花魔女★れいあ

花魔女★れいあ

-
はい、れいあです。
暑いですね!
でも先日も書きましたけど空は秋色なんですよ。
昨日の松田聖子ネタでいうと「風は秋色」って曲が昔ありましたが
ちょっと歌ってみますかw

♪Ohミルキースマイル 抱きしめてぇ~ あなたの腕の中で 旅をするぅ~
Ohミルキースマイル受けとめてぇ~ やわ~らかなっ その愛でぇ~

ってやつでしたねw

松田聖子  風は秋色
http://youtu.be/KC4FMN1sXqE

で、本日は「空は秋色」というかんじでした。
20140815-1.jpg
ちょっと写真はまだ夏っぽく感じますかw
では歌うのは夏の扉のほうにしますか?w
それとも白いパラソルにしてみますか?ww
今日もおっさんホイホイの方向になっちゃうんですか?w

・・・ということで昨日の記事の方向性から一転、本日は本来のブログの方向に戻りますw
で、さっそくタイトルを自分に問いかけますが・・・
昨日の記事はわたくしそのものですがw
本日の記事はセラピストという「役割」としてのわたくしの記事でありますw

先日NLPの入門講座を受けにいってまいりました。
ということで本題の前、ちょっと長くなりますが、関係しなくもないので、
NLPについて、さらっとお話させてください。

今はビジネスマンだけでなく意識高い系の学生さんも結構いらっしゃるのね。
ヒーリングやセラピーのワークショップ専門だったのでなんか新鮮にかんじました。

行くとき母親に
「NLP?なにそれ?」って聞かれたのですがうまく答えられず
「とにかく神経言語プログラミングのこと~!」
といったらますますわからなかったらしくw
そりゃそーだわなwと思ったりしましたw

NはNeuro(つまり神経の意味)のN。
人間て五感を通じていろんなことを体験しますよね。
この体験っていわゆるその人にとって「情報」でもあるんですよね。
見るもの、聞くもの、感じるものはみんな「情報」として蓄積されていきます。

では、どんなふうに蓄積させていきますか?
はじめてそれに近いものを感じたのはいつですか?

五感を通じて得た情報はその人のことばで蓄積されますが
そのことばは五感の体験とともに「意味づけ」していきます。

このところi tunesで昔の音を購入しているのですが
音ってわたしにとって多くが誰かとの思い出を伴っていたり、思い出したりします。

たとえば昨日のYoutubeにも載せましたが
松田聖子のPrivete Schoolという歌があるのですが

好きだった曲メモ~80~90年代女性アイドル編
http://funkysista.blog88.fc2.com/blog-entry-3088.html

この曲は英語の先生に思いを寄せる女子生徒の心の想いの動きを歌詞にしたもの。
時効なのでいいますがw 学生時代、そこの学校の先生とつきあっていたんですよね。
しかし・・・卒業のときに先生が結婚するということをみんなの前で発表したので
そこではじめて知ったのですが
裏切りと同時にかなりの失望感があって
だけどこの曲、そういう曲なんですね。
曲そのものはもっと前から知っていて、好きだったので年中きいてたんです。
でも歌詞のとおりに実際になってしまった・・・と茫然したのを思い出しました。

そんなふうに知らず知らずのうちに心に刷り込んでいたんだなと思いました。
なぜならばその後も同じようなパターンをずっと繰り返しているからです。
当時のわたしがもっと違う曲の歌詞が好きであれば
今頃違う人生を歩んでいたかもしれません。
つまり当時のショックを押し込んでしまってせつなさや悲しさを癒しきれていないんですよね。。。

また香りも五感の嗅覚です。
香りについてはアロマもそうですが
本能の部分にダイレクトに働きかけるのです。

わたしがアロマをやるようになったのはいろいろなことがきっかけでしたが
魔術、魔女術はとても大きな影響を与えました。
しかしアロマは錬金術から生まれたものでもあるので
あながち間違えではないのかな~なんて思います。
魔術の儀式にはオイルや色のキャンドルなどを使うのですが
色は視覚として心理的に働きかけるものであり、
オイルの香りやお香などは香りとして嗅覚に働きかけるものです。

わたしが魔術をやめた理由のひとつは
儀式としてやることにこだわらなくてもいいんじゃないか?と思ったこと。
儀式というある程度緊張を伴う形で行うことにも意味があるとは思いますが、
わたしはそれ以上に色が与える心理効果とか、
香りが与える心理効果とか
そういうものはみんな無意識の領域へ働きかけると知ったとき
魔術の形をとらなくても潜在意識をうまく利用する方法ってあるんじゃないの?
って思い始めたことで魔術の神秘性のみ惹かれていただけで
潜在意識の仕組みについて、より深く知りたいと思うようになったのです。

しかし当時はそれ以上にアロマやオーラソーマに興味をもちはじめ
フラワーエッセンスに出会い、今に至る、と自己紹介乙なかんじでしたw

さてさきほど「五感を言語化する」この言語=LinguisticこれがNLPのLの部分です。
最後のプログラミングは、
これらの体験、により、意味づけし、自分自身に刷り込んでいった結果
構築されている枠組みのようなものをプログラミングということになります。
NLPのPの部分ね。

つまりなんらかのことを体験し、それが原因で結果があり、そこに何らかの「意味づけ」をする
そんな繰り返しをわれわれ人間は何万回も行っているんですよ。
ええ、無意識、で。
無意識でプログラミングしちゃうのにはある「パターン」があるのです。
スピリチュアルでよく「必要がなくなった古いパターンを手放す」なんてのがありますが
まさにそれです。

一度パターン化されると、そのパターンに気づいて癒さないと
何度でもそれは繰り返し繰り返し再現されていくのです。
もちろん引き寄せとも関係してきます。

先ほど少し書いた松田聖子のPrivateSchoolの歌を聞いていただければどんな物語かわかりますが
最後の部分はかなりのネガティブなインパクトをともなっていますし
わたしはそのインパクトを心の奥に押し込んだため
無意識のパターンとなって何度も繰り返してしまいました。

まずは「パターン」に気づくことが大切なんですね。
そのパターンに気づかせるお手伝いをするのがいろいろあるセラピーだったりします。

このネガティブなインパクトってとっても厄介で
ネガティブなものほどパターンとして再現しようとさせてしまうんです。
それが潜在意識の癖というか特徴なんですよね。

NLPの発想というのはセラピー+コーチングのセットなのですが
人生は変えようとすればいくらでも上書きできる、変えられる、というものです。
特にNLPが変えるのはセルフイメージ、です。
NLPはコミュニケーションについても得意としています。
・・・と、NLPのお話はここらへんにしておきますが・・・

今日お話ししたかったのは「役割」について、です。
わたしは自分の軸をしっかりもっている人にすごく憧れを感じているんですね。
これらに何の関連性があるのか。

役割。
一言でいいますが
人生において、人はいろいろな「役割」を使い分けて「演じて」いるのです。
たとえば母親としての役割を演じている人は多いかもしれません。
でも自分は別に役割なんて演じていないわ~という人も
本当にそう言い切れるのかどうかは大切なこと。
つまり無意識に「役割」を演じていることに気づいていないケースって実に多いのね。
どこかで少しでも、それが「役割」としての自分なのかどうか、
本当の自分としての意識がそこにあるのか、
それに気づいているのか、
それってすごい大切なことなんです。

男性だったら家族だけでなく、会社などでも役割ってあります。
中間管理職であれば、上にも下にもはさまれて、それぞれ別の役割や立場なので
結構苦しいという友達も何人かいます。
役割としての人生を生きすぎていて、自分そのものを受け入れていなければ
とても人生をつらいものとして受け取っている可能性もありますよね。

役割は、つきものですが
その役割をいやなものだとして演じていたり、
あまりにも役割に入り込んでしまい、役割そのものになってしまって
ほぼ無意識になってしまい、本当の自分がそこに見出せなくなってしまったり
そんなことってありませんか?
役割を演じることの楽しさってどこからくるのでしょうか?

わたしはここで「自分軸」が関係してくるのだと思うのです。
自分らしい生き方をあなたはしていますか?
また、自分らしさってなんでしょうか?
自分に素直になることと、あるがままに生きることは関係してきますが、
あるがままに生きること、素直に生きることというのは
わがままに生きること、とはまったく違うことになります。
よく「自然体で生きる」ということもききますが
自然体は決して好き勝手にわがままに生きることではありません。
エゴと本当の自分とはまったく違うものになります。

さてここで再びNLPです。
NLPの中に価値基準を明確にするワークがあるのですが
自分やその人(部下や友達など)は
いったいどんなことが一番大切だと感じているのか?
そこにどんな信念を抱いているのか、
この信念とは先ほど少し書いた
原因があり、結果がある、という過程において
その人がどんな意味づけを行い続けてきたのか、ということになります。
NLPでいうところのプログラミング、であり
スピリチュアル系でいうところの「ビリーフ」であり「思い込み」というものは
いわゆる「制限」を自分につくってしまっているということでもあります。

この価値観を明確にし、どんな信念を抱いているのか
自分ではどんな思い込みがあるのか、
それに気づいているのか、
そういうことは無意識に役割を演じてしまっている人には大切なことになっているかと思います。

自分軸で生きることは、ありのままの自分を生きること。

アナと雪の女王がヒットしているようですが
実は国によって訳し方が違うようですが
日本の訳し方はほかの国々と少し違うようですね。
英語の歌詞はいろいろなサイトさんでやっているようですが
英語の歌詞のほうが、よりパワフルなかんじがしますし
意味もなんか違うような・・・

Let it go,
let it go
Can’t hold
it back anymore
Let it go,
let it go
Turn away and
slam the door

ありのままの姿見せるのよ
ありのままの自分になるの
何も怖くない 風よ吹け
少しも寒くないわ

翻訳ってむつかしいですねww

いろいろかいてきましたが
ブレない自分軸をつくる!
とかってよくいいますが
わたしが思うには自分の軸って作るものではないんじゃないかと思うのですね。
まずは自分を受け入れること、自分を知ることがスタートなんじゃないかなと思うんです。

人生で与えられている「役割」ではなく
ありのままの自分になるのw

自分というものを知ったら、それを受け入れられるか、ですよね。
自分を好きになることって自分を大事にすることです。
自分に素直に生きることは
自分のエゴではない、本当の魂レベルでの自分の声を、
素直になってきいてあげること。

魂の神殿でもある体の声をきき、
心の声に耳を傾けること、
そんなひとつひとつのなにげないことが
すべてみんなつながってくるのです。

自分に素直になっていますか?
わたしはちゃんと素直になれていませんw
自分に素直になれないことは、
ほかの人にも素直になれないこと。

つい世間体を気にしてしまったり、
どう見られているのかばかり気にしてしまったり、
そんなことも「自分の軸」と関係あります。

また自分の軸がはっきりしてると自分で思い込んでいても
単に頑固になっていることに気づかなかったり、ということもありますからね。
自分に素直になれれば頑固になることもありませんから・・・
わたし頑固なところが結構あるので
それでなかなか素直になりきれないのですけどねw
頑固っていわゆるエゴの塊みたいなもんですからねw
それはありのままでも自然体でもないってことですからね。。。

本当に楽しい人生を送りたいのであれば
自分をよく知って、自分の軸、価値観や信念がどんなものか知ることはとても重要なのです。
そんな自分を受け入れることで、ブレない自分軸って自然と作られるものなのであって
あらためて自分の軸を作るよ~というプラスしていく足し算ではなく、
自分の中にあるネガティブとか、自分を知り、心のダイエットやデトックスというか
そういう引き算をしていくと
あらふしぎw
自分の軸ってここだったのね~
ということがわかってくるものなんだと思います。

わたしはまだまだですがw
人にはよく、昔から
「わが道を行くタイプだからね」
とか
「一匹狼」
って言葉をいただくのですが
それは頑固さをまわりに見せているだけなのか、
それとも何かヒントがあるのか、
自分の「無意識」に対する答えって
結構人とのコミュニケーションから学ぶことが多いので
否定的なことをいわれてかちんときたり、落ち込んだとしても、
どこまでそれを相手に伝えられるのか、
どれだけそこから自分のものとして学びに変えられるのか、
素直になれるのか(→ここ、わたしにはできないところwわたし素直さに欠けるので・・・w)

そういうことをいろいろ思って書いてみました。

そのうちセラピーの部分は
フラワーエッセンスが大活躍してくれて
気づきを促して感情を癒してくれるので
フラワーエッセンスは自分の軸を知るのにとっても役にたちますよ!

最後になりましたがセッションは9月くらいから開始しようかと思っております。(これは思考の部分のわたくしw)
また自分にきいてみようと思いますので
自分へのGoサインが出た時
お知らせをしていきますので、
そのときは自分の軸を見出すお手伝いをしていきたいと思っておりますので
よろしくお願い申し上げます。

(・・・しばらくは昨日のようなゆるい記事中心になるかと思いますw)