Soul Therapist Leiya れいあ

Soul Therapist Leiya れいあ

-
はい、れいあです。

もうみなさん冬休みになられて大掃除に片付けに忙しいかと思います。
今月はとても多くの皆様のセッションをさせていただき
心の大掃除をされてらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

宗教的なもので一般化されているのは除夜の鐘ですよね。
神社では大祓があるのは皆様ご存知かと思いますし
行く方もそれなりにいらっしゃるのではないかな。
大祓は6月と12月にあるのですが心身の穢れを祓い清めるための神事です。

祖父と祖母、叔父が眠るお寺さんは曹洞宗のところなのですが
そこからハガキがまいりまして
「大般若転読」という文字があり
これは600巻あるものを「転読」するとあったので
なんのこっちゃ?と思い、興味深くなって調べてみました(笑)

わたしたちのよく知っている般若心経は、仏教のエッセンス的な肝の部分らしいのですが
大乗仏教の「空」という思想が般若心経のベースになります。
ちなみにこの般若心経を「翻訳」したのは西遊記でもおなじみの三蔵法師(602~664)なんだそうです。

西遊記の内容は忘れてしまったけど、三蔵法師が唐から天竺(インド)にお経を取りにいく物語だったわけですが
その中で歌われているゴダイゴの「♪ガンダ~ラ」の歌は(れいあさんアラフォーです<あら?ふぉーですかw)
旅の途中でガンダーラ(パキスタンのあたり。インド北西部)を通ったことが知られているそうで
ガンダーラ美術とかガンダーラ仏教なんかがありますね。
わたしはアラフォーですけどw
当時西遊記といえば、わたしは、ドリフターズの人形劇、飛べ!孫悟空のほうが大好きでしたw
ガンダーラのほうは、どこか悲しいかんじが好きではありませんでした。

西遊記 エンディング


♪ニンニキニキニキ ニンニキニキニキ
のGoGoWestのほうが、ハチャメチャで好きでしたが
親にドリフターズ禁止令を出されていた世代ですww

飛べ!孫悟空 挿入歌 「ゴー・ウエスト」 ザ・ドリフターズ


飛べ!孫悟空 第1話 ドリフターズ


しかし、あのタクラマカン砂漠をこの時代に越えたというのは、よほどの功徳があったんでしょうね。
17年かかって唐から天竺まで歩き、馬22頭分の経典を持ち帰っただなんて
普通、途中で途絶えても仕方ないと思うのよね。
三蔵法師じゃなければできなかったことだったんだろうなと思います。

しかし本当の偉業はそれだけでなく、お経の翻訳まで含むのです。
大般若経の翻訳を終えると三蔵法師はすぐに亡くなったらしいのですが
仏様や龍のサポートを得て翻訳することができたんだとか。
翻訳には4年かかったのだそうです。

この大般若経は600巻。
なんと480万文字もあるらしいんですね。
大品般若・金剛般若・文殊般若・秘密般若・理趣般若などなど・・・
いろいろな般若経典の大全集というかんじで、もはやこの経典そのものがお守りみたいなもの、といってもいいくらいです。

それを「転読」という独特の方法で読み上げるようなのですが
480万文字をどうするかというと・・・
複数の僧侶によってこれがわけられ、
アコーディオンみたいなかんじでお経を広げていきます。
それでも全部読むのには相当な時間があるので
「大般若波羅蜜多経 巻第○」
と唱え、最後に
「降伏一切大魔最勝成就」
といって締めくくります。
この意味は
邪気払いと願望成就(五穀豊穣など)のためのお経ということでしょうか。

こんなかんじみたいです↓

興福寺で大般若経転読会 空中に広げる600巻


見てみると「お経を唱える」というかんじより
「さぁ~いらっしゃいいらっしゃいっ!」みたいな掛け声にも聞こえます(ごめんなさいw

どちらにしても神道も仏教も年のおわりに邪気を払い、
新しい年をお迎えする、というのは宗教を超えて、
人間の本当の願い(いつも幸せでいたい)ということなんだろうなと思いました。

わたしはお部屋のおかたづけは明日にでもやろうと思っています☆
Posted by