたものは
フェイシャルヒーリングを通じ解放していくことができますので
フェイシャルヒーリングとともに受けられると感情も解放され、いっそう効果的なのでおすすめしております。
フェイシャルを受けられたあなたは、顔に知らず知らずにたまった感情、筋肉がほぐされて本当のご自分に出会うかと思いますよ!

☆現在セッションに導入しているメーカー(一部含め)☆
バッチフラワーレメディ/FES/アラスカンエッセンス/ヒマラヤンフラワーエンハンサーズ/パシフィックエッセンス/
クリスタルハーブ(ローズコレクション/レインボウライトボディ)/ヒューマニフェスト/フローラコロナ/
オーストラリアブッシュ/コルテPHIエッセンス/チャリスウェルエッセンス/スターエッセンス/
インディゴエッセンス/アンジェリックエッセンス


*例えばこのようなヒーリングツールを使っていきます:
フラワーエッセンススプレー/オーラソーマ・ポマンダー/オーラソーマ・ポケットレスキュー/アークエンジェロイ/
各種オラクルカード/各種エネルギーヒーリング/エッセンシャルオイル(シングル)/ヤングリヴィングブレンドオイル/
チューニングフォーク(音叉)/クリスタルボウル/クリスタルヒーリングワンド/
ブレインジム/ホメオパシー/バッファローセージ/バグアマップ

セッション後メールにて「セッションレポート」をお届けいたしますので
「このエッセンスはどんな意味だったかな?」
「どんなヒーリングだったっけ?」
「どんなオラクルカードが出たっけ?」
ということも後でメールを見返すことで
自らの成長を振り返ることができるのも特徴のひとつです。


そんなセッションレポートやセッションの流れにつきましては
以下の記事が参考になりますので
初めての方は一度ご覧いただければ参考になるかと思いますよ☆

セッションの現場より
http://funkysista.blog88.fc2.com/blog-category-75.html

~料金~ 
~60分 5,000円(以降10分毎+1000円

※親子・ご夫婦などで同枠で受けられた場合、お一人分の対価となりますのでご了承くださいませ
(⇒ご夫婦同時のセッションの場合、お一人60分5000円x2となります)

フラワーエッセンスセッション(60分以降10分毎+1000円) +フェイシャルヒーリング⇒10,000円(+セッション延長分)
例)セッション90分(30分延長=5000(基本)+3000(延長分)=8,000円)+フェイシャル(50-60分)5000円=13000円

☆セッション+フェイシャルのセットでお受けになる場合、セッションに準じた経絡対応のアロマオイルをキネシオロジーやダウジングで選んでおります。

☆セッション+フェイシャルのセットコースですと少なくとも合計3時間近くはかかりますので時間に余裕をもってご予約をおとり頂くようによろしくお願いいたします。

※ご予約はフォームからのみとなります
お店への電話では出られないことも多いため受け付けできません

場所やセッションについての詳細は・・・↓こちらをどうぞ♪
http://www.akiseikotsu.in/flower.html