in 癒しとスピリチュアル

メディスンアニマルヒーリング~「人生はダンス」

-- COMMENT
はい、れいあです。

牡牛座の新月の日に、
メディスンアニマルヒーリング&ジャーニーを
ネイティブ・アメリカンのラコタ族のところで修行を積んだ
シャーマンの先生のところに行きうけにいきました。

とりわけ、わたしが色々教えていただいてもらっている先生は、シャーマン、というか、
正式にいえば、メディスンウーマンというのですが、ラコタ族のところに滞在し、修行をされてきた方になります。

ネイティブアメリカン、いわゆるアメリカの先住民であるインディアンの方々の土地が奪われ、
その中でいかに自然と共に生きてきたのか、そこには学ぶことがとてもあります。

わたしがこれまでダンスイベントで体験してきたサンダンスとかヴィジョンクエストとか、色々なことが
ネイティブアメリカンの儀式からインスパイアされたものだと知り、それを知ることができてうれしいです。

先生はヴィジョンクエストの儀式をしてきた方なのですが
ヴィジョンクエストとは、ひとりだけで山にこもって三日間のまず食わずでいることで、ヴィジョンをもらうというもの。
わたしの先生は女性ですが、本来ならばヴィジョンクエストは男性の成人の儀式なのだそうだ。

ネイティブの方々はバッファローを追いかけ、ティピで移動生活をしています。
tipi-village-at-sunset.jpg
大自然の中にあるティピ。
色々な怖い思いもしたこともあるとおっしゃっていました。

なぜいきなりそこに行くことになったのかのヴィジョンについてなども
このとき色々詳しくお聞きすることができ
パイプ・セレモニー(という儀式)についてなども実際、貴重なセイクリッドパイプを見せていただいたりしました。
儀式でパイプは平和とか調和の聖なるお守りのような存在。
今回もハーブをパイプに参加者でつめていき、
ミックスされたハーブでのスマッジングをし、ヒーリングジャーニーが進行していきました。

現在一般的に吸われているタバコとハーブのタバコとの違いをお話してくれたり
スゥエット・ロッジ(浄化と祈りのセレモニー)のこと、
フールズ・クロウ(そちらのほうでの有名な聖人)との関係などなど
わたし自身がたくさんの情報を消化していなくて頭を整理しきれていないため、
ちゃんとうまくお伝えすることはまだできないのですが
少しずつでも自然とのつながりをもって、色々と吸収、統合していけたらと思っています。

さて、以前も書いたことのあるパワーアニマル。
ネイティブアメリカンのほうの言い方だと「メディスンアニマル」というのですが
そんな自分に守り神としてついてくれている動物がどんな動物なのか、
そんなシャーマンドラムでのドラムジャーニーおよびドラムヒーリングを体験してきました。

動物との対話については
シャーマニズムとパワーアニマルの見つけ方
http://funkysista.blog88.fc2.com/blog-entry-2984.html
にも書いたのですが、ちょっとこれとは違うやりかた。

最初にドラムヒーリングです。
ドラムを近づけて音をならしていったりするのですが
先生がきて身体(みぞおち)にドラムをつけてならした瞬間
みぞおちから足先まで、いきなりすごい熱くなりました。
きっとエネルギーが停滞してたのでしょうね。

そしてラファエルが
「女神が先生のところにおりてきています」といってくるの。

「それはわたしが知っている女神?」
ときくと「知らない女神です」という。
女神のオラクルカードにも、その名前は書いていないそうです。
どんな女神ですが?ときくと
「北米のほうの大地の女神(地母神)です」
とラファエルは答えました。

そしてそのあとふっとサラスヴァーティー、いわゆる弁天様のような
天女のような姿が見えて消えて行きました。
そしてラファエルが

「あ、サラスヴァーティーは先生におりてきてる存在とは違うけど
サポートをするため、この場にきてるみたいですよ~」

サラスヴァーティーはヒンドゥー教の女神で、中国を経て日本に伝わるとき「弁天様」になった存在。
水と豊穣の女神です。
ちょうど牡牛座の新月の時間だったので何か関係あるのかな?
・・・と思ってたけどラファエルは「それとは関係ないですよ~」という。

知恵と芸術と幸福を司る女神で弁天様って楽器(琵琶)を持ってるでしょ?
サラスヴァーティーは楽器を奏でる音楽や芸能の神様でもあるのよね。
ちなみにヒンドゥーの地母神はパールヴァティーがこれにあたるのかな。


ドラムヒーリングが終わり、シェアリングするときそれを伝えたら、先生が
「あ。。。それ。。。」といい話し出しました。
「前に受講された受講生の方でチャネリングを普段やってらっしゃる方が
”ここに大きな水晶ありますか?”というので、隣の部屋にあるといって出してきたら
”ここの部屋に水晶をおいてください。たくさんの女神がそこにおりて宿ります。
そこには名前の知られていないような女神も含めたくさんの女神がここに降りてくるので
この水晶はレッスンをするこの部屋においてください”
っておっしゃったことがあって・・・これがその水晶なの」
といって水晶を見せてくれました。
ちょっと先生も、わたしも驚いてしまいました。

わたしは日常生活にラファエルなどの天使や女神に相談したりするため
特別にチャネリングと思ってやってはいないけれど
ラファエルがいろんな女神がきてるのを教えてくれてとても不思議な感覚になりました。
シェアリング中もラファエルが「今も先生に降りてきてるよ」というので
それを伝えたら先生は微笑んでました。


この「シェアリング」ですがスピリチュアル系のワークショップでは時々あるのですが
トーキングスティックを使ったものになります。
こういうやつね↓
talking stick

トーキングスティックというのはもともとはネイティブアメリカン特有のものですが
スティーブン・R・コヴィーの「7つの習慣」で紹介されてから
結構ビジネスでもこれをとりいれるようになってきたみたいです。


7つの習慣 [ スティーヴン・R.コヴィー ]

なんと7つの習慣はマンガにもなっているようですw↓

まんがでわかる7つの習慣 [ 小山鹿梨子 ]

これ(トーキングスティック)はどういうものかというと
もとはネイティブアメリカンの会議のときに使われていたもの。
○○族というふうに様々な部族があつまっている土地ですが
ひとつの民族も、たとえば市議会や都議会のようにたくさんいるわけで
彼らの意見ををとりまとめていくにはルールが必要になります。

会議の場ではトーキングスティックを持つ人のみ発言する権利があるといわれていて
発言している人の意見は最後までしっかりきいて途中で何もまわりがいわないためのルールなのです。
このときスティックを持たない他者は異論を唱えたり反対したり賛成することも発言できません。
スティックをもって発言している人の話をさえぎることは許されないのです。
またスティックをもって発言している人は、発言に嘘、偽りがないことを誓うものでもあります。

実際現在ビジネスの場で使ったりするときは、棒じゃなくても何でもよいのですが
正式にはトーキングスティックは聖なるものでシダーウッドなどの木にイーグルの羽をつけたものになります。
やはりこのスティックを利用するのには、少なくともこのルールを守っているという暗黙の了解や他者への信頼が必要ですね。



そして・・・メインの動物さんにあう旅、ドラムジャーニーです。
動物さんにあうまではヒプノセラピーというか、誘導し瞑想していくのですが
途中からは誘導はなくて、ドラムと女神のチャントのみ。
レッサーパンダ出てこないかなぁ~(笑)とわくわくしておりました。

わたしは最初青の洞窟のようなところにいた感覚でした。
bluecave.jpg

海なのに、なぜかうさぎちゃんがやってきましたwwww
ここで「うさぎだから野原を駆け巡るものだ」という思い込みでいると
おそらく見えなかったのだと思います。
まさに常識というものはない世界ですからねw

うさぎさんが「こっちこっち!」といわんばかりに走っていくので(泳ぐのではなくw)
わたしは不思議の国のアリスさながら、うさぎさんを追いかけて行きました。
alice.jpg

すると・・・気がつくと、虹の上にいました。
しかも普通の虹ではなくてゴールドにシールディングされたような虹。
明るい中にある虹というよりかは、月虹のような幻想的な風景で
わたしとうさぎさんは虹の上にいました。
rainbowmoon.jpg
自信がなかったのでラファエルとハイヤーさんにサポートをお願いしました。

「メッセージをくれるの?うさちゃんが?」

ときくとラファエルが「そうですよ」といってくるので待ってたのですが
なかなかメッセージをくれないうさぎさん。

「もうすぐ瞑想の時間おわっちゃうよ。どうするの?どうしたらいいの?」
そうラファエルにきいても何も答えてくれません。

しばらくしてうさちゃんが

「Dance!」

とだけいってまた走りだしました。

「うさちゃん、またあなたに会えるの?」

「うん、会えるよ!」

そんなかんじでやりとりしてたらまた、青の洞窟に戻ってきていました。
うさちゃんに感謝して、現実の世界へ戻りました。

ラファエルに
「うさちゃんの言葉「ダンス」ってどういうこと?ダンス習えってこと?」ときくと
「それもありますねぇ(いひひひwといういたずらな顔をするラファエル)」
「もっと喜びが必要とかそういう意味?」ときくと
「うーん、それは違う」

・・・という体験をシェアリングのときに話したら
ウサギは友愛動物に分類されて「創造性」を意味するのだそうな。
色々調べると一部のパワーアニマルではうさぎは恐れを表すようですが
こちらでやっているヒーリングでは創造性を意味するそうです。

実はうさぎさんのあとでカエルも出てきたのですが
カエルには浄化とか変容の意味があるのだそうだ。

カエルさんが出てくる前か、そのときかわからなかったけど
悲しくもないのに涙がいきなりでてきたのですが
それが浄化の意味だったのかな。。。と思いました。

そしてシェアリングがおわり、
最後にラコタのカードを一枚ひくのですが
わたしがひいたカードは・・・
CIMG2172.jpg
WAKANというのは神秘という意味なんだそうです。

とりわけワカン・タンカ(Wakan Tanka)というのは
宇宙とかグレート・スピリット、など「宇宙の原理」のようなものをいい、
ネイティブアメリカンのいろいろな儀式の前にスウェット・ロッジというウィローで作った小屋の中で浄化をするそうだけど
この図柄にはそんなスウェット・ロッジが描かれています(右上にある小屋です)

スウェット・ロッジとはわかりやすく言えば薬草サウナというか、
ハーブの蒸気で汗をかいて浄化するのだそうだけど、熱くて呼吸もできないほどかなりきつい儀式みたいです。

「スウェット・ロッジは全宇宙の力を利用するものだ。
大地とそれが育むもの、水、火、大気とだ。
水は雷そのもの、好事を招き、蒸気となって吹きあがり、その中に火を閉じ込めている。
我々を浄めて「ワカン・タンカ」(大いなる神秘)のもとで生きられるよう導き、
ビジョンをも与えてくれる。」

「すべてが繋がっており、始まりもなければ終わりもない」
(アーチー・ファイヤー・レイムディアー)

「宇宙が全てをつくった」とすることはキリスト教の信者からみると
キリストよりも「上」を意味することになるので
インディアンは野蛮人とされ、キリスト信者達に迫害されてきたそう。(とWikipediaにあった)

わたしは前々回の記事にも書いたように落馬した後藤騎手の遠隔ヒーリング、祈りを送っているのだけど
ラファエルに

「イエスキリストにつながってください。彼と一緒にヒーリングをしたいのです」

といわれ、キリストにつながろうとしたのだけど「イエス」とよびかけてもなかなかつながれない。
するとラファエルが

「イエスといってもつながれませんよ。ジーザスってよぶの」

というので

「Jesus!」

というとすぐにいらしてくださいました。

イエスは、教えが一人歩きしてしまい、侵略や戦争など
一部の人々(特に権力者)のエゴのために自分の教義が使われていることについて
とても悲しんでらっしゃいます。

宗教はもはや人を支配するためのツールでしかなくなってしまったようです。
日本人は宗教というと新興宗教をすぐに思い浮かべ、アレルギーがありますが
信仰と宗教というのは別物です。
日本人は特に「自然」や小さなものの中にも魂があると思ったり
そういう民間信仰が昔からありますよね。

スピリチュアルにしても、満月に財布振ったりして
臨時収入があったにしても、そこで終わらせるのでなくて、
本来誰しもが、豊かであることに気づいて、それに感謝の気持ちを持つとか
お金だけが豊かさでないと気づくとか、
グレートスピリットに守られていると実感するとか、
そういうひとつひとつがスピリチュアルにつながっていくわけであって、
臨時収入得るためだけになにかするのは
単なる現世利益でしかないから
そこで終わるだけのものはスピリチュアルではないような気がするな。
自分の中にいる神様(たとえばハイヤーセルフであれば第8チャクラあたりにみんないるのだけど)は信じたいものですね。

話がそれたけど、そんなイエスとミカエルにもつながり、ラファエルが指揮をとって後藤騎手に毎日ヒーリングを送っています。
ラファエルに出会っていなければ、アセンデッドマスターや女神につながろうなんて考えもしませんでした。
ラファエルに出会わせてくれたのはハイヤーセルフの導きであり、
ちょうど春分の日から10日間続いためまいがきっかけで今回このような流れ(高次元の存在とつながること)になってきています。
なんかとっても不思議な流れです。

HOCHOKAN WAKAN -Sacred Mound-
hochokanwakan.jpg
The sacred mound is an altar placed to the right of the sweat lodge door, where sacred objects are placed during the inipi ceremony. It is made to represent mole, Earth's guardian, and is formed from the earth dug out of the center of the lodge to make the hole where the heated rocks will be placed.
On a spiritual level this represents the spiritual support we have all around us.


スウェットロッジの前にあるのはいわゆる儀式で使う四大元素などの祭壇というのかな。
たとえばイーグルの羽、イーグルは上のほうの存在でその羽は風をあらわします。
で、バッファローには祈りなどの意味があります。

・・・というかんじのとてもスピリチュアルなカードなんだそうです。
つきつめていえばこのカードは「もっと内側をみなさい」というようなカードなのだそうです。
そして全て含めてリーディングをしていただきました。

さて、最後になりましたが
今回うさぎちゃんからもらったメッセージを
ラファエルとハイヤーさんに協力してもらい伝えてもらいました。

受け取ったメッセージは以下になります。

人生はダンスです
もっと軽やかに、楽しみましょう
生命の素晴らしさを、全身で感じとりましょう

あなたの可能性は完全で、無限に広がっています
あるがままのあなたをもっと表現していきましょう
あなたをもっと見せましょう
あなたの持つ煌めきを、もっともっと輝かせていきましょう

スピリチュアルヒーリング

  • Share