花魔女★れいあ

花魔女★れいあ

-
get150.jpg
はい、れいあです。

今日はいつも考えていることをつらつらと。

プロのセラピストとなって3年。
実際まだまだひよこちゃんwなわけですが
わたしはプロになって、ひとつの目標がありました。

これまで様々な講習に出る中、生徒さんが

「これまでやってきたことを統合できたらいいと思って今回受けました」

というふうにおっしゃっているのをよくききます。

いわずもがな、わたしもそう思っています。
そして、ただうまく統合するだけでなく
わたしの目標のひとつとして大きくあるのが

「自分ブランドを確立する」

ということ。

この3年間、はじめの1年はフェイシャルをメインに、
残りの2年はフラワーエッセンスのセッションも含め、やってきました。
そんな中、わたしは

「自分にしかできないセラピー」を提供する「オンリーワン」のセラピスト

を目指したいとずっと思ってきました。

たとえばお客様が

「れいあさんのところにいったら、こんなようになれる!」

そんなふうに思ってもらえる何かを自分の付加価値を見出して、具現化していきたい。
でも、わたしにとって、それってなんだろう?
というふうにずっと思っていました。

お客様に

「わたしのところにきたらこれを約束します!」って

自信を持っていえることはなんだろう?って思うのです。

それには、わたし自身の長所とか特徴を客観的につかんでいる必要があります。
つまり自分を知るということ。
とかく、あなたの長所ってなんですか?とかあなたの特徴はなんですか?
っていわれて、それをしっかり答えられるほど、わたしは自分に自信があるかといえば、ないわけで。

たとえば、これが、うちの院長であれば、
「あなたの笑顔(あなたへのお笑い?)をお約束します!」
というかんじだろうなーといつも見ていて思うし、
それは自分自身でもそういうスタイルであることはわかっていると思うのですが
これがわたし自身のこととなると、いったいなんなんだろう?と思って答えられない。

そんなオンリーワンのセラピストになるために
わたしはなにをどうしたらよいんだろう?
って思う。

お客様の感想って、こういうときに励みになります。
よく言われることをピックアップすると

セッションについては
「掘り下げがスピーディー」
であること。
これは正直ほめられてよいものなのか?とは思うのですが
というのも、わたしの中に
「質のいいセッションは本来もっとじっくり時間をかけて深く掘り下げるもの」
という思いがあるから。
だからこそ、逆にそれを覆したいとも常日頃思っている結果なのだとも思うんですけどね。
他のセラピストさんやヒーラーさんからみたら「手抜き」と思われてしまう速さだよね(笑;)
みなさん一回のセッションに2時間以上かけてやってらっしゃるところが多いでしょう?

そんなときお客様に

「他のセラピストさんやヒーラーさんのところに行ったけど
一番早く、鮮やかに核心をついてくるセッションですね」

と何人にもいわれたり

「セッションの時、集中力がすごいですね」

といわれたりする機会が多くなると
ここは素直に受け止めてもよいのかな。。なんて思ったりもします。

そしてセッションの特徴としていわれるのが

「毎回次に何が出てくるのかわからない」

とか

「セッションが楽しい!」

とか

「わくわくするセッションです!」

「元気になります」

といった言葉。

これは、正直とてもうれしいです(笑)

問題を相談されにいらしてるのに、最後は笑顔になっていかれるお客様を数多く見ています。
そんなとき、やっぱり、すごくうれしくなります。

フラワーエッセンスのセッションも様々な方がやっています。
フェイシャルなんかはなおさらの数の方がやっておられます。

そんな中、いわば

「れいあブランド」

みたいなものをどれだけ自分の軸や枠組み?として作っていけるか、
それが今後の課題だなあって思います。
今でいえば「花魔女」は、いわばある種ブランドみたいなものになっていますかね。

でも普段から意識して、自分のブランドを作ろうと思っているわけではなく
結果的にそうなった、という流れになっていくのだなと思ったのですが

やはり

「好きなことを徹底してやる」

ということが大切なのだろうなと思います。

あきっぽい私には好きなものでも続くものと続かないものがあって
そんな中続けられたのは、フラワーエッセンスとアロマでした。
そしてそれにキネシオロジーも、入ろうとしています。

キネシオロジーは正直難しすぎて、頭に入らないなと思っていたのですが
覚えられないけど、今後とても必要になるとどこかで感じているんですね。
セッションごとにもキネシオロジーを使う場面が毎回出てきてるので
ゆくゆくはキネシオロジーを、今よりやっていくように、なっているんだろうなと思うのです。
それにしても、筋肉のこと、経絡のこと、わたしには難しいのよ~~~っ!

今はセッションとフェイシャルのセットコースとして行っていますが
フェイシャルとセッションとキネシオロジーをうまく統合でいたらよいなと思っていましたが
今年はフェイシャルとセッションをセットにすることで
よりフェイシャルも、セッションも、それぞれ本来の持ち味が引き出せそうなかんじになりました。

フェイシャルなんて、リフトアップや美肌やアロマを使ってる、オールハンドとかしか、
わたしには伝え方がみつからなくて
本来のフェイシャルのよさを伝えるには、
わたしはまだまだ経験が足りないから無理だという思い込みもありました。
だけど、ようやく、フェイシャルの肉体や心への作用をなんとか伝えられることができてきそうかなというかんじです。

そうなんです。
リフトアップや美肌は、おまけみたいなもの。
肉体的や感情の深い癒しこそが、このフェイシャルの醍醐味なので
うまく伝えていき、セッションともより融合させていけたらいいなぁ。

セッションをやっているとフラワーエッセンスよりもフェイシャルのほうがあってるのにな~
と思う方もよくいらっしゃいますし、
だからこそ、フェイシャルとセッションは別物、ではなくて
両方の特徴をよく引き出して融合させていけたらいいなとずっと思っています。

1+1=2ではなく、それ以上の価値のものになっていけるためには
わたしの努力も必要ですが
それをうまく結び付けてくれそうなのがキネシオロジーと思っているんです。

来年はキネシオロジーをさらに深めていくことで
フェイシャルも、セッションも、もっとよいところを引き出していきたいなと思っています。

そしてそんなこんなを「花魔女ブランド」として
もっともっとブレイクさせ?成功させていきたいと思っています。
・・・という野望に燃えるれいあさんであったw

自分ブランドが確立できたら、お次の目標は「一流」を目指すこと!です。

長い道のりになりそうですが(笑)
とにかく臨床経験を積んでいくことが大切だなって思うのでした。

自分ブランドを作るのに大切なことは
自分がとにかく、集中して「これだけは譲れない」という
「自分の強み」がなにかをしっかりと知ることかと思います。
そして、そんな、好きなこと、やりたいことに集中すること。
これは自信や強みにかわっていくものだからね。

わたしはブランドものって、もともとあんまり魅力を感じたことがなかったのですよね。
ブランドものって人の「借り物」というイメージがわたしの中ではとても強いのです。
自分というブランドを育てればいいのにってずっと思っていました。
だけど、自分というブランドをひとつの何かの強み、なんだとしたら、それってなんだろう?
というふうにもずっと思ってました。

何年も前、それはヒーリングの勉強をやりはじめたくらいかな、
別に「癒し」とかではなく、わたしはこの自分ブランド、ブランディングについて興味を持ち始め、
友達に「わたしのイメージって何かなぁ」とききまわったことがあります。
ここでみんな同じ意見を何かしらいうのかというと
わたしのイメージって本当にみんな、人それぞれ違うことがわかりました。
そしてわたしは思いました。
「これじゃぁいかん」(笑)とw
わたしのイメージが、それだけバラバラになっているということは
「うーん、わたしまだまだだなw」というわけですからねw

いつのまにか、れいあさんのイメージが

「地震」

になっていきました。

そして思いました

「これじゃぁいかん」(泣)とww

なかなかオカルトのイメージは払しょくできないようですが
何年かたって、わたしのイメージをブランディングする上で、
自分を統合するなにかをはっきりと確立できたらいいなと思っています。
Posted by