in ホメオパシー

ぺットの体調管理にも使える「ジェモセラピー」とは?

-- COMMENT
はい、れいあです。

先日このようなものを購入いたしました。

gemmo.jpg


Gemmotherapy ジェモセラピー<人間用> (for Human)ライムツリー(西洋シナノキ)

具体的にどんな効果があるかといえば
ライムツリーの場合、

ライムツリー(西洋シナノキ)
神経の調整や鎮静作用があり
健全な精神状態を保つ働きが知られています。
繊細な神経系にはたらき、鎮静作用と不安な気持ちを解放することが認められています。


こんなかんじで人間用とペット用が出ているようなんですね。

では、ジェモセラピーとは何かというと

1950年にベルギーのDr.P.Henriにより研究が始まったもので
1971年フランスのDr.M.Tetauの臨床結果が発表されました。
その後、フランスの臨床調査が展開され、
「解毒を目的とした医療テクニック」
として確立されている、
今注目のセラピーになります。



グリセリンベースでスポイトで一定数とるので、
形態としてはハーブティンクチャーにも似ていますし
ホメオパシーの発想にも似ている感じがします。

発芽し、新芽として伸びるとき植物はそのパワーを発揮しますが
ハーブの新芽をグリセリンとアルコールの混合液に漬け込み
濾過希釈して製造されたもの。

生命が目覚めたときの活力が凝縮して
詰め込まれたジェモセラピーは
ハーブの効力がさらに増幅されて細胞のひとつひとつに働き、
蓄積した体内の有害物質を時間をかけてやさしく効果的に排出し
目的曽々木を浄めます。

人間の基本は、エネルギーブロック(気の滞り)を解消し
体内環境をきれいに整えることです。



人間向けとペット向けがあるようですが
人間向けには先程ご紹介した神経に働きリラックスを促すライムツリーのほか


Gemmotherapyジェモセラピー<人間用> コモンジュニパー

アロマでジュニパーといえば腎臓への働きかけで有名です。
むくみなどには特にいいのですが
逆に腎臓に疾患を持つ方への施術はドクターの判断も必要になります。

こちらだったら、新芽のエネルギーなので大丈夫、なはず
(気になる方で腎臓疾患のある方はドクターの支持を)

具体的には

コモンジュニパー(西洋ネズ)
体内の毒素を分解し、排出する働きをしてくれる、肝臓と腎臓を正常な機能に調節、維持し、
慢性的自己中毒を起こした肝臓、腎臓の細胞に働きかける健康維持に。



そしてもうひとつ人間用にはあります。それは・・・おなじみ?イチジク。

Figといえばフラワーエッセンスをされてる方にもわかりやすいでしょうか。
スピリットインネイチャーエッセンスとパワーオブフラワー ヒーリングにFigはあるのですが
それぞれの持つタイプが違います。

スピリットインネイチャーエッセンスのキーワードは『柔軟性』。
・ どんなに素晴らしい業績をあげていても自分を受け入れることがきわめて難しい人に。
・ 凝り固まった自己定義で制限してしまう感覚からぬけ出ることを助ける。
・ より柔軟な意志を持つために。

一方パワーオブフラワー ヒーリングのFigは
「男性性と女性性のバランスを取り、右脳と左脳のバランスを取って肉体の深い叡智をよみがえらせてくれる」

そしてジェモセラピーにおけるFig Treeは、消化器系に働きかけます。

イチジク~フィグツリー~
胃液の分泌を正常化して、粘液を回復させ、胃腸疾患の症状を癒す働きが知られています。
消化器機能の健康を維持し、粘液膜状で損傷した組織の形成を助け治療過程を促進し
免疫機能を補助する働きも認められています。




Gemmotherapy ジェモセラピー<人間用>イチジク

ここに紹介しているのはフランスBOIRON社製のハーバルサプリメント。
フラワーエッセンスやホメオパシーというよりは
限りなくハーブに近い、というかハーブのサプリメントかなぁと思います。

商品リンク先のサイトさんの抜粋より。

 日本では、米国の獣医師Dr.Blakeが動物の代替療法として同製品を動物に対して実践検証したものを日本の獣医師の要望で数年前にペット用に輸入され、動物病院を主に業務販売が継続されています。

 今年から、人間用サプリメントとして輸入販売が許可された3品種に関して日本での販売が開始されました。
コモンジュニパー、ライムツリー、フィグツリーの3製品です。

製品内容、成分は同じで、摂取方法にも大きな違いはありませんので、本来のように人間の使用が可能です。

 これからは家族の一員であるペットと飼い主が、植物由来の安心な新芽療法ジェモセラピーを一緒に摂取して、共に末永く健康に過ごす生活ができそうです。



動物用についてはこちらにあります。
動物用ジェモセラピー
胆のう用・心臓用・肝臓、腎臓用・胃腸用・副腎用・神経用・血管用・靭帯、骨、関節用の8種類。

人間用にももっと認可されていくといいですね~!

ヒーリング

  • Share